全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

「あたらしLady」「NAGISA巨乳ハンター」〜サムゴーギャットモンティプ〜


   作・演出:山並 洋貴

  ◎8月26日14:00(90分)中野RAFT

  サムゴーギャットモンティプの新作公演。

  現在、日本のラジオに所属となった田中渚さまのリスペクト公演。

  協力な客演として、アガリスクとかポップンの客席でお見かけする

  Jカップ美女の塚田詩織さんが出演という事で、

  RAFTのキャパで大丈夫なのか?と思いましたが

  なんとか大丈夫だったみたいで、裏の勝手口から客席へ入場

  30席位のプレミアム(笑)な公演が始まったのでした。


ネタバレしますので、未見の方は注意!(見に行けない方はどうぞ)


英語劇「あたらしLady」



<STORY>

 一人の会社員の独白から始まる物語。

 会社に来るヤクルトレディに好意を持ち、毎日タフマンを購入。

 一方でコミュ障の新人社員(日本×フィリピンのハーフ)を構って拒絶されるも

 日本の音楽を聞いて日本語を学習しろと勧めたり

 自宅でのバーベキューパーティーに誘ったりするお節介な男。

<登場人物>

 男1:門田 友希さん・・・忙しく働く寂しい独身男性。バーベキュー開催が得意

 男2:山並 洋貴さん・・・ハーフで日本語勉強中の青年、人との関わりが苦手

 女1:高橋 紗綾さん・・・ヤクルト販売員の女性。


 ある歌を練習中の男2を見つけた、ヤクルトレディ。

 彼に歌を教え初めて、仲良くなっていく・・・♪こ・い・し・ちゃったんだ!たぶん〜

 日本語を上達していく彼だが、男1のメンドクサイ絡みと

 なんでやねん!と思い切り突っ込んでくるのに困惑していると、

 ある時、怒りが爆発してしまう。

 彼をなだめるヤクルトレディ、思わず「恋しちゃったんだ」と告白する男2だったが

 既婚者なんでと、スルーされ失恋で駆け出す男2

 セフレならOKと追いかけるLady〜、彼女を思っていた男1は悲しく語り出す。


<感想>

 英検4級程度の英語で作る会話劇。

 文法と言うより、単語と身振りなので、私でも解るし、それ自体が可笑しいです。

 日本語の持つ多様性も再認識出来る舞台ですが、オーバーな話方とか

 ちょっとクセになる面白いテイストなんですよね、山並さん出演のレア舞台です。
  

「NAGISA巨乳ハンター」



 山並さんが前説中、音響と照明ブースから現れるスキンヘッドの「ヤ」な感じの2人

 いつまで待たせるんじゃ!と言って、山並みさんを音響・照明席へ行くよう命令

 そのボタンを押すんじゃ!と銃口を向け、暗転して芝居が始まるのでした。

<STORY>

 舞台は広島の「呉市」

 そこは巨乳(F以上)が市民権を得る、巨乳ヤクザが取り仕切る街。

 組長の吉成は、Gカップの男巨乳。

 シマは巨乳によるパブとマッサージでシノギを行っていた。

 吉成が同級生の紗綾のBカップを馬鹿にして、威厳を誇示していると

 急に止めに入ってくる謎の女:渚。

 Dカップながら一目置かれる片腹の兄貴が経営している店

 そこに入った、Fカップのテクニシャンマッサージ師が渚だった。

 そして、もう2人来客が

 巨乳好きな大親分の為に、上モノをつれてきた「広島のおじき」

 妹の大学進学の為、体を売る事にしたJカップの詩織さん。

 町では巨乳の構成員達が、胸を撃たれて殺される事件が発生。

 なにやら事件の前触れの中、舎弟分の横山の不祥事から事が始まる。

<登場人物>

 田中 渚さん ・・・Fカップの凄腕マッサージ師(とは仮の姿)

 塚田 詩織さん・・・JカップのNEWフェイス、人の思念が読める。

 吉成 豊さん ・・・呉を仕切る男Gカップの組長。乳も懐もデカイ

 片腹 年彦さん・・・男Dカップのキレもの組員、男巨乳の辛い過去あり。

 横山 大河さん・・・男Fカップの、舎弟分。下剋上を狙って暗躍。

 門田 友希さん・・・虐げられるBカップ貧乳。吉成組長の幼馴染


 高橋 紗綾さん・・・広島のおじき、組織の幹部で胸もノーマル

 日替わりゲスト・・・貧乳を愛する潜入捜査官。(土曜は佐藤辰海さん)


 他人の感情を読み取る事が出来る能力を持つ詩織さん。

 片腹の思念を読み取り、話しかけていい雰囲気

 詩織・渚の2人は片腹の苦労話を聞いて、一緒に悲しんでいる。

 詩織は私の揉みます?とせめてもの癒しを提案するのだが

 ボールペンを挟まれても、片腹は動揺しながらもそれを拒否。

 吉成の兄貴のGカップに操を立てていると我慢するのだった。

 そこへ戻って来た吉成と横山。

 「広島のおじき」を連れて行った横山の店は

 オッ○イパブではなく「ヌキアリ」の店で、吉成は大激怒。

 吉成はアツアツの「ナン」で横山をボコボコにしてやると言い

 紗綾にカレー屋に向かわせる。(でも貧乳には売ってもらえず)

 吉成の強い怒りが脳内に入ってきて、震える詩織さん。

 横山は、大親分が呉には何も手を差し伸べてくれない事を問題に上げ

 下剋上、上等。歯医者でもなんでも呉街は全て「ヌキアリ」にすると宣言

 今回の「落とし前」につては片方の乳首を摘める!

 啖呵を切って、テキトーな刃物を探すのだが・・・・・

 詩織さんの鞄の中にあったピーラーしかなく、それを勢い良く握る横山。

 根性を見せてスライスされた、乳首・・・(背中なので見えません)

 とりあえず、手当をする為消える男達。

                     ・

 ナンを売ってもらえず戻って来た紗綾。

 渚の同情に、巨乳には解らないと冷たく拒否をするのだが、

 渚の胸の中にある「小玉西瓜」を取り出し、彼女「A」を見破る。

 彼女は、復讐の為やってきたと語り始める。

                     ・

 警察官の彼、呉に潜入捜査に入った頃に連絡が途絶える。

 心配になって呉に来た渚さが、貧乳が街に侵入しただけで、

 街に情報が流れて、吉成組たちが渚を探していた。

 吉成組に潜入していた、彼と再会した渚。

 吉成は巨乳により窒息しそうになったトラウマから大の貧乳好き!

 しかし、携帯の待ち受けを見られて、貧乳好きの疑惑があかっていた

 久しぶりの再会に興奮した彼、渚にここでしよう!と提案。

 自慢の乳首を渚の眼前に出してくるが、吉成に泳がされていたらしく

 囲まれて、帰らぬ人となってしまった。(影絵だけど、母乳で溺死かな?)

 理由を語り終わるが、普通なら同情する所だけど

 紗綾は「貧乳が出た!」と騒ぎ立てる。

 拳銃で、紗綾を殺す渚。

 次は、片腹を狙う渚だが、詩織さんが盾となって撃たれ

 「胸揉んで欲しかった」と一言を残して命を落としてしまう。

 幼馴染の紗綾を失い、愕然とする吉成。

 渚は逃げ、吉成は気落ちして覇気が無くなってしまう。            

                    ・

 渚はまた吉成達を狙うに違いない。

 片腹が吉成を守ると警戒する中、

 意気消沈中の吉成を出し抜こうとする横山が

 広島のおじきの後ろ盾を交渉し、駒としてきたのが

 詩織の妹「香織」、姉の代わりに連れられてきた彼女

 彼女も胸の谷間でサイコメトリーが出来る異能力者。

 姉の事を馬鹿しながらも、実は姉の本心を知りたいのだが

 なぜか姉の持ち物からは読み取れないらしい・・・

 片腹の過去を見て、姉と同じ感情を抱く香織。

 そんな香織を逃がそうとする片腹

 香織は片腹の電子煙草に残る、詩織の気持ちを知り、逃げる事を承諾

 そんな中、片腹の足に巻かれたロープに引っ張られると炸裂する銃弾

 奥からやってきた吉成組長、そこへツバ広の帽子を被ったナギサが登場

 拳銃で組長を貫くのだが・・・、別室から現れたのは片腹

 そして繰り返されるナギサの復讐劇

 それは、香織の新しい能力「タイムリープ」機能により繰り返される悲劇

 香織に言われて抵抗を試みる片腹だが、

 抵抗しても外や客席と、進出鬼没なナギサ

 最後に全員殺害して、復讐を成し遂げる渚だが、瀕死の横山に打たれる。

 「バストUPして水着・・・・着たかった・・・」と今わの際の一言。

 それは、彼女が1年前、海で彼氏と約束した時の事

 貧乳で水着姿を見せなかった渚、来年はバストUPすると宣言

 そんな渚へ彼は「そのままでいいから」と言ってKISSをするのでした。

<感想>

 いや〜数年の中で久しぶりに下らなくて面白い作品でした。

 声に出して笑う事は少ない私ですが、何回も吹いて笑ったからね〜

 酷いパワーワードが沢山出てきて、覚えられない位でした。

 サムゴーの飲み会で貧乳の事を愚痴る田中さんへ、

 山並さんからのエールの作品という事でしたから

 最後の「そのままでいいんだよ」的な言葉で締めくくられているんでしょうね

 一方で「アフリカの難民みたいな胸しやがって!」と酷いいい方もあった(笑)

 女囚サソリ的な田中さんの復讐劇は、繰り返される毎にパターンを変えて

 道路でやってる時なんか、この客席ならではの使い方が生きてました。

                        ・

 塚田さん以外の巨乳、まさか「男巨乳の世界」+広島ヤクザって新発明です。

 広島ヤクザの方言というか言い方が、貧乳ディスリとか下ネタの台詞を

 滑稽さに変換させる事が出来る手法なんだと思います。

 吉成さん、片腹さんの、振り切った感じも良かった。

 横山さんの小物感もよかったですが、全てヌキありは酷いですね

 巨乳に対して嫌悪する彼氏の「命を刈り取る形してるだろ」が個人的1番

 この舞台がRAFTで30人位って凄い勿体ない気がします。

 (この台詞たぶんゲストさんのアドリブみたい?)

 田中さんが塚田さんの胸を思い切り揉むところはサービスチックでしたが

 塚田さん、登場するなり胸から最前列へプレゼント配るし(ハイチュウ)

 詩織の時と香織でちゃんとキャラ変えてたし、詩織はほんわか受身形でしたが

 香織は逆のタイプなので、香織はちゃんと演技する事が必要なんですが

 しっかり頑張って、演技していたと思います。

 それにブログ拝見すると体調崩していたらしく、本番中は集中してたのか

 大丈夫だったそうで、今後の山並みさんとのコラボが楽しみです。

 塚田さん側から、山並みさんへ巨乳女優さんの企画オファーもありでは?

 阿佐ヶ谷ロフトでのイベントとか行けそうだし。

                        ・

 今回の見所がゲストと言う名の「下衆な人」の演技。

 私の回の時、佐藤さんが一番着衣面積少なかったみたいですね。

 乳首をなめさせようとして、みなさんゲストによって迫り方は違ったみたい

 私の見た回では「両親が来てるの」と抵抗してましたが、毎回なのかな?

 本当は日本のラジオの2人が見たかったんだけど

 サムゴーは映像化しないのですが

 ゲスト部分だけ抜き出して、映像欲しいと強く願います。

                        ・

 次回はあの山並みさんが一人でした芝居の発展形なのかな?

 森へメンタルを捨てるお話

 2年に1回位、馬鹿な舞台を作って欲しいってか、再演を希望します。

<参考:塚田さんのブログ>

 ゲストについて


 総括記事



  2本とも楽しい公演でした。久しぶりに馬鹿笑な作品。

  東中野駅から7分で走ったけれど、急がなくても良かったかな?と後悔。

  塚田さんファンは意外と、遠慮してくれていたのかな?

  山並さんのふり幅の広さは、結構凄いなぁと改めて思いました。

  下らない時は「振り切る」のが大事なんですよね!


  

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事