★のんの★の悪性リンパ腫(ホジキン病)体験記

2006年に発症し、ABVD療法6クール+放射線治療50グレイで寛解。2017年に再発し、2018年7月から治療開始。

全体表示

[ リスト ]

2018年10月18日、G病院でCTスキャンを撮影し、その後診察を受けました。
私は、以前から主治医のT先生には「治療前よりは格段に弱くなりましたが、まだ少し身体が痒いので、癌は完全には無くなっていないと思います。」と話していました。

CTスキャンを撮影した結果、腫瘍はかなり小さくなったけれども、完全には無くなっていないことが分かりました。

私のリンパ腫の型である結節硬化型は、脂肪等を巻き込んで腫瘍が大きくなっていくので、癌細胞が無くなっても脂肪等が残ってしまって、腫瘍の塊が完全には無くならないことがあります。
なので、腫瘍が少し残っていたとしても寛解している可能性はあるのですが、私の場合は「身体の痒み」がほんの少しですが残っているので、寛解はしていないと思っています。

主治医のT先生は、「PET検査をしないと寛解しているかどうかは分かりませんが、自家移植が終わってからPET検査をしましょう。」と言いました。
再寛解導入療法で、腫瘍が(確か)3分の1以下に縮小すれば自家移植に進めるので、寛解していなくても自家移植をするのだから、今、被ばくしてまでPET検査をする必要はないでしょうということでした。

セカンドオピニオンの病院で聞いた話では、再寛解導入方法で寛解までいった方が、そうでないよりも治療成績が良いと聞いていたのでがっかりしましたが、仕方がありません(^^;)

また、
幹細胞を採取後、1ヵ月位の休養期間をもうけてから大量化学療法を始める。
治療は金曜日から始めたいので、前日の木曜日に入院して静脈から点滴の管を入れる処置をする。
自家移植後1ヵ月半から2ヵ月位経過してから、地固め療法として、分子標的薬アドセトリスを3週間に1度、一年間投与する。
という説明がありました。

次の入院時の副作用が心配で、T先生に質問したところ、
吐き気は、大量化学療法よりもVIP療法の方が強い。
でも、大量化学療法の副作用で色々な所の粘膜が無くなってしまうので、胃の粘膜が無くなったことにより気持ちが悪くなるかもしれない。
白血球を増やす薬剤は、幹細胞を採取した時よりも薬の量が少ないので、前回の入院程腰等が痛くならないでしょう。
ということでした。

この時、11月1日に入院する予約を取りましたが、入院前日に私が風邪を引いてしまい、結局、入院は11月8日に延期しました。

私の体調ですが、VIP療法3コース目の抗がん剤投与を始めた日を一日目と数えて、25〜30日目辺りから胃のムカつきがなくなり、味覚異常もその頃辺りからなくなりました。
冷や汗が出て頭がフラフラする貧血のような症状は、40日目辺りから無くなりました。

その代わり(?)に、40日目から全身筋肉痛になりました。
最初は、筋力が弱っているから筋肉痛になったのだと思っていましたが、その後も毎日全身が筋肉痛で、47日目辺りからは、更に全身の関節が痛むようになったので、これは抗がん剤の副作用だと思いました。
手の指の関節も、指の第一関節と第二関節の間の筋肉までも痛み、筋肉痛が強い時は身体を動かしていなくても痛みます(^^;)

それでも、掃除と料理、それから普段夫が洗濯しないものの洗濯(シーツやバスマット等)や洗濯物を畳んでアイロン掛け等の家事が出来る体力はありました。

手足の痺れはまだ残っています。

40日目辺りからでしょうか、自覚症状が余りないのですが頭がクリアでないというかぼんやりしているようで、キッチンのガスの消し忘れが3回(ガス台の警告音で気が付きました・・・。料理はもちろん駄目になりました。消し忘れというより、点けたことが余り思い出せませんでした。)、家族で買い物に行った時に駐車場で車を停めた場所が全く思い出せなかったりしたこと等が1週間位続き、「抗がん剤で脳細胞も破壊されたのかも。時間が経てば、元に戻るだろうか。」と心配になったことがあります。
この時、夫にそう言ったら、「脳細胞は一度破壊されたら再生しないよ」と、まあそうなんですけれども、確かに正論なんですけれども酷い返事が返ってきました(怒)
でも、その後は注意しているせいか、ガスの消し忘れ等は起こってはいません(^^;)

それから、VIP療法1コース目を開始した7月30日に生理があったのを最後に、その後は生理はありません。
VIP療法3コース目の治療の為に入院した9月13日の朝、生理の前兆の時のように胸がはりお腹が痛かったのですが、それでも生理にならず、この日からホットフラッシュが始まりました。
ホットフラッシュは今日まで続いています。
かなり頻繁で一日7〜10回位起きるのですが、ホットフラッシュが始まると、身体がカーっと暑くなって汗びっしょりになります。
一度カツラをつけて外出した時にホットフラッシュが何度か起こり、暑くてもカツラは脱げず、頭や額の汗もカツラがあるので拭けず、カツラが汗でびしょびしょに濡れてしまったことがあったので、それからはカツラをつけるのが嫌になってしまいました。
外出時は殆ど医療用帽子です。
先日、息子と二人でディズニーランドに行った時も医療用帽子を被ったのですが、流石に「いかにも髪の毛がありません」という感じなので、ハロウィンで仮装する人が多い中、自分だけちょっと場違いというか雰囲気が違いすぎるというか(^^;)
なので、ミッキーの顔の形をした帽子を医療用帽子の上から被りましたが、ホットフラッシュが起きたりジェットコースター系のアトラクションに乗ったりパレードを見る時は、ミッキーの帽子を取って医療用帽子だけを被っていたので、一度若い女性が驚いたような表情で私の顔を凝視していました(^^;)
でも、ディズニーランドは楽しかったです。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事