全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

「箱入り彼女展示会003」〜短編演劇見本市〜NICE STALKER 〜


  ◎2016年7月9日 14:00(B)60分:東京芸術劇場
  ◎2016年7月9日 17:00(A)60分:東京芸術劇場
  
 <全作品:作・演出 イトウ シンタロウ>

  同じ2016年の4〜5月にMUが行った東京芸術劇場展示場での公演

  それと同じようにナイスストカーさんでも、展示と短編公演を開催。

  展示は衣装やシンボル的な「ピンクのうさぎ」とかバーチャルな写真撮影

  イトウシンタロウさんのゲーム「いきなり魔王」は結局解けなかったなぁ

  パンフもありまして、秋月さんが表紙だったからちょっと嬉しかったです。

  今回はイトウさんが好きな女優さんと始めた初期の作品ばかり

  未見のネタばかり、新鮮で楽しめました。


ネタバレしますので、未見の方は注意!(見に行けない方はどうぞ)


備忘録的な「15か月前」の観劇記事です!だから記憶も曖昧です。



*****************************************


A『これなんてエロゲ』


 ○出演 ・イトウ・・・神宮寺雄介 ・ 三好・・・山本光
                     ・
 STORY
  高校生男子:イトウが自室でAV見ながら始めようとすると・・・突然現れる幼馴染の三好。

  デリカシーなくズケズケとした物言いの三好に早く出ていけと言うイトウ。

  エロゲーム好きなイトウ、幼馴染の「三好攻略フラグ」が次々と勃発。

  飲み物をこぼして制服を脱いでブルマ姿になり、

  ケーキを食べる前にビニールシートをひいてから服へベットリ付着させる

  シャワーしてバスタオル1枚!

  言い合いの拍子に押し倒す形のイトウ、終に幼馴染フラグは花開き、告白すると

  イトウ攻略!と見事にアソビ攻略されてしまったイトウ君でした。

<感想>

  ナイスストカーではツンデレ代表格の山本さん。

  女性らしい体型なので、かなりエロい!

  イトウサンお得意のワザとエロゲ展開が連鎖されてエロ笑える作品でした。


 

A 『百鬼夜行』


 ○出演 ・内田・・・帯金ゆかり ・久保・・・松竹史桜
                        ・
 STORY
  百鬼夜行を見に来たというマイミクの2人。

  妖怪が見えると言う久保は顔を隠してじっとしている

  内田も「見える」と言いながら挙動不審な感じ、時折不思議な突風が吹く原野。

  百鬼夜行の最後の妖怪を見送ると運気が上がると言われてやっていた内田

  30過ぎでニートの内田、実は妹がミクシィで久保と名乗って誘い出したのが判明。

  口論になる2人だったが、妹は実際見えるらしく、ずっと妖怪が行進していたのでした。

<感想>

 「神様の言う通り」で謎の存在だった松竹さんらしい配役。

  物語としては結末がちょっと解りにく感じでした。



B『嘘つきの結婚式』


 ○出演 ・イトウシンタロウ・・・イグロヒデアキ ・帯金ゆかり・・・・本人
                       ・
 STORY
  イトウさんと帯金さんの結婚式。

  愛の言葉を誓う中、お互いに過去も含めて嘘を主張しあう二人。

  彼女が居るイトウ、意外ともてる

  彼氏が居て妊娠してもイトウに責任取ってもらおうとしたり

  お互いがお互いの彼氏・彼女に嘘の相手だといいくるめて結婚式までする2人。

  実際の2人を思わせる、不思議な結婚式風景なのです。

<感想>

  当時、本当に仲が良くて噂になっていたらしい2人。

  思い切って結婚する作品にしたらくして、イトウさんの舞台に登場すう帯金さんのキャラを

  そのまま本人にしたような、強引なゆかりちゃんが素敵な作品でした。



B『隠恋慕』


 ○出演 ・シンタロウ・・・神宮寺雄介 ・晶子・・・藤田マコト
                         ・
 STORY
  奥さんが寝ている横で、夢の中で出会うシンタロウと晶子。

  晶子はレンタルビデオ店で借りて来る清純女性(でもAVなのか?)

  シンタロウが晶子に触れたいと我儘を言うと

  奥さんと今後触れ合わない事を条件に良いよというのだが・・・・

  晶子の夢に取り込まれ、実際は夢から覚めるのは晶子だった。

  そして、布団の中にあったナスと割り箸で馬を作るのでした。

<感想>

  明治文学風の古風な会話のやりとり。
 
  シンタロウとAVの中の女性の夢の中の話と思いきや、お盆っぽいラスト

  シンタロウは亡き夫とかなのか?

  予想外にハズされて、でも神宮寺さんの古風な台詞が新鮮で良かった。

  藤田さんの我儘女性は、似合いますよね〜



B『携帯できる冒険』


 ○出演 ・船長・・・イグロヒデアキ ・猫ちゃん・・・藤本紗也香 
                    ・
 STORY
  海賊観たいな船長と可愛い子猫ちゃん。

  船長が探しているのは恋。

  猫ちゃんが、船長=部活のキャプテンのかつての彼女?に扮するモノローグ

  デートなのか?ただの友達だったのか?船長のメールに変身が無くなると

  他の男と付き合っている彼女、それでもメールを送信し続ける船長。

  ストーカー的な行動に憤慨した彼女は携帯を海へ捨てる。

  船長は今でも、海の底に眠る携帯へメールを送り、それを探し続けるのでした。

<感想> 

  藤本さんの彼女役が可愛い、イトウさんの作品で初めての感覚です。

  タンタンとするイグロさんのストーカーキャプテンにチョコチョコ動く藤本さん

  ツッコミもなかなか面白くて、藤本さん好きには◎な作品。



  百鬼夜行だけ?な感じでしたが、それ以外はイトウさんらしい言葉や展開・理屈から

  常連女優さんに宛書のような内容は、それぞれに楽しめる見本市でした。

  一番は山本さんのエロが映像に残して欲しい位の肉感でした。(笑)

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事