趣味のオーディオの行着いた先

レコード盤にはどんな音がはいっているのかなぁ〜?

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

皆さんはカートリッジから出るバルクハウゼンノイズを実際に聴いた事がありますか?

アナログプレーヤーのカートリッジの磁性コアに巻いたコイルに電流を通すとバルクハウゼンノイズが出る事はかなり沢山のオーディオファイルの方が知っていると思います。
空芯カートリッジを何時も聴いている私には鉄心コイルのあるMMやMCカートリッジのジリジリ、ザラザラとした濁った空間の気配として感じられるのですが、音楽と一緒になって出る為に実際に聴いた方は殆どいないのではないでしょうか?
では、どんな音なのか?
この度、フィデリックス社の中川さんがバルクハウゼンノイズを単体で出す実験をyouTuabeに載せています。
針を外したMMカートリッジにマグネットを近づけ動かすと「ザザッ!」と言うハッキリとしたノイズとして聴こえますので聴いてみてください。
https://www.youtube.com/watch?v=X2kO-HSqHc4

このノイズと音楽が混ざると空間の彼方に飛散り消えてゆく細やかな響きが聴こえずに、平面的で大雑把な音として音楽が聴こえてしまうのです。
一度この音の濁りが分かってしまうと、鉄心入りカートリッジは使おうとは思いません。

Benz Micro ルビー2 を聴く

それではそろそろ接着剤も固まってきたので『Ruby2』を聴いてみましょう。
シェルはオーディオクラフトのAS-12Kを密着化した物を使いました。
静かで肌理細やかな音が流れだしました。
やはり空芯コアカートリッジの持つ音です。音色は穏やかで優しい音のするカートリッジです。
暫くレコードを聴いていましたが、少し低域が膨らむ様ですし、またバスドラのアタック音が丸いようで、空間も少々曇っている事がわかります。

ボディが木製なので この音がするのかと思いましたが、フィデリックス社から新製品のセラミック製ミッチャクシェルが送られてきていましたので、これに付け替えると見違える様になりました。
振動を速やかにアームに伝える効果なのか、少し曇って聴こえていた空間もスカッと晴渡り澄み切った音にかわり、低音の膨らみも引き締まり改善されます。
私はセラミックシェルは高域に癖があるので あまり好きではありませんでしたが、このシェルはセラミック特有の高域の癖が無い様です。
歪みが少なく鮮明でありながら優しい音と滑らかな空間、そしてバランスの良い音域、
このシェルとの組み合わせで『Ruby2』の持っている能力は超一級のカートリッジに名を連ねるに値するものだと思います。
イメージ 1

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事