★のんの★の悪性リンパ腫(ホジキン病)体験記

ABVD療法6クール+放射線治療50グレイで寛解。2012年に完全寛解、2017年に再発しました。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

A病院のU先生は、1ヶ月の入院を勧めて下さいましたが、
S病院ですっかり入院生活が嫌になっていたので、
取り敢えず2週間程入院することにしました。

ABVD療法は基本的には外来治療で行いますが、
最初の投与時2〜3回は、副作用の反応をみる為に入院します。

ABVD療法の副作用についてですが、
骨髄毒性、消化器毒性、神経毒性、脱毛などは、四つの抗がん剤全てに共通です。

その他注意すべき副作用として、

ドキソルビシン:心毒性

ダガルバジン:感染様症状、アレルギー症状、血管痛、肝静脈血栓

ブレオマイシン:肝障害、肺線維症、白内障、色素沈着

ビンブラスチン:末梢神経障害

があるとの説明を受けました。

(必ず上記の副作用が起こるというものではありませんし、
これ以外の副作用が起こる可能性もあるとのことでした。)


そしていざA病院に入院しましたが、私が驚いたことがあります。

それは、担当のU先生が
1日1回は、必ず私の様子を伺いに病室まで来て下さること、
病棟の看護師さんがとても明るく、
世間話等普通にお喋りをしていることでした。

S病院ではどちらもなかったことなので驚きましたが、
私の周りの人に尋ねると、それは普通のことだということでした。

同室の患者さんも皆明るく、普通にお喋りをしているので、
たったそれだけのことですが、私の気持ちは明るくなりました。

入院時の私の体調ですが、発熱・咳・肩やリンパ節の痛み・肌の痒みは
すっかり無くなっていました。

神経性胃炎も良くなり、低音障害型難聴で落ちた聴力もなんとか戻りましたが、
耳の閉塞感(耳に水が入っているような感じ)だけは、まだ残っていました。

発熱ですが、U先生に治療直前から続いた発熱のことを話すと、
リンパ腫のB症状の可能性が高いとのことでした。


2006年10月2日、1クール後半の抗がん剤を投与しました。

S病院ではドキソルビシンを皮下注射しましたが、皮下注射によって
副作用が軽減したというはっきりとした立証がされていないので、
痛い思いをしてまで皮下注射するよりは、点滴の方がいいだろうということで、
A病院では、ドキソルビシンも点滴で投与することになりました。

皮下注射はかなり痛かったので、これを聞いた時は嬉しかったです。

私は血管痛のことが心配で、前の晩からとても緊張していましたが、
当日はダガルバジンを完全遮光した効果があり、
2倍の速度(2時間で完了するスピード)で、
余り痛むことなく終了することができました。

(ステロイド剤やヘパリンの点滴投与も効果があったのかもしれませんが、
やはり遮光が一番効果があったような気がします。)

また、ダガルバジンの間中、点滴投与している腕を温タオルで温めたのも
効果がありました。

ダガルバジンは、看護師さん達が暗い部屋で薬を点滴のボトルに詰めて、
アルミホイルで遮光し、点滴の管も全てアルミホイルで覆ってもらいました。

投与中は時々痛みの波は来ましたが、鋭い痛みではなく、
前回10倍の速度で投与した時と比べても、本当に段違いに軽い痛みでした。

これなら今後も投与を続けられると、安堵しました。

点滴が全て終わった時、余りの嬉しさに、夫や友人、職場の先輩等ホウボウに
「痛くなかった!!スキップでもしたい気分です!」
というメールをしてしまいました。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/0c/e1/mimi_nonno98/folder/127438/img_127438_1518484_1
↑アルミホイルで遮光したダガルバジンです


10月4日辺りから、私の脱毛が始まりました。

S病院の看護師さんからは、
「投与後2週間くらいで脱毛が始まります。のんのさんはお若いから、
もしかしたら、もう少し早くから始まるかもしれませんね。」
と言われていたので、初めての抗がん剤を投与して1週間くらい経つと、
抜け毛対策でショートヘアにして心の準備をしていたものの、毎朝起きる度に
「もしや、ドバッと抜け毛がついているのでは?」
と枕を見るのがドキドキでした。

しかし私の場合の脱毛は、一気にくることはありませんでした。

座っていたり立っている時に、木の葉が舞うように、
頭からはらはらと髪の毛が数本不自然に落ちていきます。

そして、お風呂で頭を洗った時にも髪の毛が100本くらい
(もしかしたら、それ以上??)抜けるようになりました。

また、10月3日の朝から倦怠感を感じるようになりました。

最初は、低血圧のせいかしらと思って気にしていませんでしたが、
4日の朝の倦怠感は、午後まで続き尋常ではなかったので、
ようやく抗がん剤の副作用だと気が付きました。

倦怠感は、ベッドで寝ていると、手足が特にずーんと重く、重さのせいで、
そのまま体がベッドに沈み込んでいってしまいそうな感覚でした。

そんな感覚は、初めてでした。

こんな倦怠感があるんだ、流石抗がん剤の倦怠感だなぁと思いました。

倦怠感は、吐き気のように数日間だけあるという分けではなく、
日によって強弱があるものの、
次の抗がん剤投与の日まで無くなることはありませんでした。

吐き気については、10月3日から2〜3日の間少しありましたが、
悪阻と比べるとまだ大したことがありませんでした。

お腹にいた息子を人工死産して、
私は「絶対に治すんだ。頑張ろう!」と心に誓いましたが、
病気治療をするにあたって特に自分が頑張ることもないので、
取り敢えず今の私に出来ることは「食べて体力をつけること」だと思い、
食事はほぼ三食全部食べていました。

しかも、「抗がん剤=やせる」というイメージがあった私は、
三食の食事のみならず、間食もちょこちょことしていました。

すると、A病院に入院する頃には、
初めて抗がん剤を投与した日よりも3キロ増え、
入院中に更に1キロ増えてしまいました。

抗がん剤で痩せてしまうのは、副作用の吐き気で食べられないことが
原因なのでしょうね。

抗がん剤を投与していても、やはり食べれば食べただけ太るものなんですね(汗)


この時期は、シャワーを浴びている時に髪の毛が抜け、
そして悪露の固まりを見た時に、たまらなくなって何度か泣きました。

『泣いてばかりいると、病気に負けてしまうよ』
『病気に勝つ為にも、明るくならないと!』
『笑うと、癌にいいらしい』

そんな言葉を、周りの人からずっと言われていました。

正直なところ、この言葉は病人にとって少しキツイ言葉だと思いますが、
でも、この時の私は、実際その通りだと思いました。

毎日、暗い気持ちで過ごしていたら、病気に負けてしまうかもしれない。

そう思った私は、お腹の中にいた息子を人工死産してからは、
何が自分の身に起こっているのか、なるべく深く考えないようにしていました。

考えると、悲しくて涙が出てしまうので、何も考えないようにしていました。

何も考えないようにしなければ、
自分の心はどうにかなってしまうような気がしました。


「息子を諦めたからには、自分が助からなくては意味がないんだ。」

そう思っていました。


ですが、幾ら考えないようにしているとはいっても、
何かの拍子に息子のことが悲しくなりました。

でも、病室で泣く訳にもいかないので、悲しくなると廊下を歩き回ったり、
夫に電話をしたり、病院のお風呂場で大声で歌を歌ったりして、
なんとか悲しみを紛らわせようとしました。


10月13日、夫と一緒に担当のU先生から話を聞きました。

9月15日(S病院で初めての抗がん剤を投与した日の前日)と
10月11日に撮ったCTスキャンの画像を比べると、
縦隔にある巨大腫瘤は3分の1くらいの縮小が見られたということでした。

また、私の5年後の生存率は70%、
もし1年以内に再発した場合は5年後の生存率は10%になる
ということでした。

S病院で聞いた生存率よりも上がっていたので、私は嬉しくなりました。

生存率が何%であったとしても、結局自分にとっては
生きるか死ぬかのどちらかしかないのですが、
パーセンテージが多いと聞くとやはり嬉しいものです。



https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/0c/e1/mimi_nonno98/folder/127438/img_127438_1518484_0
↑2006年9月1日撮影のレントゲン画像です。
当時は妊娠中だったので、お腹には放射線が当たらないよう遮断用のエプロンを着けて
撮影しました。
画像の胸部左側に見える白いものが、腫瘍です。

この記事に

閉じる コメント(2)

のんの(^_^.)さん こんばんは!本日、僕の病気が「非ホジキンリンパ種B細胞性」と判明しました。型や期等の詳細等は後日との事で、生検ではっきり判明次第、札幌の専門病院に入院予定となりました。落ち着いたら、また、おじゃましますので、いろいろ教えて下さい。では、ご報告まで・・(@_@)/

2009/3/11(水) 午後 8:04 [ - ] 返信する

顔アイコン

隼tokomaさん、型が判明したのですね。
これから治療生活で色々あるかと思いますが、余り頑張り過ぎないようにして下さい。
私も、隼tokomaさんのブログにお邪魔させていただきます。

2009/3/12(木) 午後 8:47 のんの 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事