全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

「JADICT1」写真展〜JADICT(クリエイターポートフォリオサイト)〜

 
  HP:https://imaonline.jp/news/exhibition/20180330-4/#img1

  2018年5月3日【開催終了】4月25日〜5月7日

  GWは「修羅天魔」と月刊「根本宗子」しか観劇していないのです。
  色々ありまして、短時間で観劇・映画以外も多少行ってきました。
                      ・
  ひとつ目は写真展。
  丁度、恵比寿でチャリティーギャラリーへ行く予定もあって
  俳優:山田杏奈さんのインスタで拝見していってきました。
  6月公開の映画「少女邂逅」で写真展を拝見してから
  写真展いいかなぁと思いまして、
  狭い会場でしたが、5組の写真家の作品に色があります。
  山田杏奈さんのキラキラした写真は、公開中のミスミソウとは
  ギャップがあって、タイミング的にも面白いと思います。
  沢山の同棲してる男女の日常フォトで、シリトリになってる?
  映像もあったり、面白そうでしたが、イヤホンで聞くのは躊躇
  中央のテーブルの写真集のサンプルも置いてあって
  色々見れるのは良かったですね〜、
  お茶とか出していただき感謝ですが、狭いし敷居高い感じ
  他の方に色々説明してるのが、知り合いだったのかな?
  舞台の終演後みたいで、ちょっと居ずらいね〜

イメージ 2

「東西美人画の名作」上村松園<序の舞>への系譜〜

  
  東京芸術大学大学美術館
 
  HP:http://bijinga2018.jp/highlight.html

  2018年5月6日【開催終了】3月31〜5月6日

  前売り券買ってたんだけど、最終日になんとか訪問。
  東西の作家による美人画、しかも近代が多いので初見作品多い
  そんな中、菱田春草「水鏡」は珍しい、美人画?(精女)があり
  東の代表格、鏑木清方「たけくらべの美登利」の表情が良かった
  隣に、「樋口一葉」と言えば出てくる正座した厳しい表情の一葉の絵
  鏑木清方作だったとは、教科書にはそこまで書いてないからな〜
                      ・
  後半は西の美人画家、三園とか、東より感情表現が強い傾向らしく
  そんな中で初めて見た松本華羊「殉教(伴天連お春)」が気に入り!
  殉教者の女性が桜を見上げてるんだけど
  下はゴザだし、手には黒い鎖に繋がれてるなんて桜の花の如しです。
  最終的には上村松園コーナー有名な「母子」「序の舞」は重要文化財
  その他には重要文化財なし、美人画って江戸時代は版画が多いし
  絵としての地位というか価値は高くないのかなぁ?
  序の舞は習作とかもあって、好きな人には良い空間だったと思います。
  比較的、年齢層は高めで最終日だからか図録は売り切れでした。
  明治、大正、昭和初期の作も多いので、当時からのファンも多いでしょう
                      ・
  最終日だからか?通常もそうなのか?
  ガラケー風の音声ガイドを無料で貸し出してましたが、
  聞き取り憎いのかな?絵よりも耳に集中して半端な位置で停止してる
  そんな人たちが結構居て、歩留まりが アチコチで起こってました。
  あれなら吊り下げイヤホン型の方がまだ迷惑じゃないね〜

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事