E企画&クロムモリブデン

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

イメージ 1

オールナイトニッポン50周年記念公演 〜「続・時をかける少女」〜



  ◎2018年2月10日 13:00(2時間位)東京グローブ座

  作・演出:上田 誠

  出演者:上白石萌歌、戸塚純貴、健太郎、新内眞衣、石田剛太、諏訪雅、
      土佐和成、永野宗典、島田桃衣、中山祐一朗、バッファロー吾郎A、MEGUMI

  ヨーロッパ企画さんからDMをいただいて、演目が「続・時をかける少女」って事と

  健太郎さんが結構好きなので、S席7,800円!だけど予約してしまいました。

  東上から拝見していたE企画ですが、本多劇場進出あたりからご無沙汰気味で

  5年ぶりの観劇、グローブ座なんて12年ぶりでした。

  オールナイトニッポン50周年記念公演って事で、記念ならまぁ気楽にと観劇

  久しぶりのグローブ座、マジで座席の横幅狭いね〜、キツキツですよ。

  満席って感じでもなくて、E企画のファンが多いのかな?


ネタバレしますので、未見の方は注意!(見に行けない方はどうぞ)



 STORY

 物語は2018年、タイムリープの果てに理科室で別れを告げる和子と深町。

 いい感じにありながらも、サイリウムみたいな器具で記憶を消されて眠る和子。

 消える深町、朦朧とする中で黒板にケン・ソゴと書いて倒れる和子

 目が覚めると、何していたのか?黒板の文字の意味も思い出せず理科室を出る。

 すると、掃除用具置き場から、和子と未来衣装のケン・ソゴルが現れるのでした。

                      ・

<主な登場人物>

 ・芳山 和子:上白石 萌歌・・・・タイムリープを繰り返した少女、未来人の深町と別れる。

 ・ケン・ソゴル:戸塚 純貴・・・未来の実験で飛ばされた科学者、深町一夫として生活。

 ・浅倉 吾郎:健太郎・・・和子の幼馴染でバスケが得意な、先輩後輩に厳しい男。

                      ・

 勝手に、記憶を消して帰ったケン・ソゴル。

 未来では研究が進み、3人の研究者がタイムトラベルに出発するのだが

 亜空間を航行中、バミューダトライアングルで消えたタンカーに衝突し、飛ばされてしまう。

 一人の研究者が1996年の渋谷からSOSを発信している事を確認。

 研究者達は、文化も違う年代へ探しに行く事に怖がっていると、ケンが協力者として

 和子を頼る事を提案、和子と再会したケンだが記憶を消してしまっているし未来人なんて

 理解してくれなからと、強制的に別れの場面にタイムトラベルして、状況を説明。

 無理矢理、和子にスプレータイプのタイムトラベル出来る薬品を渡して捜索を依頼する。

                      ・

 渋谷に降り立った和子。

 自分が生まれていない時代のギャップ、コギャル時代の学校の先生に助けられ

 カラーギャング、プリクラ、たまごっち、エアマックス、当時の文化を織り込んで進む捜索。

 そして、バブル期の六本木へ就職の青田買い時代に飛んで企業に拉致された一人目を確保。

 そこで、和子が置き忘れたスプレーを奪うオヤジギャルの姿。

                      ・

 次は学生闘争と歩行者天国の原宿へ

 レトルな服を買ってしまう和子、インベーダーゲームをやってしまうソゴル。

 そこで研究員が過去の女性、(消えたアイドル)と同棲生活をしている所を発見。

 懇願する研究員の言葉に同情するケンだが、他の研究員も加わり強制的に送還される。

 アイドルも記憶を消されて、1年後に送られるのでした。

                      ・

 一方、吾郎は清涼スプレーと間違って薬品を使い未来へ飛んで、なんとか帰還。

 帰って来た和子達と合流し、捜索に関わらせると強制的に協力してくる。

 最後の一人は、吾郎が校庭から見上げた空に浮かんでいた「空飛ぶおじさん」と判明。

 SNSで目撃情報を整理し、亜空間から定期的に現れると判明。

 全校生徒が見守る中、放電で亜空間の扉を開き、物理の先生(過去のフォーク野郎)が

 歌を歌って、3人目を呼び出し、吾郎が縄をつけたバスケットボールを投げる。

 受け取った3人目の研究者、一緒に亜空間に居たインド人も含めて生徒達で引っ張る! 

 そして、無事全員助かり、科学者達はインド人を送って未来へ帰る。

 和子とケンは最後の別れをする、一時は原始時代へ逃げようと言うケンだったが

 未来から観賞しても問題が無いように研究を進めて戻って来ると言う

 そして冒頭と同じく、記憶を消され別れる2人、違ったのは黒板に文字を書けない事。

                        ・

 一方、研究員からの報告。

 研究員と別れた元アイドルはオヤジギャルとなって、和子のスプレーを手に入れた女。

 記憶を取り戻し、未来で研究員を助けて再び過去へ戻り、吾郎を産んでいたというオチ

 そして、また掃除用具入れから現れる和子とケン

 また、1から説明が始まるのでした・・・・。


 ヨーロッパ企画さんの舞台って90分位で丁度いい面白さが好きなんですよ

 最近のは観てないから解りませんが

 今回は原作モノって事で、現代2018年に置き換えたアレンジがあるものの

 メインとしては制約がある舞台なので、ソコソコの面白さって感じかな

 健太郎さんの先輩キャラは面白かったし、E企画の劇団員さん達は変わらないノリ

 昭和だけじゃないけど、過去へのノスタルジーを見せて面白さを出してるのですが

 最後は予想通りループで、終わったから意外性なくて

 もう少し、和子とケンの感情が交錯する感じが欲しかったし、吾郎が絡んでの関係

 サマータイムマシンみたいに、もう少し仄かな失恋の悲しさみたいのが欲しかった

 役者さん個々は良かったとは思いますが

 一部の役者さんが上田さんのテイストには合って無かった感じしたよ〜

 加藤啓さんんとか出てたら怪しい面白さも出来たと思うのですが、

 フライヤーにタクフェスが入ってて、あー同じ路線だぁと、なんか合点がいってしまった。

 また、前田建設ファンタジー営業部みたいな作品で再会したいです。

 ※薄っぺらい感想になってしまいました。夜、鵺的観て飛んでしまったおで・・・

イメージ 1

「建てましにつぐ建てましのポルカ」〜ヨーロッパ企画〜


  ◎9月21日 13:00(1時間30分)下北沢本多劇場

  E企画は正直もういいかなぁと思ってましたが。
  元・悪い芝居の吉川さんが出演した「前田建設ファンタジー営業部」が良かったから
  吉川さんが出演という事で、それだけで見に行きました。
  現在住宅かと思いきや?中世の古城風なセットでファンタジー風の作品世界でした。

  

ネタバレしますので、未見の方は注意!(見に行けない方はどうぞ)


 START
 お城のパーティ会場から出た貴族バイエルン卿と従者ジーニー
 各貴族が城への貢献として「建て増し」をしている事から迷路状態の城。
 2人は帰り道が解らなくなってなってしまい困り果てる。
 金で地位を買った新興貴族のハインリッヒに挑発されると
 迷子を否定して、なかなか戻れない2人。
 そこへもう一人、会場へすらたどり着けない貴族フィリップ
 道を探して分かれた、付き人ピートも見える窓には居るのに離ればなれ
 困り果てた2人の前には城の一部分のみ担当のメイド
 城の中を熟知した乞食が現れ、駆け引きしながらなんとか脱出を試みる。
 そこへ城の秘密の怪獣(実は王子)姫、秘密を守る剣士。
 プライドの高い道化師、道を尋ねてくる、怪しい陰の男、魔法使い。
 これらの出来事でゴチャゴチャする展開のコメディです。
          
 昔の「ウェーイ」みたいな意味なしコメディですね。
 吉川さんはE企画には会ってるみたい(怒れる女性キャラはココでは貴重)
 主役?じゃないけど菅原さんも雰囲気は合ってますが、猫ホテみたいに
 弾けた設定じゃないと、面白みもないですね〜 
 ま、正直長いコント見ているような感じなので
 ユリゲラーやピラミッダーみたいな盛り上がりの怒濤の展開もないし
 (達成感に向かうのじゃないとね)
 昔の「ラストは映像オチ」みたいなシュールなのもやって欲しいね。
 久しぶりに簡単なブログじゃ(手抜きじゃないよ、書くことないだけ)

イメージ 1

「前田建設ファンタジー営業部」〜ヨーロッパ企画〜


  ◎3月28日 19時00分(90分)ニッポン放送イマジンスタジオ

  丁度、SPAの連載で「空想科学読本」というTV世界の話しを実際に検証する本や
  明和電機が社歌を従えて世の中に出て来た少し後だったと思う
  マジンガーZの格納庫の見積もりを作るという企画で本が出て居ましたが
  そんな事をなぜか今舞台化する事になった?のが今回の作品
  E企画と元・悪芝居の吉川さんが加わった舞台では見るしかない!
  国本武治さんのライブ以来のニッポン放送スタジオ、狭いので客席少ない勿体ない
  客席は建築関係?放送関係?方々っぽい中、E企画らしい楽しい舞台が始まる。

  

ネタバレしますので、未見の方は注意!(見に行けない方はどうぞ)



 STORY
  岩坂さんという社員の発案で会社のHPにマジンガーZの格納庫を作成する検証
  そして最終的に見積もりまで作成しプレゼンをするという企画
  若者の土木離れやイメージUPとして会社に仮承認されたがボランティア企画。
  集められたのは飲みの席やお土産で釣られた男性社員2名女性社員1名
  そして有料でWEB担当の外注女性が集まる部屋からスタート。
                         ・
  最初は岩坂さんに誘われた経緯と愚痴で始まり。
  結局は版権の問題でポシャルでしょ?そう楽観視していた所
  洗面協力をGET,DVDを全卷貸し出され、ファンをガッカリさせない忠実な仕様が
  求められる事になる。若干1名だけはノリノリなの営業畑の面々。
  外注のWEB担当者は全く土木もマジンガーにも無知の為、
  話がつまらないと寝てしまうという強者。
  彼女をリトマス試験紙として「彼女が寝ない」をコンセプトにつくる事に
  しかし、営業畑の面々ですから実際の作業知識はない
  はずは地下への掘削がSTARTなのだが土木部の知り合いは皆無・・・
  しかし寝るくせに口だしする外注さん、女子社員が土木部と合コンしたと告げ口
  しかも、土木の山田さんは彼女に思い切り興味があって定期的にメールが
  彼の好意を利用して知識を聞き出すよう迫る男性社員、大声で迷惑と否定する彼女
  そこへ「どうした大声出して」と建設部(ダム関係)の部長が除きに来る。
  営業の人から見ればダム系の人は「公共事業=国の為」というブライドが高く
  こんな子供みたいな企画は怒られると、聞かれて企画と意図は説明するのだが
  丁重に騒ぎを謝罪しようやく帰って頂く事に。
  そして土木については山田さんへのメール攻撃をしろと再燃
  やがてまたダムの部長が不自然にドーナツを持って現れる・・・
  また丁寧に断ろうとするのだが「やりいんでしすか?」と外注が一言。
  もう、遠くまでドーナツを買いに言った苦労が水の泡になる所と安堵する部長。
  部長は全面的に協力参加する事になり、
  女子社員も渋々、山田さんに社員食堂からの接触で情報協力を頂く事に。
                           ・
  立ち上がりするも会社のHP上のアクセスはあまり変わらないが
  メンバーのテンションは登り調子、DVDで検証する全体像の検証で始まり
  ダム部長も参加したディスカッションから作成した工程表に沿って情報を作成
  接触場所が社員食堂から居酒屋に変わり、土木の素晴らしさを力説始める彼女
  しかし、土木系の話は地味で外注さんも寝てしまう始末。
  そんな中、ダム部長のPC動画を使った油圧のハッチ開閉装置
  関連会社に頼んで作らせた特殊装置の仕様や見積もりが続々と上がり
  連載の終焉(見積もり完成)が近づいて行く
                            ・
  そこでノリノリ社員が変なスーツで現れ、開発中の架空世界にリアルタイムで
  入る事が出来るスーツで登場、画面の中の研究所を撮影したり仲間に
  架空世界で突き飛ばされたり散々な目に合いながらも楽しそうな面々。
  やがて、営業でも模型を作成し最終見積もりの作成、架空世界に再度潜入
  博士に見積書を手渡す日がやってくるのです。
  外では機械獣の襲撃にある町並み、発注は確実と豪語する面々
  その努力の結果は果たして報われるノでしょうかね?
         
  本多劇場とかの大がかりなセットの公演になったE企画さんですが
  駅前劇場で公演した「囲むフォーメーションZ」や「炎のピラミッダー」のような
  小さい空間の少人数でも軽快な会話のみで楽しませる舞台が久しぶりに◎
  キャストも◎石田さん、諏訪さん、酒井さん、西村さん、と社会人ぽい人を揃え
  馴染んでまいした悪い芝居の吉川さんもヒロインとしてはまってましたよ。
  (永野さん本田さんが看板ですがあの2人が出てたら社会人感下がります)
  これで中川さんが岩坂さんとして登場すれば最高だったかな?
  何気ない動画とかで必要以上に盛り上がったり、
  途中で意外な新仕様が出て愕然としながらも、苦難を乗り越える展開が良い
                        ・
  アフタートークでは吉田尚記さんが登場しこちらも盛り上がりました。
  今回登場した世界初の技術、映像の中へリアルタイムで自分の分身が
  自由に動く事が出来る機材(800万円也)を登場させ、下らない幼稚な動作とか
  さらりとしてしまいます、最新のテクノロジーを上手に笑いに替えるのは
  上田さんの得意な所ですから、ぜひTVとかいろいろな土木建築会社でも
  映像上映とかしたらいいと思うし、TV放映とかしてもいいんじゃないでしょうか? 
  是非前田建設さんからDVDとして販売してみて欲しいですね。
  上田さんの作品は軽いのりで嫌々だったのが調子に乗ってくるあたりが好きです。
  またこんな小作を作って欲しいですね。
  (セットが大きいとそちらのギミックで会話の要素が薄くなってしまいますから)
  ホント悪意の欠片も出てこない気軽に笑える作品でした。
  こんな感じの企画はもっと見てみたい、ニッポン放送に期待したいです。

イメージ 1

「月とスイートスポット」〜ヨーロッパ企画〜


  ◎12月8日 13時00分(90分)本多劇場


  初東上を観劇して〜サーフィンUSB以降、ずっと見てなかったE企画。
  今年はTVで「ドラゴン青年団」見て久しぶりに上田さん脚本みたいと思い
  加藤啓さんも出演なのでチケットを確保、正直マンネリな学生ノリの作品は
  飽きちゃったので、E企画は離れていたのですが、時々ならいいかも?
  最近はそう思うようになりました、E企画自体は有名になってきたけれど
  人気俳優が育たない為か?本多なのに4000円って安いよね。
  良い意味で相変わらず手作りパンフのヨーロッパ通信や
  DVDは安く売ってました、流石にジャニーズコラボは高額でしたが・・
  丁度「本多劇場30年」って事で公演フライヤーが全部縮小して張ってありました。
  時間潰しにはいいイベントですが入場出来ないと見れないのは勿体ないね
                ・
  そうそう、本多の駅側から行く通路。
  正面の2件が空き店舗になって凄く寂しくなってました・・・

  

ネタバレしますので、未見の方は注意!(見に行けない方はどうぞ)


 STORY
  金網で隔離された雑居ビル裏のデットスペース。
  慌てて入ってくる男達、右足を撃たれた男・脇腹を刺された男・その子分
  そして背中をバツクリ切られた兄貴、中国マフィアにやられた日本のヤクザ達
  そこへ追い打ちをかけに来たマフィアの2人、
  唯一無傷の舎弟「カモ」(永野さん)を人質に1千万を要求して去る。
  背中が見えなくて自分の状況におびえる兄貴「タチバナ」(加藤さん)
  足を撃たれた「オオサワ」(中川さん)と腹を刺された「タグチ」は友人。
  救急車呼ぶ?薬局行く?なんて押し問答の時間があって兄貴は失血死。
  メールには「カモ」の拷問写真が送られてくる。
  タグチはもう覚悟を決めたのかどこかで入手した「スイートスポット」という
  楽しかった思い出が見れるというドラックを打つ。
                 ・
  そこにはガード下でシンナーを打っていた10年前の不良グループ時代の光景
  しかし、その光景は立体的?行き来可能?オオサワにも見える?
  まるで次元の空間が繋がったように、当時の「カモ」と「アズマ」が登場。
  10年前「アズマ」がヤクザにビビツて傘下になってしまった日。
  そこへ「タチバナ」と冒頭で電話した兄貴「ソエジマ」がやってくる。
  空間の歪みに気が付くソエジマ、そして10年後の世界に足を踏み入れ
  片隅に倒れてる死体の顔を見てしまうソエジマ。
  タチバナを止めるオオサワに対し「ある意味観るのもアリっす」というソエジマ
  自分の死体を見て愕然とするタチバナ、ソエジマは10年後商才が飼われて
  常夏の島で幸せにファミリー企業を運営中らしい、
  過去の世界には当時のタグチの彼女「ミサト」も現れ、未来の世界にキレる
  ヤクザになる際別れた2人を認めない過去のミサト、過去と現在の痴話喧嘩
  やがてどこかへ消えて行くタグチ、そして予想通り過去のタグチが現れる。
  過去のタグチと喧嘩し始めるミサト
  沈黙していたタチバナは急に自分の仇打ちとして過去のタグチ達を連れて
  中国マフィアのアジトへ向う、少しの間オオサワと話す過去のタグチ。
  やがて帰り打ちにあって背中を切られた過去タチバナ
  追い打ちにまたやってきたマフィア2人。再び監禁される過去のカモ
  そして中国マフィアの2人もこの空間の歪みに気が付き
  中国人が過去に干渉しようと考え始める、そこでミサトがタグチを連れて
  新しい未来の為に逃げようとすると・・
                  ・
  ピピーッ「そこまでで止めて頂けますか」
  上から現れた近未来の服装の男。
  700年未来で開発された時空間を発生させるスイートスポットが過去に流出
  それを回収しているそうなのだが、ヤクザの単純な策略にハマリ引きずり出される。
  急に敵味方関係なく未来人「シライシ」への嫌がらせを始める。
  過去のタグチが薬を打つと中学時代の空間が過去の更に奥に現れる。
  未来の地球は荒廃し避難した人類の重要な発明をした人物がこの学校に居るらしい
  未来のない人々は好きに死んでくれて構わないがミサトなど子供に影響がある人は
  守りたいらしい「シライシ」最後は乱暴に自体を収拾する未来人に煙に巻かれます。

  最初はヤクザもので緊張感あったし、少しは変わったかな?と思いましたよ。
  最後はまたエンディング投げっぱなしな結末かなぁと思ったら
  普通に少し変わっただけの現実があるダケのラストはまぁ良かったかな
  過去を若干覚えてたタチバナが防衛策を施してムックリ起きてきたりして・・・
  そんなオチでもよかった気がする、サマータイムマシーンブルースの場合
  未来は変わらない刹那さが最後に少しだけ切なく表現されますが
  今回は、2人の友情も変えられない現実への無常感も中途半端に挿入で邪魔
  基本ヤクザ役が似合わないのがE企画の役者さんだからねぇ、
  違和感多いしヤクザ役でも大学生の延長にしか見えないノリ
  上田さんとしては、夜光虫が群がらない影の世界で起こるトンデモナイ変な事。
  生死の境を置いといて馬鹿な会話が展開さえるのが構想だったみたいですねぇ
  温かいお客さんが良く笑ってて、これからもこのまま続いて行くのかな?
  加藤さんは適役、妖しくてビビリな兄貴は上手いよね〜
  悲惨な背中の情報を「欲しくね〜」という辺りはホント久しぶりの加藤さんです。
  ロロの望月さんも良かったね、ビシッとしてて山脇さんとかにゃ出来ないモン
  終わってみれば90分、正直少し長く感じていたので驚き。
  不毛な会話の往復回数が多くて少々お腹いっぱいになるシーンが多くて
  時空の関しての信じる信じないと説明するシーンが何度もあるので余計に感じた
  ユリゲラーとピラミッダーの同時公演の頃が一番良かったな
  10年20年続けてくれるのは願ってますよ

イメージ 1

「サーフィンUSB」〜ヨーロッパ企画〜サイズが合ってない!


  8月5日 14:00 本多劇場(80分)

  まさかの本多劇場進出、火星の倉庫は意外に大掛かりな仕掛けあったけど
  本多でどうかな?と思いましたが、会場は平日昼なのにホボ満席
  物販も年々賑やかなになって人気あるなぁ〜と思ったら、
  トークショーありの回だったからなのでは?と後で気が付きましたが
  実際どうなんでしょう、本多でもいい意味じゃなく相変わらずの物語が始まる。

ネタバレしますので、未見の方は注意!(見に行けない方はどうぞ)



 STORY
  チョット異質な古びたビルの屋上。
  カラオケの「カ」や英語教室の「英」の部分だけが見えて、しかもフェンスも段もない
  そんな屋上でスーツ姿の女性がおもむろにやってきて靴を脱ぎ下を覗き込む?
  すると「カ」の看板からサーフボードを持った男が2人登ってくる。
  そして、女性がアレと見つけた溺れた男を助ける2人。
  命の恩人の女性に接近すると後ろには揃えた靴が・・・自殺?と疑う3人。
  そこへビルからデブ(諏訪さん)も現れる
  苦し紛れなのか、女性は自殺を考えていたけどみなさんを見てサーフィンを教えて欲しい
  教えてくれないと死ぬ、なんて開き直り土下座までして仲間になる。
                    ・
  この世界は「水の七年間」のその後の世界(温暖化で海面でも上昇したのか?)
  遠くに見える「AKIBACITY」はうっすらバリヤーみたいなドームに覆われ
  人類にネットで情報を伝えて利益を得ている、女性はそこの営業マンで嫌気が差してきた
  サーファー達はその日暮らしで、水没した民家からモノを引き上げて換金して暮らす。
  階上にはレジェンドと呼ばれる、世界を始めて襲った大波に立ち向かったサーファーが
  無口に降りてきたり、人魚がうにを片手に「醤油」をもらいに来たり。
  嘘でハンバーガーをスルーフードとして食べる食べ方を女性に教えたり。
  ボードから転落して水没した民家のアンテナに頭をぶつけたりしたのんきな雰囲気。
  そこへ、女性の上司だった会社員が2人やってくる。
  青いサーフボード(USB付き)に乗って、その体感データをネット配信して
  1ダウンロード1円で契約しようと持ちかける。
  お約束で、女性以外はノリノリで参加するが・・・・
                    ・
  ダウンドーロ結果が発表されると、1人以外は立てないレベルなので散々な結果。
  たまたま現れた人魚まで、営業マンに説得されて尻尾の中にUSBを付けて
  海中遊泳の映像配信してしまう。
  ある嵐の日、営業マンの1人がレジェンドを説得して大波に乗ってもらおうとするが・・
  レジェンドも友達に連れてかれた傍観者、営業マンは服を脱ぎ波に乗り出す。
  今回は大きな展開も少ない低空飛行の笑いで終始した舞台です。

  中身もあんまり無いので簡単に書いちゃいました。
  駅前とかスズナリで、セット少なめに大げさにやれば受けたかもしれないが
  大きな盛り上がりの展開が連続するとかが、レジェンドの辺りだけで小粒。 
  セットが大きい中で、小さな学生ノリないつもの下らない笑いコダワリが展開はします。
  まぁ、本多では安い金額ですが今までのママじゃチト辛かったですね
  次回は駅前劇場ですから大丈夫かと思いますは、トークイベントはまあまあ
  曲がれスプーンで好きになった人には物足りない?満足?
  チョット聞いてみたい公演でした。サウダージ以来の小作でした。大劇場なのに・・・
  あるシーンでの飛び降りで、ヒザを痛めてバンテリンを塗っていたとか
  諏訪さん、痩せないと膝ヤバイですよマジで

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事