白文鳥ピピme物語

検察と大手メディアの明らかな犯罪

全体表示

[ リスト ]


政治や外交を新聞やTVで見て、日本と日本国民がどうなるかなどと考えるのは蚊帳の外で、それはプロ野球などのスポーツやドラマを見るがごとく、単なる観客になってしまった感がありますね。

特にお子さんをお持ちの方、或はお孫さんのいる方は、改めて下記の記事をお読みになって欲しいものです。

TPP発動以降は遺伝子組換え食品などはその旨表示は禁止され、モンサントと住友化学のやりたい放題となり、日本は滅亡への坂道を転がることになります。

特に、アレルギーのみならずお子様の脳は縮小劣化していきますから、ワンコ並みの思考しか出来ない権力に忠実な下僕となるでしょう。

以下、その記事を抜粋。

          ◇       ◇       ◇

On 17th December 2007 Monsanto was found guilty of contempt of the South African Advertising Authority (ASA) for publishing false claims about the safety of GM foods. In January,2007, Monsanto was fined 15,000 euros (US$19,000 ) in a French court for misleading the public about the environmental impact of herbicide Roundup. A former chairman of Monsanto Agriculture France was found guilty of false advertising for presenting Roundup as biodegradable and claiming that it left the soil clean after use.

2007年12月17日に、モンサントは、南アフリカの広告公社(ASA)の出版物に、遺伝子組換え食品の安全性について嘘の主張を掲載したことは広告会社を侮辱したとして有罪と立証されました。

2007年1月に、モンサントは、除草剤ラウンドアップの環境への影響について、フランス国民をミスリードしたとして フランスの法廷では15,000ユーロ(19,000USドル)罰金を科された。

フランスの法廷では、フランスのモンサント農業の前任会長は現在のラウンドアップは微生物の作用で無害な物質に分解でき、そしてそれを使用後には土壌をきれいにすると主張する虚偽広告をしたとし、有罪であると判決しました。


Monsanto's French distributor Scotts France was also fined 15,000 euros. In 2005 Monsanto was caught smuggling South African produced GM Bollgard cotton seed into Indonesia disguised as rice.

モンサントのフランスの配給者スコッツ・フランスも、15,000ユーロの罰金を科されました。
2005年には、モンサントは、米穀に偽装した南アフリカ産遺伝子組み換えボールガード綿をインドネシアに密輸入するのを押さえられました。

Monsanto was fined for bribing Indonesian officials. 

モンサントはインドネシアの政府関係者に贈賄したことで罰金を科されました。

In 2006 Monsanto suppressed evidence of serious damage to the liver and kidneys of rats in their MON 863 GM maize trials until ordered to release this evidence by a German Court. 

2006年には、モンサントは、製品No.MON863遺伝子組換えトウモロコシはネズミの肝臓と腎臓への深刻なダメージを与える証拠をドイツ法廷によってこの証拠を公表せよと命じられるまで隠していました。

In June, 2007, a second peer-reviewed case involving another variation of Monsanto's GM maize, namely, NK 603, has been shown by studies to be potentially toxic to humans.

2007年6月に、モンサントの遺伝子組換えトウモロコシ(製品名 NK 603)の他の変種を含むもう一つのクチコミされたケースでは、人間に潜在的に有毒であることを研究によって示されたとしています。

NK 603 has been approved for food, feed, processing, and propagation in Europe and the Philippines 

NK 603はヨーロッパとフィリピンで食物、食材、加工および普及のために承認されました。

The new research, carried out by the French scientific research institute CRIGEN, involves biotech firm Monsanto's NK 603 GMO corn (marketed commercially under the name Round-up Ready). 

フランスの科学的調査研究所CRIGENによって行なわれた新しい研究では、バイオ技術企業モンサントの( Round-up Readyの名前で営利上市場に出した)NK 603 GMOトウモロコシを含んでいます。


Rats that were fed GM maize showed significant differences in measurements, as well as significant weight differences compared to those fed with normal maize.

遺伝子組換えトウモロコシを与えられたネズミは、正常なトウモロコシが与えられたものと比較して、著しい重量差と同様に測定の著しい差を示しました。

Almost 70 statistically significant differences were observed and reported - 12 for hematology parameters, 18 for clinical chemistry parameters, nine for urine chemistry parameters, six for the organ weights (brain, heart, liver), 14 for body weights and body weight changes, and eight for food consumption.

約70の統計的に著しい違いが観察され報告されました。
内訳は、血液学パラメーター(母数)で12、臨床化学パラメーター、尿化学パラメーターで9、臓器重量(脳、心臓、肝臓)で6、体重で14および体重変更で18および食料消費で8.

toxicity, The most alarming was the diminished brain size.

最も憂慮すべきことは脳サイズの減少でした。

Scientists warned that diminished brain size sent out a urgent danger warning for growing children fed `GM food.

科学者は警告する。遺伝子組換え食品を子供に与えると脳サイズが縮小する切迫した危険の警告を発していることを。


          ◆       ◆       ◆

《付記事項》

(注)上記のように、モンサントなどの遺伝子組換え食品などの認可には海外のみならず、日本でも多大な裏金が動いているものと想定される。

(参考)第二次小泉内閣時代に認可した遺伝子組み換え食品一覧

(参考)以後、各内閣が認可した遺伝子組換え食品一覧
厚生労働省医薬食品局食品安全部 


(参考)厚生労働省食品保健部
厚労省は遺伝子組換えダイズはマウスに対して死亡率や成長に影響を与えないことが報告されているとし、認可対象としている。(Brake DG, Evenson DP. Food and 
Chemical Toxicology 2004;42:29-36)

(参考)厚生労働省食品保健部
安全性未審査のモンサントの遺伝子組換えじゃがいもが検出された3検体は、いずれもハウス食品(株)が製造販売したスナック菓子

(参考)厚生労働省食品保健部
主に遺伝子組換え食品のアレルギー誘発性についての議論
1996年のバイオテクノロジーと食品の安全性に関するFAO/WHO合同会議で、遺伝子組換え食品のアレルギー誘発性問題が初めて大きく取り上げられた。

第2回となる今回の会議ではさらなる専門家会議が必要となる領域を特定し、FAO/WHO は遺伝子組換え食品と食品中に新たに発現するタンパク質のアレルギー誘発性評価を最優先事項として専門家会議を開くべきであると勧告した。

一般的に乳幼児の方が成人よりも IgE が誘発する食物アレルギーの影響を受けやすい。3 歳未満の乳児の罹患率は 5〜8%程度である。



閉じる コメント(3)

アバター

遺伝子組み換えしていませんっていう表示のものを出来るだけ使うようにしていますけど…

なかなかそれも難しくなっちゃいますね…
こうした事実をもっと知らないと、将来、とんでもないことになりますよね…
怖い‼︎

2014/6/4(水) 午後 7:37 きらきら大好き

アバター

きらきらさん、地元の農家から旬な野菜を買えるように契約しておいたらいいでしょう。
二代目ちゃんにはよくよく言っておいたらいいでしょう。

2014/6/5(木) 午後 1:25 水無瀬より

アバター

Key.さん、大手の食品メーカーほど危ないでしょうね。
ヤマザキパンには放射能が入っていることで有名ですね。
山陰や中国地方の農家から直接野菜を送ってもらう方法があります。
ご近所さんと共同で取り組んだら、農家から直接トラックで持ってきてくれるでしょう。

2014/6/5(木) 午後 1:30 水無瀬より


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事