Go ahead!

สวัสดีครับ

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全17ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

別れ

こんにちは。

衆院選が終わってもう1か月近く。

相変わらず偏向メディアの報道は酷いものは有りますが。

結果としては今の日本には一番いい投票結果に落ち着いたとは思ってます。

それにしても野党、左派メディアはまだモリカケ追求をやる気なんでしょうか。

何がこれほどまで彼らを執着させるのか!?



新しい職場で働き始め、1年3か月以上経ちました。

ここで雇って頂いた時の自分の使命は、

主に社内の改善。

全体的に社内の統制が取れておらず、
誰が何をどんな方法でいつまでやる、

という事が不明確で各自バラバラで曖昧に仕事をしていた。

結果的に出荷する部品品質がイマイチ。

なので、責任者を決めて明確に指示を出し、
各担当が何をやるべきか把握して目標に向かって作業、仕事をすると言う工場の基本。

これを重点的にやってきました。

しかし一番重視したのは、日本人とタイ人従業員間の信頼関係が今一つ希薄だったので、
お互いが信頼関係を築き上げる事です。
これに腐心してきました。

あと5Sですね。

まあ自分の功績では決してないのですが、
工場を訪問されるお客様方は一様に、、

「以前より驚くほど良くなった。)

とは言って頂いています。

数字での結果も、

不良ゼロ(毎月ではないが)
利益率の向上

という形で表れています。

でもここでは自分がトップではないので、
出来る事にも限界があるなと痛感もしております。

それとは別についに。

わが社でも、
一番自分の得意分野。

新規金型製作

がスタートしました。

今までは外注に丸ごと金型製作を依頼していましたが、
ちょうどとっかかりに良い位の量の案件が来たので、
社内で作る事にしました。

まだ現地の金型設計者が育っていないので、

自分で図面を描き、今外注加工業者を使いながら製作中です。

現地技術者に徐々に金型設計も指導していきます。

やっぱり金型は内製でないと中々新規の案件を取る事が出来ないんですよね。

今後はさらに、
自分の持っている能力が今の職場で活かす事が出来ます。





ただ、気がかりなのは、前職時代の会社。

以前の部下たちから今でも自分に対して、

「帰って来て欲しい」

という願いの声がSNSを通じて頻繁に届いています。

今でも、と言うより、
離れて時間が経つほど、願いが、

魂の叫び

に近くなってきています。

さて...どうしたものか...。

今後も悩み続けるでしょうが、

最終的にはどの道が、

自分自身が一番成長できるのか?

これを基準に決断したいと思います。




さて、タイトルの

別れ

ですが、これは人との別れではなく、

以前ブログでご紹介した。


イメージ 1

イメージ 2
手放す直前の写真


これを

どうしても売って欲しい!!!

というお客様が現れました。

ここまで育てて手放すのはさすがに躊躇しました。

が、その熱意に負け、お譲りする事にしました。

イメージ 3
新しいオーナーの着画

新しいオーナーの元で、
さらに活躍してくれると信じています。

それにしても辛い別れでした。

でも人生、切り替えが重要。

と言うことで今は既に、

3着目

の育成に入ってます。

既に3か月経ってます。

これは勿体ぶって(笑)

別途ご紹介します。

いつになるんだ?

それは分かりません。

ではまた。

to be continued....

偏向報道について

こんにちは。

いやー、4月位からのメディアの偏向報道ぶりは異常でしたね。

森友問題、加計学園(問題ではない)に絡めた倒閣運動です。

安倍内閣を倒すために籠池氏、前川氏を善人に仕立て上げ、
対比させて内閣を貶める事を始めとし、

それこそ連日フェイクニュースのオンパレードでしたね。

ここまで平気で嘘報道を垂れ流し、
逆に報道しない自由(メディアに都合の悪い部分)を行使するかというね。

内閣を貶めるためなら何でも有りでしたね。

特に朝日、毎日、東京等の各新聞そして各TV局。

って自分海外なので全くTVは観てないんですけどね。

国会が終わって一段落し、
いい加減国民も飽きてきたので今は下火になっていますが、

また国会が始まるとどうなるのか。

差し迫った北朝鮮の脅威をどうするのか?
経済をどうするのか?
憲法をどうするのか?

という事を真剣に議論して欲しいものです。

まあこの倒閣運動は、
安倍総理が憲法改正(9条)を本格的に始めようとしたため、

憲法改正されたら困る反日勢力(特に中国、韓国、北朝鮮)が仕掛けた攻撃だった訳ですが。

朝日新聞とか毎日新聞等の反日メディアが日本国民のための新聞ではなく、
上記国家の立場を代弁する新聞だという事を皆さん知っているのでしょうか?

日本は過去悪い事をした、
だからそれを償うために中国韓国の言いなりになれ
というのが常に朝日を始めとする反日メディアの根底に流れる基本スタンス。
これはもう明白です。

先日は北朝鮮がミサイルを打ってJアラートが鳴った
との事ですが、

それ自体がもう超異常状態という事を皆さんに知って欲しい。

まともな他の国だったら、

「ミサイル飛んでくるかもなんて警報鳴らしてる場合か!!!」
「さっさと敵基地攻撃能力保有して脅しを止めさせろ!!!」
「ミサイル、格で対抗しろ!!!」

というのが普通のまっとうな国民が考える事だと思います。

でも、
「日本は昔戦争で悪い事をした。」
「だから攻撃能力なんて持ってはいけない。」

日本国民は骨の髄までこのように刷り込まれているので、
まともな主権国家ではなくなってしまっているのです。

国民の生活が第一なんて聞こえの良いセリフが昔有りましたが、
国民の安全が有って初めて生活が成り立つのです。

国民の安全保障が第一です。

舐められ切ってますよ。
ご先祖様たちが造り上げてくれた素晴らしい日本という国が。

日本の反日メディア発のでっち上げ報道をネタに他国から攻撃されて。

仕事でも国家でも舐められたらおしまい。

という事で皆さん、

偏向メディアに騙されず、本質を見抜く力を身に付けましょう。
続きです。

髪の毛で忘れましたが、

自分の常識だけど世間では非常識な事で、

髪の毛は自分で切る

というのも有りました。

散髪屋、美容室の方すみません。(笑)

これも中学3年くらいからずっとですね。

これは別に健康法でもなんでもなく、

前回の中三の時薄くなった髪について、
散髪屋さんに何か指摘されたら嫌だなという思いが高じ、
自分で切るようになっただけです。

お勧めとか以前の話です。

さて、前回の項目

1.肌のつや、張り
2.髪の毛の張り、白髪の量
3.動作(特に歩く動作)
4.姿勢
5.声の張り
6.体型

3.で、動作というか歩行というか足、脚について書きます。

特にO脚について。

その前に、

商売始めて中古のブーツスニーカー関連を扱ってまず気付くのが、

踵の減り方です。

感覚で、99%、

イメージ 1

上の写真のように、

殆どのブーツの踵の外側から減っているのに驚かされます。

これは歩くとき、
主に足及び脚の外側に負荷をかけて歩いているためと思われます。

特に歩行時前に出した片足を踵で着地するとき、
踵の外側で着地しているためではないでしょうか。

年齢を重ねるとO脚になる方が多いのはこれが一因なのではないか?

と仮説をたてました。

そもそも自分は元来O脚です。

この仮説を立てたのは商売始めるずっと前で、
自分のブーツの踵の減り具合を見てです。

で仮説を立てて以降、
脚及び足の内側を意識して歩くようにしてます。

現在の自分の靴の減り具合こんな感じです。
イメージ 2
右は作業靴

ほぼ踵のセンターが減ってるのではないかと。

ただこれには、

感覚的に足の裏の内側半分だけが地面に着く感じで歩いてこうなります。

効果としては、

昔は立って足を閉じた場合、
どんなに頑張っても両ひざ内側が接触出来ない程O脚でしたが、
今はくっつくようにはなりました。


完全にO脚が直った訳ではありませんが。

あと寝る時、
脚をXの字に組むのは止めた方が良いと思われます。

これも自分昔は癖で組んで寝ていましたが、
頑張って止めました。


次に歩く動作ですが、

年齢を重ねると、
歩くときどうしても上半身の上下左右の振れが大きくなってきます。

上半身の上下動が大きいと老けて見えます。

色々原因が有るとは思いますが、

膝まわり、足首まわりの筋力、柔軟性がなくなってくるのではないかと思ってます。

歳を取ると足腰から弱るとはよく言います。

これは鍛えるしかないでしょう。

日常的なウォーキング(ジョギング)は老化防止には不可避。

そのなかで、

歩くとき、頭、上半身が出来るだけぶれないようにする

極端な例では、マイケルジャクソの

ムーンウォーク

みたいに上半身が動かないまま歩く

くらいの感覚を目指すといいんじゃないかと思ってます。

自分は現在職場に通うためのアパートは6階に住んでます。

荷物の少ない時は絶対エレベーターを使わないようにしてます。

せっかく足腰鍛えるチャンス毎日有るのに何でエレベーター使うかなあ。

という事で、O脚と歩き方についてでした。

ではまた。
こんにちは。

ある高名な事業家の言葉で、

自分も非常に共感しているものが有ります。

それは、

「見た目を若く保つ事以上の健康法はない」

簡単に言ってこのような言葉です。

まあ逆説的で、健康でないと年齢の割に若く見える事は中々難しいとは思いますが。

おおまかに自分が考える、見た目が老ける、若いの判断要素は、

1.肌のつや、張り
2.髪の毛の張り、白髪の量
3.動作(特に歩く動作)
4.姿勢
5.声の張り
6.体型

他にも色々有るとは思いますが、
これ位にしておきます。

2、5あたりは自分では防ぎようもない部分でもありますが、
他は自分次第で多少改善出来るんじゃないかと思ってます。

月並みですが、
不摂生しない、適度な運動を継続するに尽きるとは思います。

その中で不肖自分のやってる事を紹介します。

まず、2の髪の毛に関して。

男性の場合どうしても年齢を重ねると髪の毛が細くなり、
生え際も後退してきます。

特に自分はなんと、中3の時に若ハゲが急に進行し始めました。
頭皮が硬くなり、地肌が脂っこくなっていました。
原因は今も分かりません。

中3終わり位から、
養毛剤を使ったり、地肌マッサージしたりしてました。

それ以前から洗髪は毎日欠かさず行ってはいました。

努力の甲斐あって? 何とか多少進行は食い止められました。

地肌の状態はさして変化はないですが。

で、ある日、TVで、
とあるおじさんが、

ウーロン茶で毎日シャンプーをして薄毛が直った!!

というのを番組内でやっていました。!

地肌の脂分をウーロン茶で除去することによって毛髪が蘇ったらしいです。

なるほど。

自分も髪の毛の最大の敵は、

地肌の毛根に絡みつく脂分である

と考えていたので

納得いきました。

脂分を最も除去できるのは石鹸ではないのか?

と考え、

だったら自分は

石鹸で頭を洗おう

と。

確か20数年前にシャンプーを一切やめて石鹸で頭を洗うようにしました。

毎日朝晩二回です。

その効果なのか分かりませんが、

髪の毛は増えないまでも、
張り、ツヤは年齢の割には悪くないんじゃないかと自負してます。(笑)

リンスすぐしないときしむので注意は必要ですが、
シャンプーより洗い上がり爽快です。

シャンプー作られてる方すみません。

最近ネットで検索すると、石鹸シャンプーって結構やっておられる方いるようですね。

ま、あくまで自分のやってる事の紹介ですので。

人によっては洗いすぎるのは逆に良くない、

洗いすぎると却って地肌の補正機能で脂分が増す

という意見も結構見られます。

正解は分かりません。

次に3の歩く動作。

休憩時間終わるので一旦ここまでで。(笑)

ではまた。

危機的状況

インターネットが普及し、

自分もここ10年位、殆ど新聞テレビを観る事がなくなりました。

ネットの情報がの方が面白いからです。

ネットの情報は混交玉石、

下らないデマ、噂話も多いですが、

テレビでは絶対報道されない真実を知る事が出来ます。

既存の大手メディアの偏向報道の酷さを知る事が出来たのが、
一番の収穫です。

特に大手メディアは、
どういう訳か

日本人の誇りを失わせる事、
愛国心を無くさせる事
日本の国力を弱くさせる事

に一生懸命です。

代表的なのは

朝日新聞

ですが、

他には毎日新聞、東京新聞、TBS系、テレビ朝日。
NHK

地方紙も酷くて、

特にひどいのはやはり

沖縄の

沖縄タイムス
琉球新報

です。

自分の地元の

河北新報

も酷いですが。

沖縄二紙は本当にどうしようもない。

米軍関係者の不祥事が有ると

狂喜乱舞

中国様の意向に沿わない事に対しては

大発狂

反基地無罪

という有様です。

東アジア3ヵ国の異常さは、
やっと最近一般の人にもしられるようになって来ましたが、

ネットの世界ではかなり以前から常識でした。

転機は

日韓ワールドカップ

だったと思います。

あそこで、ネット民が韓国に対し、

疑問を抱いたと思います。

ただ、地上波、一般紙は、

異常さを報道することがタブーとされていたんですね。

あと

慰安婦問題
南京事件

の捏造。

この二つは主に朝日新聞が捏造したものです。

21世紀の現代において、

北朝鮮

のような出鱈目な国家が存続している事自体が驚きです。

明日4月15日もし北朝鮮が核実験を行ったら、

アメリカの北朝鮮への先制攻撃は不可避です。

いや、実験を行う確証を掴んだら攻撃すると言ってます。

日本政府、外務省は一刻も早く韓国内にいる邦人を避難させるべきです。

北朝鮮が反撃でもし日本を攻撃してきたら、

皆さん、とにかく地下に避難してください。

避難先の目ぼしをつけておいてください。

全17ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事