全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

「上野パンダ島ビキニーズ」〜上野パンダ島ビキニーズプロジェクト〜



   作:山田 佳奈(ロ字ック) 演出:堤 幸彦

  ◎4月1日 18:00(100分+20分)品川プリンスホテル クラブex

  ロ字ックの山田さんが女性7人の無人島生活を脚本。

  しかも堤幸彦さんの仕掛ける新ユニットの第一弾、

  今後の展開がどうなるのか解りませんが、まずは観ないとネ

  前日に当日引換券を購入。(完売はしなったみたい)

  円形になった劇場、なぜか恥ずかしい最前列の席でした!

  2FにはTVカメラや映写機と、堤さんが客席を凝視してました。

  そんな中、とりどりのビキニを着た女性達が現れました。

  あ、抽選会あったの無視してしまった・・・当たってたかなぁ


ネタバレしますので、未見の方は注意!(見に行けない方はどうぞ)



 START

 微妙なルックスの男性アイドル「タクル」

 彼のファンがOFF会として、タクルのPV撮影で使われた宮古島付近の

 1日に数時間しか浮かばない島へ向かったが、漁船が壊れて漂流中。

 色々文句を言いながら、ある島をにたどり着くとそこは無人島。

 水も食料も無いが、ヤンキーのくせにボーイスカウトの橙子が島を散策へ

 なぜか非日常に喜ぶ朱里、そこへ原住民みたいな男と、猿が現れる。

                     ・

 <登場人物>

 暁島朱里(西川美咲さん)・・・地味だが好きなものに貪欲な妄想ヒロイン

 紫岡スミレ(矢萩春菜さん)・・・フェリス出身の高圧的なお嬢様、友人いなそう

 柿次橙子(小野瀬真由さん)・・・ヤンキー怖くて、ヤンキーになった優しい人

 雛菊りん(水原ゆきさん)・・・13人大家族の長女でギャル(実は三十路)

 蒼井雫久(石原千尋さん)・・・黒魔術が趣味で口数が少ない女の子。

 桃山つき乃(松岡里英さん)・・・女性が好きなお色気担当

 金平もえぎ(小田切瑠衣さん)・・・コミュ障でネガティブな女の子

 オッサン(野添義弘さん)・・・元芸能人で借金で乗ったマグロ漁船から脱出

 神???(小野寺ずるさん)・・・猿?猿の神?不思議でズルい存在。

                     ・

 先に漂流していたオッサンに妙なテンションで教えを乞う朱里。

 なぜかパンダの着ぐるみと謎のジェラルミンケースがあるこの島を

 「上野パンダ島」と命名、橙子が見つけた不法投棄用らしいTVカメラに向け

 上野パンダ島ビキニーズとして毎日、動画を送って助けを求める7人。

 妙にリーダーシップを発揮する朱里に、面白くないスミレ。

 なぜか猿と話した橙子が言うには、この島に居る猿の神様はなんでも

 願いを叶えてくれるという。

                     ・

 つき乃・もえぎが痴話喧嘩したり、つき乃のブラが消えたり。

 オッサンが暴走したり、そんな中でスミレが救援が来ない状況を招いた

 元凶は朱里だと糾弾、もえぎや他のみんなの事も嫌いと関係性が崩れる

 悲劇的な状況からもタクルと言う共通点の仲間との生活が楽しい朱里

 スミレの言葉に耐えかねて走り出す。

 そんな折、雨と嵐に見舞われるパンダ島。

 橙子に諭されて、改心したスミレは朱里を探しに行くのだが、

 酷くなる天候にスミレを止めようとした橙子が崖から転落してしまう

 フェリス力という訳解らない火事場の馬鹿力で橙子を助けるスミレ

 しかし、人工呼吸をしてもスミレは目を覚まさない。

                     ・

 一方、空腹からマズイ果実を口にする朱里(実は禁断の果実)

 朱里は不思議な猿と会話を始める、願いを叶える猿の神様なのか?

 蘇生しない橙子の所に戻った朱里、猿に願いをかけてみんなで

 この島で仲良くしたいと願いをすると、朱里の人工呼吸で橙子が生き返る。


 現金が入ってるかもしれないジュラルミンケースを奪おうとしたオッサンの

 だったが、嵐の後に目が覚めるとケースが無くなっている事に気が付く

 そして禁断の果実(ホレ薬?)と手紙だけが残されているのだった。

 そこへ急に電波が届かないハズの携帯へ

 タクルの熱愛報道のNEWSが流れて来るのでした・・・・

                     ・

 それから、島の監視カメラの動画が世界に拡散。

 人気者となって歌とダンスを続ける7人。

 オッサンはマネジャー気取りで借金を返済するまでに至るのだが

 朱里の願いが変な方向へ行き

 脱出しようとすると不思議な力があ働いて、救助の人も来れない状況に

 猿の神は一生、この島で仲良くする願いを叶えてしまったらしい、


 そんな時、島に一人の男が流れ着く

 以前、この島に流れ着き猿の神に願った事から歌がヒットしたのだが

 彼女の事がバレで大変な状況になったと言う男。

                     ・

 観客の予想どおり、漂流してきた彼を争奪しようと

 禁断の果実を奪い合うビキニーズなのでした。

                      +

 終演後のライブ4曲観賞                    

  


  宮原さんやボブ美さんも来てましたね。

  普段のロ字ジック公演と違い、一応アイドルの公演ですから女性同士の

  本音対決とか細かい不思議な設定とか、堤さんの事も関連する笑える

  ワードが散りばめられてて、華やかで面白い公演でした。

  渡部篤郎からキムタクとか、不思議な芸能人の名前を使った呪文とか

  山田さんのエンタメは、軽やかだし音楽との融合がいいですよね〜

  根本さんよりふり幅が広いな〜と感じました。

  野添さんとするさんの強烈なキャラだから、

  華やかな7人の姦しい会話に埋没しないんですね。

  野添さんのミュージカルシーンに対する細かいツッコミが好きですね

  ずるさんはついに神になったり、なかなか凄い公演でした。

  ライブではみなさん、役名で自己紹介していましたが、

  今後の活動も役名で展開して行くのでしょうか?

                        ・

  冒頭で紹介があったのですが、温かい気持ちで演技は観賞。

  堤さんと言えば、昔キバコの会で真野恵理奈さんをスズナリ最前で拝見

  真面目に演技に取り組んでいる姿が好感もてました。

  そして、今は女優さんとしてもなかなかになっていると思います。

  今回選ばれた方々も、将来しっかりした女優さんになる可能性大ですね。

  役柄とは変な先入観を外すと、みなさん素の表情とかは綺麗だと思う。

  美人系、小野瀬さんは凄い綺麗そうだし、矢萩さんはそのまま綺麗

  水原さん松岡さん、小田切さん、石原さん、役柄上のメイクは濃いけど

  素顔わみなさん可愛いですね、好みだと小田切さんかなぁ

  石原さんの眼鏡姿も捨てがたい、なんて

  主演の西川さんは、胸が言われがちだけど、フライヤーのロングより

  舞台で髪をUPにして出て来たからイメージ違い過ぎだし、可愛いです。

  一生懸命な妄想女子の役柄と相まって、相乗効果的に良かった。

                        ・

  最前列だったので、本当にみなさん水着で直視してくるから

  目のやり場に困る所ではありましたが、普通に見るべきと開き直った

  昔、毛皮族の「銭は君」も目のやり場に困りましたが

  最後に「すりガラスの20代」歌ったりして、なんか似てる気がしますね。

                         ・

  最後にお見送り会と、抽選会があったらしいのですが

  帰ってしまったのは勿体なかったかなぁ。

  物販がCDとブロマイドとガチャしかなくて、パンフとかあれば買ってた

  と思うのだけど、将来プレミアムが付くグッズを買い逃した事になるのか?

  5年後位には解るのかなぁ、楽しみです。

  山田さん脚本で深夜連ドラとか、現代劇で島から帰った話とかよくない?

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事