★のんの★の悪性リンパ腫(ホジキン病)体験記

2006年に発症し、ABVD療法6クール+放射線治療50グレイで寛解。2017年に再発しましたが、未治療で経過観察中。

全体表示

[ リスト ]

退院

12月10日、I病院を退院しました。

12月7日に、外科のU先生から「術後の経過がいいので、抜糸前には退院出来ますよ。のんのさんは、早く退院したいと言っていましたよね。」と言われました。
生検した箇所は消える糸(でしたっけ?名称を忘れました(^^;))を使っているので、抜糸する必要はないのですが、脇腹に入れていた管を取った所も1〜2針縫いました。
ここについては、縫ってから1週間以降に抜糸することになっています。

先生の言葉を聞いて、「私、いつ、先生に早く退院したいと言ったかしら?」と疑問に思いましたが、おそらく手術前に外泊許可を取った時に、「下の子がまだ小さいので、一時帰宅をしてもいいでしょうか。」と先生に言ったことが、「家に帰りたい=早く退院したい」という意味になったのかなと思いました(^^;)

「もちろん、もう少し入院したいということだったら、急いで退院することもないですよ。」とも外科の先生はおっしゃって下さいましたが、入院する必要のない患者がいつまでも病院にいるのも申し訳ないので、最速で12月9日に退院可能ということでしたので、10日に退院しました。

でも、本当はもう少し入院したかったです。
理由は、「帰宅したら、のんびり出来ない」からです(^^;)

「退院後は、どんどん動いて下さい!」と外科の先生達からも看護師さんからも言われましたが、手術から数日経った今も痛むんです(悲)
手術すると、切った箇所から若干離れた位置に神経痛とかで痛む人がいると、外科の先生がおっしゃっていましたが、脇腹の傷の少し離れた箇所が体の中から痛むのです。もちろん傷口も痛むし、背中も痛みます。
我慢出来ない痛みではありませんが、どんどん動く!という気は失せる程度の痛みではあります。

もちろん自分の身体の為に動くつもりではいますが、でもまだ精力的に動きたくないというのが本音です。
なので、昨日は、退院して帰宅後、「今日は、家事をしない」宣言を家族にしました(^^;)
すると、中学生の娘が肉じゃがを、夫がお味噌汁と冷ややっこを作ってくれました。
(プラス前日の残りのサラダ(夫作))
嬉しかったです。

今朝は、夫が夕飯に味噌ラーメンを作ると言っていましたが、今までのんびり出来たので、これから私が夕飯を作ろうと思います。他の家事もしなくては!(^^)

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事