白文鳥ピピme物語

検察と大手メディアの明らかな犯罪

全体表示

[ リスト ]

私の履歴書・28〈中学時代ー1〉

イメージ 1


昭和33年(1958)四月、子吉川に架かる由利橋を、高下駄(たかげた)でカランコロンと渡ると石脇町。
更に15度の上り坂200m程を登った新山公園の中腹にあるのが本荘中学校でした。

入学式の日、掲示板で自分の名前を見つけ教室に入って間も無く、体育館で入学式です。
壇上で、菅谷校長先生が祝辞の最後に、こう付け足しました。

「この壇上にあるグランドピアノは、○○株式会社から先日寄贈された物です」
皆、さあ〜っと、こちらの方を向きました。そして、皆の眼差しは、私の隣に立っている同じクラスの女の子へ。

彼女の丸いほをは、紅くなるも、きりりとした眼差しで前を向いていました。
その時、私は、うれしかったですね。いかにも、町の子らしい垢抜けたこのお上品な、しかも賢そうな女の子と同じクラスになった事がですよ。

ところが、この丸ぽちゃの社長令嬢さんと同じクラスになったことから、私の波乱の中学時代となるのです。


尚、このお嬢さん「真由子(仮称)」さんは、恐らく、今は、亡くなっているものと思われます。
1年前(2006年)と今年の春に、何故か、突然、夢に現れたからです。それまでの数十年間、思い出した事も無かったですからね。

追記)2010.12.29
その後、真由子さんの弟の経営する会社に電話をしましたら、真由子さんは東京で元気にお仕事をしているとのことでした。


(写真は、三十年前の由利橋)

       ★       ★       ★

さて、その前に、本荘出身の女流作家「山田順子(ゆきこ)」を若干紹介してから前に進もうと思います。

イメージ 2
明治34年、順子(ゆきこ)は、本荘の廻船問屋山田古雪の長女として生まれました。県立秋田高等女学校(秋田北高校)を卒業。(写真)
.
大正9年(1920)に東京帝国大学卒業の弁護士増川才吉と結婚し、小樽に住んでいました。
.
13年(1924)3月に夫や子供を捨てて小説家を目指して上京し、原稿を持って徳田秋声の家を訪れました。
.
(参考)この1924年は大阪・堺で生まれた与謝野晶子が東京に渡った時です。
.
.
.
「徳田秋声(とくだしゅうせい)」を始め、「菊池寛」・「久米正雄」が序文を書き、翌年出版された『流るるままに』の装丁を担当したのが叙情的な挿絵(さしえ)で有名な「竹久夢二(たけひさゆめじ)」でした。

この小説が出版されると、当時の読売新聞は「日本のノラ現る」という見出しで作者を紹介しています。

夫や子供を捨てて、文壇に挑戦した勇気ある女性の出現は、自由恋愛・自由結婚が声高に叫ばれたこの時代を代表するものでした。

「古屋信子」は『自叙伝的女流文壇史』の中で、順子(ゆきこ)の美貌について、『築地明石町』の明治の美女の立姿を彷彿(ほうふつ)とする」と述べています。

(参考)徳田秋声は「爪ざね顔の浮世絵風の美人の順子に魅せられた」と書いている。


そして、出版の翌十四年五月、大正ロマンの画家「竹久夢二」と同居し、本荘へ案内しています。
更に翌年、当時の文壇の大家「徳田秋声」と同居し、秋声は本荘に二回も来ています。

その様子は、秋声の自然主義文学の傑作と高評を得た『仮装人物』に、順子は葉子として登場し、彼女を「人間的な純粋さを持った野生の女」として描くと共に、本荘の自然や古雪かいわいを描写しています。

尚、順子の晩年は、仏教に帰依。鎌倉に住みました。

「鎌倉の桜は、病(わずら)って見に行けぬ間に散ってしまいました。窓先の桜でガマン----。」

                  (本荘・市政だより2002.03より一部抜粋)


参考資料)

|鬱很監鵑隼嚇捗膸劼箸離乾轡奪弋事(大正14年6月10日掲載:読売新聞)

竹久夢二さんは拾年同棲の夫人と別れて、女流作家山田順子さんと同居してちらほら噂の種蒔きをやつている。(中略)夢二氏の夫人は手切金とかを貰つて山中温泉への逃避行をやつているよし。
http://www.yomiuri.co.jp/yomidas/meiji/topics/topi17.htm

竹久夢二が作詞した歌『宵待ち草』
宵待ち草
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=JTm707QOqUg


C鬱很監鵝^帽疂鬱念館
http://www.yumeji.or.jp/


尚、下記小説の六に、徳田秋声が、本荘の様子を書いています。
もしも、お読みになるのでしたら、大変読み難いので、ワードを開いておいて、そこに一旦コピーし、読み易い様に行間を空けましたら、普通に読むことが出来ます。

徳田秋声著「仮装人物」(青空文庫)※無料でこの小説を読めます
本荘の田舎町の情景は、この小説の(六)に書かれてあります。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000023/files/1699_46893.html
尚、本は岩波文庫で693円です。

「仮装人物」一部抜粋
(六)雪国らしい侘(わび)しさの海岸のこの町のなかでも、雪の里といわれるその辺一帯は、鉄道の敷けない前の船着場として栄えていたころの名残(なごり)を留(とど)めているだけに、今はどこにそんな家があるのか解(わか)らない遊女屋の微(かす)かな太鼓の音などが、相当歩きでのある明るい町の方へ散歩した帰りなどにふと耳についたりするのだったが、途中には奥行きの相当深いらしい料亭(りょうてい)の塀(へい)の外に自動車が二三台も止まっていたりして、何か媚(なま)めかしい気分もただよっていた。

※この小説に登場する歯科医院とは山田歯科医院のことで、その子孫は2010年現在本荘で歯科医をしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/60158829.html
同じく登場する本屋とスポーツ店は1970年代、大門交差点と大町交差点の丁度中間に向い同士でありました。但し、店名は忘れました。                        


追記)順子と竹久夢二に関しての私のもう一つのブログ記事

何でも鑑定団での夢路と順子の手紙 2010/12/29(水)
http://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/60158829.html

この記事に

閉じる コメント(24)

キレイな女の人ですね〜♪

2007/11/13(火) 午後 10:12 [ スゥー ] 返信する

顔アイコン

abcさん、最後の小説、ひょっとして全部一気に読んだのですか? 流石ですね。恐れ入りました。カスバの女の歌、確かに低いですね。http://www.youtube.com/watch?v=WtQkajGTDbo

2007/11/14(水) 午前 6:16 水無瀬より 返信する

顔アイコン

マナセさん、どの絵なのですか?

2007/11/14(水) 午前 6:30 水無瀬より 返信する

顔アイコン

yuuri851さん、秋田の日本海側の容姿ですね。同じ秋田でも、内陸の横手や湯沢とは、容姿が違うのですよ。

2007/11/14(水) 午前 6:34 水無瀬より 返信する

金沢は尾張町から茶屋街にかけていろいろな見どころがありますよ。
市場は現在改装中ですがスグ近くの文学記念館や蓄音機館も楽しめますが、看板建築と言われる建物もいいですよね。
教会がステンドグラス美術館になっている建物や、市内から離れてますが「からくり館」もあります。

2007/11/14(水) 午前 6:55 カメレオンーアームス 返信する

アバター

待ってました〜中学時代^^まだ、生まれてないなぁ(笑)

美人で聡明で、恋多き乙女で、なぜ神様は不平等なのでしょう(笑)

2007/11/14(水) 午前 7:36 。o.゚。*・★ruru★・*。゚o。 返信する

顔アイコン

chameleon_armsさん、金沢の素晴らしさを知りませんでした。行くチャンスを窺いますよ。

2007/11/14(水) 午後 3:57 水無瀬より 返信する

顔アイコン

るるさん、お母さんがもっと早く産んでくれたら、今よりも遙かに美人で聡明なるるさんだったかもね(笑)。

2007/11/14(水) 午後 4:07 水無瀬より 返信する

顔アイコン

竹久夢二は岡山だがね。
まあ中学でいなくなったからどう言えばいいかなあ!
邑久町というところは日生港の隣で、ハンセン病の施設があった近くだ。
夢二の絵はおいらも大好きです。
それはなんとも言えず色気があるから、なんちゃって!!(笑)

2007/11/14(水) 午後 6:00 タッチ春名 返信する

伊香保記念館の黒船屋の絵が一番にてますね。
私も昔、記念館にいって、カミサンと、「似てるね」と感心したことがありました。
そういえばカミサンはあ、の辺が産地(秩父から南群馬)だった。

2007/11/14(水) 午後 6:44 man**e877* 返信する

顔アイコン

Tachi先輩、成る程、岡山生まれの男性は、多情なのですね(^_^ゞ。施設の件、近隣の島にもう一箇所あったはず。都下の施設には何度か行ったことがありますよ。

2007/11/14(水) 午後 9:39 水無瀬より 返信する

顔アイコン

マナセさん、夢二さんには、たまきさん、お葉さん、山田順子さんがいますが、それでしたら、たまきさんでしょう。きれいな奥様でしょうね。尚、そっくりさんでTVに出られたら如何ですか。

2007/11/14(水) 午後 9:45 水無瀬より 返信する

こんばんは!
いよいよ、本荘中学編、楽しみです・・私の本荘中学は、北中と、南中に分かれてからしか分かりませんが、北中の登り坂はきついですよね・・中庭のテニスコートで、由利本荘地区大会決勝を戦ったのを思い出します・・由利橋は、近く建て替えとなるそうですね・・
山田順子女史について、あまり詳しくはないのですが、凄い女性作家がいたのですね・・またまた、教えて貰いました・・ありがとうございます・・今月末から2〜3日京へ上がろうかと思っています・・紅葉はまだ大丈夫ですよね??

2007/11/14(水) 午後 9:56 mas*t*mo2*36c*ou*ai 返信する

顔アイコン

ぬれ落ち葉さん、それが私の通学した中学校ですね。今、この跡地は郷土資料館。京都の紅葉は、その頃でしたらまだまだ良い時季ですよ。何処の紅葉が良いかは下記サイトを参考にしたら如何ですか。お天気だったらいいですね。http://www.kyokanko.or.jp/

2007/11/14(水) 午後 10:27 水無瀬より 返信する

アバター

中学生で、文学少年だったのですね。私は夢見る夢子だったのか?ロマンティックな世界文学が好きになってました。みなせさんも高下駄履いたのですか?

2007/11/15(木) 午前 8:41 eru 返信する

夢路郷土美術館は後楽園の近くにあり、そのすぐ近くにこじゃれた喫茶店があるのでたまにお茶します(*^_^*)
昔生家行ったこともありますよ〜。
大正はロマン溢れる時代だったんですね。

2007/11/15(木) 午前 11:18 ねこじゃらし 返信する

顔アイコン

eru_abiさん、初めて小説を読んだのが、この中学1年の一学期の国語の時間、学校の図書館でです。その小説が武者小路実篤の「友情」でしたよ。世界文学は二年頃からと思います。高下駄は毎日はいて通学。尚、当時、足駄(あしだ)と呼んでいましたよ。

2007/11/16(金) 午前 0:43 水無瀬より 返信する

情報ありがとうございます・・参考にさせて頂きます・・行くまでも結構楽しめますね・・感謝!感謝!

2007/11/16(金) 午前 7:57 mas*t*mo2*36c*ou*ai 返信する

顔アイコン

うさこさん、子の刻書こうとしたこのコメ、ようやく書けましたよ。処で、私、後楽園の近くでお茶した事がないのです。国立病院の事務部長のおごりで、病院の近所の居酒屋にはよく行きましたがね(笑)。今度、岡山入りの時は、しゃれたのではなく、じゃれた喫茶店を探しますが、じゃれたって難しい!!ですよ。素敵な女性がいましたら声をかけてみますよ。じゃぁ〜ねぇ!

2007/11/16(金) 午後 3:19 水無瀬より 返信する

顔アイコン

ぬれ落ち葉さん、紅葉は、とにもかくにもお天気。それに真っ盛りは何処か?の情報収集。これは、鳥海山の紅葉も同じですね。先ずはお天気だったらよいですね。

2007/11/16(金) 午後 3:27 水無瀬より 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事