全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

「スノーグレーズ」アロッタファジャイナ

「松枝組」クリスマス愛の祭典


 ◎12月14日 20時 渋谷ガラリールデコ

  以前から何気に気にして観劇している劇団「アロッタファジャイナ」さんの
  劇団内コンペみたいに組分けし1時間の舞台6公演のを1日で開催する形態の舞台。
  主催の松枝さん作品だけは押さえたいなぁと、仕事終わらしてから都内へ行きましたよ。
  初のギャラリールデコ、あんな所とはねぇ。
  パンプルムスとか空間リバティみたいな簡素な所だけど、中央・周囲の柱があって演出には
  大変な空間での公演、わからなくて普通に椅子席の後ろだったのが失敗。
  人垣で見えにくいから1段上のパイプ椅子にすればよかったかなぁ、
  でも内容は1時間で1500円(安っ!面白くないなら高っ!)十分に見れる内容でした。
  この劇団に興味がある方なら見れば雰囲気が解る芝居でしたね。

  STORY
  スノーグレーズ・って言う白の上に白を重ねる絵画の技法。
  その技法をで大成してるよな、まだ珍しいだけで持てはやされる評価段階の画家「スガ」
  作品は白いだけ(ツグノフの森か?)ただ真っ白なキャンバスで詐欺的な商売もする男。
  男には「聖女」と言って憚らない美しい妻「鎖雪」。
  文字どおり屈折した愛情か?服従か?ズガの鎖に繋がれた雪のように白い女性・鎖雪
  実際の意味ではないだろうが死人同然の女性を拾い、自分の思い通りに教育したスガが
  考えてつけた名前かな?
                      ・
  スガの前にやってきた画家を目指す男「長瀬泉」。
  幼い頃、雪の日に母と自分を捨て家を出て行く父親を「足跡で雪を汚したくない」と追えず
  毎晩後悔の夢を見ていた青年。(優しいだけの臆病者)泉の本質を見抜いたのか?スガは
  「お前は私の妻に惚れる」と予言(暗示かな?)し、泉は術中にハマリ鎖雪に一目惚れする。
  泉を使い鎖雪を更なる聖女へと昇華させる為、泉を接近させてその好意を使い鎖雪を責めるスガ
  アルプス付近の白い雪山の屋敷で3人の共同生活が始まる。
  泉は恋人も母親も捨て、鎖雪にのめり込みスガの地位が崩の兆しを見せたその日。
  鎖雪を抱きしめた泉は侵入してきたスガを後頭部から殴りつけてしまう。
                      ・
  スガは壊れて車椅子上の人に・・・別荘の中で鎖雪を独占し舞い上がる「泉」。
  しかしどんな行為の時も鎖雪は傍らにはスガが置き、スガに自分がされた教育を注ぐ
  そんな壊れた暮らしが妄想となって泉を追い詰め、ダダを捏ねる子供は最後の告白は空転
  雪の上の足を踏み入れる事の出来ない男は、そのまま1人雪に囚われの身になっていくのだった。

  1時間で何度も展開を進めて完結。
  本公演同様に主人公の横で別の役者さんが過去や心情を説明し、フレーズを繰り返し
  衣裳も白黒貴重な所もそのままに、本公演の縮小版といった所でしょうか?
  内容としては、時間が無いので背景も書けない分単純かもしれませんが1時間なら十分な内容。
  主人公はだれ?最初は泉かなぁと思ったけど全然薄い男だし、ラストは本人じゃなくて
  母と夏未に言わせた方が良かったのではないでしょうか?皮肉に鎖雪が柱の影で言っても可
                       ・
  スガ最初は胡散臭いだけだったけど、個人的には一番魅力アルキャラだったかな?
  雪を汚せない男「泉」に対して、雪を作ろうとした男「スガ」のその過去・トラウマ
  鎖雪の過去とかそちらの夫婦の方が魅力的ですね、スガは「動きすぎ」な感じはあったけど
  車椅子上での演技は結構よかったです。鎖雪はキャラがコロコロ変わって大変そうでした。
  演出はあの空間では難しいですね、先日のベニサンピットが中央の柱を上手に使っただけに・・
  最初の鎖雪の登場は階段を使って欲しかったかな?(危険そうだけど)スガが鎖雪を探す時は
  鉄パイプを打ち鳴らしたりして怒りを表現したり、上手の幕はかえって要らない気もします。
                      ・
  今回は主催さんからコメント頂いたのでもし見るかもしれないから意見を少多めに書きました。
  もう間に合わないけど、観劇好きなら昔のTVドラマ「もう誰も愛さない」みたいな
  ジェットコースターみたいな展開の愛憎劇だと思ってくれれば解りやすいかな?
  安くていいお芝居だったんですが、関係者ばっかりで一般の方が見ないのは残念です。
  興味があれば本公演見て下さいね。  

  ○通常はチラシの画面を貼り付けるのですが、今回は乗せなたくない気持ちがありまして
   ミュシャがサラ・ベルナールの舞台「椿姫」(カメリア)の為に書いた作品で代用です。
   解る人にこの感覚がわかってもらえたら嬉しいけどね〜                
  

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事