Go ahead!

สวัสดีครับ

denimba展2015

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

denimba展(完結編)

こんばんは。
 
月日は百代の過客にして行かふ年もまた旅人なり
 

人生とは旅であり、旅に出ることは変化に出会う事。

どんな変化にも意味が有り、
自分の目の前に起こる事は全て偶然ではなく必然だと思っています。
 
今の自分の状況は全て自分が選んで呼び寄せたもの。
運を呼び寄せるのも自分の行動次第
 
そして、人生において一番幸せな状態の一つは、
夢中になれるものが有る状態ではないでしょうか?
 
モノに限らず、
パートナー、子供、ペット、応援するチーム、趣味、勉強、
そして仕事etc...
 

特に男性は、女性から見てどうでもいいような事に夢中になり、
拘りがちです。
 
「そんな細かいところに拘ったって、誰も分からないでしょ!!!
 
いや、男性同士でも、
自分に関心の無い事に夢中な人の事は、同じように見えてしまいます。

自分の身の回りにアメカジに拘っている友人、知人は一人もおりません。
 
「何でそんな高い金出してジーンズ買うんだ?
「○二クロなら○千円で帰るじゃねえか!!!
 
「一体何がどう違うの?(説明したって理解不能だから聞くんじゃねえ!!!)
 
何度言われた事でしょう。
 
アメカジ系デニムで繋がっているのは、
shingoさんを通じて知り合った人々。
そして、
SNSで知り合った世界中の人々、行き付けのショップ店員
 
またタイの話で恐縮ですが、
今タイの若者間では空前のアメカジブームです。
 
日本製デニム、Redwingブーツ、チェーンウォレット等は憧れの的。。
 
持っているだけである種のステータスになります。

タイの方が周囲のアメカジ受けが遥かに良いと言う、
赴任当初からしたら考えられない状況になっています。

しかも日本製デニムは、工場オペレータークラスの給料の約1か月分の価格。

買っているのはタイでも富裕層の人々。
会社内でも実際に日本製デニムを持っていたのは極一部。
殆どは模造品で我慢しておりましたが。
 


話逸れました。
 
さて、530日。
 
そんな他人から見てどうでもいい事に拘った人が開催する、

どうでもいい事に拘った人達が見に来るデニムの展覧会。
 

待ちに待ったdenimbaの日です。
 
当日は早起きして新幹線に乗り、
東京で降りて山手線、総武線を乗り継いで浅草橋駅で降りました。
 
会場へは、携帯でshingoさんの道案内写真を見ながら向かっておりました。
 
浅草橋5丁目の交差点で信号待ちして携帯見てたら、
 
TAXIDRIVERさーん!!!」(とは呼んでませんよもちろん。名字で。)
と、自分を呼ぶ声が右の方から。
 
直感的に「あっ! shingoさんだな!」と分かりました。
ここで自分に声かけるなんてshingoさん以外いませんしね。

声のした方向を見ると、
テーブル(のようなもの)を抱えた(後で見たら姿見でした)Shingoさん、
 
そしてスーツケースを引いているhands-on山口さん、
何と清人さんも一緒。
 
午前10:00位だったと思います。
 
合流して一旦コンビニで買い物してから会場へ。
 
行く途中Shingoさんからhands-on山口さんに自分をご紹介頂きました。
 
あのカリスマリペア職人の山口さん!!!
 
道すがら、
直前までやられていたリペアの案件の興味深い話を聞かせて頂きました。
 
山口さんの話のネタは非常に豊富で、ジーンズの縫製について、
業界裏話、人間関係等非常に興味深くて面白い話ばかりでした。
 
そして会場に到着。
 
エレベーターで5階に上がり、降りて会場の入り口に立ったその時の光景。
 
思わず、おーっ…!!!! スゲエ
 
となりました。
イメージ 1



A
イメージ 2
 
高級ビンテージジーンズショップにでも入ったかのような錯覚を起こしましたね。
 
そしてその後最終準備。
 
何かお手伝いしたい。
 
しかし下手に何かすると足手まといになりそうな感じも。
 
殆ど見守る形になってしまいました。
イメージ 3


すみません。

そして11:30頃、一番最初の入場者は茨城のジーンズ好き、Tarroさんでした。
イメージ 10
TARROさんのTCBジーンズ

オープン前でしたが。

TARROさんとは翌日熱く語らせて頂きました。

そして12:00前shingoさんがインスタで開会のお知らせをして

denimba展ついにオープン!!!

イメージ 4ダブルボランチさんからのお祝いの花




イメージ 5




がっ!!!

…..誰も来ない



下に降りて入口の前で誰か来るか待ってましたが、誰も来ません。

開催前、shingoさんはじめ関係する人々全ての方の一番心配だった事は、

来場者が極端に少ない事態になる事。

例えば一日当たり10人位しか来ないんじゃないか?
なんて事も考えてました。

その心配が的中したか?

しかし、自分は...すみません、
その降りた足でコンビニに行き、
気を落ち着けるため缶コーヒー飲んでました。
(自分酒、タバコをやらないので、コーヒーが一種の精神安定剤)

そして、戻ってあえて階段で上がって行くと、
ザワザワと人の話し声が聞こえて来るではないですか!!!

なんと、既に5~6人の来場者が入ってました。

母ちゃんの目を離したいつの間にこの子らは!!!

そこからは怒涛のように来場者が来て、しかもほぼ全員、
一本一本じっくり見て行きます。
イメージ 6

「あっ、場違いなところにきちゃった。」的な人は一人もいませんでした。

皆ディープなデニムバカでした。

自分は目立たないように後方で見守るスタンスで居りました。

Bridge着用率は異様に高く、
shingoさん目当ての来場者が一番多かったです。

shhingoさん目線はShingoさんにお任せ。
いずれご自身でアップされると思います。

そして山口さん目当ての来場者も多く、ディープな人が多かったですね。

これも山口さんのブログで見ることが出来ます。

イメージ 7



イメージ 13



イメージ 14


そして、当然清人さん目当ての来場者も多数。

清人さん目線は清人さんのブログで。
イメージ 8初期牛パッチ1001XX




イメージ 15



そして午後、満を持して
RYOさん来場。

降りる駅を間違えたらしく長距離を歩いて来られ、汗だくでした。

しかし思った通り細身で抜群のカッコよさ。

感動的なRYOさん、Shingoさん、清人さんとのご対面。

RYOさんは物腰柔らかく穏やかな方でした。

RYOさん目線はRYOさんのブログで。
イメージ 9
 

イメージ 11

そして来場される方皆さん、当然ですが何かしらどっかで繋がりのある方が多かったです。

イメージ 12
YOSHIさんの大江洋服店オーダージーンズ

DENIMBAサイト読者、ブロガーさんブログ繋がり及び読者繋がり、
Insta関係繋がりと。

その後はブロガーさん中心にデニムバカ達同志の交流の場になりました。
色落ちしたデニムを実際に見て触れ、本当の魅力を肌で感じてもらう。

そしてその魅力を共有出来る仲間の交流を深める。

当初の目的は十分以上に達成出来たのではないでしょうか?

入場者が来ないんじゃないかなんて心配はどこ吹く風。
忙しすぎててんやわんや。

Shingoさんの満足そうな顔を見てこちらまで幸せな気分になりました。
最後まで残ったShingoさん、山口さん、清人さん、RYOさん、たすすさん、
BGさん、そして自分の7人で食事会。

山口さんの業界裏話で盛り上がりました。

しかし途中結構大きな地震が有り、
山口さんかなりショックを受けておられました。

「人生初の大地震だった。」との事です。

翌日も大盛況。


をはじめとして、多数の方々に来て頂きました。

また、
不詳自分のジーンズを見に来られた方も、何人かいらっしゃいました。

二日連続で来られた青森の方、instaで知り合ったあの方、etc...

あと、「どうやったらこんな色落ちになるんですか!!?」
と聞いて下さった若者。

そして夢のような時間はあっと言う間に過ぎ、
帰らなけれないけない時間となり...。

申し訳ありませんが、自分は最後までは居られませんでした。

こうして自分のdenimba展は終わりました。



人が10人いれば10通りの思想が有って当然。

デニムを穿く人が10人いれば10通りの穿き方。

その思想がデニムに見事に反映されます。

穿き込み方に正解なんて有りません。

デニムを穿き込む事は、
その人自身の人生をデニムに刻んで行く事だと思います。

それがデニムの一番の魅力ではないでしょうか?

新品の時より使えば使うほど魅力が増して愛着が増していく。
 
こんなアイテムは、デニム以外ではそうそう無いと思います。
 
嬉しい時も、悲しい時も、辛い時も、幸せな時も、最悪な時も。
 
過去になってしまえば全ては美しい思い出になります。
 
幸運な事に自分はいつもデニムと一緒で、
 
デニムはそれを見守り続けてくれます。
 
その事を再認識させられたdenimba

Shingoさん、二日間本当にありがとうございました。
山口さん、お疲れ様でした。

後、ここでお名前をご紹介出来なかった方たちにも本当に感謝です。
ありがとうございました。

またお会いしましょう!!!

to be continued...

イメージ 16
イメージ 17

イメージ 18
こんばんは。

こちらは雨は上がりましたが、まだ寒いですね。

denimba展 続きです。
補足しますと、自分はshingoさんのお顔は別冊LIGHTNINGYOU TUBEその他で拝見しておりまた、

shingoさんもSNS等で自分の顔をご存じでした。
 
それ以前にもメールでお互いの考えをぶつけ合い、何度もやり取りしていたので、既に初対面と言う意識は殆ど有りませんでした。
 
軽く自己紹介して握手。shingoさんの温もり、人柄が改めて伝わって来ました。
 
その後shingoさんの車に乗せて頂き、shingoさんのご自宅へ。車中も旧友に再会したかのように、デニムの話で盛り上がりました。

また、shingoさんがその時穿いていたBridge 2nd
写真で見るより遥かに綺麗な色落ちでビックリしました。

下はその現物がdenimba展で展示されていた時の写真です
イメージ 1あっ、パーティションの左端に半身写っているのは?

その後shingoさんの家に到着。

何はともあれ早くスーツを脱いで普段着=ジーンズ穿き=本当の自分
に戻りたい。


失礼ながらshingoさん宅で真っ先に行ったことは、【スーツからデニムへの着替え】でした。()

その後今までサイトでしか見たことが無かったshingoさんの育てた数々のジーンズを全部出して頂き、見せて頂きました。
 
もうね。

こんなにテンションが上がる事は滅多にありません。夢中で魅入って色々質問攻めしておりました。
 
そうこうして一通りshingoさんの育成済ジーンズを見終わった後、
その時自分が穿いていたTFH3002の裾上げの具合をshingoさんがじっと見ていました。

直営店さん裾上げ写真
イメージ 2
ピンボケですみません

なんだろう…?

「ま、まさか!?
 
で、shingoさんから出た言葉。
 
「裾上げし直しましょうか?
 
えーっ!!!?
 
shingoさんがUNION SPACIALを購入して自分で裾上げ始めたのはずっと前から知っていましたし(ってか目の前に有るじゃねか!!!)

イメージ 3



とは言え、ノリ落としも終わり、丈詰め後のパッカリング出しのための濡らし乾燥も終わってもう穿き込み体制に入った段階でした。

ウネウネは出てはいませんが、過去これよりのっぺらで穿き込みした実績も有ります。
 
正直嬉しいと言うよりむしろ戸惑い、いや、「別に結構です。」とはとても言えないかな。
 
ふと見るとshingoさん、自信満々で後光が差しています。
 
「お、お願いします      。」
 
と答えるしかありません。
 
で、丈詰め縫い直しが始まりました。

この作業はUnion specialと言うよりはむしろshingo specialとも言うべき作業で、shingoさん独特のウネウネ出しテクニックが盛り込まれたものだったのです。
 
なので詳しい内容は省きます。

作業が終わった後、shingoさんは盛んに裾上げしなおした部分を揉んでいます。
 
前ののっぺらの癖をなくす作業です。
 
するとあら不思議、手品のようにウネウネが出来て来るではないですか!!!
この人スゲエ
 
shingoさん涼しい顔で、「帰ったらちょっと濡らして揉んで乾かして下さい。」と言って頂きました。
 
でも現時点でもうウネウネが出始めている。

英語で言うと【Roping effect(by swissjeansfreak さんくどい!!!)
 
いやー、ちょっとでも躊躇した自分が恥ずかしい、参りました!!!


イメージ 4
本格的に濡らして乾燥させた後の写真


で、shingoさんが丈詰めしなおししている間、自分はBridge 3rdの試着をしておりました。

一度は諦めた3rd、何とまた生産販売すると言う嬉しいお言葉。

見当を付けていた3029を試着。29でちょっとキツイかなと思いましたが、穿き伸びしてちょうど良くなる確信が有ります。

29に決めました。
 
いやー、それにしても柔らかくて穿きやすい、しかもアタリも出ると言う魔法のような生地。

そしてシルエットも股上浅目で裾に向かってテーパード。予想通り自分のストライクゾーンど真ん中でした。

その場で予約させて頂きました。

やった!!! これで自分もBridgeオーナーの仲間入り!!! (ドヤ顔)
 
そしてもう一つ嬉しい知らせ、この後何とあの有名ブロガー、清人さんも遊びに来るとの事。
 
清人さんとは偶然その数日前からインスタ内でやり取りし、突然自分がブログにコメントして非常にビックリされたりしてました。
 
清人さんは自分を国籍不明、外国人かと思っていた(TAXIDRIVERの名前、デニーロの顔写真より)ようです。()

で、清人さん登場。
 
おーっ!!!

イケメンじゃないですか!!!
 
インスタやブログの細やかなイメージと違い、いい意味で大らかな感じのする方でした。
 
shingoさんの出してくれたジーンズを肴にひとしきり盛り上がった後、
その後の話はdenimbaをどのように進めるか? と言う事が中心になりました。
 
やっとdenimbaの話に繋がったか
 
入場者数をカウントしたいが、良い案が中々無い。

shingoさんに聞かれて、記帳するようにしたらどうでしょう?
位しか思い浮かびませんでした。
 
あと自分がこの日持って行ったジーンズ3本も急遽展示して頂けると言う事に。

すげえ!!! いいのか!?
 
denimbaはカリスマリペア職人のhands-on山口さんが全面的にshingoさんをサポート、
 
そして西の有名ブロガー、RYOさんも駆けつけるとの事。
 
すごいメンバーが集まるなあ

何とか自分も少しでも助けになりたい。
 
そしてdenimba開催の月末またお会いしましょう!!!
と言う事で解散しました。
 
某駅までshingoさんに送って頂きました。
 
イメージ 5

初対面とは思えなくまた、shingoさん、清人さんとも有名人にも拘わらず気さくな方で感謝感激な一日でした。
 
すいません、次からdenimbaの話になります。

前置き長いんだよ! ってかどんどん長くなって来てんじゃねえか!!!(怒)

ではまた。

to be continued…
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
PVアクセスランキング にほんブログ村

続denimba展 1/2

皆さんおはようございます。

今日もこちらは肌寒いです。

梅雨入りでしょうか?

さて、あの夢のようなdenimba展から早くも1週間が過ぎしようとしています。

年齢を重ねると時間の経過が早くなるとは言いますが、

最近しみじみその事を感じます。


理由は諸説有りますが、


例えば、5才児にとって1年は人生の1/5を占めます。

しかし40才の人にとって1年は人生の1/40にしか過ぎません。

歳を重ねると、
以前経験した事の繰り返しが多くなってしまい、

毎日に新鮮さがなくなりがちです。

1日当たりの行動の記憶が、歳を重ねる毎に減って行くのかも知れません。

だから1日1日を意味の有る充実したものにして行きたい。

同じ事の繰り返しでは人生勿体無いですね。

しかし充実した日々の定義は人それぞれです。

平凡で何もない日々こそが一番の幸せ。

これも凄く大事な考え方です。

病気をしたり、怪我をしたり、災害に遭ったり、そして、

大事な人を失ったり。

そんな時、平凡な毎日がどんなに幸せな事だったのか!

平凡な日々とは、様々な人が支えてくれている事で初めて成り立っているのだ!

と言う事を痛感します。

当たり前の事が、実は様々な偶然の上に成り立っている奇跡なのです。

しかし、そこから一歩踏み出し、自分のやりたいことにトライしてみたい。

一度きりの人生、勝負をかけてみたい!!!

勝負をかけて失敗してもきっと後悔はしません。

しかし、勝負をかけないでチャンスを逃したら。

一生後悔すると思います。

このブログのタイトルは、

自分への叱咤の意味を込めて付けました。

前に進み、勝負します!!!

その経過はまだ公開できるレベルではないので、まだ公表は出来ません。

しかし、すでに自分の道を歩き出した人がいます。

ジーンズ色落ちサイト denimbaの管理人、shingoさんです。

自分のブランドジーンズ、Bridgeまで作ってしまいました。

自分の道を突き進んでおられます。

凄い人だ!!!

と思うと同時に焦りも感じます。

早く自分もなんとかしなくては。


そんななか、shingoさんは自分でジーンズの展覧会、

denimba展

をやる事を決めました。

そうと有れば自分も何かお手伝いしたい。

そう言う思いが強くなりました。

そんな中、5月中旬、東京近辺に出張の機会が発生しました。

チャンスだ!!!

shingoさんにお会い出来るかも。

メールでお会いできるか問い合わせしました。

快い返事を頂きました。
ありがとうございます!!!

結果的に連絡した次の日に会って頂ける事になりました。

Shingoさん、急なお願にも快諾頂き、ありがとうございました。

初めて会う当日、仕事の関係でスーツ姿で某駅に降り立ちました。

denimbaに投稿したジーンズのうちの3本を抱えて。

そのジーンズは、

1.ETERNAL 811

イメージ 1



2.THE FLAT HEAD 3005
イメージ 2



3.FOB Factory F151
イメージ 3



そして、降り立って辺りを見回すと、

なんと、shingoさんが両手を挙げて満面の笑みでこちらに駆けてくるではないですか!!!

一瞬で人柄に惚れました。

全然denimba展の話にならねえじゃねえか!!!!

すみません、続きは後でアップします。

to be continued..

※一部認識間違いの文章が有ったため、修正しました。申し訳ありませんでした。
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
PVアクセスランキング にほんブログ村

denimba展

こんばんは。
昨日、一昨日と、既に踏み出して自分の道を歩いているShingoさんのdenimba展にいました。
何か手伝える事は無いかと思ったのですが、あまり無くて。(笑)
でも極力邪魔にならないようにしてました。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

準備中の様子の一部です。
色々な人に出会う事が出来、色んな話が出来て充実した時間でした。
Shingoさん、山口さん有難うございました。
皆さんまたお会いしましょう!!!

まだ慣れませんが、今後も適当にアップしていきます。
それでは。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事