★のんの★の悪性リンパ腫(ホジキン病)体験記

2006年に発症し、ABVD療法6クール+放射線治療50グレイで寛解。2017年に再発し、2018年7月から治療開始。

全体表示

[ リスト ]

2018年11月26日は、Day10でした。

この日の血液検査の結果で、白血球が増えていることが分かりました。

白血球 2200
好中球数 1800
ヘモグロビン 9.4
血小板 17000
CRP 2.28

ちなみに、この2日前の24日の血液検査の結果は以下の通りです。

白血球 100以下
好中球数 0
ヘモグロビン 8.3
血小板 25000
CRP 3.08

おそらくDay9で生着したようです。
Day9以降は、風邪の症状がみるみる良くなりました。
発熱するようになってからは、抗生剤を一日3回、点滴で投与していましたが、発熱や喉の痛みが治まらなかったのに、白血球が増え始めてからは身体の調子が全然違いました。
白血球というのは、本当に凄いものだなと思いました。

この日の午前中に、T先生から無菌室から出る許可をもらいました。
また、特に容体が悪くなったりしなければ、早くて2日後には退院してもいいと言われたので、私は早速夫に相談して、2日後に退院することに決めました。

売店に行ったり、紅茶を淹れる為に給湯器の所に行ったりと、無菌室の外に出られて、本当に嬉しかったです。
また、Day8(11月24日)に、私の無菌室のトイレのウォシュレットが壊れてしまい、この日は水を飲んでも吐くような体調不良だったので整腸剤が飲めず、翌日から酷い下痢でウォシュレット無しだと本当にきつかったので、無菌室の外の共有のお手洗いが使えて、本当に良かったです(^^;)
(無菌室のトイレは、修理の人に見てもらいましたが、治るのは一週間後だと言われました。お恥ずかしい話ですが、身体中の粘膜が弱い時期の下痢は、本当にお尻が痛かったです・・・)

この日のシャワーの際に、髪の毛が抜けることに気が付きました。抗がん剤の副作用の脱毛です。
髪の毛は、今回の入院直前から生え始めていたので、1センチ位の長さに伸びていました。
短髪の方が、長髪よりも抜ける時のストレスが少ないと思いました。
長髪だと、抜けた髪の毛と抜けていない髪の毛が絡まったり、抜けた髪の毛が目に刺さったり、抜ける時の髪の毛の量も多く感じて始末が大変でした(^^;)

血小板の数が少なかったので、この日は今回の入院で3回目の輸血をしました。
輸血は1回目は何ともなかったのですが、2回目の時に発疹が2つでき、3回目の時は発疹が3つ出来ました。
(輸血をすると、たまに発疹が出来ることがあるそうです。その為、輸血の際は、発疹防止の為のステロイド剤を投与します。)
今回の入院での輸血は、血小板の輸血で、色はオレンジ色をしていました。
前回の入院での輸血は赤血球の輸血で、色は真っ赤でした。

また、この日が最後ということで、抗生剤と白血球を増やす薬の点滴も受けました。


2018年11月27日はDay11でした。
この日以降から、熱が出なくなりました。(確か、前日は微熱がたまに出たような気がします。)

明日には退院するし治療は無事に終わったしで、治療の副作用はまだ沢山残っていましたが、朝からとても気分が良かったのを覚えています。
午前中は、隣りの病室の人とお喋りをしたり、夫や友人にメールしたりして過ごしました。

午後1時過ぎだったでしょうか、突然身体が痒くなってきました。
気のせいだろう、これは気のせいだと自分に言い聞かせていましたが、1時間もすると、痒みが強まってきました。
痒みのMaxを10とすると、3〜4位の痒さでした。
肌の表面ではなく、身体の中からビリビリとした痒みです。
この痒みには覚えがありました。昨年2月にリンパ腫が再発してからずっと感じていた痒みです。

「治らなかったんだ・・・」

そう思った途端に、急に悲しくなり、涙が出てきました。

「今までの治療は何だったのだろう。」
という思いと、
「この治療(自家移植)で治る確率は50%だったのに、治らなかった。アドセトリスの寛解率は30%、オプジーボの寛解率は十数%しかないし、骨髄移植は、もう身体がもたないかもしれない。自分は、治らないかもしれない。」
という気持ちでいっぱいでした。

これまでは、「治療は思っていたよりも大したことはない」とずっと考えていましたが、治らなかったと思った途端、「治療は大変だった。沢山我慢して、沢山頑張ってきたのに。」というやり切れない気持ちになりました。

シャワーを浴びると、前日よりも脱毛が多くなっていました。
「何の為にこの髪の毛は抜けているんだろう、治らなかったのに。」
と思ったら、悲しくなり、また涙が出てきました。

2018年11月28日のDay12、予定通り、私は退院しました。
大量化学療法と自家移植の為の入院期間は、ちょうど3週間でした。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事