★のんの★の悪性リンパ腫(ホジキン病)体験記

2006年に発症し、ABVD療法6クール+放射線治療50グレイで寛解。2017年に再発し、2018年7月から治療開始。

全体表示

[ リスト ]

2018年11月19日は、自家移植後day3でした。

吐き気止めに使ったステロイド剤の効果が本当になくなったらしく、この日は起床してからしばらくすると気持ちが悪くなり、3回程吐いてしまいました。
看護師さんによると、ステロイド剤の効果がなくなって吐き気が増した場合、中には少量のステロイド剤を再度使うこともあるらしいのですが、私はステロイドのあの「そわそわ感」が恐ろしく、二度と味わいたくないので、「私は気持ちが悪くて吐いている方がマシです。気持ちが悪くても、頭はすっきりしていますから。」と話しました。

ですが、とんぷくの吐き気止めを飲めばかなり楽になりました。
夜もステロイド剤が抜けてぐっすりと眠ることが出来ました。

この日の採血の結果です。

白血球 100以下
好中球数 0
ヘモグロビン 10.1
血小板 34000
CRP 0.37

先生のお話では、白血球は100以下となってはいますが、好中球がゼロなので、今は白血球がゼロと同じ状態だとのことでした。
体内に戻した幹細胞が生着するまでは、白血球がゼロの状態が続くとのことでした。 

他の日の採血の結果です。
2018年11月12日
白血球 7000
好中球数 6.8
ヘモグロビン 10.6
血小板 211000
CRP 0.03

2018年11月14日
白血球 4400
好中球数 4.3
ヘモグロビン 11.4
血小板 163000
CRP <0.03

2018年11月16日
白血球 700
好中球数 0.6
ヘモグロビン 9.9
血小板 86000
CRP <0.03

2018年11月20日は、自家移植後day4でした。
この日の午前中は37度0分〜37度4分までの熱が出て、身体が重く倦怠感がありましたが、午後になると平熱に戻り、倦怠感が軽減しました。
また、朝から口内が何ヵ所か痛み、看護師さんに確認していただくと、「舌が内出血している箇所があり、口内炎になりかかっている箇所もある」とのことでした。
この日はお腹も何度も下してしまい、5度目になった時に、整腸剤が処方されました。
吐き気に関しては、2度程吐いてしまいましたが、とんぷくの吐き気止めを飲むとかなり楽になりました。

血小板が少ないということで、この日は血小板の輸血がありました。
(恐ろしいのは、輸血で発疹等の反応をする人がいるらしく、その軽減の為にステロイド剤も一緒に点滴されたことです・・・(^^;))

2018年11月21日の今日は、自家移植後day5です。

朝の4時に目が覚めると、頭痛が酷く、38度の熱がありました。
看護師さんに連絡してその事を伝えると、抗生剤が点滴され、解熱剤カロナール錠を服用しました。
今お昼の時点では、熱は下がっています。
今日は、抗生剤の点滴を日に3回投与するとのことです。

口内の痛みに関しては、昨日より少し増しました。
昨日はお腹を下しましたが、整腸剤を服用してからは下してはいません。

今日から白血球を増やす点滴を毎日投与することになりました。
幹細胞を採取した際は、診察で打つ白血球を増やす注射の3倍の量を1日2回打ちましたが、今回は一日一回(診察で打つ量の3倍は同じ)投与するとのことです。
どうか腰がそんなに痛くなりませんように。

今日は吐き気が殆どありません。
そして、お腹が妙に空きます。

もしかしたら、昨日のステロイド剤が効いているのではないかと、心配でたまりません。
そう考えると、今日の自分は看護師さんや先生に対して多弁なような気がするのです。
気分の高揚と不眠はまだ我慢が出来るのですが、あの「そわそわ感」は怖いです・・・。

閉じる コメント(4)

のんのさん、前回の「内緒」での私のコメント。送った後にもう一度読み返してみまして「上から目線」的な文面(内容は真実です)になってしまっている事に大変申し訳無く感じましたので自主削除させていただきました。本当にごめんなさい!
今回のんのさんの記述内容は私どもも体験していますから大変さがとても分かります。どうか、どうか!成功しますように❗

2018/11/24(土) 午前 9:43 [ 打倒ホジキン ] 返信する

顔アイコン

打倒ホジキンさん、有難うございます。
私は無事(?)生きています(^^)
ようやく移植から9日経ちました。
明日辺り生着してくれるといいのですが。そうしたら、あと一日です。頑張ります!

2018/11/25(日) 午前 10:46 のんの 返信する

こんにちは!やはり(推測ですが)「私は無事(?)生きています(^^)」のコメント。もしかしたら、私の投稿の「生存」していれば。が関係していますか?この意味は私の妻にもいつも言っているのですが「どんな手段を使っても生きていれば必ず新しい治療法が出てくる!山中教授のIPS細胞がその道を作ってくれたから、医学会の進歩は加速している」です。実際最近、京都大がips細胞を使ってお知らせしたCAR-T療法と同様の治療法を発表しました。パーソナルに免疫細胞を設定するのでオプジーボよりも副作用の面で有効かも知れません。私自身、医学関係の有国家資格者です。しかし、妻からはよく「家に医者はいらない!」とよく怒られます。知識があると私にとって当たり前の事を当たり前のように伝えると「冷たく」感じるようです。ですから、のんのさんにもそのように伝わってしまったのでは?と反省しております。もし、その様でしたなら改めてお詫び申し上げます。ごめんなさい。
本心は我々は「同士」だと思っており何かお役に立てればなぁ。です。

2018/11/25(日) 午後 1:39 [ 打倒ホジキン ] 返信する

顔アイコン

打倒ホジキンさん、有難うございます。
前回の内緒のコメントは一読しましたが、正直に言いますが、すぐに削除されたので何と書いてらっしゃったのかよく覚えていません(申し訳ありません・・・。)。
打倒ホジキンさんは医学関係者なのですね。流石、お詳しいです。
奥様は内心かなり頼もしく思ってらっしゃると思います(^^)
「同士」、いいですね。
打倒リンパ腫!ですね(^^)

2018/11/25(日) 午後 7:44 のんの 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事