白文鳥ピピme物語

検察と大手メディアの明らかな犯罪

全体表示

[ リスト ]

 
秋田県由利本荘市亀田の天鷺村に行きました。
あるものを直接見るために。
 
ここ、なかなかのものでしたよ。
但し、詳しい説明は、時間が無いのでカット。
 
イメージ 1
 
この二枚は、入門したら貰える施設内パンフレット。
 
イメージ 2
 
 
イメージ 13
 
これが入り口。
 
左の石垣が天守閣。
 
 
 
 .
.
.
.

イメージ 8
 
 
 
 
.
.
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 .
.
.

 
 
 
 
 
イメージ 10
 
これが江戸時代の炊事場。
 
懐かしいですね。
このスタイルは、私の幼少時代の農家のかまど。
 
破産することを『かまけした』と言いましたね。
 .
イメージ 11
 
 
 
 
 
 
 
 .
.
.

 
 
 
 
 
イメージ 12
 
 
ここのお上さんのように、四六時中、着物姿に正座が私の祖母ユウであったとのこと。

(註)
私のルーツ探索(1) 祖母渕名家①
 .
イメージ 14
 
 
そういえば、苗字が『鵜沼』(うぬま)って、中学時代、同級生の女の子がいましたね。
 
 
.
.
 
 
イメージ 15
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 .
.

 
 
イメージ 17
 
 
女性は内職で機を織っていたのですね。
 
 
 
 
 .
.
.
.
イメージ 18
 
 
 
 
 
 
 .
.
.

 
 
 
 
イメージ 19
 
 
 
 
 
 
 
 .
.
.

 
 
 
イメージ 20
 
 
 
 
 
 
 
 
 .
.

 
 
 
イメージ 21
 
 
 
 
 
 .
.
.

 
 
 
 
イメージ 22
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 .
.
.

イメージ 3
 
 
 
 
 .
.

 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
天守閣から西北西を見やると画像左上に日本海が観える。
 
 
 .
.
.
.

イメージ 5
 
 
 
これは西方向。
 
館内の売店の女性が言っていましたが『雪景色が殊更美しい!』と。
 
 .
.
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 .
.
.

 
 
イメージ 7
 
 
この天守閣にはエレベーターが無いから脚や心臓の悪い人はごゆっくりお登りください。
 
 
 
 
 
 
指図通りの経路で、この天守閣が最後でした。
ここに来た値打ちは充分にありましたね。
息子と二人で感嘆しました。
 
 
そうそう、
肝心な写真を載せるのが最後になりました。
この鬼瓦を見るのが今回のここを訪問した目的でした。

(追記)赤瓦は仏教とともに伝来し、元は寺社仏閣で使用されていた。表面には酸化鉄を塗布。暗赤褐色乃至茶褐色である。近代に入ってからは鉄にマンガン等の添加剤を加えることにより銀ねずみ色の瓦が登場する。
 
イメージ 16
 

この瓦の説明文
 
『嘉永五年(1852)八代藩主岩城隆喜の時、幕府から善政を認められて亀田陣屋が城主格に昇格した。その折、家臣たちが三間四間の大手門をつくり贈ったと伝わる。鬼瓦は、越前鬼瓦で敦賀平八作である』

   ★   ★   ★

追記
平八鬼瓦に関しての詳細

(註) 2016.05.04 敦賀平八は由利本荘市石脇三軒町の出身
この鬼瓦を作った敦賀平八は石脇の人(現、由利本荘市石脇)。越前で瓦を焼く修行を終えた後、石脇三軒町で瓦製造を始める。

平八の技術は高く評価され、能登から土を船で運んで石脇で瓦を焼き、越前(福井県)に瓦を販売。この界隈は平八一族の三軒が製造・販売・輸送(北前船・廻船問屋)を各々分担・繁栄し、最盛期には蔵が50棟も建っていた。

拠って、ここを三軒町と称した。この平八瓦については、福井県が調査した記録と見解本『粘土瓦の起源と変遷』に掲載されている。

(追記)その他、越前瓦についての論文
①『福井考古学会会誌 第7号 斎藤優先生追悼号』(1989年5月)
②『秋田県立博物館研究報告 第5号』「秋田沿岸における日本海的人文要素についてー新しい秋田の地域研究のためにー」(1980年 秋田県立博物館)
③『日本海歴史体系 第四巻  近代編Ⅰ』 清文堂2005年9月
この本を数年前に由利本荘市教育委員会が購入したはずである。

(註)2016.05.31 平八鬼瓦一族は廻船問屋へと発展
上記の平八一族の繁栄には瓦に付随したもうひとつの理由があった。

平八は北陸で瓦の修行後、石脇で瓦屋を創業。帆かけ船で能登から瓦用の大量の粘土を石脇まで運んで石脇で瓦を焼くのだが、石脇から能登へは焼いた瓦の一部だけでは軽すぎて航海中転覆の恐れがある。

そこで瓦と一緒に地元の特産物を船に積んで能登で販売。これが発展して廻船問屋となり、日本海を南下し瀬戸内海を回り大坂まで特産物を運び販売。

大坂からの帰路では関西の特産物を船積みし、日本海各港で荷揚げし販売した。瓦屋の北前船である。

冬季、日本海が荒れるので船は大坂や兵庫の港で陸揚げ係留し、板で囲んだので『囲船』(かこいぶね)と呼ばれた。尚、この時に船の補修もした。船の耐用年数は6年が限度である。

船員たちは陸路で石脇に帰り、春先に再び徒歩でやってきて出帆(しゅっぽん)した。尚、平八一族の船主は船の補修・監視で冬季間大坂に滞在。この時、大坂で流行していた歌舞伎にぞっこん惚れ込む。

江戸時代初期から明治時代まで後継者たちの代々の名前が歌舞伎役者の名前(菊五郎・吉太郎等)と同じなのはこれによる。

このあまさぎ村に展示されている鬼瓦は、岩城町岩城氏奥室の平八鬼瓦である。福井県立歴史資料館の瓦調査職員と当時京大大学院教授久保智康は、秋田県の由利本荘エリアで越前瓦の調査をしている。

(追記)久保智康氏の論文など一覧
朝日新聞:京都国立博物館名誉館員 久保 智康さん

調査先は、秋田県岩城町亀田 加藤三男家平八鬼瓦 秋田県仁賀保町三森 高昌寺平八鬼瓦、金刀比羅神社(ことひらじんじゃ)平八鬼瓦である。

(訂正)由利本荘市矢島内川・金刀比羅神社の平八鬼瓦と記入しましたが、2018/8/24に現地調査をしたところ、ここ矢島内川の金毘羅神社ではなく、旧本荘市内にかってあった金毘羅神社であることが判明。但し、この神社は今は無い。

鬼瓦を見に矢島への峠越へ 2018/8/20(月)

福井県で高評価されている平八の鬼瓦の資料が岩城町(現、由利本荘市)に皆無に近い理由の一つには、1884年(明治17年)6月4日、石脇町で260戸が焼ける大火で廻船問屋&瓦屋平八一族の50棟もあった蔵の内、48棟までが焼け、無論、古文書なども焼失したであろう。

二つ目は、この石脇の大火から5年後、鉄道や定期航路の蒸気船の登場で時代遅れとなった平八一族本家は、廻船問屋兼瓦屋を廃業し質屋に転業。この時、それまでの古文書などは廃棄したであろう。

三つ目は、平八一族の菩提寺である長禅寺の過去帳は火事で焼失したという。但し、長禅寺は明治時代から昭和40年代の期間に火災で焼けたとの記録はない。いつのことを言っているのだろうか。

尚、今の住職は三代目で、それ以前の住職とは何等つながりはない。拠って、明治時代も含むそれ以前のことに関しては全く知らないとの由。但し、明治5年の壬申戸籍には1600年の関ヶ原以降の歴代の平八一族の戸主の名前が連なれられている。(註)このことは、明治5年の壬申戸籍作成当時、この菩提寺の過去帳は焼失していなかったことを意味す。

明治時代初期、石脇三軒町での三軒とは、○○平八、○○吉太郎、○○佐助、であり、この三軒が軒を連ね、技術・製造・販売の三位一体を為していたと言える。下記の画像は、平八本家の墓石の土台。『屋号○にイ』が彫られている。

イメージ 23

もう一軒の屋号は、下の画像のヤマサ醤油でお馴染みの、『傘の形』をした『やま(山)』なのだが、この傘の中に入っている文字を忘れる。残り一軒の屋号は、イラスト的漢字一文字なのだが、これも忘れてしまった。
(追記:私見)福井県の調査記録と見解本『粘土瓦の起源と変遷』や福井県の考古学者並びに歴史資料館の歴史研究職員たちの論文を読むと、『平八』の苗字を『村井』と述べている。これは明らかな誤りである。

イメージ 24

下記の鬼瓦に刻印された一種のシンボルマークを上記のように『村』と解している。

イメージ 25

最初の文字のみが草書体で残る三文字は楷書体。拠って、最初の文字を『村』と読むこと自体誤りである。『村』と読ませるのだったら全部楷書のはずである。

それに彼らが『村』と読む漢字の右上に大きく離れた所の『ゝ』(赤い◎で囲んだ点)は何を意味するかを福井の歴史調査担当者たちは説明していない。尚、この文字をどう読むのかは私が解明した持論がある。無論、3〜4年前、彼ら教授や県の調査員に持論をメールで述べているが回答はいまだに無い。

(追記1)2016.09.19
2011年11月9日から着手したこの字の私なりの研究での2013年位月に出した結論は『花押』(かおう)である。

(参考)

(追記2)
由利本荘市資料より『石脇のにぎわい』より一部抜粋

安政2年(1855)の「東講商人鑑」によれば、石脇には6軒の廻船問屋と、本荘と同様に一軒の同講の商人定宿がありました。これは石脇が日本海交易の有力な湊として、加えて商人たちが頻繁に往来する町場として、当時広く認められていたことを示しています。

 また石脇は上町・新町・中町・三軒町の四か町から成立っていて、約1000人が居住する(『史料編Ⅲ』466頁)、人口集住度の高い地域でした。「筆満加勢」の著者で芸人の藤原衆秀を「お座敷」に呼んで遊宴を催したという記述も見え、同所には湊町によく見られた遊郭「吾妻屋」も存在していたようです(『文化・民俗編』296〜7頁)。

★   ★   ★

 後、 ここから西目駅近くの公園へ走りました。

 ⇒ 私のルーツ探索(2)
全校生徒が演じる渕名孫三郎とは (西目小学校)

注1)時間が無く、亀田城佐藤八十八美術館には寄りませんでした。
 
注2)天鷺村公式サイト
(私見)ホームページをもっと充実すべきですね。



※ この鬼瓦に関しては、まだまだ情報不足ですので、これまでの検討内容に関しては公開しておりません。解明次第順次公開します。
鬼瓦の銘文解読一考

 
m 

閉じる コメント(14)

アバター

こんにちは〜
着物を着てずっと正座をしていたおばあ様って美しい方だったでしょうね。
江戸時代の建物は趣があって好きです。
会社の先輩で「鵜沼」さんっていましたよ〜〜
個性的な可愛い顔をしていました。
ナイス☆

2012/8/20(月) 午後 0:34 ゆうこ つれづれ日記 返信する

顔アイコン

鵜沼さんって初めて聞きました。
一日中正座だなんて信じられません。
足が折れてしまいそう(゚ー゚;Aアセアセ
物知りなお話にポポチ〜!

2012/8/20(月) 午後 6:47 orion*.:‘ 返信する

顔アイコン

今晩は。
子どものころを思い出します。日本がこのような時代でした。

2012/8/20(月) 午後 10:38 [ Mr. ] 返信する

以前、会津の武家屋敷で見た景色です。
一日中正座していたら、2度と立てなくなりそうです。

2012/8/20(月) 午後 11:24 pure life 返信する

よくいらっしゃいました。
天鷺城へ登城の訳は鬼瓦にあったのですか・・・
私は天鷺ワインの方に興味があったのかと勘違いしてしまいました(笑)
由緒ある鵜沼家とご親戚筋になるのですか、いや祖母様がここのお上さんのような方だったのでしたね・・・
私の知り合いに「宇沼」姓の方は結構いますけど、「鵜沼」は珍しいです。
機織りの中でも、ぜんまい織りの作品が珍しく特産品ですよ。
最近は来場者も少なくなってきているようですが、ご指摘通りHPの充実が必要ですね。
岩城藩の善政、今の日本国に最も必要かも・・・・

もちろん、ナイス! 記事です。

2012/8/21(火) 午前 6:26 mas*t*mo2*36c*ou*ai 返信する

顔アイコン

かまど^^懐かしいですね^^小さい頃使ってましたよ

2012/8/21(火) 午前 10:26 暁の子 返信する

伊達と関係がある亀田藩のお城なんですね。
亀田城のことは全く知りませんでしたので、
とても参考になりました。

木製の階段でしょうかね、良い雰囲気ですね。
ナイス!

2012/8/21(火) 午後 6:33 [ あゆみ ] 返信する

顔アイコン

ゆうこさん、写真で見ると、一般女性と違って武家の家柄でしたから、厳しい顔ををしていましたよ。((w(´▽`)w))
私の知っている女性の鵜沼さんも個性的な可愛い人でしたよ。
過去、私のブログ記事に一度登場していましたが。ポポチありがとう。

2012/8/23(木) 午後 2:21 水無瀬より 返信する

顔アイコン

Orionさん、正座の遺伝子を受け継ぎ、膝こぶが・・・・ヾ(@^▽^@)ノ
ポポチ、有難う。

2012/8/23(木) 午後 2:26 水無瀬より 返信する

顔アイコン

Mr.さん、小学校5〜6年の時、あのようなかまどでご飯を炊くのが私の日課でしたよ。

2012/8/23(木) 午後 2:33 水無瀬より 返信する

顔アイコン

Pure Lifeさん、当にしびれた〜!となりますね。 \(^-^*)/

2012/8/23(木) 午後 2:35 水無瀬より 返信する

顔アイコン

ぬれ落ち葉さん、このような鬼瓦を観に、もう一度亀田に入らなければならないことになりそうですよ。ポポチ有難う。

2012/8/23(木) 午後 2:47 水無瀬より 返信する

顔アイコン

暁の子さん、かまどでご飯を炊くとき、中に消し炭を入れたものですね。

2012/8/23(木) 午後 2:50 水無瀬より 返信する

顔アイコン

歩さん、小さな藩でしたから、あまり歴史書に登場してこなかったようですね。
このお城の中で宴会もできるようですよ。
酔ったら階段では千鳥足になりますね。((w(´▽`)w))ポポチ、有難う。

2012/8/23(木) 午後 3:03 水無瀬より 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事