白文鳥ピピme物語

検察と大手メディアの明らかな犯罪

全体表示

[ リスト ]


ブログ友のぴよぴよさんの記事の転載です。
びっくりポンな内容です。


『京大原子炉実験所准教授は「拉致実行犯」の娘と結婚していた』 2017/3/20(月) 

こんな衝撃的な記事が新潮45 3月号に載った。

 北朝鮮へ渡航したら日本には戻れない「再入国禁止」措置がとられている「核」の専門家は近年核兵器の小型化にも応用できる研究を行っていた。

そしてその彼と暮らす在日韓国人の妻は、なんと田中実さん拉致事件を起こした秘密組織「洛東江」責任者の娘だった。

昨年2月に再入国禁止措置が取られたのは22名、その中で核・ミサイル技術者は5名。そのうちの一人、卞哲浩京都大学原子炉実験所准教授(註1)がその人物である。

(註1)卞哲浩とは、
1965年4月、神奈川県川崎市生まれ。登録上は、韓国籍。名古屋大学工学部卒業後、同大学院に進み修士課程修了。その後、京都大学大学院に移り、2000年にエネルギー科学の博士号を取得。2002年から京都大学原子炉実験所の助手となり、その後、准教授となった。

 大阪府泉南郡熊取町にある広大な実験所の敷地は、三重、四重、所によっては五重、六重の有刺鉄線がくまなく張り巡らされ、さらにその有刺鉄線の間に電気柵も敷設されているという。

 正面入り口は24時間警備員が目を光らせており、物々しい警戒ぶりだ。
この厳重な施設に自由に入れる人物が卞哲浩氏だ。

 その卞氏の岳父に当たるのが、陳邀擇澄
一部ではよく知られた名前だ。なぜなら、「洛東江」という北朝鮮直属の秘密工作機関の親玉だったからだ。 ・・・
         新潮45 3月号 福田ますみ氏より抜粋
「新潮45」3月号

(参考)
北の原爆開発者は日本が育てた、今でもメディアNG〜元公安庁部長

(参考)
日本:原発で生成したプルトニウムを英国へ輸出 2016/2/10(水)

日本のプルトニウムは英国経由北朝鮮へ 2016/2/12(金)

プルトニウムは東海村⇒⇒⇒北朝鮮へ  2016/3/23(水)


(余談)京大生の特徴とは


江戸時代、滝沢馬琴の記述によると、「およそ洛中半は皆妓院なり」であった。
それは、京都のあの狭い洛中に、64箇所も遊女町が有ったら、そう言えますね。
(馬琴「羇旅漫録1802」、「京都坊目誌」「京町鑑」)

と言っても遊郭の人気の場所は変遷していますし、すたれる街もあります。
決定的に洛中にダメージを与えたのが昭和32年の売春禁止法。

これで洛中から娼婦が去り、妓院や間貸ししていた民家は空き部屋だらけ。
この空き部屋の新たな賃借人は学生。

つまり、かって洛中を支えてきたのが「花の街・京都」の娼婦たち。
それが学生に代わったのですね。

無論、学生は部屋代での貢献のみならず、消費の面に於いても。
つまり、昨今の高齢化の街では『神さま、仏さま、学生さま』の復活ですね

『京大生を甘やかし過ぎた京都の街』 2008/6/20(金) 

『京大生が木曽路や小諸を好きだった訳』 2008/6/21(土) 

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

おはようございます。
日本はスパイ天国と言われて久しいですが、ど真ん中で「活躍」ですね。転載、ありがとうございます。

2017/4/1(土) 午前 8:55 ぴよぴよ 返信する

アバター

> ぴよぴよさん、いつもいい記事を書いていますね。
田舎での空家泥棒が多発していあすが彼らですよ。
うちもやられました。顔は知っているけど。

2017/4/6(木) 午前 10:24 水無瀬より 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事