先週末は当直

再開したのはよいのですけれど、なかなか忙しくて更新できないのが悩みの種です。

先週末は3連休でしたね。
でも、私には関係なく、土曜日は朝から当直、日曜日は出勤して回診当番の予定でした。

土曜日は比較的静かに過ごし、当直室でとろとろまどろんでいた午前4時、電話が。


「こちら済○会病院ですが、緊急手術が必要な患者さんを受けていただけませんか」

済○会は地域一番の救急病院、緊急手術ができないはずはありません。

「お引き受けは致しますが、そちらは何かご事情でも?」

「脊髄損傷の手術の真っ最中で、麻酔科が手術を受けてくれません。先生のところでお願いできませんでしょうか」


…麻酔科か……

うちの病院の時間外なんて、外科二人で、外科医の一人が麻酔掛けてそのまま手術もしちゃうんだぞ。


コスト、安。


そんなわけで、6時から8時まで手術をして、9時から病棟の回診をして、いろいろ仕事を片付け、日曜日の午後3時に帰宅。


またしてもとろとろまどろんでいると、7時30分過ぎに携帯電話が病院からの着メロを奏でます。


「せんせい、アッぺ(虫垂炎)です〜〜」


当直していた内科の先生からのコールでした。


病院に駆けつけてみると、やっぱり手術したほうがよさそう。

で、いろいろ準備してもう一人外科医を呼び、夜11時から手術室に入室。

夜1時過ぎに帰宅。



月曜日、私は当番ではなかったけれど、手術患者さんの申し送りがあるので出勤。


火曜日、倒れる(^_^;)



まったく、体力がないというのは困ったもので、このくらいでへばっていてはダメダメです。

また頑張ろうと思います。

あなたが好き の魔法

今働いているのは外科だから、もちろん若い人もいるけれど、お年寄りも多い。

当然認知症がある方もいる。

認知症の出方は様々で、ずっとしゃべり続けたり、奇声を発したり、排泄の管理がおかしいことになったり、食べなくなったり…ひとそれぞれ。

ときどき、意味もなく乱暴になってしまう人がいる。
今入院しているおじいちゃんも、自分の欲求が通じないと、物を投げたり、看護師さんや私を蹴ったり殴ったり、乱暴なことを言ったり。

当然それは病気だから、私たちは辛抱強く対処するわけだけれども、やっぱり面白くはない。みんな、そのおじいちゃんの受け持ちになるのは嫌がるような状態が続いていた。

ある日、わたしに手をあげたので、私はその手を掴んで目をのぞきこんで言ってみた。


「私はあなたが好きなの!!あなたは私が好きじゃないの?こんなに治ってほしいと思っているのに」


おじいちゃんが目をぱちくりさせていたので、念を押した。



「私たちは、意地悪してない。あなたがとても好きだから、あなたに治ってほしい。とても好きだから、私のことも好きになって、信じてね。」



おじいちゃんは殴らなくなった。

誰のことも。



私は毎日回診するたびに「あなたが好きだから、早く治ろうね」と言って、手を握ることにした。



おじいちゃんは最近、すっかり痩せこけてしまったほほを懸命に動かしてにこっとしてくれるようになった。

手を握ると指相撲を仕掛けてくるようになった。




今病棟では、あなたが大好きキャンペーンを実施中です。

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事