★のんの★の悪性リンパ腫(ホジキン病)体験記

ABVD療法6クール+放射線治療50グレイで寛解。2012年に完全寛解、2017年に再発しました。

全体表示

[ リスト ]

生検の為の入院

12月1日の今日、腫瘍の組織検査をする為にI病院に入院しました。
今日は下の子の保育所の発表会があったので、出発時間ぎりぎりまで発表会を見てから、保育所の前まで来てもらうようお願いしていたタクシーに乗って、30分掛けてl病院に行きました。

I病院での生検を終えて退院したら、その後の入院がどのようになるのかが全く分からなかったので、もしそのまま長期入院することになったとしても困らないように、今日の入院までにやれることはやっておいてしまおうと思い、家中の掃除(かなり物を捨てました。)、下の子が来春就学するので小学校の口座振替等の手続きや式服・机・体操服等の購入、給食セット(巾着袋とランチョンマット)を作ったりしていました。
本当は、更に体操着袋やお道具袋も作りたかったのですが、残念ながら間に合いませんでした。

今回の入院は3ヵ所目の病院となるのですが、これまでの病院と違う規則に驚きました(^^;)
何と、土日はお風呂に入れないのです!
私だけがという訳ではなく、入院患者全員がです。お風呂場はクローズしてしまうのです。びっくりです。
体調不良で今まで1日入らなかったことはありましたが、2日もお風呂に入らないなんて、子どもの頃は熱が出た時等にあったのかもしれませんが、成人してからは一度もありません。
4年前に息子の手足口病がうつって40度の熱が出た時でさえ、私はお風呂に入りました(←馬鹿ですね(^^;)でも、おふろに入る前は40度まではありませんでした。)
2日もお風呂なしだなんて、耐えられるかなぁ・・・(悲)

お風呂の件はがっかりしましたが、病棟の看護師さんは皆優しく、丁寧に色々説明して下さるので嬉しいです。

正直なところ、11年前に悪性リンパ腫の治療をしたA病院の、今年の4月以降の先生方の対応には、がっかりしました。
今入院しているI病院の呼吸器外科の先生が、PET検査の結果を見て、悪性リンパ腫の再発だろうということでA病院の呼吸器内科の先生に連絡して下さっても、レスポンスが悪くてI病院の先生がA病院に電話して血液内科の受診の予約を取って下さったり、A病院の血液内科を(再発の件で)初めて受診した時に、私と夫が幾つか質問をしましたが、忙しくて私のCTスキャンの画像はまだ全部見ていないから分からないと言われたり、昨日の血液内科の診察では「まだI病院の先生と話をしていない」と言い、私が、それに関してはI病院の先生はこう言ってましたとかああ言ってました等と説明する場面もあったりしました。

これまでは、「少しでも早く治療を開始したい」「せめて息子が高校を卒業するまでは生きたい」と強く思っていましたが、今までのA病院の医師達の対応を見ていると自分の意欲も落ちてしまい、ここ数日は、仮に手遅れのような病状になったとしてもそれはそれでもういいかな・・・なんて、ネガティブなことを考えるようになっていました(^^;)

でも、今日の午後に撮ったCTスキャンの結果をつい先程教えていただいたのですが、肺の中葉にある腫瘍は大きくなっていませんでした!
本当に本当に嬉しいです。
私の癌は、悪性リンパ腫の一種類だけなような気がします。

治療に希望が出てきました(^^)

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事