全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
昨日は

ウチの子が部活の練習試合で

はるばる

大衡村まで行きました

イメージ 1

審判中!(^^)!



遅いお昼をすし勘で食べ

デザートを食べようとすると

姉から電話



しかし電話口から聞こえてくる声が別人!!











『ランが、ランが、、死んだ、、』

泣いてる。。











ランは実家で飼ってるゴールデンレトリーバー

父の還暦のお祝いにやってきた

ラン




父は大の動物好き

母は基本動物は嫌い



散歩散歩も行って

寝るのも一緒

ランはじぃちゃん大好き

ランは自分は人間だと100%思ってる




2年前

父が髄膜炎で倒れた

生死をさまよった


救急車で運ばれた


ランには何がなんだかわからず

姉が一生懸命にランに説明した



父が最初に運ばれた旧国立病院(名前違うはず)

ここでは専門医が居ないと

脳の専門医が居る病院へ移動した



忘れもしない土曜日の朝

その日は波もなく。。入水する気がなくなり

朝でもぼーーっとしてた私



国立病院の先生から電話が

(母は気が動転してるし父の携帯の使いかた知らない)

今すぐ来てと・・



先生から説明を受け

私も移動する

父と母は救急車

私は車




病院へ着いて一緒にエレベーターに乗った

既に父ではなかった




その後の処置は手術ではなく

薬で治療した



とても危険な状況だった

生きてても
入院・・長くなる。。



しかし

1か月ほどで退院できた

驚くほどの回復力だった



病院で一番危険な状態な時に私達と笑いながら話をしてた父


覚えてないそうです。。




その後

心臓で検査入院が必要と

倒れた時に最初に運ばれた国立病院に・・

その時、担当した先生が担当医だった


父が運ばれた時の事も覚えていて

『元気でしたか?正直ダメかと思いましたよ』

いったい何を言うーっと思ったけど

元気な父をみたから言えるんだよね!(^^)!



心臓も大丈夫だし

家に帰ると

ランの毛の色が変わってました



毎日毎日ブラッシングして

とても綺麗な毛並みのラン

散歩でも

『綺麗なワンちゃんですね〜』

といつも言われ誇らしげな父


毛並みは綺麗なままだけど

色が落ちた

白くなってた



大好きなじぃちゃんが居ないストレス

ランはとても苦しかった


でも死んでもおかしくない病状だった父が

1か月で退院!!


ラン良かったね!(^^)!


また素敵な笑顔になったよ

以前よりもストーカー率は多くなったけどね





そして

3月11日の大震災

人間も大きなストレス抱えたけど

犬もストレスを抱えた


でも毎日

素敵な笑顔でみんなを癒した


母もランの毛が抜けることを

怒りながら

イヤミを言ったり



それでも隣に居たラン


だって

なんだかんだ言って

おやつをあげる母(´∀`*)




『すかねごだー』

といつも言ってたけど

それでもおやつあげる母(@^▽^@)



実家に笑顔を与えるランの存在






震災後

私達は実家で避難生活

その時

撮った


イメージ 2

本当に人みたいでしょ〜


父と背中合わせて寝てるって所がなんだか可笑しい〜






ランは私がくると

無言で前に座り

『さぁ顔をカキカキして!』

当たり前の顔で

自分の顔を私のお膝に乗せる(~_~)かわいいね〜



みんなにフレンドリーなラン

大きいな体だけど

優しいラン



ただクッキーとは相性が悪く(+д+)マズー


クロとマシューは大丈夫なんだけどね〜



あんなに元気だったラン

マシューが死んじゃう前に行った時も

心配そうに見るラン




姉からの電話後

母に電話した

























大泣きしてた

母が?!






口では小言を言ってたけど

可愛いがってた




母に今から私が火葬場に向かう事言い

一緒に行く?

と問いかけてみた


けど



母は行けなかった・・悲しみが大きい・・





急いで火葬場に向かった

私が来るまで待っててくれた





ランとの最後のお別れ







10月10日に

マシューとお別れたしたばかり

同じ火葬場



まだ暖かいランの体

そして

とても優しい顔してるラン

ランの顔はまだ生きてるようだった





私は泣きながら


























『マシュー』


と言ってしまった((((;゚Д゚))))

もちろん即!全員に突っ込まれました(*´д`*)





気を取り直して

ランに

『マシューと遊んでね』

と。。





ラン7才

早すぎるよ・・



私達家族も沢山思い出があるよ


まさか

まさか

ランがこんなにも急に逝ってしまうなんて



まだマシュー悲しみが癒えてない




どうして

またこんなに悲しみを与えるの






震災を経験した犬、猫が、

震災後に亡くなってる話を沢山聞きます


動物も計り知れないストレスを抱えてる





家に帰って早くクッキー&クロを抱きしめたい
家族の前では泣けない

一人になると

ふと悲しくなる

マシューがどれだけ私の中で大きい存在になってたのだろう





たまたま見てしまった

宮城県保健所収容犬ホームページ

その写真はうつむいたマシューの顔

何ども何ども見て

家族にするか悩んだ

そして家族になったマシュー





私が保健所までお迎えに行き
イメージ 1

この写真は私がお迎えの時に撮った

マシューの酷すぎる状態を見てるのは

私と病院の先生達

自宅から保健所までは遠く高速を使って行ったな〜

マシューを車に乗せて

今度はそのまま病院へ直行(健康診断の為)

移動中

車の中は悪臭だった

マシューウンコもらしたかと思った



違った

長年の手入れしない体

伸びきった毛に絡みついたウンコ

マシュー自身から悪臭が(+д+)


イメージ 2

イメージ 3

ここまで・・ひどすぎる







そのままクッキー&クロと生活は出来ない



クッキー&クロに病気を移してしまう



だからそのまま入院処置



あんなに汚れたマシューがきれいになって帰ってきた(´∀`*)
イメージ 4

笑顔と共にエリザベスカラー付けてても

たった2日でこんな笑顔になるんだよ!

犬だってキレイにしてたいよ!






いざ自宅に帰る時

クッキー&クロと仲良く出来なかったら

っと悩みもあった



はじめは吠えまくりクッキー&クロ

次第に落ち着く



いつの間にかフリーでも大丈夫になってた
イメージ 5

あんなに吠えまくりだったクッキー&クロが?!

でもね・・初めは悲しい事が

クッキー&クロはゴミあさりしなのでそのままにしてたプラ用のゴミ箱


マシューはいつもいつも歩き廻り食べ物を探す

そしてプラゴミに頭を突っ込む

袋を食べようとしてるマシュー

香りしか残ってないよ・・

そんな物まで食べようとする


お腹が空いて食べる物がなかった苦しみ

(#)Д`;;)…ヒドイヨ…



マシューがゴミ箱をあさる間は

ゴミ箱は

別の場所になった





いつの間にか

ゴミはあさらなくなった

そしてゴミ箱は定位置に戻った






処置で毛を添った所はいつになったら生えるのだろう

っと心配してたら

いつの間にか普通のキャバになってた
イメージ 6

まだ目元が痛々しいけど

ほっぺたが穴が空いてたという信じられない状態だったマシュー

これも嘘のようにキレイになり傷さえも分からなくなってました

先生さえも忘れるほどに・・







マシューは人の手から食べ物をもらう事を知らなかった


何度

手まで噛みつかれ流血した事か


それもいつの間にか優しく手から食べれる子になってた


かえってクッキーの方が痛い位になってた



本当に本当に心から優しい子だったマシュー





まだ

思い出にかわるまで、、



なれる日がくるのはまだ先なママです



会えないと分かってるけど

また抱っこしたいよ

分かってるけど

マシューが亡くなって23日

時が経てば悲しみは薄れるだろ〜〜

っと思った



今、、

写真を見る度に涙がこぼれる



どうして?どうして??

逝ってしまったの??



これから3ワンコ達と

あれしよーこれしよーーって

沢山思ってた




マシューが居ない

今は写真のマシュー
イメージ 1

自分のゲージで寝てたマシュー

この日はなんだか寝言も多く

起きてた

なので抱っこしてなだめてた

するとグフグフ言いながら

私の腕の中でそのまま寝た(´∀`*)

ずっと抱っこも厳しいので

私の布団に寝せた♪

3人仲良く寝たなぁ〜〜

しかしシングルで人間1と犬2って、、狭いよな、、

でも嬉しいんだなぁ





朝起きると

転がったマシュー

イメージ 2

まさかこんな姿で寝るとは思わなかった

9月25日の朝

可愛いくて仕方ない♪










マシューママはほんとに寂しいよ



こんなに情けないママでごめんよ



こんなにも自分が落ちるとは思わなかった











そぉ言えばね好きすぎて

イメージ 3

イメージ 4

クッキー&マシューをネイルにしたっけな(´∀`*)

ちゃんと違いがあるんだよ!!

3月11日震災前後のママの足にはクッキー&マシューが居たんだよ〜

マシュー会いたい

目を閉じるとマシューの笑顔が蘇る

マシュー笑顔の写真を撮るのは難しいかった

クッキー&クロのように止まってる事が少なかったから

いつも
イメージ 1

こんなん写真ばかり

でも削除出来ないの

親ばかだね〜

今思うと削除してなくて良かった

だって

クッキーは4年

クロは2年

マシューは9ヶ月

写真それだけ少ない


写真は少ないけど

心にはちゃんと笑顔のマシューを忘れない



8月

北海度へ行った時

犬達はペットホテルにお願いした

クッキー&クロは慣れてる

可愛いお姉さんも居て

喜んでお姉さんに抱っこされるクッキー&クロ

マシュー・・

心配だった

たしか6泊も預かってもらった

午前中のうちにお迎え行くと

私の声が聞こえて

喜ぶ叫ぶクッキー&クロ

ドアから飛び出すクッキー&クロ

マシューはトボトボ歩いてた




私一人でお迎えだったから

お姉さんに車まで連れてきてもらった

犬たちは全員後部座席で


運転中も犬たちと会話

もちろん自分が一番とクッキー&クロ

マシューは声をかけても・・・・・・・・・






家に着いた

景色が家だと分かると

クッキー&クロは

より叫ぶ!!


車のドアを開けたとたん

家の玄関にまっしぐら


マシューが車からの飛び降りは自殺行為に近いので

ママが後部座席のドアを開けて

『マシュー家に着いたよーー降りるよーーーー』

っと声をかけた

振り返ったマシューの顔は満面の笑だった




我が家に着てまもない頃

車に乗ると悲しい顔のマシュー

それは車に乗って捨てられた悲しい記憶があるかも

そぉ思って車の時は必ず声をかける



この時もきっと

そぉ思ってた?!

絶対に違いよ!





あのマシューの笑顔は本当に忘れないよ

心からの笑顔だって!!





イメージ 2

ただただ安心して寝るマシュー

それに寄り添って寝るクロ

カメラを向けると必ず起きるクロ(~_~;)








戻りたい。。


目を閉じると

マシューの笑顔が、、また抱っこしたい温もりを感じたい、、でももぉいない

涙がでる

そんなママにクッキーは当たり前の顔で膝に乗る、、

暖かい♪有り難うね(^^)

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事