ハワイで生きる by Mimi Horiuchi

サーフィンしていて本当に良かった

全体表示

[ リスト ]

今日はBody Glove Japanのライセンシーであるサングロウさんへお邪魔した。

久々に社長と営業の石井さん会えるのがうれしくて、階段を駆け上がりドアを開けると・・・
イメージ 1

あれっ?サンダルの会社になってる・・・

おかしいなぁ・・・と思って一度外に出てビルを確認。
やっぱりあってる・・・

???と思っていると、社長と石井さんが登場☆
説明を受けて納得、サングロウさんで「OluKai」というサンダルブランドの取り扱いも始めたとのこと。

この「OluKai」はハワイでも人気急上昇中のサンダル。
見かけや作りがとてもハイエンドなだけではなく、とても環境にやさしいサンダルで「ISO14000」という
「地球にやさしいですよぉ!」という国際環境基準のお墨付き。

カリフォルニアンっぽいこだわりのあるデザインがなされ、ソール部分は “蕁´▲櫂螢沺次´ゴム の3層構造。

さらには、

皮    → 天然に撥水性のある皮
ポリマー → 疲れ難いようにクッション加工されている
ゴム   → リサイクル

というデザインから素材まで、クオリティーの高い商品のお手本のような商品。

是非詳細を見て欲しい↓
http://www.nakisurf.com/blog/tide/archives/1374
(私の写真ではそのハイクオリティーさは伝わらなさそうなので、フナキさんのページがお勧め)

そしてまた名前がお洒落!
「マクア」と「マカイ」コレクションに分かれていて、この言葉はハワイでもよく使う。
マクアは山側、マカイは海側を意味する。

マクア・コレクションには陸向け、すなわちストリート用のサンダルがあり、マカイ・コレクションにはビーチ用のサンダルがある。

サンダルひとつひとつにハワイ語の名前がつけられていて、私が今日頂いたのは↓マカイのラニ☆
「天国の海」という意味を持つ。
イメージ 2

名前だけでも、履いていて気持ちよくなる。

そして履いてビックリ。
皮製品なのに、Crocsと同等の履き心地!そしてRaibowより光沢がありフカフカ!
皮なので見栄えもいいし、ハワイではちょっとしたディナーにも履けてしまうA級サンダル。

早速Crocsから履き替え、足元がグレードアップ。
足元がグレードアップされると、とても楽しい気分になる。
帰り道はずっと超ルンルン。

そしてウェットスーツについてもあらたな驚きが・・・
イメージ 3

(左は営業の石井さん☆)
なんと今は1.5mmのフルスーツが市場に出回っていた・・・
どうやら最近は日焼けしたくない女性が多いらしい・・・
確かに・・・今日電車の中で日焼け止めをバシバシ塗ってる女性が何人かいた。

不思議ながらも、触ると超やわらかくてビックリ。
私はこの素材でロンスプが欲しいくらい。

そしてプアラニにいた私はついつい縫い目を見てしまう。
裏返しにしてみたり、石井さんが後ろを向いた隙にグイグイ引っ張ってみたり、・・・

そしてその縫製に感動☆
しみじみと感動していると、石井さんは「Surf 8」のサーフィン用のグローブを見せてくれた。

1mmくらいの厚さのラバーを裏からすくって縫ってあり、表から見ると縫い目が見えない!
ありえないテクニック。

他社の製品を横に並べると、その差がすごい明らか!
カチッとならずフニャッとする、ということはそれだけ水の抵抗を感じない。

見なきゃわからないのに、写真を撮るの忘れて超反省・・・
あー見せたい、この違い・・・

ファストファッションが注目を浴びているこのご時勢に、これだけ質の高い、こだわり商品を供給し続けるサングロウさんは粋だ!

そして、そんな最高級な商品を身につけられる私はとても幸せだ。
心から感謝☆
イメージ 4

いつも笑顔が素敵な小出社長。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事