白文鳥ピピme物語

検察と大手メディアの明らかな犯罪

全体表示

[ リスト ]

 
 
日本の民主党野田政権、並びに今の反日国家・韓国を知る上で必要なのは朝鮮の歴史ですね。
 
と言っても自称五千年の歴史を誇る国家にしては史書は無いのです。
事実としてあるのは中国による李王朝の700年に及ぶ属国の歴史。
 
以下、韓国国内や海外で残されている文献から抜粋してみました。
これによっても、朝鮮人とはどういうものか理解できるものと思います。
 
                ◆
以下、抜粋文
 
考えてみると、我々(朝鮮人)は苦労するためにこの世に生まれてきたようなものだ。四千年を越す歴史で今日まで太平の世を知らない。
 
はるか古代はいざ知らず、三国時代以後は文字どおり一日も安らかな日がなかった。試みに三国時代以後の戦争の回数をみると百を越える。内乱を除いて資料に残る他民族の侵入だけでも五、六十回に達し、その中で全国的におよんだものが三十回にもなる。
 
そしてそのすべての戦争が、高句麗が戦ったいくつかを除いて、みなわが領土内で行なわれたし、最初から最後まで防戦であった。敗けた戦いである。
 
昔から城下の誓いは恥だといわれる。戦いをし講和条約を結ぶならよその地に行って結ぶべきで、わが城の中で結ぶなら敗けたのは明らかだ。
 
外国軍の占領下で条約を結ぶというのは、弱点を握られていることではないか。恥ずかしいことだがわが国の歴史をみると、城下の誓いでないものは一つもない。
 
               『苦難の韓国民衆史』(咸錫憲著) 
 
                ◆
 
今になって、朝鮮人や韓国人がチェチェ思想を強調し、いくら歴史の自立性を吹聴しても、せいぜい半島内でしか通用しない。
 
韓国人が書いた朝鮮半島の歴史を読むと、いかにも半島には英雄ばかり存在したかの記述である。

しかし、そんな偽史は世界では通用しない。実際、韓国人の中で世界史に登場し世界の政治、経済、文化、思想に強い影響を及ぼした大英雄は一人もいないのだ。

その一方、韓国人以上に文明開化が遅れた北方騎馬民族には、東アジアや世界史に影響を与え、歴史を創出した民族英雄たちがいる。ジンギスカンやヌネハチもその中のひとりである。
 
数千年の歴史がある朝鮮半島からも、ひとりぐらい歴史を創る英雄が出てもいいようなものだ。世界とは言わないまでも、アジアに名を残す英雄が一人ぐらいほしかったものだ。

韓国人は「朝鮮半島は1000回侵略されたが、すべて撃退した」と自慢するがそれが嘘であることは言うまでもない。
 
それにそのようなことを口にすることこそ他律的でる。抵抗史観、他律史観を自白しているとしか思えない。
   
       「韓国は日本人がつくった」 黄文雄 台湾人評論家
 
                ◆
 
事実はこうである。例えば李氏朝鮮時代に我が国(朝鮮)を訪れた外国人が書いた文章を見てみよう。その時からすでに韓国人たちは自分勝手で、不正が横行し、共同体意識はこれっぽっちもなかったと記録されている。

正しい教科書を作るなら、「かって外国人はこう言った。確かにわが民族はこれこれの悪い点があるから、今後改善しなければならない」としなくてはならない。

もともと韓国人が平和的な良い心の持ち主だという描写も誤りである。
教科書には、わが国は、よその国を侵略する意思を持ったことがなく困った時はお互い様と、助け合いながら生きてきた「白衣の民族」、「純白の清潔さ」を持ったという感じで書いてある。

ほんとうだろうか。
私は、まず、ある民族が良い民族か悪い民族だとかいう分け方が馬鹿げていると思う。どの国の民族だろうが、人間腹が減れば乱暴になるし、逆に衣食住が足りれば寛容になるものだ。
 
韓国がよその国を侵略しないで、おとなしくしていたのは、別に平和的民族だったからではない。そうせざるを得ない歴史的背景があったからだ。
 
また教科書で、あるものを「韓国の伝統」だと讃える前に、本当に自分たちのものなのかどうかを疑ってみるべきである。

その端的な例がテコンドーと亀甲船だ。テコンドーは新羅時代にまで遡る伝統武芸として知られている。しかし、一部ではその時代にテコンドーの元になったといわれる「テクキョン」なる武芸とテコンドーとは辻褄が合わないと指摘されている。
 
それよりも沖縄で発展した沖縄空手がテコンドーに直接的に影響を与えたのではないかとみている人もいる。

つまり、テコンドーも亀甲船も、すべて韓国のオリジナルな伝統に基づいているわけではないが、教科書はそれを教えない。
まったく韓国の教科書はウソつきである。     
                 韓国《南朝鮮》の作家 李鍾學
 
                ◆
 
李朝末期の韓国は、政治が乱れに乱れていた。宮廷は国民の大多数が生活苦に喘いでいるのをよそに、政争に明け暮れていた。
 
役人や、両班はみな私欲にかられて、自らの栄達と蓄財のみを求めて、弱い民衆を摂取することだけしか考えなかった。そのために社会道徳が乱れて、精神も文化も経済も疲弊した。
 
売官売職は普通のことだった。
どこでも賄賂がまかりとおった。黄金の力と暴力が支配していた。

政治は不正行為の別名しかなかった。民衆への収奪が極限に達していた。

いつもハルサリ(その日暮らし)を強いられていた庶民は、こき使われるだけこき使われ、乱暴されるだけ乱暴されて、まったく希望をいだくことができない日々を送っていた。社会が停滞しきっていた。
 
火賊や山賊と呼ばれる盗賊が、横行していた。火賊は村を襲うときは放火して、その混乱の中で略奪したためにそう呼ばれた。
 
日本人は徳川幕府末期の日本について大いに誇ることができようが、情けないことだが、韓国人(朝鮮人)としては李朝末期については何一つ誇ることができない。 
             「醜い韓国人」光文社 著者 朴泰赫
 
                ◆
 
我が五千年の歴史はひと言でいって退嬰と粗雑と沈滞の連鎖史であった。

いつの時代に辺境を超え他を支配したことがあり、どこに海外の文物を広く求めて民族社会の改革を試みたことがあり、統一天下の威勢でもって民族国家の威勢を誇示したことがあり、特有の産業と文化で独自の自主性を発揮したことがあっただろうか。
 
いつも強大国に押され、盲目的に外来文化に同化したり、原始的な産業のわくからただの一寸も出られなかった。
「われわれのもの」はハングルのほかにはっきりとしたものは何があるか。
我々はただ座してわらを編んでいただけではなかったか。

自らを弱者とみなし、他を強大国視する卑怯で事大的な思想、この宿弊、この悪い遺産を拒否し抜本せずには自主や発展は期待することは出来ないであろう。

以上のように我が民族史を考察してみると情けないというほかない。全体的に顧みるとただ唖然とするだけで真っ暗になるばかりである。
このあらゆる悪の倉庫のような我が歴史はむしろ燃やして然るべきである。

     「朴正熙選集」−我々は今何をいかになすべきか−  
  近代韓国の祖  朴正熙 韓国大統領 《元大日本帝国陸軍少尉》
 
                ◆
 
わが国(朝鮮)の歴史は極端にいうと、同族殺し合いの歴史でした。
 
三韓時代がそうであり、三国時代もそうであり、朝鮮王朝時代における党争も法治の枠を超えたものでした。いつも不安な政情だったのです。
 
誰もが自分を陥れる投書を一通投げこめば、破滅です。どこでだれが自分を陥れるために剣を磨いているか分からない。枕を高くして眠ることもできないのです。
 
日本社会でも上下の階級はあったが彼らは下人を使う前に下人の生活は徹底保障してやりました。しかし、わが国では、とくに朝鮮王朝時代には、両斑が常民を保障するどころか、収奪していました。

壬申倭乱(豊臣秀吉公の朝鮮征伐)のとき、倭の側についた叛徒が大変な数にのぼったといいますね。王が避難するや叛徒が王城に火をつけ、はなはだしくは王をつかまえて倭将(加藤清正公)に差し出し、地方官を鞭打って敵陣に引っ張っていった例もありました。

解放後の事情にしても、恒心がもてないようになっているじやないですか。強要しなければ、互いに共同など思いもよらないのが、今日の現実でしょう。

             「月刊朝鮮」1982年8月号
 
                ◆
 
一般的に、政治的活気とか進歩、革命といわれるものは朝鮮(韓国)には存在しない。

人民は無視され、彼らのいかなる意見も許されない。権力を一手に掌握している両班階層が人々に関心を向けるのは、ただ彼らを抑圧してできるだけおおくの富をしぼりとろうとするときだけである。

 朝鮮における最近三世紀の期間は、ただ両班の血なまぐさい不毛の争いの単純な歴史にすぎなかった。
          「朝鮮事情」シャルル・ダレ(フランス人宣教師)

                ◆
 
韓国人の最大の悲劇は儒教にある。すなわち儒教というイデオロギーが、韓国文化社会を形成した張本人なのだ。

 奴隷政治、道徳の腐敗、個人主義と利己主義、権勢と虚礼虚飾・・・・という韓国社会の腐敗を生んだ最大の要因が中国の儒教思想である。
 
儒教というエイズを患った韓国人は、すでに長い間に無感覚となり、その弊害に気づいてないようだ。

一般に韓国人は、中国人のことを軽蔑して「テノム(垢野郎)」という有名な悪口を頻繁に口走る。
 
そして中国人のことを「非衛生的でうじゃうじゃと喧しく、秩序を守らず、ひどく利己的なところがある。そして面子を重んじて口汚く、団結心がない。また極端に嘘をつくし、虚礼虚飾で自身のプライドを守ろうとし、自分の過ちを認めたり、反省したりすることはほとんどしない。保守的で自己顕示欲が強く、怠け者で目先のことしか見えない近視眼野郎たちだ。

権力と権威に弱く、金銭と名誉の前では奴隷と化して膝まづき、うまくいけば自分の徳であり、うまくいかなければ他人のせいにする」等々と徹頭徹尾こてんぱんに叩きのめす。

ところが興味深いのは、このような中国人の特徴、性格はほとんどそっくりそのまま、韓国人にもあてはまるということだ。
 
私が見たところ韓国人は、これよりひどいことはあっても、ましだという根拠はどこにもない。そればかりか、さらに中国人よりも悲劇的なことは、韓国人が感情的で幼稚な点である。

      「韓国民に告ぐ!」 金文学・金明学共著 祥伝社 
 
 
                          
                      今日はここまで
   
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事