全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

「髑髏城の七人」Season風〜劇団☆新感線〜


  ◎9月17日18:00(3時間30分)IHIステージアラウンド東京
  ◎10月3日18:00(3時間30分)IHIステージアラウンド東京

   作:中島かずき  演出:いうのえひでのり

  「蒼の乱」から二度目の松山さん

  一人二役の髑髏城が復活って事で、向井さんは合うのか?

  そこは不安でしたが台風迫るなか行ってきました。

  正直「花」よりは全然良い!松山さんがなかなか頑張ってたしね

  ちょっと変えて欲しい部分もありましたが、

  岸井ゆきのさんのアクションもなかなかで、良い感じでした。


ネタバレしますので、未見の方は注意!(見に行けない方はどうぞ)



  再演を重ねた作品ですが念のため、STORYは

  前回の「花」を読んでいただきつつ、今回「風」が原点回帰の一人2役

  アカドクロとアオドクロのはブログ始める前で書いてなかった・・・

  よってSTORYに補記しておきます。


 <参考・過去記事>
  ワカドクロ
  https://blogs.yahoo.co.jp/minamonitokeruhikari/60749411.html





 STORY

  展開は「花」で書いた内容で大筋は同じですが

  冒頭で捨之介が沙霧を手品で消して助けて無界の里へ連れて行く

  元々の髑髏城は捨之介も天魔王も小田信長の影武者を兼務

  よって、顔が同じなので、沙霧が髑髏城で天魔王を見た時騙されたと思う

  逃げる途中、助けにきた捨之介を襲うのを捨之介は受止め刺される。

  浅いように見えて結構刺されてた捨之介は捕まる。

  天魔王と蘭丸は、下らぬ縁を断ち切る為、無界の里の女を皆殺しに来る。

  (今回は華から統一して、家康を殺しにやってくる所が違う)

  髑髏城で捨之介に化けた天魔王

  側近の女を殺した事で「捨之介は女は殺さない」と沙霧が招待を見抜く

  そして牢屋から捨之介を助け出す。

  (今回は薬で天魔王の代わりで襲って来ます。)

  最後、家康の前で天魔王として現れる捨之介

  そこで、すり替わりの手品を使い、本物の天魔王の首を献上する。

  太夫と蘭兵衛の恋愛関係は無く、兵庫は金を渡して

  「どこまで綺麗になるか見届ける」とやっと認められて去って行く

  そんな所が違いですね。

                       ☆

<CAST・ポイント>

  捨 之 介☆松山ケンイチさん・・・正当な軽薄「捨之介」、色気不足だけどイケる

  無界屋蘭兵衛☆向井 理さん・・・普通、向井さん独特の平板な語りが辛い・・・

  天 魔 王☆松山ケンイチさん・・・いかにも信長なマゲ姿、このパターン初です。

  極楽太夫☆田中麗奈さん・・・今回も蘭兵衛への恋愛感情アリ、威勢は良い良い!

  三 五☆河野まさとさん・・・荒武者隊から離脱、鏡も無いただの裏切りキャラ。

  兵 庫☆山内圭哉さん・・・今回も「クンロ」は日替わり、飄々とした兵庫は珍しい。

  礒 平☆礒野慎吾介さん・・・礒平さん、安定してます。鎌でした。

  沙 霧☆岸井ゆきのさん・・・アクションもなかなか!田中さんより小さいのに存在感!

  狸穴二郎衛門☆生瀬勝久さん・・・今回は年増のエマさん惚れる、なかなか良い

  鴈鉄斎☆橋本じゅんさん・・・イタリアンな、そば打ち名人の鴈鉄斎。新しい!

                           ・
 <変更点・他>

  冒頭は、祠から出て来る二郎衛門。

  おにぎりを奪う礒平は昔と同じだが、沙霧を庇う二郎衛門。

  最初は沙霧を保護に現れる荒武者隊、そこへ髑髏党が登場する。

  捨之介は瓢箪を武器に戦う

  手品はなし、

  三五は手鏡の友達も無く、狸に化けたり、狸を使って立ち回る。

  大きな変更点は「無界の里」で乱心する武士が居ない事。

  患者の女性が伝書鳩で沙霧の存在を知らせるが、現れた蘭兵衛に切られる。

  その亡骸を観てなく、捨之介。

  本能寺の変を知らせに行き、天魔王の妨害に会う今回の展開は一緒。

  展開は他、ほぼ同じだが、天魔王が豊臣軍に顔を晒して襲撃する映像あり

  そして、天守閣から落ちる前、顔を酸で焼いて顔潰し、

  信長に似てる天魔王は捨之介1人にして罠にはめようとしします。

  最後の空の仮面で免除してもらうのも同じでした。

                            ・

  大きく違うのは基本、鴈鉄斎ですね。

  じゅんさん、脱いで切られてボーノ!と叫びます。

  イタリア人宣教師に男とSMを教えられて、無界の里へも「若い男の子目当て」

  刀剣よりパスタに目覚めたけど、日本に無いから蕎麦打ちに開眼します。

  そして100人斬りでは、蕎麦の屋台風セットで刀を研ぎます。

  松山さんとは「蒼の乱」コンビだから、なかなか良かったと思いますよ。




  最初にも書きましたが「花」より全然良かったですね。

  「鳥」は阿部さん、キャストのレベルもありますが、忍び「捨之介」は別枠です。

  松山さん(向井さんも)独特な雰囲気がある方で、小栗さんの一生懸命感は

  個人的に余裕(やせ我慢?)あって、軽薄で女好きキャラが捨之介なので

  イケメンでも、大声張り上げて「いっぱいいっぱい」はカッコ悪いぃ

  松山さんは古田さん、染五郎さんのような、艶っぽさは足りないケレド

  松山さんなりの軽薄さが良かった、泣き虫な人情味も似合っていた気がします。

  松山さんならではだからか?天魔王もキッチリ信長顔にしてたのも悪くない

  瓢箪での戦いももう少し観たかった所ですが、殺陣も2回目でなかなか良い

  まだ2日目なのに、橋本じゅんさんのとコンビでの100人斬りは

  もたもたも、刀投げもピッタリ成功してました。

  松山さんの殺陣は、蹴りとか体術も加えた分、見劣りもなく良かったですね。

                         ・

  正直、懸念していた蘭兵衛さんはまぁ

  台詞は棒っぽく聞こえるけど、彼の声のトーンが一本気味な俳優さんなので

  TVで顔のアップで些細な表情と小さい声で変化が見れるのとは違い

  客席へ届く声となると、ちょっと残念に聞こえますが、まぁ了解の範疇。

  殺陣も、歩いてワーッと大きく刀を薙ぐ程度で正直、初心者でした。

  それなりに見せてましたけど、手首の返しもない大きな動きがメイン

                         ・

  田中麗奈さん、山内さん(転球さんといい兵庫はPiper枠?)もなかなか

  面白な山内さんをやや抑え気味にして、普通と違う感がありました。

  一番驚いたのが「岸井ゆきのさん」

  昨年ムーラボで「光と禿」を観てから、名前とか観ると注目してしまうのですが

  田中麗奈さんよりも小さいのに、アクションもなかなか動けてビックリ

  18列目だったので、細かい表情までは観れ無いけれど

  元気で可愛らしい「沙霧」がハマってましたね、

  清野さんはもうアクション女優ってアスリート感があったのでちょと違う

  もう一回行くので、そこは次の時に確認してきたいと思います。

                          ・

  じゅんさんは、もうじゅんさん!

  何も言う事はありませんが、一周した感のある鴈鉄斎は流石です。

  ヴォーノ!は多かったかな?もっと男色家風の感じを轟天バリに

  出して欲しかった気がしますね、礒平さんは安定の演技でした。

  でも、兄サの鍬使い(長物が好き)も観たい。仁さんしかいないのかな?

                          ・

  冒頭に二郎衛門と礒平が出てきて、懐かしい感じが嬉しかった

  でも、ラストは変わらないのがとても残念でした。

  ワカドクロから「手空っぽの仮面」で強引にゆるしてもらうパターンは

  「信長に憧れた若者の話」と聞いていたからまぁOKですが

  一人二役パターンでの、捨之介から本物の首へすり替えて金をもらうけど

  たぶん、家康も解ってるんだろうなぁ?という感じが好きですねぇ


  生瀬さんの二郎衛門もなかかか良い

  彼なら、沙霧や捨之介を部下にする位の度量はありそうだから

  髑髏城(江戸城?)再建に沙霧を使う事もOKじゃないかな?(笑)

                           ・

  最後は残念だったけど、映像で天魔王が顔を見せて豊臣軍に出たり

  顔をつぶしたりするのは、辻褄がちゃんとしてた感じです。

  まぁ、次回までに向井さんのレベルUPを期待します。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事