ここから本文です
南新桜
ええ祭りにしようやないかい。

書庫全体表示

記事検索
検索

全140ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

明日は9月30日!

明日からか〜〜1年早いの〜。

イメージ 1
去年の9月30日南新町のちょうさ(太鼓台)

イメージ 2
去年は法被も作ったりしたの〜。

イメージ 3
ブログ始めた10年前の9月30日の南新町のちょうさ(太鼓台)は こんな感じじゃったの〜。

イメージ 4
その2007年には、榎井 春日神社氏子地区6台も集まっておったの〜。

イメージ 5
琴平 金刀比羅宮氏子には、札の前のちょうさ(太鼓台)もまだ出ておったの〜。

イメージ 6
因みに今は文化会館で、こんな感じじゃが(去年の画像)。

イメージ 7
3日間、雨降りませんように!!!

明日は朝9時頃に太鼓入れるんで、小若たちは、ちゃんと練習せえよ〜!

この記事に

入魂式。

先日の2017年9月24日(日)。

わがとこ南新町のちょうさ(太鼓台)は組み立て。

イメージ 1

イメージ 2
で、なにやら準備。

イメージ 3
塩と水。

イメージ 4
御神酒に榊に。。。

イメージ 5
餅なども。

イメージ 6
そう、今年、南新町のちょうさ(太鼓台)は、部分新調したんじゃ〜!

担き棒 一式。

房 一式。

台の修繕。



あちきは全くノータッチなので、どこに依頼したとか定かではない。

担き棒の長さ、太さは前と一緒らしいけど、重くなった感じ。

房は柱のとこの四つ房のみ ええやつで、他の真っ白い房 12房はちょっと安いらしい。。。

宝くじ助成金を使ったので、いたるところに、く〜ちゃん がおる。

イメージ 7
これからも南新町のちょうさ(太鼓台)が、末永く続きますように。

この記事に

バチ。

お久しぶりでござんす。

差し迫ってではあるけど、更新しておこう。

イメージ 1

今まで南新町は、桐材の一般的な形のバチを使っておったんじゃが、個人的に 他所が導入しておるバット型のバチを試したくなったんじゃ。

南新町の太鼓は小さい→当然 鏡面(叩く皮の部分)も狭く 必然的に皮は張る + 南新町は張り過ぎな感じもある。

じゃもんで、大きな音を出そうと強く打つと  跳ね返りも大きい。

すっぽ抜けそうにもなるんで強くバチを握る→マメが出来たり手指の皮がむける。

それを防ぐ為に返しがあるバット型にしてみた。

今のとサイズを大きく変えず、音を大きくしたかった。

握り部分は3cm径くらいで小若も大人も握り易いサイズ。

桐だと折れるかも?ということと、少しでも太い音を期待してヒノキ材にした。

小若には少し重たいかもしれんが、バット型なので振り子の原理で、叩き易いんじゃないかと思う。

実際  先日の組み立て時に使ってみたら、あちき個人としては いい感じ。

さぁ、小若たちの反応やいかに?

30日は、午前中には太鼓入れる予定やからのー!

この記事に

あちきの家の前は、琴小の生徒の通学路になっておるんじゃが、今年は祭り熱冷めやらぬ小若が多いようじゃ。

今朝も、「えじゃ〜ないか!」の元気な声で目が覚めた。

てなわけで、今年の1日の続き。

イメージ 1
依然と違ってYahoo!ブログの画像の投稿ってずいぶんと楽になった。

サイズの縮小を考えなくていいようになったし、縦画像も自動で修正してくれる。

カメラの腕の悪さは修正してくれんけど。。。

イメージ 2
栄町のちょうさ(太鼓台)

イメージ 3
東中のちょうさ(太鼓台)

イメージ 4
六条のちょうさ(太鼓台)

イメージ 5
金刀比羅宮 神事場(じんじば)にて。

イメージ 6
琴平町と、まんのう町(旧 仲南町)との境らへん。

イメージ 7
そして内町 つる屋のかど。

高藪のちょうさ(太鼓台)が担きはじめておった。

向こうに写っておるのは金山寺のちょうさ(太鼓台)

参道側には阿波町のちょうさ(太鼓台)もおった。

イメージ 8
西山のちょうさ(太鼓台)もやってきたけど、通り過ぎていくだけじゃった。

イメージ 9
今年の1日は土曜日で例年に比べて南新町も少しは人が多い。

ここ内町は「こんぴらさん」の参道口。

ちょうさ(太鼓台)は奉納するために存在するもの。

まだ明るい こうした時間帯に、この場所で担きたい!

総代に「担こう!担こう!」とアピールしてたら、続いてこの場所にやってきた石淵のちょうさ(太鼓台)から、「肩貸すから」と申し入れが!!!

もうあちきはハイテンション。

総代の返事を待たずに、「担くで!」と周りを巻き込んで、ゴマ外しにかかって・・・。

そして、南新町のちょうさ(太鼓台)は見事に差し上げた!



続いて肩を貸してくれた石淵のちょうさ(太鼓台)も担く!

・・・石淵は予想以上に重かった。。。



ともあれ、画像はないけど、ここ数年の夢を叶えられたのも石淵の皆さんのおかげ。

石淵さん有難うございました!できれば来年以降も協力して担きましょう!



感謝と満足感で、この日の南新町は無事終了となりましたとさ。めでたし。めでたし。

この記事に

今日は、ハタボウさん同行で、新居浜太鼓祭りへ。

イメージ 1
昼12時頃、国領川河川敷公園。

イメージ 3
車を停めて、橋を渡って会場へ。

イメージ 2
何やら動きが・・・。

本郷太鼓台。 宇高太鼓台。

イメージ 4
松乃木太鼓台。

イメージ 5
暑かった。



イメージ 6
移動して午後2時15分頃、山根公園グラウンド。

凄い人。

イメージ 7
昨年新たに加わった治良丸太鼓台。

イメージ 8
フット猫さんに「恥ずかしいから撮らんといて」と言われた喜光地太鼓台とかズラッと。

イメージ 9
高祖太鼓台と長野太鼓台の寄せ太鼓。

イメージ 10
この頃 曇っておったのが残念。



イメージ 11
午後4時過ぎ、工場前。

イメージ 12
あの場にいてもよく見れんかった。

イメージ 13
なかなか入ってこんかった2台。

イメージ 14
あちきは新居浜の喧嘩(今回はイザリ)を目の前で見るのは初めて。

あっち見よるうちに、こっちで・・・。

かえってカメラが邪魔じゃった。

イメージ 15
平和じゃった金栄太鼓台。



明日も見にいけたらの〜。。。

この記事に

全140ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事