ここから本文です
レコード盤にはどんな音がはいっているのかなぁ〜?

書庫オーディオ雑記帳

記事検索
検索

全46ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

昨日は茨城に御住いのnazo-otokoさん宅に御招待頂きました。
実は先日私のブログにnazo-otokoさんから「頼みたい事がある」とのコメントがあり
早速拙宅まで来て頂いたのが切っ掛けで、今回お伺いする事になりました。

昼前に家を出て圏央道の高速道路を1時間強ですので感覚的には近い距離に感じました。
イメージ 1
午後1時に到着して通されたオーディオルームは天井の高さ4mの大広間で
写真の様に正面にJBLの『4350』とゴールドムンドの『Full Epilogue』、B&Wの『ノーチラス』まであります。
イメージ 2
右面にはエクスクルーシブの『model2401twin』 その上に巨大なエール音響のステンレス削り出しホーンが載っています。その外側はルーメンホワイトですが小さく見えます。
イメージ 3
左面にはJBLの『エベレスト』その外側にテクニクスの『SB-M10000』です。
イメージ 4
背面は圧巻のドライブアンプ群とJBLの『オリンパスS8R』です。
パワーアンプはGoldmundが多く、Celloのパワーも沢山ありました。
イメージ 5
イメージ 6
nazo-otokoさんも私と同じにマルチアンプ派で沢山のパワーアンプと共に、マークレビンソンの『LNC-2』チャンデバ5台、その他にパス、クレル、FM、アキュのチャンデバも数台ありました。
コントロールアンプはチェロがお気に入りだそうです。
イメージ 7
デジタル系のプリにはViolaのコントロールアンプです。
イメージ 8
音楽ソースはネットワークオーディオのデジタル音源をアップサンプリングしたものがメインですが、最近アナログを復活されたそうです。
イメージ 9
左のリンの『LP-12』はデジタル出力で聴き、右のpioneerの『P3』は純粋なアナログ再生です。お気に入りのカートリッジはVictorの『MC-L1000』と確かな選択です。
イメージ 10
パソコンに向かって操作中のnazo-otokoさん。座られている椅子に注目!

私などサブを聴いているとそのうちメインシステムが不調で機嫌が悪くなるなどメインとサブの2組でももてあましぎみなのに、この部屋に置いてあるスピーカー全てが稼働状態である事に驚きます。
順次スピーカーを代えて聴かせて頂きましたが1組のスピーカーに多くの時間を使って聴いていると聴ききれませんので、大たいの傾向を掴む程度です。
やはり長い間使ってきたJBLの4350(と言っても再購入などで6セット目だというのですから驚きです。)+ウッドホーンでしかもウーハーはダブルでの使い方ではなく、1本をサブウーハーとして使い、もう一本を少し上の帯域にずらすスタガーにしてあるそうで、ご自分なりの使いこなしで素晴らしい音に仕上げてありました。
もう一つ気になったのはテクニクスのSB-M10000で、これはとてもよく出来たスピーカーで当時のテクニクスの技術を示すのにふさわしいフラッグシップモデルだと思います。

貸し切り状態で5時間以上聴かせて頂きましたが、これだけの沢山のシステムですのであっ‼と言う間の時間でした。
最後にアナログとデジタルの比較を4350システムで聴かせて頂きました。やはり私はデジタルよりアナログですが、nazo-otokoさんもふたたびレコードを聴き始めて好さを感じられている様で、この数日後にPanasonicの『SP-10R』が導入予定だそうですので、それが導入された後日に再訪のお約束をして帰路につきました。

開くトラックバック(0)

先週の金曜日に『雪まるださん』がNHラボのオーディオセミナーでお知り合いになられた
千葉茂原市のOさんがオーディオ仲間と『第一回藻音の会』を立上げるので参加すると言うので御同行させて頂きました。

拙宅から茂原までは高速で約1時間の道のりです。
イメージ 1
会場は生パスタの店『DJANGO』この店の御主人が音楽とオーディオが好きで、ご厚意で会場をお借りしたそうです。到着は正午だったので、すでに到着されていた4名の方と昼食の美味しいスパゲッティを頂き、まだ時間があったので
イメージ 2
別棟に案内され応接室で開催まで待っていましたが、
イメージ 3
和室を改装した部屋の吹抜け天井隅に置いてあるのは名機ロジャースの『LS3/5A』(かな?)スピーカーでした。照明が良い味だしています。
イメージ 5
壁にディスプレイされていた名盤のレコードです。
ロジャースの音を聴きながら好い雰囲気の中で待つのは これからの展開にいやがうえにも期待が高まります

イメージ 4

時間となり、隣のオーディオルームに案内されましたが、オーディオルームは倉庫を改装されて作られた20畳くらいはありますでしょうか?前面の壁一面レコードラック、右にCDラックがあります。レコードは2000枚位ありました。
写真は会の進行と選曲、機器の操作と奮闘して頂いているDJANGOの御主人です。

イメージ 6
メインシステムのスピーカー2種です。フォステクスのバックロードホーンとJBLの2ウェイです。
イメージ 7
JBLに繋がるアンプはマランツの♯7と♯8、これにマイクロのBL-61アナログプレーヤーにオルトフォンのAtypeがつけてありました。フォスのバックロードは右のお知り合いが作られた管球式パワーでドライブしてありました。
イメージ 8
次々とレコードを聴かせて頂きました。まずはキースジャレットのスタンダーズVol.1
オフ会やこの様な同好の会では普段聴いた事のないレコードを聴かせて頂けるのですが
イメージ 9
今回はこの『グロリア・エステファン』のCDが気に入ったので帰宅後に早速レコードを購入しました。ラテン物は初めてです。ジャケットが好いですね。
イメージ 10
今回は埼玉から元pioneerの技術者のSさんも参加されていてプリアンプのプロトタイプを聴かせてもらえました。管球アンプに付いているボリュームを使った音と比べて このプリを通すと余計な音が付かずスッキリとした透明度の高い音になり、なかなか良い出来だと思いました。
イメージ 11
会の後半に雪まるださんの改造したプレーヤーでレコードを聴きました。
基本的には私の作ったPL-31E改と同じですので素直な良い音です。
『DJANGO』の御主人が早速「優しい音だ。」と言ったのと、pioneerの元技術者のSさんが「上方に音が広がった」とのコメントを頂けたので、このプレーヤーの音の特徴は御理解して頂けたかと思います。

この時点で夕刻の6時となり、お店の方も忙しくなりそうなので、会を御開にして再び『DJANGO』で御参加した皆さんと夕食を一緒に取りながら楽しく歓談をしました。そうしているうちに店内は満席となり、このお店の人気のほどが伺えました。
その後、会に御集り頂いた皆様にお礼をいい、店を出て帰宅の途に就きました。

『藻音の会』の皆様ありがとうございました。
また是非参加させて頂きたいと思います。


つづく

開くトラックバック(0)

フィデリックス社のサイトが久々の更新です。

今回の新製品は帯磁してしまったコア入りMCカートリッジやMMカートリッジの消磁機です。磁性コア入りMCカートリッジやMMカートリッジをお使いの方には必需品になりそうです。
http://www.fidelix.jp/technology/degauss.html

開くトラックバック(0)

令和初オフ

昨日は先日お邪魔した『気まぐれ』さんと令和になっての初めてのオフ会をやりました。
千葉に筍堀に来たので帰りに寄ってくださいました。
https://blogs.yahoo.co.jp/milonhit/29916065.html

私のメインスピーカーは『気まぐれ』さんのJBL4550と同じSR用のアルテックのA5ですが、それとは真逆のシンプルな小口径フルレンジでエアー・タイトの『AL-05 BONSAI』を聴いて頂きました。
イメージ 3

フルサイズのSR用スピーカーを常用しているので、サブシステム用に小型のスピーカーを探していたのですが、Lo-DのHS-500ではサブ用には大きすぎますし、なかなかメインスピーカーと比較をしても対等に飽きの来ないものがみつからずにいたのですが、ようやく見合った物が手に入ったと思っています。

CECのプレヤー『ST930』オリジナルと『PL-31E改』との比較や、カートリッジの話などをしながら、電源ノイズの話や二人きりでしか話せないオーディオ業界の裏話など色々聞かせて頂き楽しい時間を過ごす事ができました。

お土産に頂いたレコードがまたまたジャズのオリジナルの名盤です。
イメージ 1
CHET BAKER のN0 PROBLEM

此方は前の『気まぐれ』さん邸でのオフ会で聴いて気に入ってオクで手に入れたレコード
イメージ 2
アーネスティン・アンダーソンのHELLO LIKE BEFOREです。
やはり私が聴くのは「ホッ!」と一息つけるレコードに限りますよ。

開くトラックバック(0)

27日土曜日に『気まぐれ』さん邸でのオフ会に参加させて頂きました。
気まぐれさんとは2年前に私の作ったアナログプレーヤーの記事に興味を持って頂き
制作を依頼されてからのお付き合いです。
https://blogs.yahoo.co.jp/milonhit/28228415.html
その後、お渡ししたプレーヤーの調子も見ながら再度お邪魔したいと御連絡していましたが、私事で色々な事が重なってしまい身動きがとれず、今となってしまいました。

今回はヤフーブログに御馴染みの『Zジジイ』さん、『うに』さん、『ogu』さんと5名でのオフ会となりました。
イメージ 1
JBL4550のマルチアンプシステムですが、前回と違うのはミッドのラジアルホーンを取外し、パワーアンプをアムクロンからthomannに変えてあります。ラジアルホーンが無いのでウーハーとの繋がりを心配しましたが、全く不自然ではありませんでした。
SR用大型スピーカーは家庭では不向きと言う方がいますが、それは使ってみた事がない方の言う事ですね。スケールが大きく余裕があり、特に低域の厚みがあるので安定感がちがいます。
前に来た時にはこれほどの数は無かったのですが、アナログプレーヤーだけでも7台あり(あまりに多いのでもっと有ったかも?)ほとんどは御自身でピュアストレートアーム付きに変えてありました。
イメージ 2
私の作ったPL-31E改の調子も見に来たのですが、特に問題なく動作している様でしたので安心しました。(棚右側マッキントッシュc22プリの下のプレーヤー)
イメージ 3
イメージ 4
その他、デンオンのプロ用のアイドラー式プレーヤーも置いてありました。音は聴けませんでしたが、作りはプロ用ですのでEMT927に通ずる信頼性と耐久性重視のガッチリとしたものです。
イメージ 5
そして、今作られているプレーヤーでベアリング式シャフトにマグネフロートは私の作った『PL-31E改』と同じ仕様なのですがプラッターの直径が巨大です。近所の加工屋さんが作ってくれたそうですが、作ってくれる事じたい考えられません!これをDCモーターの乾電池ドライブで回して見せてくれましたが、定速までに時間はかかりますが、立派に回転してみせてくれました。これは出来上がりが楽しみです。
写真を撮り忘れ画像が無いのですが、ウニさんの製作したESS9038DACも試聴させて頂きましたが、爽やかな音が印象的でとても良い出来だと思いました。

色々なオーディオの話や情報を聞かせていただき久々に楽しい一日でした。
みなさんありがとうございました。

オフ会に参加させて頂くと今まで知らなかったソフトに出会えるので楽しみです。
夫々の方がよく聴く曲をデジカメで撮り、帰宅後に早速購入させて頂きました。
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8

開くトラックバック(0)

全46ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事