週刊 生活の中の洞察 聖書から教え

2017年6月、妻が乳がんの宣告を受け、8月に自分の人生を完結して地上の生涯を終えました。その後の生活についてです。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

あの夜から

イメージ 1

○○○ あの夜から ○○○      (イースターエッグです。卵の中を出して装飾しました。)       
 10代で出会った人の影響はとても大きい。私にとって17才の時に内田和彦先生と出会ったことは大きな出来事です。
 高校受験に失敗し荒れた高校に行きました。生きるのが虚しく、希望をもてない状況でした。
 そんな中、クリスチャンの上級生と出会い、8月に教会の高校生のキャンプに参加しました。その時のグループのリーダーが当時神学生だった内田先生です。先生は、東大を出られたのにもかかわらず牧師になるために神学校に入り訓練を受けていました。
 私は、まず神の存在が信じられず、神はいないと信じていました。自分が大人になれば、宗教はなくなるだろう。神はいないのだからと心からそう思っていました。
 キャンプの第一日目に内田さんに、神はいないと思っていると話すと、内田さんは、「もし、神がいるのでしたら、私にわかるようにしてくださいと祈ってみたらどうですか」と言われました。
 その夜は暑い夜でなかなか眠れませんでした。リーダーの会議を終えて、内田さんは暗い部屋のベッドの上でうずくまって祈っておられました。その光景は生涯忘れることができません。
 私は、2流高校の生徒で神はいないと言っていました。誘惑に負け、むなしい生活を送っていました。リーダーの内田さんは、現役で東大に入り、卒業後になんと神と人のために牧師になろうと神学校で学んでおられ、真剣に祈っていました。
 私は「こんなことをしていてはだめだ」と思いました。そして、次の日にイエスキリストの十字架の説教を聞きました。よくわからないけれども、信じてみようと思い信じる祈りをしました。祈った後に心に平安が訪れました。もし、神がいないのなら、その後、45年のクリスチャンをしていません。あの夜から新しい人生が始まったのです。この世の神からキリストが王となる生活に変わり、むなしい人生から御霊の導きによる人生になったのです。

この記事に

開く コメント(0)

死を友とする

イメージ 1

○○○  死を友とする ○○○   (教会の愛餐会です)          
 4月と5月に納骨式の奉仕を致しました。墓前で遺骨を前にしてありし日の故人を忍ぶ時を持ちました。イエス様はラザロの墓の前で、冷静なお方であるのに、ラザロを生き返る奇跡の力をお持ちの方なのに、涙を流されました。それは、私たちも悲しんで泣いてもいいということを示し、神が私たちを心から同情してくださることを現しています。死を迎える時、どのような苦しみだったかが頭をよぎりましたが、故人は一番すばらしい場所、イエス様のおられるところに行かれたことに思いを向けました。そして、自分の最後はどうなるのだろうと出席した者は考えました。
 ヘンリ・ナウエンの本の中で、「死を友とする」という言葉に出会いました。
死は、一般的には恐ろしいもので、心の無意識の深みに沈み、夢の中に巨大な影として出てきます。人のバックグランドミュージックに死が流れています。 
 しかし、死を友とするなら、それらから自由になることができます。死を見知らぬ脅迫者ではなく親しいゲストにすることができれば、私たちの生き方が変わるのではないでしょうか。
 確かに、多くの殉教した人たちのことを考えると、自分には死を選ぶことができるだろうかと信仰の薄さ、覚悟のなさを思いますが、死が友であるなら、それに身を委ねようという心になるかもしれません。しかし、死の先にある確かなキリストの救い、父なる神の招き、聖霊による平安と喜びがなければ死を友とすることは難しいことのです。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

○○ 臨終の床で語り合うこと○○        (教会の男性グループです)     
 4世紀のアウグスティヌスの『告白』の中に、母モニカのことが記されています。
 彼が異教の宗教に走り、乱れた生活の中にいても、モニカは息子のために祈り続けました。彼が神のもとに戻って洗礼を受けて一年後のアウグスティヌス33才の時に、母モニカは56才で死にました。最後の会話が残されています。
 「母モニカが召される日が近づいている時に、ゆっくりと話すときが与えられました。私達は二人だけで、本当に楽しく語り合いました。そして過去を忘れ、未来に向かって思いをはせながら、真理なるあなたご自身のまします御前において、聖者達が未来においてうける永遠の生命とはどのようなものであろうかと、尋ねあっていました。それは目も見ず、耳も聞かず、人の心にも思い浮かばないものです。それでも私達はみもとにある生命の泉、あなたの泉の天井の流れにむかって心の口をいっぱいに開き、なしうるかぎり泉にうるおされて、何とかこのすばらしいものについて思いをめぐらそうとしていました。」
 私たちの最後の親子の会話はどうなのでしょうか。自分の葬式の話し、自分が残す財産の処分について、病いの辛さからの解放の話しはするかもしれません。自分の人生を振り返り神の恵みを見出し、家族に感謝を伝えればすばらしいことです。しかし、アウグスティヌスは共に、楽しく、未来において受ける永遠のいのちとはどのようなものだろうかと尋ね合ったとあります。そのようなことができるでしょうか。

この記事に

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事