全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

「劇王東京供廖膳牴ε豕実行委員会〜


  ◎12月29日14:00(60分)新宿シアター・ミラクル

  年末仕事納め以降に何か見たいな?

  ナイスストーカーも週末までだし、と思ったらミラクルで発見。

  チケットはほぼ完売でダメかなと思ったら楽が残っていた

  楽は決勝ラウンドらしくて、応援してる劇団が入るか予選ぬ集中なのかな?

  まぁ、ありがたく決勝ラウンドを予約。

  劇団晴天とナイスコンプレックス、the pillw talkさんは拝見したかったので

  決勝進出希望していたのでづが残念、漏れてしまいました。

  時間にミラクルへ到着したら、凄い珍しく長蛇の列!

  ファンが応援にかけつけたのでしょう、満席越えの107人が入ったそうです。

  で、20分以内・人数3人以内、数分で転換できる装置。

  その条件下で5本の作品が上演されました。

ネタバレしますので、未見の方は注意!(見に行けない方はどうぞ)



〃狠津憩庵遏峽嘩仲裁屋『アンコール!!』」Cブロック勝者


  出演:ジョニーさん、玄順友利子さん、温井美里さん

  暗闇の中から霧吹きをしなながら舞台のセッティングして開始。

  POPな衣装の女性=喧嘩仲裁屋さん

  電話一本で喧嘩がある現場へ飛んでいく

  ウナギの鉢巻きをした「うなぎ大明神」という熟年地下アイドル

  20年間の地下アイドル生活を引退、そ気に入ったアイロルに

  自分の名前を継いで欲しいと無理矢理頼んでいる現場へ到着。

  人気の無い名前を襲名するのは当然嫌!

  (本人の名前も相当変なのだけどね)

  だったら一旦もらって捨てちゃえ!と考えるが筒抜けでNG

  仕方なく、大明神へ説得へ

  まず襲名する為のメリットを考えてというが当然出ない・・・・

  落ち込み、諦めるウナギ大明神。

  一件落着に思えるが、仲裁屋はそれでは納得しない。

  今までの自分まで否定し始める大明神に    

  それはファンに対しても失礼だと言う仲裁屋。

  すると音楽が流れ大明神がライブで行う鰻裂きを披露

  知らぬ間に上達している事に気が付き、覚醒する大明神

  まだ続けて行く事を決心し、仲裁屋の法外な請求金額を支払い完了。

  そしてまだ仲裁の電話に向かう仲裁屋。

  仲裁が私にっとってのステージだから!と去っていくのでした。
                         ・
  <感想>

  【得点】じんの:11 伴:7 丸尾:1 観客:25 合計:44
                   ・
   トップバッターとしては元気でテンポの良い作品でした。

   講評であったように、みんなPOPな衣装なのは確かに見難いかな

   でも仲裁屋だけPOPな方が面白いっていう意見は流石ですね。

   ウナギを捌くダンスがなかなか良かったです。

   審査員さんが仲裁屋もアイドルを目指してたよね?なんて

   「ここが私のステージ」を勘違いして観ていたようで、

   演劇って勝手に解釈されるもんあぁ、って事を再認識しました。

   5劇団の中では一番纏まっていた気がします。

   正統派アイドルさんの見せ場が欲しかったけどね


HIGHcolors「コドナ」Dブロック勝者


  出演:益田恭平さん、薩川朋子さん
             ・
  暗い部屋でPCに向かう女性。

  スペック:30歳・独身・ニート・借金300万円・そして昨日、母親が亡くなった。

  ピンポーン!宅急便がやってくる

  開いてるよ〜と言う女、中に入ると真っ暗な部屋。

  明かりを付けると目の前に現れるボサボサ頭の女にドッキリする宅配員。

  彼女の首には輪ゴムが巻かれていた。

  刑務所で輪ゴムを首に巻いて自殺した記事を知り、足りない分を頼んだと言う。

  開けてみろと言われ、荷物の箱を開けると輪ゴムの箱が現れる。

  ギャンブル(パチンコ・競馬・競輪等)大好きでクソな自分だと言う女

  代引きの金額を渡すのだが、1円足りないという宅配員。

  1円負けて、1円貸してと襲い掛かる女、抵抗する宅配員の男。

  宅配員の男もイジメ、引きこもりから叔父の宅配会社で働き始めたばかり

  お互い不幸自慢に始まり、そして宅配員の男は好みのタイプだから

  飲みに行こうと唐突に誘う、そして宿題として本当に死にたいのか考えて

  次会う時に話してくれたら1円貸しますと勝手な約束をして出て行くのでした。

                         ・
  <感想>

  【得点】じんの:5 伴:7 丸尾:18 観客:8 合計:38
               ・
  劇王出演者は芝居が下手な人なんて当然居ませんが

  この主人公の女性は台本でもあるけど激しく迫る演技で引っ張ります。

  そこを予選でも評価されてたみたいで、2度目だとアラも見えてくるとの講評。

  指摘では、飲みに誘う事=外へ連れだしても自殺しない根拠はない事。

  今回の予選で4作品が自殺を止める話でこれが1番だったそう

  ある舞台で目の前に吊り輪があった話があり、あれなら連れ出す理由になる

  それと、初対面から元気に話してる事が死ぬ気なさそうと指摘。

  最後に輪ゴムを持って帰らないのも変だって事。

  昨日、母親が死んだならやることあるだろう?って講評はある意味納得です。

  私の意見は、輪ゴムを持ち帰らないのはおかしいと思いましたし。

  お金を1円足りないまま返して、輪ゴムを持ち帰るのが正しいと思います。

  引きこもりじゃないし外へギャンブルに行くような人間なら、

  逆転を狙って香典で勝負しそうな気もするのですが、ニートでギャンブル好きって

  金はどっから出てるんだよ!と「思いました。

  だた、最初から元気なのは死ぬ気はあんまりないのあ前提だと思い

  輪ゴムで死ぬ方法を試してみるだけだし、宅配員に見せて話す時点でそれは無い!

  宅配員がムチャクチャな彼女に合わせて不幸自慢する所は

  嘘だろ?とツッコましてもいい位です。

  母親が同居とか限らないし、仕送りだけもらって汚いゴミ部屋で一人暮らしで

  昨日、母親が亡くなったの聞いても何も出来ない状態なんだと思ったケドね。

  一番熱演が光った作品なので良いセン行くかな?と思ったんですけどね。



7狠庁毅苅毅粥屮蹈鵐瀬螢鵐亜Bブロック勝者


  出演:板橋康平さん、工藤佑樹丸さん、春陽漁介さん
                         ・
  風船が散らばる部屋、風船を磨く男。

  風船を割りたがる男、必要ない風船は次々と割ってく

  風船を持って現れた男は、ちゃんと磨くように注意するが

  飽きっぽくなって風船磨きを辞めては次を見つけて

  ちょっと楽しいかも?と風船を磨くのだが

  次々と風船は割られていく・・・・・

  傍らでは、一人リフティングをする人

  就活?で失敗してる人の様子が時折ながれる〜

  風船が0になってしまい不安になる男

  割れた風船の中から現れた新品の風船を発見する男

  また風船を膨らませるのでした。


  <感想>

  【得点】じんの:5 伴:7 丸尾:7 観客:31 合計:50
                  ・
  講評では磨いているのがなにか?という事で魂みたいなモノで

  本当はガラスでやりたかったそうです。

  私は観てないから解りませんが「インサイドヘッド」という映画が基ネタ?っぽく

  今後の高校演劇でもこのような内部の話が出てきそうですね、との話でした。

  私は観てて心の中の話だろうなとは直ぐ思うのでしたが

  外部の風景は短く少なく展開さrてたので

  この風船は誰かとの関係性を現しているのかな?と思いました。

  風船が割れれば破堤するし、「磨く」という行為の意味が最後まで掴めず。

  個人的に評価しずらい作品でした、後述しますが観客点が31点

  そんなに意識が高尚な観客多いのかぁ〜とその時は感心しちゃいました。  



し狠津形灰櫂螢┘好謄襦峺輒 シンデレラ」Eブロック勝者


  出演:やんえみ
       ・
  物語はシンデレラが実は継母も優しい人だった

  そして本人は「ねずみ・ゴキブリ・ミミズ」が好きな痛い子だったという話。

  彼女は王子様に気に入られようと自分の美的センスで

  ホームレスの死体から取った古着でドレスを作って挑みます。

  亡くなったシンデレラの父親も幽霊となって心配する中。

  彼女を心配するゴキブリが神へ祈り、命と引き換えにドレスと靴を授ける。

  ガラスの靴のお蔭で王子ともダンスしていい雰囲気なのですが

  神様が言い忘れてたケド12時で効果が切れると言うのでした。

  ネズミやミミズ達は最後に命をなげうって神に祈り

  ガラスの靴の魔法を維持させ、無事王子さまと結婚を果たすのですが

  彼女はこの喜びを報告する大事な仲間が居た事を忘れてしまう

  ちょっぴり寂しい気分のシンデレラでした。
                         ・

  <感想>

  【得点】じんの:5 伴:7 丸尾:3 観客:5 合計:20
                  ・
  講評が特に面白かったですね。

  唯一の一人芝居で落語にしたら良いかな?とか父親が出るのは反則みたい

  最後にゴキブリが出てきて、思わず踏みつぶす演出すれば皮肉が効くとか

  木野花さんの過去戯曲で、ガラスの靴は原材料のナスが健忘症だった話とか

  神様仏さま、寂聴さまと言って笑を取るのはいかがなものか?とか色々

                         ・

  私は父親出すのは面白いと思います、だけど父親の衣装(△頭巾)のまま

  他の役をやったりして、人物転換がちゃんと出来ない部分があったりして

  私も神様・仏さま、黒柳徹子さま!と願うのも3回重ねたのでシツコかったな

  でもそこで最後、神様じゃなくて細木さんが「あたしが叶えてあげる」みたいに

  反応してくれたなら面白かったかな?

  唯一の一人芝居で不利な中でも笑と哀しみがあったので個人的には好み


イ燭垢い繊崙明人間、消える」Aブロック勝者


  出演:石井啓太さん、二宮咲さん、真嶋一歌さん
                 ・
  部屋には男と女、男は透明人間。

  女は信じられない様子だが口をふさがれなんとか納得する彼女。

  どうして透明になったか不明だが3日前から部屋に潜伏

  バイト先の彼女が自分に好意を持ってる事を利用して

  ここに数日置いて欲しい言い出して来た男。

  そこへもう一人、透明人間の女が現れる。

  彼女は男をストーキングしていて透明になる原因も知ってると言う。

  透明人間にも透明人間は見えない、妙な攻防が続く中

  光に嫌われてる事が原因だと言い、ストーカー女は掛け声一つで

  見えたり消えたりで披露してみせる、よこしまな心があると嫌われるらしい

  なんとか念じて姿を現す男だったが、彼女が徐々に消えて行くのでした。
                         ・

  <感想>

  【得点】じんの:10 伴:8 丸尾:7 観客:35 合計:60
                  ・

  講評では、透明人間同士の方はストーカーには2人の世界で都合良いハズ

  透明の理由とか邪な心とか、説明が弱いとか出てましたが

  早めに彼女の口を塞いだのが勿体ないって意見には感心しました。

  やっぱり笑は一番多かったし、真嶋さんとのコメディ向けオーバーアクションは

  慣れたもので上手いですよね、安定してますよね。

  個人的にたすいちさんは何度か拝見してますが、所々の弱さがここでも健在。

  声だけで人を判断するのって案外ムスかしいんですよね

  良く彼女が納得したなぁと思うし、透明人間は透明人間を見えないのに

  ストーカーの彼女はどうやって後を追ったのでしょう?

  透明人間の理由が理解してるのも不明だし、簡単に現れて消えるなんて

  あの理由からは無理がありすぎ、あの程度の邪で消えるなら人類半分消えますよ!

  ストーカーの透明人間が現れたのは面白いんですけどね

  一層、美人で彼がなびきそうな人なあら面白いのに

  バイト先のバイトリーダーでその人が透明になる秘密を握っているとか

  ナカゴーならケンタの揚げ油には透明作用があるとか言いそう(笑)

  私は正直、抜けた存在がなかったから悩みました。

  たすいちさんが人気も短編のキャリアもあって、正直1階級上の劇団が

  勝に行って1ランク下げて出場したって感じがメンバー見て感じてて

  案の定、笑も一番多いし(ファンも沢山来てたのでしょう)見てて安心だし

  優勝したのは当然かな?とは思いました。

  審査員の講評が一番面白かったですね

  私は伴さんと同じ評価意見でかなり被りました。

  丸尾さんみたいな凄い差がでる審査結果もハッキリしてて面白いです。

  個人的にはポリエルテルさんい投票。

  唯一の一人芝居なのに、同様に頑張ってましたしね、最後が綺麗です。

  観客投票の結果には正直驚きました。

  透明人間・コドナ・仲裁屋あたりに票が集まるかな?と思いましたが

  私の意見がみんなの意見ではないのは当然だから、納得しておりました。

  しかし、帰りがけに聞いた会話で

  前日に優勝したチームは可哀想だよね、ファンもチケット取れずに

  応援まにあわないからサって感じのを聞いたんですよ。

  それを思うと、決勝戦のチケット以外は完売してて

  決勝戦だけチケットを取ったんですよ。

  決勝進出が早く決まった順番で観客投票の点数を並べてみると

  A:35点  B:31点  C:25点  D:8点  E:5点

  不思議な位、点数が並びます〜これは偶然なんでしょうか?

  早々に決勝に決まったファンが決勝を予約、100名限界の劇場で

  DとEの決勝進出時点ではもうチケ完売状態って事になるよな〜

  この劇王の観客投票はちょっと問題かもね?
                           ・

  正直、たすいちは劇団ファン+真嶋さんファン+実力で優勝は良いけど

  やっぱり1票の投票では贔屓劇団に入れない訳にはいきません。

  1〜5位まで点数を全てつけてもらうか

  上位2劇団に○を入れてもらい、後で点数を2で割れば

  贔屓劇団以外で面白かった劇団にも票が入るので、いいかもと思う

  それか予選の時点で点数付けてもらって、決勝では予選の点数を

  審査員に点数で加算するよかでいいんじゃないかなぁ
                          ・

  でも「たすいち」さんの優勝は素直におめでとうございます。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事