ここから本文です
レコード盤にはどんな音がはいっているのかなぁ〜?

書庫ピュアストレートアーム

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

イメージ 1

図はアーム支点をA、ターンテーブルスピンドルをB、針先をC、カンチレバー支点をDとそれぞれの位置関係を示したものです。
A点とB点間はプレーヤーのトッププレートに支持され、またB点とC点間は音溝に規制され横に動く事はありませんので針先Cが音溝に引かれる方向は赤矢印方向のみになります。
上の図はピュアストレートアームを、下の図は通常のオフセットアームを表しています。
ピュアストレートアームの図を見て分かると思いますが、赤矢印の方向に針先が引かれた場合元々アーム支点Aと針先C、カンチレバー支点Dは直線上にあり赤矢印の方向に引かれても位置関係は三角形をなしますので絶対に変形する事はありません。
しかし、下の図の様に通常のオフセットアームは台形で上底に当たるカンチレバーが赤矢印の方向に引かれれば、関節の様に動きやすく出来ているカンチレバー支点Dが内側に入り針先は前方に延びて点線の様に三角形になろうと変形します。しかもカンチレバー支点にはダンパーと言うバネ性がある為に音の大小で大きく抵抗が変化する音溝に引かれ、カンチレバーの支点D点は内外に揺れを繰返し、針先C点は伸び縮みをする事になるのです。
これが振動支点の明確化が出来ないオフセットアームの致命的欠点で、針先が音溝に引かれ前方に延びてから発電を始めますので音の立上りは鈍く、低音は腰抜けでリズムはワンテンポ遅れ(嘘の様ですが、本当にこの様に聴こえる)、カンチレバーの支点は常時揺れますので音像はピンボケな曖昧な音にしかならないのです。
ピュアストレートアームを聴けば目が覚めるほど鮮明な音に驚き「オフセットアームはもういらない」と思うほどの圧倒的な差になるのです。

ここで重要なポイントの話をします。これまでの説明の様に微塵も動いてはいけない各三角形のポイントですが、A点とB点を切り離し一つのボード上ではなくしたらどうでしょう?B点とは関連がなくなり別の動きをしていたら?
針先C点方向にA点は引かれる事になり、たとえピュアストレートアームだとしても三角形ではなくなり揺らぎやすくなる事が理解できるとおもいます。もちろん音質は上記オフセットアームと大差のない曖昧な音になってしまいます。
アームベースに重さがあれば少しはましになるかもしれませんが、基本スピンドルシャフトとアームベースをガッチリと結合しなければならない事が御理解頂けるのではと思います。
アームベースはアームの回転の支持点が高い位置にある場合が殆どですので、土台に立てた棒の高い位置に引く力がかかるのと同じになり揺れやすくなるので、アームの支点は不明確になってしまうので、土台となるベース部は音質にとって非常に重要なのです。ベースの材質を木質系から金属に置き換えるだけでも音質は曖昧さが無くなり、明らかに鮮明になり良くなります。

開くトラックバック(0)

最近、Nさんのブログで「フィデリックス社のアーム『0サイドフォース』にトラッキングエラーが0になる一点を除きアームにサイドフォースが掛かっているのに この名前に偽りがある」との記事が載りました。
おそらく彼の言い分は(私に「この記事を読め」と言っている事から)此処のサイトのかなり古い時期に書かれた下記のこの部分の誤りのある内容の受売りでしょう。
(その時の事が下記に張付けた記事です。コメント欄まで読むと面白いかも?
https://blogs.yahoo.co.jp/nasusan1915/38195107.html)
*************************************
『「ピュアストレートアームではインサイドフォースが発生しないためにインサイドフォースキャンセラーが要らない」と思われてる方も多いが、上の図を見ても分かる通りインサイドフォースもアウトサイドフォースもかなり多く発生している。
つまりピュアストレートアームでは、インサイドフォースとアウトサイドフォースがどちらも発生するためこれを機械的にキャンセルことは難しく、インサイドフォースキャンセラーが実装されない。以下余談。ピュアストレートアームでインサイドフォースが発生しない派の言い分は「オフセット角アーム(J字アーム、S字アーム)をインサイドフォースキャンセラなしに使っていると針先が曲がってくる(=インサイドフォースの影響)のにピュアストレートアームでは曲がらないから」らしいのですがこれはお察しの通りアウトサイドフォースも発生しているため針先が右にも左にも曲げられているからです。http://www.audiosite.jp/ToneArm/
**********************************************
上記の記事は実際には音楽を聴く時のレコード盤の溝に針が嵌っている状態で話をしなければならないのに、全く溝の無い状態での話に終始しています。
私は下記の記事を載せてNさんに間違いを指摘しましたが、実際に音楽を聴く時の状態を表してない(音溝のない)レーザーディスクの話を出しては屁理屈を付けるだけでしたので、説明しても分からない人は放っておいて、あらためてサイドフォースの説明をしてみる事にしましょう。
https://blogs.yahoo.co.jp/milonhit/29595279.html
(私の書いた記事より、下記のフィデリックス社の記事の方が正確に書かれています。)
http://www.fidelix.jp/others/tonearm&turntable2.html
上記2つの記事を読めば上記文面が溝の無い状態での話をいくらしても無駄だとわかるとおもいます。

イメージ 1
上図はEDさんのブログに載っていた物を無断でお借りしています。
アーム支点から伸びる緑色の矢印は私が加筆したものです。
溝の無いレーザーディスクの様な盤に針をおとせば上記図の様に青の矢印の盤の回転方向に針先は引っ張られる為に赤矢印の方向に針先を引く力が発生し、アームは内向きに滑っていきます。これがスケーティングフォース(皆さんがインサイドフォースと呼んでいる)です。ここまでは簡単ですね。
さて、実際にはレコード盤には溝があり、ピュアストレートアームの針先が溝に嵌れば全く横には動く事はできなくなりますので、アーム自体を横に引張る力は全く発生しません。
残る針先を引く力(スケーティングフォース)は横に働くことはできないのですから答えはアーム支点と針先を結ぶ緑色の矢印の直線方向のみです。なので真直な物をいくら引張っても真直ぐなままなのでピュアストレートはアームにも針先にも横方向の力(サイドフォース)は一切かからないのです。

オフセットアームも針が溝に嵌れば同様に横方向のスケーティングフォースはアームにかからなくなりますが、カンチレバーがアーム支点Bと針先を結ぶ緑矢印の線から外れ斜め横を向いていますので、緑矢印の方向に引かれればそちらに針先は向うとして引き延ばされますので見た目は外側を向いている様に見えるのです。図イ粒搬膺泙論嵬隶のスケーティングフォースによってアームが内に引っ張られ針先が外を向くとの説明がされていますが、針先が外側を向くのは緑の矢印の方向の力(曲った物が真直ぐ延びようとする力)が針先に働くからなのです。
溝に嵌っていて横に動くことの出来ない針先が外を向くという事は、当然相対的にカンチレバーの支点は内側に入りアーム先端を内側に引き込みます。これが(SMEが最初に定義した)本当のインサイドフォースです。しかも音溝をトレースする針先にかかる引張る力は音溝に刻まれた信号の大小で大きく変化をする為に、ダンパーに支持されたバネ製のあるカンチレバーがフラフラと曲る事になり、音溝とは違う振動が付加されるため音が変調される事になるのです。
それを分かり易く示したのがフィデリックス社の掲載したインサイドフォースの動画なのです。
https://www.youtube.com/watch?v=6xpm6R3z3NE
分かりやすい様に大袈裟に動かしていますが、目には見えない微細な動きである事は誰でも理解ができるとおもいます。

注釈を加筆しました。
上の図の様に「内向きのモーメントがアームに発生し」と説明されている方がよくいますが、アームにはその様な力が発生する事はなく、
スケーティングフォースは針先とレコード盤の摩擦力によって発生し、針先がアームを引張るのであって、アーム自体は受動的なものですので針先を横に引張ったり、押したりという様な力が発生する事はないのです。

開くトラックバック(0)

MITCHAKU Z シェルの試聴

先日フィデリックス社より『セラミック製の密着Aシェル』と『ミッチャクZシェル』の2製品が送られてきました。後者の『MITCHAKU Zシェル』はアームやプレーヤーの改造をしなくても簡単に通常のオフセットアームに取付けてピュアストレートアームの音質を体験してもらえる様にと企画された物です。
イメージ 1
イメージ 2
このシェルにカートリッジを付けて、アーム支点センターと直線となる様にモノサシを当てカートリッジの角度を調整しました。
イメージ 3
カートリッジの位置はアンダーハングになる為にかなり後ろに付ける事になります。プレーヤーはVictor社のJL-B33Hを使用しました。このプレーヤーも内周駆動のベルトドライブで当時のパイオニア社のPL-25E、31Eのライバル機種で、優秀な6極アウターローターモーターを搭載した名機です。
カートリッジはパイオニア社のPC-70MCを使い、比較用に通常の密着シェルに付けた物も用意しました。
イメージ 4
では、比較試聴を始めましょう。
それぞれのシェルに付けたカートリッジを入替えてみて、最初に違いが分かるのはバスドラの音で、最初のショット感がまるで違います。オフセットのある通常のシェルは『ドン、ドン』とただ鳴っているだけですが、Zシェルは「ガツッ‼」と密度のある物が皮に当たるショット感があり、ついで「ドス」とくる感じです。ですのでZシェルはバスドラの音のエネルギーが前に飛び出してくる感じで、力強さと迫力が全く違います。エレキギターの空間に飛び交う響きもZシェルの方が鮮明にわかり、空間の深い音場が分かるようになります。通常のシェルでは全体的に音楽が『ブッ!たるんでいて』やる気がないように聴こえ、Zシェルの方は張詰めた気迫をかんじます。
丁度土曜日の午後にオフ会で『audiofunさん』と『雪まるださん』が来たので聴いてもらい、私が「これを聴いて5分もかからないで判断がつくほどの大差でしょ?」と聞くと『雪まるださん』が「この差が判るのに5分もかかっていたら よほど耳が悪いわ!」と言って笑っていました。
この音を聴いてZシェルで皆さんに手軽にピュアストレートアームの大きな効果を体験してもらえる事がわかりましたので、是非1個は購入して聴いてみる事を強くお薦めします。
あまりの差に唖然としますよ。
結論は他の人が何と言おうが、アームを曲げた事は間違いです!と言切ります!

開くトラックバック(0)

カートリッジを盤面に置くとアームが内側に滑り入ろうとする現象は一般にはインサイドフォースと誤解されて呼ばれていますが、実際には今回フィデリックス社が動画で示したアームをオフセットした事で起こる左右の音溝の針圧差によってカートリッジのカンチレバーの支点が内側に向かって振れる現象です。(これを最初に定義したのはSME社です。)https://www.youtube.com/watch?v=6xpm6R3z3NE

この現象に限ってフィデリックス社では(SME社の定義に従って)インサイドフォースと明示していますが、オフセット角の付いたアームに取付けたカートリッジの針が音溝の変化する抵抗に引っぱられてカンチレバーがアームの支点と一直線になろうとしているだけ(見た目はカンチレバーが外側に曲って見える)の単純な事なのです。もちろんダイナミックに変化する針先と音溝との抵抗によってフラフラと動くカンチレバーの支点が正しい信号変換など出来るはずもなく、昔からあたりまえの様にアームを曲げてきたこと(オフセットを付けた事)自体が間違っていたのです。
このサイドフォース現象がピュアストレートアームでは起こらないことから、フィデリックス社のアームは『ゼロ・サイドフォース』と名前が付けられました。

もう一つ誤った名前で呼ばれてきた先のインサイドフォースですが、針先をレコード盤に落とすといきなり内側に引き込まれ滑る現象ですが、此方はフィデリックス社ではスケーティングフォースと区別して呼んでいます。

この内側にアームが滑る現象をスケーティング現象と明示すれば、一般に言われているインサイドフォースキャンセラーはインサイドフォースをキャンセルする事はできず、スケーティング現象のみキャンセルしていることからアンチスケーティングと呼ぶ方がスッキリします。
かたや、スケーティング現象は実際の音質には影響は殆ど無く(音溝のないレコード盤をかける事など絶対にないわけですから)、かたや、サイドフォース現象は音質に多大な影響を及ぼす事はピュアストレートアームを実際に使用してみた方なら御理解頂けると思います。

これら2つの現象を混ぜて考えてしまうと とても複雑な動作に見えますが、ハッキリと分けて考えれば、それほど難しい動作ではない事も分かります。

開くトラックバック(0)

MITCHAKU-Zの誕生

フィデリックス社から新たなMITCHAKUシェルが発売となりました。

MITCHAKU-Z です。
http://www.fidelix.jp/products/mitchaku/mitchaku-z.html
通常のオフセットアームにピュアストレートアームの動作をさせる事が出来る様に
中川さんが考えてみた様です。

これで通常のプレーヤーで手軽にピュアストレートアームの効果を試してみる事が出来ると思います。

開くトラックバック(0)

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事