白文鳥ピピme物語

検察と大手メディアの明らかな犯罪

全体表示

[ リスト ]


糖尿病の児童にインシュリン注射を射たせない故に兒童が死亡した件に関し、何故に兒童が糖尿病に罹ったのかのことに関しては無視されている。

実は、子供の糖尿病の大半の原因はワクチンである。それは、懐胎前に射った母親のワクチンであり、或は、幼児の時に射ったワクチンである。

米国のワクチンセンターでの報告によると、諸外国の幼児や児童の調査資料から、ワクチン接種以降、糖尿病が飛躍的に増大しており、そのワクチンとは、百日咳、風疹、はしか、おたふくかぜ(流行性耳下腺)、MMR(註1)などである。

換言すれば、厚労省は、糖尿病の幼児患者や児童患者を作るために、母親に、幼児に、ワクチンを強制的に接種させているのである。

尚、この稿の後半に、米国のワクチンセンターの報告書を掲載していますが、大半がまだ自動翻訳のままです。時間があり次第、翻訳しなおします。下手ですけど。

(註1)MMR 新三種混合ワクチンとは、麻疹、流行性耳下腺炎(おたふく風邪)、風疹の三種の生ワクチンが混合されたワクチンで、MMRワクチンとも呼ばれる。
日本では、1988年から1993年まで実施されていた。しかしムンプスワクチンによる無菌性髄膜炎発生率が高い事が問題となって中止となった。現在では、個別接種が行なわれている。
2006年4月から、副反応が問題となったムンプスワクチンを除いた、麻疹・風疹混合(MR)ワクチンの接種が開始された。



(TVニュース)
糖尿病の7歳児死なす「龍神」男が“治療”
日本テレビ系(NNN) 11月26日(木)
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20151126-00000066-nnn-soci

イメージ 1

重い糖尿病を患った男児(7)に適切な治療を受けさせず死亡させたとして、栃木県下野市の自称・祈祷(きとう)師の男(60)が殺人の疑いで逮捕された。

イメージ 2

男は自ら「龍神」と名乗り、「治療」と称して「死に神退散」と呪文を唱(とな)えたり、体をさすったりしていたという。

イメージ 3

男児は「I型糖尿病」と診断され、インスリン注射が必要だった。(以下省略)
 

イメージ 4




米国
National Vaccine Information Center
国立ワクチン 情報センター


Juvenile Diabetes and Vaccination
New Evidence for a Connection

若年性糖尿病と予防接種:
関連ある新たな証拠


1997年の秋、疾病管理センターは、以下の通り述べています。
1958年以降、慢性疾患である糖尿病に耐えているアメリカ人の数が1958年以降、記録的な6倍に増加したが、その他に500万人が糖尿病罹患者と見積もられているが、本人は、そのことを知らないかもしれない。

What is diabetes?
糖尿病とは何ですか?
(説明は省略)

真性糖尿病の2つのタイプがある:I型は、インスリン依存性若年性糖尿病と呼ばれ、II型は成人発症型糖尿病と呼ばれる。

I型糖尿病 - I型糖尿病、インスリン依存性糖尿病(IDDM)と呼ばれるが、小児および若年成人で主に発生します。 糖尿病と診断されたものの5〜10%がI型糖尿病患者です。 I型糖尿病では、体はインスリンを産生することができません(中略)

 症状は過度の口渇、空腹、排尿、脱水、しばしば体重減少が含まれます。 インスリン注射は、安定した血中グルコースレベルを維持するために毎日服用しなければなりません。


タイプII糖尿病 - II型糖尿病は中年で主に発生し、糖尿病のすべての診断された症例の90%を占めます。(説明文等省略)

慢性疾患および高医療費-糖尿病(I型およびII型)は、時間が経つにつれて、次第に衰弱していく慢性疾患です。 ときに制御されていないか、又は、不十分な制御により、糖尿病は、手足の壊疽で切断を必要としたり、失明、難聴、心臓や腎臓病、脳卒中、白内障、神経損傷、腸管の麻痺、壊疽につながります。

古いレポート。ワクチンとの関連の新たな証拠 - 百日咳ワクチン(DPTまたはDTAPショットの一部)を注射し、何人かの子供たちが正常な血のグルコースレベルの維持にトラブルを発していたことを医師は早くも1949年に医学文献上 報告書を作り始めました。

研究室の研究では、百日咳ワクチンはマウスで糖尿病を引き起こす可能性があることを確認しています。

糖尿病研究は、1960年代、70年代、80年代に進歩してきたように、ウイルス感染症は、糖尿病を引き起こす補因子であり得るという観察がありました。

このようなライブ麻疹、流行性耳下腺炎および風疹ウイルスの弱体化の形で作られているライブMMRワクチンとして生ウイルスワクチンの導入により、糖尿病などの慢性疾患を引き起こす補助因子が出来る問題が取り上げられました。

1つのウイルス、風疹ウイルスは、すでに糖尿病に関連することが示されています。

Babies infected with the rubella virus in their mother's womb, who are born with congenitally acquired rubella syndrome, often develop Type I diabetes.

 母親の子宮の中で風疹ウイルスに感染した赤ちゃん、先天的に取得風疹症候群を持って生まれている、多くの場合、I型糖尿病を発症します。(中略)

One 1980 study concluded that rubella virus can infect pancreatic islet cells and that the infection can severely reduce levels of secreted insulin.
 一つ1980年の研究では、風疹ウイルスが膵島細胞を感染させることができることと、感染が深刻な分泌されるインスリンの量を減らすことができると結論付けました。

Another study in the 1980's demonstrated that, after live rubella vaccination, the rubella virus can persist in the body of a vaccinated person for many years.

1980年代の別の研究では、ライブ風疹ワクチン接種後、風疹ウイルスは長年にわたり、ワクチン接種者の身体に固執することができ、ことを明らかにしました。

Like rubella, mumps disease has been strongly associated with the development of Type 1 diabetes.
Like the rubella virus, the mumps virus can infect pancreatic islet cells
And like the live rubella vaccine, there are persistent reports in the medical literature that some children develop diabetes after receiving live mumps vaccine.

風疹と同様に、ムンプス病が強く、1型糖尿病の発症に関連しています。 風疹ウイルスと同様に、ムンプスウイルスは、膵島細胞に感染することができます。 ライブ風疹ワクチンのように、いくつかの子供たちがライブムンプスワクチンを受けた後に糖尿病を発症する医学文献で永続的な報告があります。

An accumulation of scientific research today suggests that Type 1 diabetes is an autoimmune disease.
Autoimmunity is created when the immune system malfunctions and attacks its own body
Genetic predisposition and environmental factors (such as a viral infection) are thought to be co-factors in the development of autoimmune disease, including diabetes.

科学的研究の蓄積は、今日、1型糖尿病は自己免疫疾患であることを示唆しています。 免疫系の機能不全とは、自身の体を攻撃したときに自己免疫が作成されます。 遺伝的素因と(例えば、ウイルス感染のような)環境因子は、糖尿病を含む自己免疫疾患の発症における補因子であると考えられています。

Because a vaccine artificially manipulates the immune system in order to make it act as if it has recovered from and is immune to a particular disease, some scientists are investigating whether vaccination can be a co-factor in the development of autoimmune diseases like diabetes.
This research is particularly important for individuals who may have a genetic predisposition to autoimmunity, such as those with a family history of autoimmune disease.

ワクチン関連の新たな証拠は糖尿病の増加-予防接種糖尿病接続の証拠は、J Barthelowクラッセン、MD、国立衛生研究所の元研究員とクラッセンの創設者兼最高経営責任者(CEO)の疫学調査により、1996年から強化されています免疫療法は、株式会社..博士クラッセンは、自己免疫疾患を予防するための方法を開発し、世界で糖尿病の成長の流行がある理由の一つと主張されて2ヶ月と古いで子供たちに与えられたワクチンは免疫介在性糖尿病を誘発することができるためです。

Classen has analyzed mass vaccination and disease incidence data from foreign countries, which keep better records of diabetes incidence than the US, as well as has conducted basic science research experiments on mice and rats to support his argument.
Beginning with lab experiments, he demonstrated that 8 week old rats and mice injected with DPT vaccine had a higher incidence of diabetes than those who were not injected with DPT vaccine at 8 weeks old.
Then he searched for evidence in existing epidemiological data on human populations to suggest that injecting two month old babies with vaccines causes an increased incidence in diabetes.

クラッセンは、米国よりも、糖尿病の発生率のよりよい記録を保つだけでなく、彼の引数をサポートするために、マウスやラットの基礎科学研究の実験を行った外国からの集団予防接種や病気の発生率データを、分析しました。 ラボ実験に始まり、彼は三種混合ワクチンを注射した8週齢のラットとマウスは8週齢で三種混合ワクチンを注射していなかった人よりも糖尿病の発生率が高いを持っていたことを明らかにしました。 それから彼は、ワクチンと2ヶ月の赤ちゃんを注入することは、糖尿病における発生率の増加を引き起こすことを示唆してヒト集団に関する疫学データを既存の証拠を探しました。

In the May 24, 1996 New Zealand Medical Journal, Dr. Classen reported that there was a 60 percent increase in Type I diabetes (juvenile diabetes) following a massive campaign in New Zealand from 1988 to 1991 to vaccinate babies six weeks of age or older with hepatitis B vaccine. His analysis of a group of 100,000 New Zealand children prospectively followed since 1982 showed that the incidence of diabetes before the hepatitis B vaccination program began in 1988 was 11.2 cases per 100,000 children per year while the incidence of diabetes following the hepatitis B vaccination campaign was 18.2 cases per 100,000 children per year.

1996年5月24日ニュージーランド医学ジャーナルに、クラッセン博士は、タイプの60パーセント増加があると報告した 私糖尿病(若い糖尿病) 赤ん坊6週の年または肝炎Bワクチンのためより古いことに予防接種するために、ニュージーランド1988から1991までの大規模なキャンペーンに続いている 。将来に100,000人のニュージーランド子供のグループの彼の分析が続いていた。なぜなら、1982年は、肝炎B予防接種キャンペーンに続いている糖尿病の発生が100,000人の子供あたり1年あたり18.2のケースである間、肝炎B予防接種プログラムが1988年に始まった前の糖尿病の発生が100,000人の子供あたり1年あたり11.2のケースであることを示したからである。


More Vaccines Equal More Diabetes - In the October 22, 1997 Infectious Diseases in Clinical Practice, Classen presented more data further substantiating his findings of a vaccine-diabetes connection. He reported that the incidence of diabetes in Finland was stable in children under 4 years of age until the government made several changes in its childhood vaccination schedule. In 1974, 130,000 children aged 3 months to 4 years were enrolled in a vaccine experimental trial and injected with Hib vaccine or meningococcal vaccine. Then, in 1976, the pertussis vaccine used in Finland was made stronger by adding a second strain of bacteria. During the years 1977 to 1979, there was a 64 percent increase in the incidence of Type 1 diabetes in Finland compared to the years 1970 to 1976.

より多くのワクチンはより多くの糖尿病と等しい-臨床実行の1997年10月22日伝染病に、クラッセンはより遠くにより多くのデータを見せて、ワクチン糖尿病接続の彼の発見を実証した。彼は、政府がその幼年期の予防接種スケジュールのいくつかの変化を起こすまで、4歳未満の子供でフィンランドの糖尿病の発生が安定していると報告した。1974年に、3ヶ月から4年まで年老いた130,000人の子供が、ワクチン実験的トライアルに登録されて、Hibワクチンまたは髄膜炎菌のワクチンを注入された。そして、1976年に、フィンランドで使われた百日咳ワクチンは、バクテリアの2番目の系統を追加することによってより強くされた。1977から1979までの数年の間に、1970から1976までの年に比べてフィンランドのタイプ1糖尿病の発生の64パーセント増加があった。


In 1982, another vaccine was added to the childhood vaccination schedule in Finland. Children aged 14 months to six years were given the live MMR (measles-mumps-rubella) vaccine. This was followed by the injection of 114,000 Finnish children aged 3 months and older with another experimental Hib vaccine. In 1988, Finland recommended that all babies be injected with the Hib vaccine.

1982年に、別のワクチンはフィンランドの幼年期の予防接種スケジュールに追加された。14ヶ月から6年まで年老いた子供は、ライブのMMR(はしかおたふくかぜ風疹)ワクチンを与えられた。これには、3ヶ月年老いて、別の実験的なHibワクチンのためより古い114,000人のフィンランドの子供の噴射が続いていた。1988年に、フィンランドは、すべての赤ん坊がHibワクチンを注入されるように勧めた。

The introduction of these new vaccines in Finland were followed by a 62 percent rise in the incidence of diabetes in the 0 to 4 year old age group and a 19 percent rise of diabetes in the 5 to 9 year old age group between the years 1980 and 1982 and 1987 and 1989. Classen concluded:
フィンランドのこれらの新しいワクチンの導入には0から4年まで老齢グループの糖尿病の発生での62パーセント上昇、および年1980と1982と1987と1989の間の5から9年まで老齢グループの糖尿病の19パーセント上昇が続いていた。クラッセンは終えた:



"The net effect was the addition of three new vaccines to the 0-4 year old age group and a 147 percent increase in the incidence of IDDM [insulin dependent diabetes mellitus] , the addition of one new vaccine to the 5-9 year olds and a rise in the incidence of diabetes of 40 percent, and no new vaccines added to the 10 to 14 year olds and a rise in the incidence of IDDM by only 8 percent between the intervals 1970-1976 and 1990-1992. The rise in IDDM in the different age groups correlated with the number of vaccines given."

「ネット効果は、3つの新しいワクチンの0-4年老齢グループへの付加、およびIDDM[インシュリン依存糖尿病]の発生の147パーセント増加、1つの新しいワクチンの5-9歳への付加、および40パーセントの糖尿病の発生での上昇であった、そして、どの新しいワクチンもIDDMの発生の10から14歳までと上昇に間隔1970-1976と1990-1992の間のほんの8パーセント追加しなかった。種々の年令層のIDDMでの上昇は、与えられたワクチンの数と相関していた。」

Biological Mechanism Described - Classen says that when infants are given vaccines at two months of age and older, some infants may already have a sub-clinical inflammation of insulin secreting cells due to exposure to diabetes-inducing viruses carried by the mother such as coxsackievirus B infections. When babies with this sub-clinical inflammation are injected with vaccines, the existing inflammation is made worse by the release of interferon and causes an autoimmune state leading to immune mediated Type 1 diabetes later in childhood. Classen's data shows there can be a 1 to 4 year latency between the time the vaccines are given and Type 1 diabetes appears.

説明された生物学のメカニズム-コクサッキーウイルスB感染などの母により運ばれた糖尿病引き起こしているウイルスへの露出のためすでに何人かの幼児がインシュリン分泌細胞のサブ臨床の炎症にかかることができることにおいてクラッセンは言う that 2ヶ月の年およびより古いことで幼児がワクチンを与えられる時 。このサブ臨床の点火を持つ赤ん坊がワクチンを注入される時には、既存の点火はインターフェロンのリリースによりより悪くされて、幼年期に、後で、自己免疫国導きを、免疫がある調停されたタイプ1糖尿病に起こす。クラッセンのデータショウ ワクチンが与えられる時間に1年から4年まで待ち時間があるかもしれず、タイプ1糖尿病は出現する。

Classen, whose company has developed pediatric immunization methods to prevent diabetes, believes that Type 1 diabetes and other autoimmune disorders can be prevented by vaccinating babies immediately after birth. He points to a much lower incidence of Type 1 diabetes in children in Sweden who were given BCG vaccine at birth compared to Swedish children who were given BCG vaccine at two months of age, data which correlates with experiments he conducted on mice and rodents he injected with BCG vaccine at birth and two weeks of age. He also points to data from other countries such as Ireland and Switzerland to make his case for vaccination at birth. Classen maintains that when vaccines are given at birth, the infant's body releases interferon which protects the child from being colonized with diabetes-inducing viruses carried by the mother.

会社が糖尿病を防止する小児科の免疫化方法を開発したクラッセンは、タイプ1糖尿病および他の自己免疫の不法行為が、誕生のすぐ後に赤ん坊に予防接種することによって防止できると信じる。彼は、誕生で、BCGワクチンが、2ヶ月の年でBCGワクチンが与えられたスウェーデンの子供に比べて与えられたスウェーデンの子供のタイプ1糖尿病のずっと下の発生を指し示す、実験と相関しているデータ 彼は 誕生および2週の年で彼がBCGワクチンを注入したマウスと齧歯類において指揮した。彼は、また、誕生で予防接種のために彼のケースを作るために、アイルランドやスイスなどの他の国からデータを指し示す。クラッセンは維持する that 誕生、母により運ばれた糖尿病引き起こしているウイルスによって植民地化されることから子供を保護する幼児のボディリリースインターフェロンでワクチンが与えられる時 。

Vaccine Trials Flawed - Whether vaccination at birth will prevent vaccine-associated autoimmunity such as diabetes is not as clear as Classen's analysis of compelling data suggesting vaccines can be a co-factor in the development of Type I diabetes in children. Without large, well designed case controlled studies, his proposed solution to vaccinate at birth cannot be confirmed.
ワクチントライアルはひびが入った- 誕生での予防接種が防止するかどうかので、糖尿病などの自己免疫がワクチン結び付いた 私 糖尿病 子供 タイプの開発において、ワクチンを示唆している注目せずにはいられないデータのクラッセンの分析が、共同ファクターであるかもしれないほどクリアではない。大きさなしでは、健康なデザインされたケースコントロール研究、誕生で予防接種する彼の提案された解決は確認できない。

In the meantime, Classen is critical of past and current vaccine trials used by drug companies and the FDA to license vaccines and used by the CDC to make mass vaccination policies. In conclusion, he said:
その間、クラッセンは、ワクチンをライセンスするように薬会社と食品医薬品局により用いられた過去および現在のワクチントライアルに批判的で、大量の予防接種方針を作るために、CDCによって使用される。結論においてと、彼は言った:
"The results indicate that previous vaccine trials are flawed because they are not designed to detect associations between vaccination and autoimmune diseases, such as IDDM. Prospective clinical trials are needed to further evaluate the effect of vaccines on IDDM."

「結果は、前のワクチントライアルがひびが入ることを示す。なぜなら、それらは、IDDMなどの予防接種と自己免疫の病気の間の協会を検出するようにデザインされないからである。見込みのある臨床試験は、ワクチンのIDDMへの効果をさらに評価するために必要である。」
NVIC Calls For Government Funding of Independent Researchers - Although more than $1 billion dollars is appropriated by Congress to federal health agencies every year to develop, purchase and promote the mass use of vaccines by American children, none of that money is used to fund independent vaccine researchers to investigate vaccine-associated health problems like diabetes. In fact, reputable researchers outside of government like Dr. Classen, who want to do vaccine adverse event research, are not given government grants to do that kind of research.

NVICは独立な研究者への政府出資を要求する-10億ドルドルより多くは、発展するように、毎年連邦の健康機関に議会により充当されるけれども、アメリカの子供によってワクチンの大量の使用を購入しなさい。そのお金のどれも、糖尿病のようなワクチン関連した健康上の問題を調査するために独立なワクチン研究者に出資するために使用されず、促進してはならない。実のところ、ワクチン反対イベント研究をしたいクラッセン博士のような政府の外の評判が良い研究者は、その種類の研究をするために、政府の認可を与えられない。


The National Vaccine Information Center maintains that there is an inherent conflict of interest in allowing the same health officials in federal agencies responsible for researching, developing, regulating, making national policy for and promoting vaccines to also be in control of monitoring vaccine reactions and evaluating health problems associated with vaccines. There is a similar conflict of interest in relying solely on scientific data supplied by drug companies, who make and sell vaccines for a profit, to license vaccines safe for use by the public without corroborating independent scientific data about the vaccine's safety.

全国ワクチン情報センターは維持し、ワクチンと関連した監視ワクチン反応と評価健康上の問題のコントロールにもあるようにそれのための,発展、調節、制作全国的な方針と促進ワクチンを研究することについて責任がある連邦のエージェンシーの同じ健康役員を許すことに固有の利害対立がある。ワクチンの安全についての独立な科学データを確証せずに一般大衆のため使用のために安全なワクチンをライセンスするように、薬会社から供給された科学のデータにだけ頼っていることに同様な利害対立があり、ワクチンを作り、利益で売却する。

"Health officials in federal agencies have no accountability to anyone when it comes to setting priorities for how our tax dollars are used when it comes to vaccine research," said NVIC president and co-founder Barbara Loe Fisher. "They can choose to do whatever they want to do with the money they get from Congress. And they choose to ignore the mounting evidence that vaccines are playing a role in the current epidemic of chronic disease, such as diabetes, in our society. Instead, our tax money is used to create more vaccines to add to the mandatory vaccination schedule for our children. There have never been and there are no plans to fund large independent studies to back-up the scientific validity of the government's current vaccine policies and independently confirm they are safe."

「それがワクチン研究に来る時にどのように私達の税金ドルが使われるかので、それが、優先事項を設定することに来る時には、連邦のエージェンシーの健康役員は責任を誰にでも全然持っていない、「言われたNVIC大統領および共同設立者バーバラLoeフィッシャー。「彼らは、彼らが、彼らが議会から得るお金でしたいものを何でもすることを選ぶことができる。そして、彼らは、ワクチンが私達の社会の慢性疾患〈糖尿病などの〉の現在の流行役割を果たしているという設置証拠を無視することを選ぶ。代わりに、私達の税金お金は、私達の子供のための義務的な予防接種スケジュールに追加するためにより多くのワクチンを作成するために使用される。そこが一度もであったことがなく、バックアップ 政府の現在のワクチン方針の科学の妥当性 に大きな独立な研究に出資する計画が全然なく、独立して確認する それら 安全である。」



ワクチンの恐怖:目次 2014/10/23(木) 



この記事に

閉じる コメント(6)

アバター

この事件で…
子供の糖尿病があるってことを知った方も多いみたいですね

2015/11/28(土) 午前 1:02 きらきら大好き 返信する

アバター

> きらきら大好きさん、まさかと思いますね。

2015/11/28(土) 午前 7:57 水無瀬より 返信する

顔アイコン

これだけ情報世界の世の中なのに、信じられないことがあるのですね。 7歳の両親にも腹立たしさを感じます。
我友の愛犬でさえインシュリンが欠かせなくて・・の生活なのに。
「ナイス」

2015/11/28(土) 午後 4:09 NO4笑公子 返信する

顔アイコン

>糖尿病の児童にインシュリン注射を射たせない故に兒童が死亡した件に関し、何故に兒童が糖尿病に罹ったのかのことに関しては無視されている。

当たり前の事です。

事件になったのは「インシュリン注射を射たせない」事であって、「7歳の児童が糖尿病だった」事では無いからです。

2015/11/29(日) 午前 11:16 [ nan***** ] 返信する

アバター

> NO4笑公子さん、ワンコ用ワクチンも危ないということですね。
とにもかくにも医薬品を使わせるように世界は動いていますね。
医薬品メーカーが金と脅しで各国の政府を牛耳っている。

2016/1/6(水) 午後 4:13 水無瀬より 返信する

アバター

> nan*****さん、あなたの見解が一般的でしょうね。

2016/1/6(水) 午後 4:14 水無瀬より 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事