全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

「ぼうぼう」〜泣かないで毒きのこちゃん〜


   作・演出:鳥皮ささみ

  ◎10月3日 14:30(90分)中野RAFT

  週末が会社関係で3連休NGになってしまい、平日午後半休取りました。

  流石に茨城かならので、14:30がギリギリ!

  東中野駅から走って14:15分に到着すると、

  既に開場には5人のJK達がワイワイガヤガヤとおしゃべりの最中。

  テンションMAXのままかと思いきや、前説の練習という設定で

  集まった彼女達から、さりげない?ダメ出しから物語が始まるのでした。

                      ・

  これからの人は開場時間から行く事をお勧めします。


ネタバレしますので、未見の方は注意!(見に行けない方はどうぞ)


 START

  開演前からハイテンションで話を続ける女子高生仲良し組。

  文化祭で大人気だった自称学園アイドルグループ

  「ときめき☆パイナップル」のメンバー(ちょっと名前違うかも?)

  明日の卒業式を控えて、卒業式後にライブをしようと提案する「もも」

  このスタジオを借りたと言って、どうするか考え始めるメンバー達


 <登場人物>

  ももちゃん:鮎川桃果さん・・・長身・長い黒髪の美少女。リーダータイプ

  やまだ:石澤希代子さん・・・会話のノリがいい、小さいけど元気な娘

  ぽぽ:稲葉美優さん・・・Mrポポに似てる?愛嬌あるいじられキャラ

  ゆいP:田村優依さん・・・可愛いショートヘアの少女、唯一の彼氏持ち

  Mちゃん:森岡未帆さん・・・文科系眼鏡キャラ風だが、ドMキャラらしい

  ロンドン:裏表オリガミさん・・・メンバーの一人、遅れててまだ来てない。

  ホセJr:猪股和磨さん・・・微妙なヤンキー、ももちゃんに告ってフラれた。

                           ・

  スタジオに集まるメンバー

  そして、ラジカセを持って現れるホセ、歌は下手。ももちゃんを見守ってる?

  スタジオ代も必要なのに、大丈夫なのか?話はじめる5人

  ポポの携帯に連絡が入り、スタジオの場所が解らないとピザ屋からの電話

  みんなお金ないJKなのに、何とかなると頼んだポポ

  みんなでピザ屋を迎えに行くも、みんなのお金足してもお金が足りない

  ホセを向かわせると、お金ないのにインネン付けて益々ドツボに

  とりあえずピザポテトを食べて話始める彼女達

  スタジオを出たり入ったり、だれか一人は留守番するよう残される状態。

  ポポが残った時に現れたのロンドン

  全身に文字を書き塩をまく彼女、ポポの姿も見えず・声も聞こえない

  「居るんでしょ?」とオロオロして、やがで悲鳴を上げて逃げていくロンドン。

  みんな戻って来ると、またエロからMから他愛もなく会話が続くと

  卒業後の進路を話始め、みんなバラバラになる事が嫌なももちゃんは

  このライブを成功させて、卒業後も頑張ってやりたいと言い出すのだが

  みんな真面目に、無理っぽいと理由を話すと泣き出すももちゃん

  みんなも一緒に泣き出してしまうが、

  ポポが一人元気のライブリハーサルを始めると、

  一人、また一人と前を向き、5人で歌とダンスが始まる。

  (歌はオリジナルなのか不明)

  客席へのアピールも激しい、楽しいライブ風景

  後から現れたロンドンも参加して、リハーサルは終了する。

                             ・

  そして、ロンドンはももちゃんへ

  見えない他のメンバーへ話始める、もう終わりにしようと・・・・

  3禰年(5年だったかも)ロンドンが遅れて間、ピザ屋とのトラブルが原因で

  ももちゃん以外の4人は殺されてしまった。

  自分がスタジオを予約しなかったら・・・そんな思いのももちゃんは

  毎日このスタジオへ来て、4人のメンバーとあの日の行動を繰り替えす。

  ポポは「生きてる人の思い」で自分達が存在してしまう事を思い

  もう忘れていいよと、ももちゃんへ告げる

  死んでる自分達はもういいと思っている、ももちゃんは忘れたくないと言う

  もうみんな死んでる事を認識したくない、思い出したくないももちゃん

  言い争いの果てに、ももちゃんが倒れてしまう(認識してしまっのかも?)

                            ・

  そこへ現れた、下手な歌のホセJr

  マイクに仕込んだ催眠術のコインで、ロンドンも幽霊のみんなも倒れていく

  愛するももちゃんの為、幽霊込み?で全員リセットしてしまうのでした。

 


  「ぼうぼう」って事で、忘れたい事、忘れたくない事、そして亡霊(笑)

  女の子達の会話や元気なドタバタは普通に見て・聞いていて楽しい

  Mちゃんが、ゆいPに対する人外的な感覚

  (ゆいPはMちゃんにとって、人間でもなく肉塊とかね)

  MなのにS的な事をして後悔したり、Mちゃんはなかなかの素敵キャラ

  ポポもいじられても元気ないいキャラクター

  田村さんのショートもかなり可愛らしい、みんなでのライブシーンも良い!

                       ・

  ロンドンがちょっとオーバーにキンキン騒いでたのが気になった。

  あそこまで執拗に騒ぐのは、この展開のノリにはちょっと違う気がするし

  早々にロンロンとポポの2人のシーンになって、

  ポポが幽霊なんだっていう事が解ってしまうのは勿体ないです。

  でも、毒キノコちゃんだから、まぁいいかな?(笑)

                        ・

  幽霊の彼女達とももちゃん、死と忘却についての会話は好き

  このパターンでは幽霊から説得されるって珍しいじゃないでですか?

  だからこそ、この会話もワイワイしながら話しが始まって

  最終的にももちゃんが泣き出す方が良かったかな?

  直ぐに泣きモードで短めの会話だったのが、勿体ない気がします。

  物語としてはホセが最終的に毎日を繰り返させているのでしょう。

                       ・

  悲しく毒もあるけど可愛い、毒キノコちゃんらしい作品ではありました。

  ライブシーン、動画サイトにUPして欲しいなぁ。

                       ・

  会場としては、上手から中央に向かって観劇していたので

  外の情景が追わなくても見えるから(隣にホセが居たのは面倒だけど)

  途中で、猪股さん(ホセかも?)が真横から首を出したり、

  中をのぞき込むシーンに気が付けたのはいいポジションでした。

                       ・

  ももちゃん役の鮎川さん、初見?だと思うけどももに合ってたね

  あんな若手の中でも石澤さん、違和感ないのが凄いです。

  4劇場での各公演で色々演出も変わるんでしょうから、

  私は行けないけれど、毒キノコちゃんらしい仕掛けが楽しそうです。

  欲を言えば、最終日のココキタだけラストはももちゃんがちゃんと

  お別れ出来たバージョンにしたりすると、素敵な企画になると思う。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事