全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

第27班キャビネット公演Vol.5「おやすみ また明日 愛しているよ」A/C



  C公演◎9月2日14:00(80分)新宿シアターミラクル
  A公演◎9月2日17:00(70分)新宿シアターミラクル

  作・演出:深谷 晃成

  2年前の9月「平成舞姫」を拝見してから全公演ではないけれど

  極力拝見しております第27班さん、深谷さんの短編は凄く丁度いい

  優しさ多めだけど、悲劇的な結末の作品もあってバランスも好き

  ちょっと読めてしまう部分もあるけど、ベタは全然OKですよ。

  今回は、前回1位の作品(確か前回も観なかった)をスルー

  内容が好みっぽいAとCを観劇してきました。

  C→Aの順で観ましたが、ブログはAから順番に紹介しておきます。  


ネタバレしますので、未見の方は注意!(見に行けない方はどうぞ)



A―1 「小野寺君で学ぶ確定申告」



START

 まだ1Pも書けていない、エロ漫画家の小野寺君。

 締切を伸ばす為に、親をが亡くなった事にするのだがあまり延びず。

 編集者から、確定申告しますか?と聞かれてクビをかしげると

 確定申告の妖精?シンコちゃんが現れる。

<登場人物>

  小野寺君(山田帖幡哉さん)・・・年収2桁の最低なエロ漫画家

  シンコちゃん(もりみさき)  ・・・ニャー○風な確定申告の妖精?

  ガヤ全役(佐藤新太さん)  ・・・税務署員、バイト先の店長他


 確定申告を知らない小野寺君。

 バイト先の源泉徴収票もボロボロ、再発行しようにも勤務態度が悪く

 店長から、再発行なんてしてもらうどころではない・・・

 気を取り直して、必要経費のQAクイス!(領収書ないだろうけど)

 税務署のお姉さんに教えて貰うが、体だけ弄んでポイする鬼畜ぶり

 収入も少なく、申告する気も失せて、シンコちゃんを追いやるのだが

 居酒屋の大将に言われて、なぜか一年発起

 シンコちゃんと仲直りして、確定申告に燃えるのだが・・・結局馬鹿 

 いざ、申告に行って話が分からず逃げ帰ってしまうのでした。

<感想>

 政府広報とか、NHKの子供向け番組ノリ。

 最低な小野寺君に抱かれる税務署のお姉さんも問題ですが

 ガヤの佐藤さんが大活躍って感じで企画は面白い作品でした。

 ストレートに役者さんとか作家さんを小野寺君にした方が

 客層にはもっと受けたんじゃないかな?

 隙間に入れる作品として、今後シリーズ化してもいい作品でしょう。


A―2 「夜の外側」

  

STORY

 タマキは子供の頃、井戸に落ちて頭を打ってしまう

 無事脱出をした彼には、その時かは他人には見えない存在

 陽気な「コイツ」が見えるようになっていた。

 井戸からの生還に始まり、大学も就職も、人生の大事な選択で

 コイツが示唆する通りにする事で、なんとか乗り切っていた。

<出演者>

  タマキ(冨田喜助さん)・・・人付き合い悪そうな主人公

  トヨダ(木内海美さん)・・・取引先の女性

  ハザワ(藤田雄気さん)・・・取引先の男性(慕ってる)

  コイツ(真寿美さん) ・・・他人には見えない元気な子供?


 社会人になったタマキ

 取引先の好きな先輩ハザワから独立の誘いを受けていたが

 陰でハザワの彼女であるトヨダと付き合い始めていた。

 コイツから「あの女は止めておけ、お前の人生左右するぞ」

 そう言われたけれど、所詮は現象に過ぎないと思ったコイツの決定に

 初めて逆らいたかったのかもしれない・・・・

 逆らうほど好きになったとは思えない人付き合いが不慣れなタマキ

 ハザワにばれてしまい、独立の参加も、彼女も失い

 恐らく、職場での居場所も亡くなり、辞める事になるだろう

 話しかける「コイツ」が言っていた、月(=空の穴)の世界へ

 コイツと話せるタマキなら月の世界へ行けると言われ

 空飛ぶ絨毯っぽい乗り物で、夜の空にふんわり飛んでいくのでした。

<感想>

 この主人公、タマキも不器用でヒネた主人公です。

 でもピュアな人だけがファンタジーの世界へ行くのは面白くないから

 タマキが夜の月へ、井戸同様に穴へ落ちるのも悪くないと思える。

 トヨダとハザワもちょっと残酷な一面もあって、善人は0って感じです。

 ETとかアラジンみたいな情景が浮かぶラスト、

 正直、翌日気が付くと「精神的な穴」に落ちて引きこもる、

 現実のタマキの姿も想像してしまう所ですが、月の穴の世界でも

 不器用に失敗するのかな?短編らしい雰囲気重視な作品です。


C「おやすみ また明日 愛しているよ」



STORY

 彼女の家には色んな人がやってくる。

 温和な感じのコハルと、年老いた分沢山の言語を語るオウム。

 駅から少し離れた、マンションの一室でひっそり再生するお話。


<登場人物>

 コハル(七瀬ゆうなさん)・・・聞き上手で温和な部屋の主

 アヤノ(前田友里子さん)・・・コハルの友人でダメ男と同棲中。

 メグミ(永谷ちゃずけさん)・・・コハルの元の職場の後輩。

 ハシダ(牧野秀咲さん) ・・・ウォーターサバ―の販売員

 オウム(尾崎菜奈さん)・・・高齢で忘れっぽいが会話も出来る。

 カラス(久井正樹さん)・・・若いカラス、時々迷い込む。

                ・

 コハルは部屋にやってくる人を受け入れる優しい女性。

 昔からの友人アヤノは元気で力強い女性。

 ダメ男と喧嘩して、追い出して、弁護士使って戦って

 都度都度コハルに報告していく彼女に、静かに驚くコハル

 セールスマンは、セールスが苦手と言いながら毎日のように

 コハルの部屋でお茶を飲みながら、不思議な愚痴を言って帰る。

 餌を求めて迷い込んだカラス、オウムに毎回忘れられながらも

 話し相手が欲しいのか、部屋を度々訪れる。

 そして、前の職場の後輩、メグミもやってきくるようになり

 アヤノも含めて、話をするようになる。

                 ・

 しかし、アヤノが来た本当の理由が彼女を苦しめる。

 ある時「お願い」と言って相談してきたアヤノ

 職場の別の後輩が精神的に病んでしまったらしく

 同じ経験を持つコハルに話してみて欲しいと言うのだった。

                 ・

 恐らく、真面目に仕事し過ぎて、リタイヤしてしまったコハル

 自分が辞めた事で後輩に同じ思いをさせてしまったと

 アヤノに本音をぶつけるコハル

 アヤノの言葉に崩れながらも、少しだけ浄化されるコハル

                 ・

 そして、アヤノが彼氏と復縁するように

 社会復帰を決めたコハル、ハシダの初めてのお客になり

 ウォータサーバーの魅力を教えてあげるのでした。

 コハルの復活を見届けるように

 オウムのコハルは眠るようにその生涯を終えて行く・・・・

 箱から舞い上がる羽と共に、羽を広げて飛んでいくのでした。

<感想>

 コハルが途中、辛そうな仕草をしていたから

 身体的な病気(癌とか脳とか)かと思っていましたが

 そうでは無かったので安心しました。

 アヤノとコハルの掛け合いというかアヤノの早いトークと

 小さく不思議装に反応するコハルが可愛い

 オウムのコハルとの空間が、深刻さを感じさせない

 日常系なテンポが、最後の所とのギャップ効果なのでしょう。

 オウムコハルの演出が、なかなか良かったネ

 七瀬さんの普通な柔らかい感じが、心地よかったです。


 中間1位は「子嫌いジョージも家族が増える」だったそですね

 台本だけ買いましたが、最後の病気で落とす所とは第27班らしい作品

 でも、表題でもあるCが1位を取ったそうで

 知らなくて不覚を取ってしまったのですが、七瀬さんがこの作品より

 暫くお休みに入るという事もあり、本当に体調回復の為らしいけど

 内容といい、題名といい、七瀬さんが休む前の宛書みたいです。

 それを1位にしたお客さんは「来年の再演には帰ってきて」といエール

 みたいな意味があるんじゃないかと思います。

 七瀬さんは「泣かないでYくん」から印象的で、ナチュラルというかね

 第27班の世界に自然と存在してて、何でも会う役者さんだと思う

 女優さんでは、唯一に近いドキドキ感のある方でした。

 しっかりお休みいただいて、1年でも2年でも、演じたくなった時に

 復活されればいいと思うし、脚本家で帰ってくると言うのもアリでしょう。

 ここまで、お疲れさまでした。

 楽しい時間とドキドキを(笑)ありがとうございます。

                       ・

 キャビネット公演、4回目は500円という破格の公演なんですが

 正直、キャストが全部被らない位出演するから商売にならなよね〜

 心配なんですよ、せめて1公演1000円が最低ラインでいいのでは?

 十分満足出来ると思うのですがみなさどう思ってるのかな

 個人的にはリピーター割とかあまりしない派なので

 来年、また他にどんな3作品が生まれるのか?楽しみです。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事