白文鳥ピピme物語

検察と大手メディアの明らかな犯罪

全体表示

[ リスト ]

重曹:体内除染


重曹:体内除染  2018/11/29(木) 

昨日の記事について質問がありましたので、改めて記事にしました。

昨日の記事
突然死対策:マグネシウム 2018/11/28(水) 

(質問)
「マグネシウムを十分摂っていれば被曝は免れるのでしょうか? どんな食べ物なら対策になりますか?」

(回答)
マグネシウムはその一例にすぎません。
下記にこれまでの被爆対策の記事の一部を抜粋します。

(例1)世界的に有名な被爆防御
長崎聖フランシス病院の秋月辰一郎医師の実話で有名です。長崎原爆の爆心地の近くでありながら、病院医師も職員誰一人被爆症にならなかったという秋月医師の英訳の手記がチェルノブイリ原発事故のときに注目を浴び、ヨーロッパでは日本の味噌を大量に輸入しました。

その手記のメインは、「ごはん(玄米)」「味噌汁」「漬物」「野菜」「ごま」「小魚」、「塩分は濃い目」に摂取。但し 「砂糖」は摂取厳禁という内容です。

秋月医師の手記
死の同心円―長崎被爆医師の記録 秋月辰一郎  (著)

●伊藤明弘・広島大学原爆放射能医学研究所教授が専門情報誌「みそサイエンス最前線」に、「味噌による放射性物質の排泄効果」を発表した。

味噌の持つ成分にその秘密があるという。

「放射性物質はたんぱく質と結合しやすいという特徴がある。この働きをしている味噌の成分が多糖類やピラジンなど。その働きによって、汗や尿として排泄される。

また味噌に含まれるジコピリン酸には放射性物質を除去する働きがある。さらに味噌にある酵素は強い解毒作用を持っており、これも放射性物質を体外に排出する」


但し、味噌は食べ物や水から取り込んだ放射能による小腸などの消化管の死を守り排泄するが、既に骨や心臓の筋肉に入ってしまった放射能や肺で吸い込んだ放射能を排泄はできない。

尚、仕込み直後の味噌よりも1年物とか3年物とか長期間熟成させた味噌の方が効果が高い。

他方、味噌は日常的に摂取していることが必要である。放射能を含む食品が横行している現状では、一日三食の都度、味噌汁や例えば生野菜のドレッシング代用として味噌を使うことをお奨めする。

(例2)チェルノブイリで実証されたのが炭を食べての放射能排出。
チェルノブイリで炭を食べた子供の糞から大量の放射能が検出された。

(例3)ベーキングソーダ(重曹)による体内のウラン除去 米軍

米軍が、ウラン除去にベーキングソーダを飲ませた。腎臓は、通常、ウラン暴露時に化学的損傷を示す最初の臓器です。重炭酸ナトリウムの経口投与は、ウランによって変化した腎臓の重症度を減少させると同時に、ベーキングソーダを入浴剤とした。

Sarah Mayhill博士は、酸化ウランについて語っている。「酸化ウランは兵士や民間人が吸いこみ、肺の内面に付着し、免疫系の細胞に取り込まれ、リンパ腺、骨、脳、ホルモン産生腺、卵巣、精巣に入る。それは何十年もの間、これらの臓器にとどまっており、ゆっくり尿中に排泄されるだけだ」 と。

ベーキングソーダと野菜などの植物に含む抗酸化物質グルタチオンの両方の肺への噴霧は経皮的(皮膚から吸収)に肺組織を治療し、汚染された肺組織に最良の効果をもたらす。

さて、今回は、上記(例3)の実践方法編です。
但し、この実践ではリトマス試験紙かph測定器を用意して下さい。
尚、申し訳ありませんが時間がないため、機械語訳です。

Baking Soda: Cancer Treatment Uses for Prevention and Testing
ベーキングソーダ:がん治療では予防と検査用に使用

By Dr. David Jockers DC, MS, CSCS
Did you know that there are baking soda uses for helping the body to prevent cancer, as well as it being a tool cancer patients can use to identify and stabilize cancer growth?
These unhealthy metabolic functions can be reversed using natural health strategies − including the use of baking soda to heal and stabilize natural healing dynamics.
Many buffering systems equip the human body with the ability to optimize internal functions for as long a period as possible. One of these known systems is referred to as pH. 
For example, a healthy body should have a blood pH level of 7.365 which is slightly alkaline. Regulating pH balance is key to total health and wellness and is primarily reliant on healthy lifestyle habits, including a proper diet.

がんの予防と治療のためのベーキングソーダの使用が、がんの発症を特定して安定化させるために使用することができることを知っていますか?

これらの不健全な代謝機能は、天然の健康戦略を使用して元に戻すことができる - 自然治癒の力学を癒して安定させるためのベーキングソーダの使用を含む。

多くの緩衝システムは、人体に可能な限り長期間内部機能を最適化する能力を備える。これらの既知の系の1つはpHと呼ばれる。例えば、健康な体は、わずかにアルカリ性である7.365の血液pHレベルを有するべきである。

pHバランスを調節することは、健康とウェルネス(「身体的、精神的、そして社会的に健康で安心な状態」)の全体にとって重要であり、主に適切な食生活を含む健康的な生活習慣に依存している。

Baking Soda Helps Regulate pH Levels
Given its alkalizing (or basic) pH of approximately 9.0, baking soda counteracts the acidity that accumulates in the body. Baking soda is useful to regulate by buffering the pH of cells, tissues, and voltage homeostasis within cells. It is also useful to increase oxygenation and carbon dioxide. Baking soda can also be used to aid the body in the detoxification process and support the body in healing from radiation exposure and oxidative damage.

ベーキングソーダはpHレベルを調節するのを助けます

アルカリ化(または塩基性)pHが約9.0であると、ベーキングソーダは体内に蓄積する酸性を妨げる。 ベーキングソーダは、細胞、組織、および細胞内の電圧恒常性のpHを緩衝することによって調節するのに有用である。 また、酸素および二酸化炭素を増加させることにも有用である。 

ベーキングソーダはまた、解毒プロセスで身体を助け、放射線被ばくや酸化的損傷による身体の治癒をサポートするためにも使用できる。

Natural health care practitioners utilize sodium bicarbonate to defend against numerous health ailments. Some of these include the common cold, kidney disease, diabetes, the flu, and some even use baking soda to treat cancer. When used as a bath soak, the body can absorb the health benefits of baking soda through the skin. It can also be used as a nebulizer to treat lung conditions.

自然療法医は、多数の健康障害に対して防御するためにベーキングソーダ(重曹、重炭酸ナトリウム)を利用している。 これらの中には、風邪、腎臓病、糖尿病、インフルエンザなどがあり、癌を治療するためにベーキングソーダを使用するものもある。 

入浴剤として使用すると、身体はソーダを皮膚に通すことによる健康上の利点を吸収することができる。 また、肺を治療するための噴霧吸入用としても使用できる。

Identifying Cancer with Baking Soda
Recent research reveals that baking soda is a useful agent in identifying cancer cell growth. Acids become built up in cancerous areas of the body and the bicarbonate is converted into carbon dioxide. These changes in bicarbonate can be viewed on an MRI scan with high sensitivity as determined by a United Kingdom cancer research group.

ベーキングソーダ(重曹、重炭酸ナトリウム)によるがん識別

最近の研究では、ベーキングソーダは癌細胞の増殖を同定するのに有用な物質であることが明らかになった。 

酸は、体の癌性領域に蓄積され、重炭酸塩は二酸化炭素に変換される。 重炭酸塩のこれらの変化は、英国の癌研究グループによって決定された高感度のMRIスキャンで見ることができる。(註1)

(註1)重曹飲用でがん早期発見 2018/3/10(土)

Cancer cells flourish in an acidic environment and these regions are significantly lower in pH than other surrounding tissue. The researchers found that MRI sensitivity increased by more than 20,000 times when experimenting with mice diagnosed with metastatic breast cancer. When bicarbonate was localized into the cancerous tissue, evidence was clear that the tumors with the highest acidity had a significantly higher conversion rate of bicarbonate into carbon dioxide.

癌細胞は酸性環境で繁殖し、これらの領域は他の周辺組織よりもpHが有意に低い。 研究者らは、転移性乳癌と診断されたマウスを実験すると、MRI感度が20,000倍以上増加することを見出した。 

重炭酸塩が癌性組織に局在する場合、最も高い酸性度を有する腫瘍が重炭酸塩から二酸化炭素への変換速度が有意に高いことが明らかであった。

Lead scientist of this pioneering study was Professor Kevin Brindle with the UK’s Cambridge Research Institute at the University of Cambridge. Professor Brindle stated, “This technique could be used as a highly-sensitive early warning system for the signs of cancer. By exploiting the body’s natural pH balancing system, we have found a potentially safe way of measuring pH to see what’s going on inside patients. MRIs can pick up on the abnormal pH levels found in cancer and it is possible that this could be used to pinpoint where the disease is present and when it is responding to treatment.”

この先駆的研究の主導的な科学者はケビン・ブリンドル教授で、英国のケンブリッジ研究所でケンブリッジ大学で研究された。 

ブリンドル教授は、「この技術は、がんの徴候に対する高感度の早期警告システムとして使用することができる。 身体の自然pHバランスシステムを利用することで、患者の内部で何が起こっているかを知るために、pHを測定する潜在的に安全な方法を見出した。 

MRIはがんに見られる異常なpHレベルを拾うことができ、この疾患がどこに存在しているのか、それが治療に応答しているのかを特定するために使用できる可能性がある。

Baking Soda Suppresses Cancer Growth Rate
Energy is produced by cancer cells through a process called anaerobic glycolysis which relies on glucose as the primary fuel source. Acidic metabolites such as lactic acid are byproducts of this metabolic pathway. As a result of this biochemical event, studies have found that the extracellular pH in cancerous regions is generally lower than normal tissue.
A highly acidic environment stimulates invasive tumor growth in both primary and metastatic cancer types. Consumption of sodium bicarbonate has been shown to increase the pH of tumors and slow the formation of spontaneous metastases in metastatic breast cancer mouse models. Baking soda was also found to decrease the rate of lymph node involvement and reduce the occurrence that the cancer would spread to the liver.

ベーキングソーダはがんの成長率を抑制する

エネルギーは、主な燃料源としてグルコースに依存する嫌気的解糖と呼ばれるプロセスを介して癌細胞によって生成される。 

乳酸などの酸性代謝産物は、この代謝経路の副産物である。 この生化学的事象の結果として、癌領域の細胞外pH(ペーハー)は一般に正常組織よりも低いことが研究によって分かっている。

高度に酸性の環境は、原発性および転移性癌の両方のタイプにおいて浸潤性腫瘍増殖を刺激する。 

ベーキングソーダ(重曹、重炭酸ナトリウム)の消費は、転移性乳癌マウスモデルにおいて、腫瘍のpH(ペーハー)を上昇させ、自発転移の形成を遅らせることが示されている。 

ベーキングソーダはまた、リンパ節の関与率を低下させ、癌が肝臓に広がることの発生を減少させることも判明した。

Researchers in this field of study reasonably assume that increasing systemic levels of pH using buffers such as sodium bicarbonate will lower peritumoral and intratumoral acidosis. Further, the reduction of tumor acid levels exhibited in mouse models has been found to reduce tumor growth and metastasis without adversely altering blood or unaffected tissue pH concentrations.
The use of baking soda is also a likely route to enhancing the effects of conventional chemotherapy treatment. Tumor acidosis promotes chemoresistance with specific chemotherapy drugs such as paclitaxel and doxorubicin. Utilizing baking soda to improve pH levels is a potential benefit for those seeking standard cancer treatment.
Research clearly indicates that baking soda along with the use of a variety of other natural healing strategies can be used to naturally defend against cancer as well as strengthen immune coordination. However, cancer is a highly complex disease − no one should consider a solo therapy to be effective at curing cancer as no treatment can accomplish such a task.

この研究分野の研究者は、ベーキングソーダ(重炭酸ナトリウム)のような緩衝液を用いた全身レベルのpH(ペーハー)の上昇は、腫瘍周囲および腫瘍内の酸血症(アシドーシス)を低下させると合理的に想定している。 

さらに、マウスモデルで示された腫瘍酸レベルの低下は、血液または影響を受けていない組織のpH濃度を悪影響させることなく腫瘍の成長および転移を減少させることが分かっている。

ベーキングソーダの使用はまた、従来の化学療法治療の効果を高めるための可能性が高い経路である。 

腫瘍酸血症(アシドーシス)は、パクリタキセル(抗がん剤の一種)およびドキソルビシン(抗がん剤の一種)などの特定の化学療法薬による化学療法抵抗性を促進する。 

ベーキングソーダを使用してpHレベルを改善することは、標準的な癌治療を求める人々にとって潜在的な利益である。

研究は、様々な他の自然治癒戦略の使用とともにベーキングソーダが自然に癌に対して防御するだけでなく、免疫調整を強化するために使用できることを明確に示している。 

しかし、がんは非常に複雑な疾患であり、治療を行わなければ治療ができないため、がん治療には単独療法が効果的であると考えるべきではない。

How Do You Use Baking Soda in Your Body?
If the body is in an acidic state baking soda is beneficial to increasing pH concentrations. Contrary to popular opinion, baking soda (unlike baking powder), does not contain aluminum. Purchasing “aluminum-free” baking soda is unnecessary, but purchasing “aluminum-free” baking powder for baking needs should be highly considered.

どのようにあなたの体の中にベーキングソーダを使用するのか?

身体が酸性状態にある場合、ベーキングソーダは、pH(ペーハー)濃度を増加させるのに有益である。

 一般的な意見とは対照的に、ベーキングソーダはベーキングパウダーとは異なりアルミニウムを含まない。ベーキングニーズのための「アルミフリー」ベーキングパウダー(註2)の購入を検討する必要がある。(中略)

(註2)「アルミフリー」ベーキングパウダー
アルミ等の混合物の混入していない重炭酸ナトリウムを購入すること。即ち、医薬品としての純粋なベーキングソーダを薬局で購入すること。

Safety of Baking Soda Treatment for Cancer
Each tumor is distinguished by its own unique traits and all may not be extremely acidic. Regardless of the tumors acidity, balancing and creating a slightly alkaline internal body environment is beneficial to the patient’s internal systems. Ideally, pH strip testing should result between 7.0 and 8.0. If a reading higher than 8.0 results, discontinue baking soda use immediately until pH decreases.

がんのためのベーキングソーダ治療の安全性

各腫瘍はそれ自身の独特の特徴によって区別され、すべてが非常に酸性ではないかもしれない。 腫瘍の酸性度にかかわらず、わずかなアルカリ性の体内環境にバランスさせることは、患者の体内システムにとって有益である。 

理想的には、pHリトマス試験紙では7.0〜8.0の間になるはずです。 8.0を超える値が得られた場合は、直ちにベーキングソーダの使用を中止してpHが低下するまで使用中止を続けます。(註3)

Testing and monitoring both urine and saliva pH should be used in conjunction with sodium bicarbonate treatments. You can do this with a pH test or an electronic tester. Test every morning and chart the results. Test both urinary and salivary pH when you get out of a bath with baking soda. Again, if the pH climbs above 8.0, stop use of baking soda treatments until the pH lowers.
Unmonitored use of baking soda therapy can have health hazards. Some of these consequences include reduced stomach pH concentration, kidney complications, alkalosis, etc. To avoid these dangers be responsible with use and take the time to chart your pH levels throughout your day. Avoid consuming baking soda within 30 minutes of a meal to limit digestive problems.

尿と唾液の両方のpHの試験とモニタリングは、ベーキングソーダ(重炭酸ナトリウム)処理と併用する必要があります。

 これは、pH試験または電子試験機で行うことができます。 毎朝テストし、結果をグラフ化する。 あなたがベーキングソーダでお風呂から出るときに尿と唾液のpHをテストします。 再び、pHが8.0を上回る場合、pHが低下するまでベーキングソーダ処理の使用を停止します。

pH試験なきベーキングソーダ療法の使用は、健康上の危険を伴う可能性があります。 

これらの結果の中には、胃のpH濃度の低下、腎臓の合併症、アルカロシスなどがあります。

これらの危険性を避けるためには、使用に責任を持ち、一日を通してpHレベルをグラフ化する時間が必要です。 消化器系の問題を制限するために、食事の30分以内のベーキングソーダの飲用はしないでください。

The Baking Soda Protocol
Only consume this drink when you have tested your pH throughout the day and your results are acidic. As a reminder, do not drink this beverage 30 minutes before or after a meal to avoid lowering stomach acid secretions and inhibiting proper digestion. This beverage will aid in neutralizing pH, buffer stomach acid, and lower acidosis. Drink the following mixture throughout the day except before and after meals until your pH levels are stabilized between 7.0 and 8.0.

ベーキングソーダの手順

あなたが1日を通してpH(ペーハー)をテストし、結果が酸性である場合にのみ、この飲料を消費してください。 

注意事項として、食事の30分前または食後の30分はこの飲み物を飲まないでください。

胃酸分泌を抑え、適切な消化を妨げないようにしてください。 この飲料は、pHを中和し、胃酸を緩衝し、酸血症(アシドーシス)を低下させるのに役立つ。 あなたのpHレベルが7.0から8.0の間で安定するまで、食事の前後を除き、1日を通して以下の混合物を飲みます。

Ingredients:
Tall glass
½ tsp baking soda
2 tbs fresh lemon juice
8 oz. purified water
Directions:
Mix baking soda with fresh lemon juice or organic apple cider vinegar. The combination will result in a foam or fizz. This is normal.
Once all bubbling has stopped, add water to the mixture and drink all at once.

材料:
背の高いコップ
ベーキングソーダ ティースプーン[小さじ] 1/2
新鮮なレモンジュース 大さじ2杯
精製水 8オンス 477cc (コップ1/4)

手順:
新鮮なレモンジュースまたは有機リンゴのサイダー酢とベーキングソーダを混ぜる。 この組み合わせにより、泡または泡が生じる。 これは正常です。

すべての泡立ちが止まったら、混合物に水を加えて一気に飲む。

This information is being suppressed from you by the mainstream media and the medical establishment. Please share this information with friends and family. It could save someone’s life!

この情報は、主流のメディアや医療施設により抑制されています。 この情報を友人や家族と共有してください。 誰かの命を救うことができます!

(註3)
pH(ペーハー)測定
リトマス試験紙は200円〜300円で買えます。同じくpH測定としては熱帯魚用にも使える「Preciva デジタルぺーハー測定器 pH計デジタルpHメーター」を通販で1200円前後で入手できます。尚、結果的には測定器の方が安くつきますし、精密に測れます。

(ソース)


『重曹でがんは消える』  2018/3/3(土) 

『歯周病や発疹に有効な純粋重曹』 2018/9/14(金) 

『再確認:放射能は脳を破壊する』 2014/7/17(木) 
放射能の長期間の被爆により、体内の免疫細胞の一つであるナチュラルキラー細胞(NK)に異常が起きる。ナチュラルキラー細胞(NK)が弱まると、ウイルスや細菌に対する抵抗力を失い、様々な病気を誘発し、白血病やガンにもなる。

閉じる コメント(7)

顔アイコン

こういうお役立ち情報は、転載させていただけるとありがたいです。どうぞ、よろしくお願いします。

2018/11/29(木) 午後 11:31 mimi

重曹は手軽な健康方法ですから続けてられます。

2018/11/30(金) 午前 7:07 散位 アナリスト杢兵衛

アバター

> mimiさん、機械語訳ですので、日本語がまともでない箇所があります。近日中、意訳しなおします。その時にあなたに連絡します。

2018/11/30(金) 午前 7:58 水無瀬より

アバター

> 散位 アナリスト杢兵衛さん、そうなんです。手軽で然も安価ですから貴重です。何しろ数百円の500gのベーキングソーダ(重炭酸ナトリウム)を2人で飲用し半年はもつのですから。

2018/11/30(金) 午前 8:03 水無瀬より

アバター

> ステラさん、安倍内閣はロックフェラーのCSISの傀儡政権。日本国民の金銭奴隷化と日本国の消滅による国際金融資本支配へのプロセス。

2018/11/30(金) 午前 8:55 水無瀬より

面白そうですね。
ナイス

2018/11/30(金) 午後 6:46 eigekaii

アバター

> eigekaiiさん、是非お試し下さい。
インフルエンザにかからないか、かかっても軽く済みますよ。

2018/12/2(日) 午前 0:51 水無瀬より


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事