白文鳥ピピme物語

検察と大手メディアの明らかな犯罪

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

妻の両親を宿泊させるべしで、京都嵐山・嵐峡館をクリックしたら、この二月末日で閉館したと言う。
あの、明治以来110年の歴史を誇る老舗旅館が閉めたのです。


早速、電話しました。何故?
留守番の方「社長が昨年暮れに亡くなり、お子さんが未だ25才で、他業種に勤務中故」との由。


私が、嵐峡館本館に初めてお邪魔したのが丁度四十年前。
京都に、と言うよりも、日本に、これ程、素晴らしい所は他に無いぐらいのロケーションなのです。


平安時代、この嵐山は、貴族の別荘地。古、優雅な船遊びが眼に浮かびます。
春は桜、夏は涼、秋は名月と紅葉、冬は雪見。無論、百人一首の小倉山もここ。


ほっとしましたのは、昨年五月連休に、ここに妻と行っていた事です。

再開は、年内は到底無理の様子。


早期なる再開を祈りて、昨年五月連休の写真を、掲載します。
この写真で、ここの素晴らしさを若干でも感じられましたら、仕合せと存じます。


       ★       ★      ★


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/7d/df/minaseyori/folder/1466142/img_1466142_46280300_0?2007-04-16




https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/7d/df/minaseyori/folder/1466142/img_1466142_46280300_1?2007-04-16
渡月橋南詰め、午前11時乗船。



https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/7d/df/minaseyori/folder/1466142/img_1466142_46280300_2?2007-04-16
保津川を遡り、保津峡へ。


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/7d/df/minaseyori/folder/1466142/img_1466142_46280300_3?2007-04-16
嵐峡館専用の船着場。お出迎え。


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/7d/df/minaseyori/folder/1466142/img_1466142_46280300_4?2007-04-16
船着場から坂を上ると、そこからが嵐峡館。
上り坂に沿って、各部屋の入り口がある。


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/7d/df/minaseyori/folder/1466142/img_1466142_46280300_5?2007-04-16
昼懐石の一部をパチリ。



https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/7d/df/minaseyori/folder/1466142/img_1466142_46280300_6?2007-04-16
部屋の窓下には、保津峡下りの船。連休ですから、次から次へと。
やはり、ここでは日本酒!!ですね。


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/7d/df/minaseyori/folder/1466142/img_1466142_46280300_7?2007-04-16
川向こうでは、嵐山トロッコ電車が一時停車。嵐峡館の案内をしている。
新緑の眩しい事よ。



https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/7d/df/minaseyori/folder/1466142/img_1466142_46280300_8?2007-04-16
昼食後は、温泉の露天風呂へ。弱アルカリ腺。
保津峡下りの船を見ながら、ウトウト。



https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/7d/df/minaseyori/folder/1466142/img_1466142_46280300_9?2007-04-16
更に部屋で昼寝をしたら、もう三時。帰りの時間。



https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/7d/df/minaseyori/folder/1466142/img_1466142_46280300_10?2007-04-16
お〜〜! 先ほど寝ていた露天風呂の方を見上げる。



https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/7d/df/minaseyori/folder/1466142/img_1466142_46280300_11?2007-04-16
去り難しも、この船に乗らなければならない。


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/7d/df/minaseyori/folder/1466142/img_1466142_46280300_12?2007-04-16
仲居さんのお見送り。
ここの仲居さんは、京都の他の老舗の仲居さんと違って、妙なプラドが無いから好き。



https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/7d/df/minaseyori/folder/1466142/img_1466142_46280300_13?2007-04-16
保津峡から保津川へ。ボートをかき分けながら。
そして渡月橋が、いよいよ見えて来る。




https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/7d/df/minaseyori/folder/1466142/img_1466142_46280300_14?2007-04-16
とうとう、終着。



と言う一日でしたが、いかがでしたでしょうか?


追記)2010.12.29

旅館「星のや 京都」として別会社が2009年12月12日再開しました。

この記事に

閉じる コメント(8)

保津川下り・・・私も去年の6月に乗りに行きました。新緑の季節でとても気持ちよかったです。今の季節もすばらしいですね。さりげなく?日本酒があるところがGoodですね!それにしても、老舗が閉館になるのはほんとうに残念ですね。

2007/4/16(月) 午後 11:26 ゆずぽん 返信する

顔アイコン

ゆずぽんさん、保津峡下りではなく、保津川下りでしたね。間違いました。昨年秋の、渡月橋北のひばり館閉館に続いてですからね。再開の場合は、建て直すしかありませんから、当分は期待できないようです。

2007/4/17(火) 午前 7:39 水無瀬より 返信する

顔アイコン

えっそうなんですか!おいらは残念ながらテレビでしか見た事がありません。一度は行って見たいと思っていたんです。保津川くだりは出来るんでしょうか?本当にすばらしいロケーションですなあ。実に羨ましい!!最近はみなせさんのブログを見ては毎回羨ましがっています。(笑)ポチッ

2007/4/17(火) 午前 8:19 タッチ春名 返信する

顔アイコン

Tachiさん、保津川下りは大丈夫です。もう、こういう場所を確保することは、自然保護と風致地区で困難でしょうね。誰かが再開してくれる事を首を長くして待つのみです。

2007/4/18(水) 午前 8:00 水無瀬より 返信する

アバター

船でしか泊まりに行けない旅館ですよね。年いったら主人と一度は行って見たい旅館でした。嵐山も、温泉湧いても良いことばかりじゃないんですね。確かに、嵐山の観光客の方は、夜呑みあるくところが無いって西院まで、出てらしてました。観光地の難しいとこなんでしょうね。

2007/4/18(水) 午後 2:25 ootanmama 返信する

顔アイコン

お〜たんママさん、嵐峡館をご存知、そしてうれしい問題提起ですね。そういえば、知人が会議と宿泊が嵐山。夕方、連れて行く所は祇園しか思い浮かばず。往復のタクシーで一眠りですからね。名勝嵐山だけでは限界ですね。

2007/4/18(水) 午後 5:33 水無瀬より 返信する

いいですね、こういう一日も。保津川下り、一度は行きたいところの一つです。嵐峡館、早く再開して欲しいですね。ちなみに女性一人でも行けますか?

2007/4/19(木) 午前 10:40 ねこじゃらし 返信する

顔アイコン

ねこじゃらしさん、お一人さんの場合、確か大広間があってそこでいけたはずですよ。今でしたら、渡月橋から徒歩五分、宝厳院真向かいの湯豆腐嵯峨野は如何ですか。気軽に入れますよ。但し、休日は11時半迄に行かないとズラッと並んでいますよ。

2007/4/19(木) 午後 7:00 水無瀬より 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事