全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

「おそば!カウントダウン!3・2・1!」〜なかないで、毒きのこちゃん〜



  ◎12月29日19:00(90分)南阿佐ヶ谷 道心(蕎麦店)

  2015年にもありました道心公演。

  当時は祥平さんと田村さんの「ひとつやねの下」で田村さんのキュンキュン

  ナイスストカーの木星劇場から時間があったので、丸の内線(遠回り)で向かう

  予想以上に時間がかかって、開場過ぎにいったらもう席は8割埋まっって

  着席して温かいうどんでを注文(薄味で美味しいデス)

  店の奥のテーブルでは田村らん、石澤さん、コウチさんが雑談中。

  トイレに行くと、厨房の奥では役者さんが打ち合わせ中

  オジサン率がメチャクチャ高いなか、座っていた3人から時間が動き出します。


ネタバレしますので、未見の方は注意!(見に行けない方はどうぞ)



 ◎「カウントダウン」

<登場人物>

  コウチシュウさん・・・ラジオパーソナリティー、弾き語り出来る好男子。   
  田村優依さん・・・ラジオパーソナリティー、可愛い「たむちん」
  石澤希代子さん・・・舞台俳優としてゲスト出演

<START>
  大晦日、ラジオ番組の公開生放送がお蕎麦屋さんで始まる。

  ゲストの石澤さんを紹介し、鎌倉でガチ?バイト経験を披露した後お便りコーナーへ

  蕎麦屋にまつわる話として、3人のリスナーのハガキが紹介されるのでした。


 ☆「めっちゃすきやねん」(ペンネーム、1日五回さん)

<登場人物>
  お父さん:森田ガンツさん・・・頑固でも無口な父親。サプライズに失敗
  私:石井亜早実さん・・・父と母が素早で食事中に、花束を届けに来たが・・・
  友達:森岡未帆さん・・・・私の友人、人当たり良い、元。凄腕家庭教師

<START>

  腕組んで無口な父。

  結婚記念日か何かは解らないけど、お蕎麦屋でフラッシュモブのサプライス

  お母さんは嫌いなので怒って帰ってしま・・・

  キレ気味の私は追いかけろと言っても、黙ってイイ男演出する父

  プロポーズも無口に指輪だけ渡したらしい

  私の怒りは蕎麦屋に居るフラッシュモブに賛同した人々に暴言を吐き

  友達が知らない人だよと言うから、誰なのか?聞いてくるようにムチャブリ

  この眼鏡、可愛い女性、セーター、

  指名する客席に名前と父との関係(関係は台本)を聞いて来る

  最後のお客さんは道で声かけられただけと言われ、

  友達のサリバン先生並の教えが始まり私が冷静に止める事に

  熟年離婚はごめんだよ!

  お母さんの事好きなんでしょ?と尋ねると

  父は、やっぱ「すっきゃねん」と呟きはじめ、それは歌声に変るのでした。

  その後、仲直りして幸せに暮らしているそうです。

  出典:やしきたかじん「やっぱすっきゃねん」
                           ・

< 感 想 >
  いや〜、客席へのムチャブリ、奥側に座ってたので指名されなかったケド

  観てる側もドキドキでしたね〜、ガンツさん台詞少ないけど

  森岡さんの理解に、急に調子のってしゃべる切替とか面白かったぁ

  森岡さんのヘレンケラー展開も、生徒役のお客さん困って&楽しそう

  濃密な空間ならではの緊張感と一体感がありました。 


 ☆「あいのう」(ペンネーム、出したら仕舞うさん)

<登場人物>
  私:猪股和磨さん・・・・彼女と喫茶店デートの途中、友人に呼ばれたのですが・・・
  友達:植田祥平さん・・・告白してフラれて蕎麦屋で泣き叫ぶ友人。

<START>
  喫茶店に勤める「みどりちゃん」に告白して泣いている友人。

  好きな人居るからと言われ、その相手をブチ殺すと言いながら大泣きする。

  以外にもモノがデカいらしくA〜Gサイズの7人+四天王のセフレが居るそう

  性欲処理の対象にしか女を見てなかったのに・・・

  I Know!この感情が解らないと言う友人に

  愛を知る事が出来て良かったと慰めるる私。

  スキをみて、喫茶店で待つ「みどりちゃん」へ電話をする私

  2人で彼氏をブッ殺そうなと言う友人に、この気持ちを静めるには歌おうと提案

  熱唱して、発散した友人とは2度と会う事なく、無事に結婚したそうです。

  出典:かぐや姫「好きだった人」かな?
                             ・

< 感 想 >

  祥平さんの大泣きから、みどりちゃんへ「デカイぜ!」と言って告白するまで

  モテ男自慢のギャップと、猪股さんの狼狽ぷりがクスクスとさせました。

  祥平さん、情けない役が似合いますね


 ☆「みどりちゃん、もうすぐべーじゅちゃん」(ペンネーム忘れた)

<登場人物>
  おばあちゃん:石井亜早実さん・・・・余命僅かな中、お蕎麦屋さんビデオを撮る。

<START>
  投稿者のおばあちゃんが亡くなる前に撮影したビデオレター

  お蕎麦屋さんに来て、客席のテーブルのデジカメを置いて話し始める彼女。

  私はだれでしょう?自分でおばあちゃんとバラしてしまう

  最後に若い頃の自分に戻りたいと、高額な費用で高須先生の手術で若返り

  顔の包帯が取れる前に死ぬ可能性もあったのに・・・

  スケッチブックに絵で遺言と遺産を残すおばあちゃん

  お嫁さんにだけ現金200万円を残し、それ以外は思い出の品を残して

  みんなに感謝の言葉を述べて一人フェードアウトで録画を終えるのですが

  スタートボタンを押し忘れ、再開するも最初から名乗って、

  大笑いしながらまた再開するのでした。


< 感 想 >

  べーじゅちゃんは米寿(88歳)目前って事だったのかな?

  みどりちゃんだから、「あいのう」の猪股さんの彼女のその後なのかもしれません

  確かベレーだったし、猪股さんはチョロい旦那さんだったのでしょう(笑)


  可愛くて元気な石井さん、なかなかハマっていたと思いますよ。

  コウチさんと歌った曲は知らない曲だったので覚えてませんが、しんみりです。


 ◎「カウントダウン」(締め)

  お便りを終えて、もうすぐ年越し


  田村さんの声に合わせて、カウントダウン

  5・4・3・2・1・ハッピーニューイヤー!お客さんみんなで年越ししてハッピーに終演
 
  疲れたので猪股さんにご挨拶だけして帰りました。

  お酒は飲まないのですが、道心さんの300円おつまみ美味しそうなんかだけど

  残ってガッツリ食べて帰るには、知り合いが居る訳でもないのでハードル高いっす。

                           ・

  やっぱり、毒きのこちゃんは昔から言ってるけど「可愛い」演劇ですね〜

  田村さんが演じる作品が無かったのは残念ですが、

  観劇納め&カウントダウンダウンとして、笑ってほっこり&しんみり出来る作品でした。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事