全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

「このBARを協会だと思ってる」〜MU〜


  ◎2月24日14:00(1時間50分)駅前劇場

  作・演出:ハセガワ アユム

  MUの新作、狂犬百景のようなエピソードを並べた連作モノ

  出演者で森口さんの名前があった時点で、

  シアターミラクル祭り、狂犬百景と同じ世界のお話かと思いましたが

  どちらかというと、クオーターコンテストのハロウィン世界と同じ世界から

  とあるBARを切り取った感じな気がする空気の作品でした。

  馬鹿騒ぎの表通りの裏で、ひっそりと営業しているカウンターのみのBAR

  棚から奥、(入口通路)が見えるセットも良かったです。


ネタバレしますので、未見の方は注意!(見に行けない方はどうぞ)

 

【第一章】妹の救済



<登場人物>

 ・古垣三恵子:古市みみさん・・・BAR「さざなみ」常連、バツ1のキャリアウーマン?

 ・古垣ユリカ:福永マリカさん・・・三恵子の妹。結婚を前に、姉に結婚資金の借用を頼む

 ・新島:成川知也さん・・・BAR「さざなみ」のマスター、奥さんを応援する為BARを経営。

 ・マル:まるまどかさん・・・新島の妻、BARのママをしながら音楽活動をしている。

 ・草谷草太:西川康太郎さん・・・通称:草ちゃん、ゲロ処理もOKな何でも屋。

 ・初めての客:志賀聖子さん・・・店の前でウロウロしている女性。実は古垣の知り合い。 

                         ・


  とあるBARで常連の古垣に妹が結婚資金の援助をお願いしている。

  傍らでは、機械修理を頼まれている何でも屋の姿。

  バツ1で老後まで考えている姉にお願いする妹ユリカは

  飲めないのに、無理してテキーラのショットを飲んで姉から融資を勝ち取る。

  店を出て行く姉妹、何でも屋の草ちゃんは、妹に見覚えがあると言うが・・・・

  (裏路地でゲロしてるとこを介抱した美人)

  一方、店の入り口でウロウロしている女性が入って来る

  初めての客は、妹をタクシーで送り戻って来た古垣さんが目当てだった。

  ユリカの友人だった彼女は、ユリカが婚約者の浮気を疑い、興信所の費用を工面

  する為に、嘘で金をかりているハスだと古垣へ話に来たのだった。

  途中、上の階のガールスバーからビールを借りに来た面々が騒がしく登場。

  そして、古垣が帰った後、マスターへ自分が浮気相手だと告白する彼女の姿。



【第二章】帰宅拒否組



<登場人物>

 ・川崎美嘉:森口美香さん・・・さざなみでバイトする小動物系女子。帽子屋を目指してる。

 ・浜田:浜野隆之さん・・・常連1.既婚者.スーツ姿で眼鏡のミステリアス中年

 ・菅生:菅山望さん・・・常連2.既婚者.イケメン枠、不動産勤務で見た目通りチャラ男風

 ・橋本:橋本恵一郎さん・・・常連3.独身.グーグル勤務で独身中年、帰宅拒否組を提唱。

 ・純:榎本純さん・・・常連4.独身.公務員で子供っぽい風貌。ぬぼっとしている。

                          ・

  ある曜日の「さざなみ」ママが一曲歌い帰っていくと

  バイトのキミちゃんと、ミキちゃん目当ての男4人が帰宅拒否組として楽しく絡んでいる。

  会社を辞めて、専門学校へ通いながら帽子屋開業を目指すミキちゃん

  小動物系な彼女に萌える男達、彼女に帽子を作ってもらっている既婚者組

  拗ねる独身組に手縫いのニット帽子を渡すミキちゃん。

  喜ぶ独身組に対して、既婚組はキスまでしたとか、最後まで(嘘)のマウンティング

  BARを出たミキは入れ替わりのマスターへ手紙を渡す。

  店に入って来たマスターは今日でミキちゃんはバイト最後であると告げ

  気を持たせるような(だけか好きになって悩んだ)手紙を朗読するマスター

  それぞれ、自分だと言い張る男達、キスまでが最高だったらしく、最終的にはマスターの

  諭しもあり、寂しいもの同士帰っていく・・・・

  そして、一人戻って来るキミは誰か私の事本気で好きと言った人を尋ねるミキちゃん

  愛されてる自信が無かった彼女の掛けに、ズルイと諫めて教えないマスターだった。




【第三章】現実じゃない方



<登場人物>

 ・いちご:真嶋一歌さん・・・姉御肌でハグ魔、コスプレは地獄ナース

 ・も も:加藤なぎささん・・・昼は漫画家、コスプレはゴスキキ(魔女)

 ・りんご:藤田りんごさん・・・大学生で写真好き、コスプレはキョンシー

 ・ライチ:小島望さん・・・夫の収入が不安定の為働く、コスプレは主婦雪姫

 ・みかん:温井美里さん・・・千葉方面の銀行に内定した女子大生。パシリメイド

 ・岡山崎:岡山誠さん・・・「さざなみ」のバイトでマルのバンドのドラマーだが辞める予定。

 ・篤子ママ:久保亜津子・・・ガールズバーのママ、人を見る自信はある。

                        ・

  ママのバンドを兼任していた岡山崎は両方辞める事になり、閉店間際一人任される。

  そこへガールスバーから女達が現れる。

  恐らく、第一章の出来事を傍観していたからかSNSで「告解」として配信。

  これが広がり、今のBARは「告解」をしにくる客が増えていた。

  そこで、久々に閉店後に「告解」に来た女達、

  一番若手の女子大生みかんは実は岡山崎と付き合っており、将来に向けてバンドも

  店も辞めて、就職しようと決めたらしいが頼りない感じの言動。

  マスターも来ないので勝手に言いたい事を言って帰る女達

  残ったみかんに何を「告解」したかっかったのか?尋ねる岡山崎

  千葉の銀行に内定している彼女、最近帰宅拒否組らしい4人の男から

  小動物系の彼女を可愛がって迫って来るから、心が揺らいでいるらしいのでした。




【最終章】秘密を以って秘密を制す



  勝手に流行ってしまった「告解」

  本当はいけない事とは再認識するマスター

  古垣が居る店で、最近上のバーに入った新人が飲み過ぎと薬かもしれない状態で

  運ばれてくる、彼女=ユリカは草ちゃんに彼の尾行を頼み(買って出た感じ)

  事実を知ったか知らないか解らないが、飲めないのに上で働き始めたらしい・・・

  当然好意を抱いてる草ちゃんが慌てて駆けつけると、

  気を取り戻したユリカは草ちゃんの気持ちを利用した事に謝るのでした。



  ちょっと時間が経った事もあるけど、最後の順番とか細かい部分は明確に覚えては

  ないのですが、古垣とユリカのお話が縦軸として進展していた訳です。

  もしかすると第四章まで数か月経っているのかもしれません。

  草ちゃんがユリカと話して仕事を請け負い、もう婚約破棄してしまった状態になって

  借金返す為に働き+自暴自棄で務めたのかもしれませんが、近くても意外に

  知らない所でみんな動いているのも、「告解」の身近な隠し事(罪)に繋がる気がする。

                            ・

  狂犬百景も犬が感染して、拡大していく恐怖を描かず

  それにより展開される人々を描いていますが、今回も「告解」を拡散させた

  ガールズバーの連中の様子とか、告解をしたい客の様子も描きません

  自称の影響をを表現している所が、ハセガワさんの世界観

  負圧でも加圧でもない空気を感じます、MU世界では神様は居ないのですが

  昔の阿佐スパみたいに血が流れて騒ぐ感じではなく、

  あせる人は居てもあまり騒がしくならない世界だと思います。

  ガールスバーのママは「5分だけあげる」の先生かもしれないと思ったりして

                          ・

  普通キモイ存在の岡山さんが可愛い彼女が出来たのは祝!

  でも考えが甘いキャラなのは変わってなかった(笑)

  みかんは酔っ払い客相手にしてるから、不器用で無口な岡山崎を勘違いして

  好きになってしまったのではないでしょうか?銀行あぶないぞ〜

  福永マリカさん、鵺的で悪魔的役が多かったから、久しぶりに人間役で安心しました。
  
  マスターは牧師じゃないけれど、古垣さんと出かける時、奥さんに了解を取る人

  そんな伴侶を大事にする添い遂げる感覚は、牧師に通じる人じゃないでしょうか?

                          ・

  構成的に第二章みたいな話が入ってるのは流石です。

  あんな馬鹿な世界の間に1章が4章へ向かっているとは、ある意味リアルです。

  ツマラナイ人だと4章全部同じ方向に作って、食中りしちゃいますから・・・

  ユリカは真面目過ぎて、転んでドブにハマったんだと思うケド

  草ちゃんはゲロの世話をし過ぎて、汚いと言われるモノしか

  好きになれなくなっちゃったのかもね?ゲロに一目惚れの因子があったのかもね?

                          ・

  あ、1個だけ、三章で迎えに来た小人さん、第二章のおじさまと同一人物?と

  一瞬思ってしまったので、登場させる必要はなかったかもね

  それと森口さんの魅力を言葉に表してしまった!今後、イメージ替われるかな?

  なんて、意味不明な感想になりました。へへっ

  毎年ムーラボに推薦書いてるのだけど、今回は生音を利用してきたので声

  かかるかもしれないカナ、

  古市さん、MU古参じゃないのに、そう思えるなぁと思ってましたが
  
  駅前劇場で相思相愛を観た頃、OFFOFFでメタ農の「氷」で古市さんを

  初めて見たから、錯覚してました。でも同じ世代感があるのかもね

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事