ここから本文です
BeからBeginへ
  • イメージ1 身体髪膚を父母から受けたものならば、 心象これをふるさとに浮く。 お正月、お盆に秋祭り、それから家族の誕生日。それがごちそうがいただける日。 まだ日本に四季があり、季節の恵みがどんなに素晴らしいご馳走か知らなかった時代。 嫌いなものや、食べられないもの、食べたことがないものがたくさんあって。 私のご馳走はデパートのお好み食堂で食べるお赤飯。 お祭りの日の叔母ちゃんの家で食べる衣の厚い天ぷら。 レストランも料亭も、ミシュランの星も知らない。 「ご馳走」って、すごく狭い範囲の僅かなものだった。 友達のナオが初めてお泊まりに来てくれた日、好物がお寿司だと聞いた母は、それ以来ナオがくれば毎回お寿司を頼んでいた。 結婚 ...すべて表示すべて表示

  • 書庫その他の最新記事

    すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事