週刊 生活の中の洞察 聖書から教え

生活の中でちょっと立ち止まって教えられたことを、2017年6月、妻が乳がんの宣告を受け、その後の歩みについて記しています。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

高山右近列福 献茶弥撒(ミサ)
 高山右近の列福を記念しカトリック高槻教会で裏千家千玄室大宗匠による「献茶弥撒(ミサ)」が行われました。
大宗匠は94才、しかし、しっかりとした献茶の式を執り行われました。その後、テレビ局のインタビューを受け、すぐに、1時間の講演をされました。
 高山右近は千利休の一番弟子、そして、右近のことを心から尊敬しているという挨拶をされました。講演会では、自分とキリスト教の関係をお話になりました。同志社の幼稚園から同志社大学まで毎週礼拝に出て、軍国主義の真っ最中でしたが聖書と賛美歌づけになったといいます。それが、外国に出て、「1碗からピースフルネス」という働きに役にたったといいます。先に召された奥様は、千家では最初のカトリックの信者で曽野綾子さんと一緒に洗礼を受けた方でした。
 逸話を話されました。「父に聖書の狭い門と茶室のにじり口は関係があるのか、と聞いた、父は自分で考えよと答えた」。どんな偉い人も、茶室に入るには、刀を置き、頭を下げなければ入れないように作ってあります。
 さて、講演会のチケットを取ってもらいましたが、すぐに完売になりました。教会での献茶ミサは先着100名。すぐに一杯になるだろうと思い講演会だけにしようと思いました。心の中に声がしました。「お前はキリスト者として茶道をしている。献茶は神社仏閣で行われているのが、今度キリスト教会で献茶がなされる、なのに並ぶのが嫌だと言うお前は、一体何をしているのか。」はっとして当日1時間前に並びミサに参列しました。
 ミサの中で大司教は、茶の精神を表す『和敬清寂』から、ミサと茶の湯には共通点があるが、右近の茶には静かな静寂ではなく、聖い静寂があると語られました。
 確かに一般の献茶式には音楽が流れますが、何の音楽もなく沈黙の中で行われました。大宗匠の棗の蓋を置く音が響きました。私の心にもその音が響きました。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事