全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

「わが家の最終的解決」〜アガリスクエンターテイメント〜


  ◎2016年5月14日 19:30() シアターKASSAI

  作・演出:冨坂 友
  出演者:淺越岳人、鹿島ゆきこ、熊谷有芳、甲田守、塩原俊之、沈ゆうこ、
       津和野諒,、伊藤圭太、榎並夕起、前田綾香、矢吹ジャンプ、
       山岡三四郎、山田健太郎、藤田慶輔、斉藤コータ

  忙しくて予約してなかったら全公演が前売り完売していたんですよね〜

  GWはあったようだけど、辛くて死んでたから・・・・

  もう最後は無理かと思いつつ、当日券並んでギリギリ見れたんです。

  プロデュース公演だったけど、アイドルとか居なかったのが幸いでした。

  シアターKASSAIだとアイドルが参加する公演が多いから

  ちょっと偏見ではあるのですが

  評判も良かった公演なので、観れて良かった事は確かです。


ネタバレしますので、未見の方は注意!(見に行けない方はどうぞ)


備忘録的な「18ケ月前」の観劇記事なので、覚えてない部分多いです。



 STORY

 オランダ、ゲシュタポによるユダヤ人迫害が進んでいる街

 若い幹部のハンスは子供の頃からお世話になってる使用人のアルフレッドを呼ぶ

 いつも助けて欲しい時に呼ばれるアルフレッド

 その理由は本棚の裏に部屋に隠くれて反ナチス活動をするユダヤ人の恋人だった。

 隣のセックスレス夫婦(サンドラ:沈さん&ヘルマン:山田さん)

 恋人エヴァのタイプライターや生活音で怒鳴り込んでくる生活。

 しかも自分がゲシュタポだと隠して付き合ってる。


 それを上手く纏める為に呼ばれたアルレッドだが、冒頭から全多難な状況。

                           ・
 <主な登場人物>

 ハンス:甲田さん・・・主人公:ナチスの幹部としてユダヤ人強制収容に関わる

 エヴァ:熊谷さん・・・ハンスが本棚の裏にかくまうユダヤ人の恋人。

 アルフレッド:矢吹さん・・・ハンスの実家から呼び寄せた有能な執事。

 リーゼ:榎並さん・・・ハンスが好きなハンスの上官の娘。

 カール:コータさん・・・ハンスの同僚でリーゼが好き

 ヨーゼフ:津和野さん・・・エヴァの両親と同行してきた彼女の幼馴染、エヴァが好き。

                           ・

 早速、ナチスに追われてエヴァの両親と幼馴染のヨーゼフ

 押し切られる形で匿われる事になるが、父親とヨーゼフは2人の結婚を認めない

 そこへハンスの姉夫婦・そしてハンスの同僚とハンスの事を好きなリーゼも訪問

 エヴァ一家の存在が見つかってしまうが、

 強引な説明で、ユダヤ人である事、ゲシュタポ仲間である事を隠すのだが

 勝手にパーティーを開く事になり、自分を好きなリーゼだけは味方につけて

 切り抜けようとするのだが、リーゼの父である上官も現れて、嘘の上塗り状態へ

 そして、エヴァの父親が持っていたユダヤの☆が見つかり

 建物はゲシュタポに包囲されてしまう・・・・

 自分の正体を説明し、用意していた偽造身分証明書でエヴァだけでも助けようと

 正直な気持ちを告白するハンスだが、家族とユダヤ人の誇り捨てないエヴァ

 出頭の交渉にやって来た同僚。

 そこへレジスタンスも現れて、意見が2転3転する中、家族を連行すると見せて

 ハンスも逃亡する計画を立てる、果たして成功するのか・・・

                           ・
 数年後、

 また呼ばれたアルフレッド、今度は隠し部屋に同僚のルドルフ(塩原さん)の姿

 見事逃げ切ったハンスだったが、エヴァ達とは別れ

 今はナチス残党狩りからルドルフを守る為、アルフレッドにお願いするのでした。


 最後は正直強引な感じでしたが、面白かったですね。

 津和野さん、コータさん、榎並さんの自分の恋愛の為に他人を利用する利害と

 隠し続けようとすハンス・アの行為を上手く絡ませてメチャクチャだけど破堤させない

 流石、富阪さんのプロットは面白いです。

 今回好きだったのは、客先では沈さんの隣人とその夫のシーンが人気かな?

 個人的にはゲシュタポの活動を、人を押し込む動作がチーズを転がす仕事とか

 塩原さんのジェスチャー「コレね?」みたいな

 ピストルを向ける事に対して、父親はチーズだと思ってるから

 「人間じゃなにのに?」(言っても動かないのは当然みたいな意味)に対して

 「言いますね〜」とウケる所とか好きでしたね〜


 浅越さんが最後にこの舞台に屁理屈を運んで来る役でしたが、

 ナチスに囲まれてる建物に入れる時点で、逃げる事も出来るでしょう!な奴(笑)

 最後、対戦終了後に周囲の人々に賄賂を渡して、生活を続けるハンス

 ユダヤ人を助けた勇気ある行為のドイツ人だから、英雄視されてもいいのに・・・

 オランダに戻った事になるのかな?

 ルドルフよりもリーゼか、恋愛感情含めて3人ともかくまってた方が面白いかな?

 ルドルフ一人匿うなら結構簡単そうだから、リーゼとカールが居れば

 2波乱はありそうな予感で面白いと想像出来るんだけどね〜

 ゲシュタポでコメディって、確かになかなかイメージ湧かないし、新しいですね

 三谷さんは幹部とか描いたけど、市井の人々を使うのが流石です。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事