週刊 生活の中の洞察 聖書から教え

62にしても迷っています。生活の中でちょっと立ち止まって教えられた

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

二つを一つにする神

 ○○○二つを一つにする神 ○○○             
 アウシュビッツの強制収容所に収容されて生き延びた精神科医ヴィクトール・フランクルとユダヤ教の神学者のラビ・ラピーデの対話の本「人生の意味と神」を読みました。
 聖書の最初の言葉、「初めに神が天と地を創造した」。最初に出てくる言葉は、初めにのベレシット。このヘブル語の最初の言葉はアレフではなくベット。このベットはヘブル語のアルファベットの2番目の言葉です。なおこの言葉は2の数字も表します。    
 ラビのラピーデは、この「2」は全創造の鍵だといいます。神は世界を対において造られました。それは、光と闇、天と地、太陽と月、陸地と海、動物と植物で始まります。
 どうしてすべてのものが、2ということの中にあるのでしょうか。この対の意味は、対照としてではなく、自らの自己理解のためにもう半分を必要とするということを意味しています。二つで一つであることを示しています。昼がなければ夜がない。陸地があるから海がある。その意味で神は男と女を造られました。よって二つは神によって一つとなることを意味しています。二つが一つになることは、神的なことなのです。
 世にはたくさんの対立が存在します。自分のうちにある善と罪、夫婦のうちの一致と不一致、社会の中の善と悪、自然界の調和と不調・・・。それを一つとするのは神です。そして、神がそれを欲しているのです。それをすることは神の子として召された私達の大切な使命です。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

 「夫と妻のしあわせ作り」の本を改訂しています。最後に二つの勧めを加えました。その一つは二人で先を見ることです。
 婚約時代はお互いに見つめ合っていたのですが、問題が起こるとお互いににらみ合うようになっていきます。大事なことは二人で同じ方向を見ることです。問題を抱えている夫婦は、お互いの目を見るのではなく、相手の欠点、間違い、行動、性格に目を向けています。そして、お互いに批判し合うようになります。さらにお互いの過去を掘り返し、それをつきつけます。それでは先に進みません。
 お互いに理解し合い、赦し合い、そして、二人の未来をみることが大切です。過去ばかりを見ていると、過去に縛られてしまいます。お互いに自分に対して誠実ではなかったパートナーの態度を振り返ります。それでは先に進みません。
 さて、本の中でキリスト教カウンセリングには、一般のカウンセリングにはないことに触れています。それは互いのために祈ることです。特に男性が家族のために祈ることです。クリスチャンの夫婦でも一緒に祈ることが少ないようです。家族が一緒に未来を見ることができるのは祈る時です。これまで守られ、導かれてきたことを感謝し、これからの生活を、人生を神に委ねて祈る、それは一緒に二人の先を見ることにつながります。
 まずは、食事の時に短く家族のために祈ることです。特に、困難に直面しているときには、相手にとってどんなに大きな励ましになることでしょうか。お互いに考えていることが違っていても、同じ神に祈ることによって一致することができます。
 教会でも、社会でも、議論、追求する、問題を掘り起こすのではなく、人々のために祈ることです。どんな時にも、どこででもきよい手を上げて祈ることです。

この記事に

開く コメント(0)

二つを一つにする神

イメージ 1

   アウシュビッツの強制収容所に収容されて生き延びた精神科医ヴィクトール・フランクルとユダヤ教の神学者のラビ・ラピーデの対話の本「人生の意味と神」を読みました。
 聖書の最初の言葉、「初めに神が天と地を創造した」。最初に出てくる言葉は、初めにのベレシット。このヘブル語の最初の言葉はアレフではなくベット。このベットはヘブル語のアルファベットの2番目の言葉です。なおこの言葉は2の数字も表します。    
 ラビのラピーデは、この「2」は全創造の鍵だといいます。神は世界を対において造られました。それは、光と闇、天と地、太陽と月、陸地と海、動物と植物で始まります。
 どうしてすべてのものが、2ということの中にあるのでしょうか。この対の意味は、対照としてではなく、自らの自己理解のためにもう半分を必要とするということを意味しています。二つで一つであることを示しています。昼がなければ夜がない。陸地があるから海がある。その意味で神は男と女を造られました。よって二つは神によって一つとなることを意味しています。二つが一つになることは、神的なことなのです。
 世にはたくさんの対立が存在します。自分のうちにある善と罪、夫婦のうちの一致と不一致、社会の中の善と悪、自然界の調和と不調・・・。それを一つとするのは神です。そして、神がそれを欲しているのです。それをすることは神の子として召された私達の大切な使命です。

この記事に

開く コメント(0)

奥まった部屋に行け

イメージ 1

○○○ 奥まった部屋に行け ○○○             
 神学生時代、神学校の隣が浜田山教会でした。舟喜信先生が、神学校の校長で浜田山教会の牧師でした。古い木造の教会の2階に礼拝の説教テープが置いてあったので、時々何本か借りて聞きました。何を聞いていたかというと舟喜先生の牧会祈祷です。説教のように心に訴えるのです。あんな祈りはどうしたらできるのだろうかと思いました。
 祈りは、その人の霊性をよく表しています。説教は準備します。しかし、祈りの言葉は準備しません。だから、その人の心をよく表しています。その人の祈りでその人が神とどのように歩んでいるかがわかります。
 そこで、自分の牧会祈祷に悩みます、家庭での祈りに悩んでいます。実にうすっぺらな祈りなのです。
 イエス様は奥まった部屋に入って、隠れたところにおられる父に祈りなさいと言われました。戸を閉めてとあるように、一切の人の出入りを拒んでいます。それは、人を意識しない祈り、人に影響されない祈りです。
 では、祈りがうまくできなければ祈らなければいいのではと言いたくなりますが、ここは、そのようなことを言っていません。ただ戸をしめて祈りなさいです。天の父が祈りを聞いて報いて下さるので、とにかく祈りなさいとの命令です。これは祈りを聞かれる神を体験しなさいとの勧めです。そして、天の父は隠れたところで見ておられるとの励ましになります。
 よく読むと、父なる神はは聞いておられるではなく見ておられると言っています。聞いておられるなら、私たちが祈る祈りが間違えなく言葉を揃えなければなりません。しかし、見ておられるとは、私たち態度、行動を見ていてくださるのです。神に叫ばなくてもわかってくださり、何度も言わなくても神は聞いて下さるのです。とにかく、祈りを大切にしていきましょう。

この記事に

開く コメント(0)

平和を作る者として

イメージ 1

○○○ 平和を作る者として ○○○             
 私達は平和を作る者としてふさわしいでしょうか。
 キリスト者の中に争い、批判、言葉による攻撃はないでしょうか。ただ武器を使わないだけではないかと思うときがないでしょうか。 
 ヤコブ4章2節では「ほしがっても自分のものにならないと、人殺しをする。うらやんでも手に入れることができないと、争ったり、戦ったりするのです。」これはキリスト者に向けられた言葉です。私達は人殺しも争いも戦ったりする欲深い人間であると語られています 
 戦争論を研究する石川明人氏は『キリスト教と戦争』の中で、「悪を意識している時よりも、善を意識している時のほうが凶暴になり、他者を傷つけることをためらわない。」と語っています。わかりやすい例は律法学者です。彼らは自分たちの正しさを追求するためにキリストを十字架につけてしまったのです。私達も自分の正しさを追求すると人を深く傷つけるようになります。彼は田川建三氏の言葉を引用しています。
 「キリスト教は愛の宗教です、というのは、建前にすぎない。表向きの看板である。この種の表向きの看板には、嘘と偽善が常につきまとう。しかし、それでも、彼らはこの看板を下ろすことはしなかった。こういう看板をかけている限り、自分たちは愛の宗教なんです、と言い続けている限り、なるべく忠実にその看板を実現しようとする人たちが、常にキリスト教の内部に出現するものだ。そしてそれがキリスト教を支える力となってきた。だからますます、この看板を下ろそうという気配はない」 
 私達は真の意味で愛することができない存在なのです、だから、イエス様は「互いに愛し合いなさい」の命令を出されました。愛せということにおいて条件はまったく議論していません。ただ、命令しかありません。私達はこの命令を聖霊の力によって守れるように神に求めるだけの存在です。

この記事に

開く コメント(0)


.


みんなの更新記事