白文鳥ピピme物語

検察と大手メディアの明らかな犯罪

全体表示

[ リスト ]

ガンは医師が造る


20年弱前のことです。母が急遽腹痛で入院し、二ヶ月後の夜、医師に呼ばれて母の肝臓などのレントゲン画像を見せられました。

医師は、数枚のレントゲン画像を掲げながら、大腸から肝臓に転移しているから、もう、手の施しようがないと言いました。

その画像は、ここに掲げるカラー画像をモノクロにしたものとそっくりでした。

イメージ 1

医師に見せられた画像は、今思えば、入院後、免疫力低下によるガンジダの肝臓での増殖図だったのです。

医師の言う転移とは転移ではなく、抗がん剤による免疫力の低下の結果、ガンジダの他の臓器での増殖だったのです。

母の入院後、免疫力をアップする飲食物を摂取するよう手配していたなら、ひょっとして母は88歳ではなく、100歳近くまで生存し続けたかもしれません。

   ✩   ✩   ✩

以下は、ガンは医学界でいうガンではなく、真菌の免疫力低下による増殖体であるとの論文です。この説に基本的に賛同する体験を私もしています。取り敢えず、今回はその全文を以下に掲載しました。無論、続編も書く予定です。


癌とは真菌の組織塊であり腫瘍とは別物


1 がん治療の世界はオカルト

ガン患者の8割が抗がん剤などの副作用で死んでいるという。というか、そもそもがん細胞というものが特定されていないのだから、ガンで死ぬということがどういう現象なのかわからないのである。

今日、がんとは「遺伝子変異によって自律的で制御されない増殖を行うようになった細胞集団のなかで周囲の組織に浸潤し、また転移を起こす悪性の腫瘍」ということになっている。つまり、良性か悪性かの違いは、遺伝子変異によって決定づけられるというのだ。

これを角度を変えて宗教的に考えてみると、腫瘍には天使と悪魔の両面があるといっているのと同じであることに気づかれたのであろうか。

根拠のない遺伝子変異を中心に展開する科学の論理は、裸の王様理論というよりもオカルト理論なのである。がん治療の世界はオカルトの世界なのである。

2 がんは真菌の組織塊で深在性真菌症である 

近年、日本では、真菌感染症や深在性真菌症の研究が進んでいる。真菌感染症というと水虫、たむしのように患部が皮膚の角質などに止まり真皮に及ばない表在性真菌症が治療の中心であったが、皮下組織や、脳、肺、心臓などの内部臓器まで及ぶ深在性真菌症の研究が進んでいる。

つまり、皮膚の角質に白癬菌が広がるように、皮下組織や内部臓器に真菌が増殖し広がる事象が認識されていて、高血圧、動脈硬化、心疾患、脳疾患、各臓器での感染炎症などにつながると研究されているのである。

大日本住友製薬のHPには、深在性真菌症として、アスペルギルス、カンジダ、クリプトコッカス、ムーコルなどの接合菌を動画で紹介しているのだが、その症状はがんと同じであることに気づく。

   ✩   ✩   ✩

主要病原真菌の姿(大日本住友製薬HPへリンク)

深在性真菌症の原因として、アスペルギルスを筆頭に、カンジダ、クリプトコッカス、ムーコルなどの接合菌が4大原因真菌といわれています。 ヒトと同じ真核生物である真菌は、原核生物である細菌とは異なり、構造が複雑で、菌糸や分生子を形成します。それが深在性真菌症の治療を難しくしています。 ここでは、生きた真菌の姿を映像で紹介します。

アスペルギルス映像

カンジダ映像

クリプトコッカス 画像と記事

接合菌(ムコール)映像

   ✩   ✩   ✩

HPでは、アスペルギルスと肺がん、カンジダと肝臓障害との関連付けしていて、クリプトコッカスはAISDとの関連を指摘しています。また、ムーコルなどの接合菌は、菌糸が急激に増殖する事例を紹介している。

また、血液のがんと言われている白血病も、血液の中に、真菌が増殖すると考えれたほうが合理的だ。白血病=血液の真菌感染症と直接的には表現していないが、下記のレポートは白血病と真菌感染症の関連を指摘していると言えよう。
血液疾患の真菌感染症 最近の動向

これらの深在性真菌症は、いわゆるがんの症例と似ていないだろうか。いや同じではないだろうか。細胞の遺伝子変異でがん細胞が増殖るのではなく、放射真菌が皮下組織や内部臓器に広がっているのではないだろうか。つまり、がんは真菌感染症でありであるということである。 

イタリアの医師トゥリオ・シモンチーニも、真菌であると言っているが、彼の場合、人体にカンジタなどの真菌類が感染した際、人体の免疫による防御システムが働くために、感染した細胞を腫瘍細胞という形で増殖させるとしていて、真菌が増殖するという説とは異なる。彼は、まだ従来の神学論的なガンという概念から脱却できていないのだろう。

まとめると、いわゆるがんとは、細胞の突然変異によって増殖した細胞の組織塊である悪性腫瘍が引き起こすものではなく、真菌の組織塊が、免疫力の低下などで内部臓器内で増殖拡大する現象であるということになる。

むしろ、がんという病名をなくした方が理解しやすいかもしれない。

新宇宙概論より



『重曹でがんは消える』 2018/03/03

『積極的にインフルエンザに罹ろう』 2018/2/27(火)

※実証『煙草は無類の薬剤』 2018/2/6(火) 


閉じる コメント(4)

顔アイコン

賛同できない。

2016/7/20(水) 午後 4:39 [ - ] 返信する

顔アイコン

身体の中に、菌?コワイ〜。
そう言えば、歯周病も、菌ですよね〜。。コワイ〜ヽ(TдT)ノ

2016/7/20(水) 午後 5:02 あみうさ 返信する

アバター

> peterpanさん、ごもっとも。
今後の記事をご期待下さい。

2016/7/21(木) 午前 5:24 水無瀬より 返信する

アバター

> 雪橋 愛結さん、歯周病は危ないですね。
菌が体全体に回りますから。
予防方法は後日書きます。

2016/7/21(木) 午前 5:27 水無瀬より 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事