全体表示

[ リスト ]

「我、堕ちて修羅と君が世淫雨 されど紫雲英よ 万象の頃」

〜WIND PROMOTION〜


 ◎2018年 4月14日16:30 ザムザ阿佐ヶ谷(90分)
  作・演出:輪島貴史

  ちょっ縁あってザムザへまた観劇へ
  タイトル長いけど、2.5次元系かと思いながら開演へ

ネタバレしますので、未見の方は注意!(見に行けない方はどうぞ)


 STORY
 地獄の修羅界みたいな所で起こる、戦いと浄化の話でした。
 修羅の国では死んでも直ぐ生き返り、また戦うという苦悶の世界。
 その頂点で暴虐をつくる紅蓮という悪鬼と、悩みながら戦う聖。
 ・聖 : まーみ、・・・修羅の国で戦う戦士、女性ながら娼館の命と恋仲へ
 ・紅蓮 : 安川結花・・・殺して、犯して、何事も自分勝手で頂点に立つ
 ・天命 : 榎あづさ・・・娼館で聖と出会うも紅蓮に殺され、亡者として生き返る。
 ・刃 : 田巻愛夢・・・紅蓮と命の子供。
 ・嵐 : 夏目亜季・・・紅蓮が襲った村で生まれた少女、紅蓮の娘。
 ・華佗仙人 : 田上よしえ・・・中立な仙人で反魂の術をどちらにも教える。
 ・烈火 : 美村伊吹・・・紅蓮に犯された聖の子、聖側につく
 ・吹雪 : 山下恵那・・・烈火の双子の妹で紅蓮側につく
 ・弥勒 : 琴乃・・・聖たちが反魂の術で生まれた聖者
 ・閻魔 : CYBORG KAORI・・・紅蓮の裏反魂の術で生まれ亡者を生む

 謎の赤子に導かれた聖
 紅蓮に犯され、命も殺されて逃げた先で、刃を生み、命を生き返らせようと
 反魂の術を求めるが、紅蓮も追いつき、新たな子供に助けられるが
 両方で反魂の術を使い、亡者と紅蓮の待つ城へ向かう聖・刃・烈火・弥勒
 最後の一騎打ちで、新たな感情に芽生えた紅蓮が自害して昇天する。

 STORYも薄く書いてしまいましたが、役者さんの頑張り
 狭い空間でのダンサーさんの踊りと縦、大変そうだなぁとしか感じず。
 商業的な事もあるだろうけど、脚本と演出が
 90分で描ける内容ではないのに、やってしまったから
 物語ではなく箇条書きのような感じ、
 素舞台でも工夫は出来ていたと思うけど、タイトル通り脚本・演出が
 思い付きでやりたい事を詰め込んで、短く出来なかったのかなぁ
 役者さんの頑張りだけで、やり切った感じです。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事