みみの部屋

9月から、JUGEMでブログ書いてます。

全体表示

[ リスト ]

marikoさんの、愛護センターレポートです。
この子達の大半はもうこの世にはいません。
maricoさんがレポートしてくれなければ、だれにも知られず、ひっそりと旅立っていった子達です。

何の謂われもなく命を奪われるセンターにいる子達こそ助けたい!!

  ******************************************

久しぶりの愛護センターです。
いつもお世話になっているセンターの獣医さんに頼み収容施設を見学させてもらいました。
いつも嫌な顔をせずに対応してくれて本当に感謝です。

プロフィールの足跡
お母さん犬は諦めた顔でこちらを見ました。子犬と一緒に捕獲されたそうです。
私には助けてあげるすべはありません。
お母さんとくっついて安心している子犬達。この親子の命もあと数日で消えます。


プロフィールの足跡
対照的に隣のお部屋に入っていた幼犬は、私を見るなりヘソ天でお出迎え・・・
あまりにも無邪気な姿が目に焼けつきました。


プロフィールの足跡 この子達は首輪をしています。迷子になったの?迷子札か鑑識さえついていれば、すぐにでもお家に帰れたのに・・・・


プロフィールの足跡 私を見て尻尾を振ってくれます。


プロフィールの足跡 最終日に居たMダックス。明日の朝にはこの世から居なくなります。それってどういう事なのだか、どうしても実感が沸きません。なぜこの子はここに居るのでしょうか???


プロフィールの足跡 やはり最終日のお部屋に居たセッター。「ここから出して!お願い連れて帰って!」


プロフィールの足跡 最終日のお部屋。これから他の保健所から犬が連れてこられます。ゴールデンのMIXちゃんもいます。みんなどんな人生を過ごしてきたのでしょうか?
幸せだったのでしょうか?



プロフィールの足跡 負傷動物のお部屋に収容されていた子。体が濡れていました。起き上がることもできずにブルブル震えていました。


プロフィールの足跡 咬傷事件を起こした犬。飼い主を咬んだそうです。まだ若い子です。犬は咬む動物です。それを知っていますか?咬まないようにトレーニングしましたか?問題を起こさない為に躾は予防として絶対に必要です。と飼い主に言いたいです。飼い主の責任なのに、可哀想に死罪になるのです。


プロフィールの足跡 捕獲されたMダックス。飼い主さん早く現れてあげてください。首輪も何もしていません。室内に居る時もネームタグなどはつけてあげていてください。誰も迷子になりたくてなっていません。いつも気をつけていて損はしません。


プロフィールの足跡 じっと見ていたらウーと唸られました。そうだよね。怖いよね。お家に帰りたいよね。


プロフィールの足跡 殺処分の対象の収容部屋に行くか検疫にまわされるか、待っている子犬。勿論子犬はそんな事は知らない。雌犬なので検疫に回る確立は低くなります。


プロフィールの足跡 まだ産まれたばかりの子猫達。猫は全て持ち込みです。どうしてこのような事ができるのでしょうか?この子達の産まれた意味がなんでしょうか?この世の光も見ずに明日処分されます。


プロフィールの足跡 この子猫たちも明日にはこの世には居なくなります。


プロフィールの足跡 検疫を受ける子犬達。どうか病気にならないで譲渡にまわされますように。そう願う事しか今の私はできません。


プロフィールの足跡 お年寄りが飼っていたMダックス。飼い主の体調が悪くなり入院する為にここに連れてこられたそうです。最近お年寄りが手放す動物が急増している。なのにあまるほど命は生み出されている。何かが間違っている事にまだ気がつかない人が多い。


プロフィールの足跡 譲渡用の子犬達。どうか良い飼い主さんとめぐり合って欲しいです。絶対にここに戻ってこないで欲しい。よくみるとMダックスのミックスの子がいます。本当にいい加減な飼い主がまだまだいる事に憤りを感じます。


動物愛護センターでは譲渡会があります。
千葉県内で飼育できる方が対象となっていて、まずは申し込みが必要になります。

千葉県内で飼育ができる方、止むを得ない事情で飼育できなくなった人たちのための自由参加型の
飼い主探しの会もあります。
千葉県動物愛護センター
毎月第2金曜日

愛護センター東葛飾支所
毎月第3金曜日

ペットショップなどで購入せずに是非行き場の無い子を助けてあげてください。
私からのお願いです。
きっとあなたの愛情にこたえてくれる可愛い子がいるはずです。

   ****************************************

   maricoさんのブログはこちら

転載元転載元: ☆物言わぬ天使たち☆彡

閉じる コメント(5)

masamiさんの所からの転載記事です。いつ見ても、センターのレポートは目をそらしたくなるものばかりです。でも、現実、日々この子達は殺されていっています。目をそらさずに、きちんと受け止めなければいけないと思い、転載させていただきました。どうかたくさんの方の目に止りますように・・・。そして、一人でも多くの方が意識を持ってくれますように・・・。

2006/9/28(木) 午後 1:00 mimi 返信する

顔アイコン

記事を見ていて涙がでてきました。転載させてください。

2006/9/28(木) 午後 4:08 mak**503*2 返信する

顔アイコン

ありがとうございます。読者も多いパパさんのブログで、いろんな方の目に止まることを祈ります。

2006/9/28(木) 午後 10:09 mimi 返信する

顔アイコン

私は飼っていた犬を亡くしました。ずっと一緒に居たくても年老いて亡くなってしまった愛犬とはもう二度と会えません。でもこの子達は寿命でもなく、ただ人間のエゴによって命を落とされようとしているんですよね。生きていればたくさんの愛情と癒しを与えてくれるのに。本当にただただ憤りを感じます。一匹も助けられない自分も情けないです(涙)

2006/9/30(土) 午後 4:47 chiroーmama 返信する

顔アイコン

そうですね・・・。飼えなくなって持ち込むというのが一番残酷です。一度は共に生活をしてきた子をなぜ持ち込めるのでしょうか・・・。そして、避妊をさせなかった飼いネコから生まれた子猫たち。生まれた子の命に責任をもてず捨て、やがて殺される。殺されるために生まれてくるみたいじゃないか( p_q)そして、今日もまたどこかで殺されているこの瞬間を思うだけで涙が出ます。何もできない自分が、情けない・・・。

2006/9/30(土) 午後 5:59 mimi 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事