全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

「女の壁」〜劇団献身〜


 ◎2月4日 13:00(75分)スタジオ空洞

  作・演出 奥村 徹也

  未見の劇団ですが、コメディ劇団らしくて、見易そうな短編。

  女の壁/憧れの雪国と2本立て、西山宏幸さん、田村優依さんが出る

  「憧れの雪国」とどっちを見るのか悩みましたが、大竹さんが出る方の

  「女の壁」だけ行く事にしました。

  女の壁って言うだけあって、三十路女の世間的な壁とか

  そう思わせて、物理的な壁(崖)とかと奮闘する話かと思いましたが・・・

  主宰の前説が、空調の熱い寒いとか、携帯でピリッとか、

  なかなかグダグダでダラダラした感じで、嫌いじゃないゆる〜い感じ

  そんな流れを継承したような舞台が始まるのでした。

  

ネタバレしますので、未見の方は注意!(見に行けない方はどうぞ)


備忘録的な「8ケ月前」の観劇記事なので、記憶は曖昧なのです。



 STORY

 茨城のとある高校の体育館裏、卒業式当日。

 コソコソと現れる卒業生(20歳)の女子2人。

 リナとスズは高校の同級生で親友・この体育館裏でカツアゲされた仲。

 体育館が取り壊しになると聞いて、ここにあるタイムカプセルを掘りにくる

 まだ卒業して2年、丁度その頃からココにはある噂が流れていた。

 夕暮れ時に女の幽霊が出ると言う噂〜

 急いでリナが埋めた鶏の死骸(オモチャ)とタイムカプセルを発見するのだが

 そこへ現れた在校生のヤンキーっぽい女に暴言を吐いて逃げる2人。

 しかし、壁にはばまれ捕まってしまうのですが、悲しい女達は意気投合していく。


<登場人物>

 リナ (大竹 沙絵子さん)・・・東京の大学に通う二十歳(笑)2年ぶりの帰郷。

 ズズ (永井 久喜さん) ・・・リナの親友でネジ部、全国フリースタイル3位コンビ。

 しまちん(石澤希代子さん)・・・ネジ部の後輩で今日卒業。馬みたいな清水君に告白。

 優子さん(武川 優子さん)・・・ダブり中の、オバサンみたいなヤンキー女。

 出口(金 佳奈実さん)   ・・・優子の舎弟、優子しか友達がいないらしい。


 昔からヤンキーにカツアゲされてた2人。

 地元に残ったスズは未だに定期的に上納しているらしい

 校舎裏で優子に捕まった2人だが、あんまり強そうじゃない優子。

 ノーテンキに現れた後輩のしまちんも加わり、優子が気にしてた男の子に告白

 OKもらうが優子は不機嫌、しかしソッコーでフラれてしまう始末。

 この優子はリナとスズの同い年なのだが、2年前にもらったラブレター

 体育館裏に呼び出されたが誰も来ない・・・

 そこで留年を続けた上、体育館裏に住んで差出人をまっていたと言う

 体育館裏の幽霊とか彼女の事だったみたい(笑)

 独りぼっちだった出口は優子に拾われ、優子の為に新たに手紙を書いて

 優子の希望をつなぎとめていたが、事実を告白。

 みんな寂しい女同志、優子の出来なかった女の子同志の学生生活を試す5人

                        ・

 そんな中、ラブレターの相手と思われる男が現れるのだった。

 (結末忘れた!、本物だったか?しまちん相手だったか?手違いか?)


 
  大竹さん、永井さんのネジ部コンビが弱くて、不幸すぎて面白かった印象

  石澤さんのブリッ子だが、微妙に浮いてるし、上目線な感じのキャラも○

  優子さんの昭和も昭和なキャラ設定が、ちょっと微妙でしたが

  役者さん自身の面白さとノリで、楽しく拝見できた作品でした。

  ネジ部の部分を作り込んでくれるともっと、面白かぅたかな?

  出て来る男性が馬の被り物なのは、リアルじゃないコメディらしくてGood!

  優子さんが幽霊と噂される位ならヤンキーじゃなくて、浮浪者レベルなら

  違う面白さが出たような気がしますが、小動物風な優子さん行けると思う

  結末忘れた位だから、劇的なラストじゃなかったんだろうけど

  ピュアなイケメンが登場して、収拾付けてくれる位の剛腕を望みます。

  なんて、8〜9か月前の備忘録で、偉そうに感想言えませんねぇ。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事