白文鳥ピピme物語

検察と大手メディアの明らかな犯罪

全体表示

[ リスト ]


インフルエンザ対策:重曹

インフルエンザはこれから来春の1月下旬から2月上旬のピークに向かってうなぎ上りに罹患者が急増するでしょう。

イメージ 1

そこで今回は、インフルエンザ対策として重炭酸水素ナトリウム(ベーキングソーダ、重曹)を取り上げました。身体を弱アルカリ性にすることが予防にもなるし、例へ罹患してからでも早く回復することが出来ます。


Baking Soda Uses in Daily Health
Using Bicarbonate Against the Swine Flu
毎日の健康にベーキングソーダ(註1)の使用
豚インフルエンザに対する重炭酸塩(註2)の使用

(註1)(註2)
重炭酸水素ナトリウム(ベーキングソーダ、重曹)
ここで使用する薬品ベーキングソーダは、薬局で購入する純粋なものです。スーパーなどで市販されている重曹は、アルミなどの混合物が入っていますから、使用できません。

Over 150 years ago Dr. Austin Church formed a business to produce and distribute Baking Soda. ARM & HAMMER® Baking Soda is derived from a natural occurring mineral called trona. It is 100% pure, safe, and natural. Baking Soda (also known as sodium bicarbonate) is a substance that is found naturally in all living things. Its purpose is to maintain pH balance in the bloodstream, which is necessary to sustain life. Due to its chemical and physical properties, sodium bicarbonate has unique medicinal capabilities that every healthcare practitioner, doctor and patient needs to know about.
The only problem is that Arm & Hammer Baking Soda can replace many more expensive medicines and this does not make the medical industrial complex happy.

150年以上前、オースティン教会はベーキングソーダを生産して販売する事業を設立しました。アームアンドハンマー(アメリカの重曹メーカー)ベーキングソーダは、トロナ(《鉱物》重炭酸ソーダ石)と呼ばれる自然発生の鉱物に由来します。 100%純粋で、安全で、自然です。

ベーキングソーダ(重炭酸ナトリウムとも呼ばれる)は、全ての生物に自然に存在する物質です。 その目的は、生活を維持するために必要な血流のpHバランスを維持することです。 その化学的および物理的特性のために、ベーキング(重炭酸ナトリウム)は、全ての医療従事者、医者および患者が知る必要がある独特の薬効を有します。

唯一の問題は、ベーキングソーダがより高価な医薬品に取って代わることができ、工業医療協会が喜ばないということです。(註3)

(註3)ベーキングソーダでは医薬品業界が儲からない故、この薬品の効能を隠そうとし、メディアの報道に規制をかけていると言われている。

Baking Soda Uses
In today’s modern world of medicine the FDA just will not let companies that sell products make medical claims about them unless they have been tested at great expense and approved as a drug. But this was not always the case and as we can see in the information in this chapter, which is from a 1924 booklet, published by the Arm & Hammer Soda Company. On page 12 the company starts off saying, “The proven value of Arm & Hammer Bicarbonate of Soda as a therapeutic agent is further evinced by the following evidence of a prominent physician named Dr. Volney S. Cheney, in a letter to the Church & Dwight Company:

ベーキングソーダの使用
今日の医学の現代世界では、FDA(食品医薬品局)は、製品を販売する企業に多大な費用をかけさせて検査し、医薬品として承認されていない限り、それらについて医学的主張をすることはできません。

しかし、これは必ずしも当てはまりませんでした。この章の情報はアームアンドハンマー(アメリカの重曹メーカー)社が発行した1924年の小冊子に掲載されています。

12ページで、同社は、次のように述べています。「治療薬としてのベーキングソーダの実証された価値は、ボルニー・チェイニー博士という有名な医師の次の証拠、チャーチ&ドワイト社(註4)への手紙によってさらに明らかになります。

(註4)チャーチ&ドワイト社
家庭用製品の大手アメリカのメーカー。その中にはベーキングソーダとそれを使って作られた様々な製品が含まれている。

“In 1918 and 1919 while fighting the ‘Flu’ with the U. S. Public Health Service it was brought to my attention that rarely any one who had been thoroughly alkalinized with bicarbonate of soda contracted the disease, and those who did contract it, if alkalinized early, would invariably have mild attacks. I have since that time treated all cases of ‘Cold,’

 Influenza and LaGripe by first giving generous doses of Bicarbonate of Soda, and in many, many instances within 36 hours the symptoms would have entirely abated. Further, within my own household, before Woman’s Clubs and Parent-Teachers’ Associations, I have advocated the use of Bicarbonate of Soda as a preventive for “Colds,” with the result that now many reports are coming in stating that those who took “Soda” were not affected, while nearly every one around them had the “Flu.”

「1918年と1919年に、米国公衆衛生局との「インフルエンザ」との戦いで、もしも早期にベーキングソーダで完全にアルカリ化した人は、インフルエンザにほとんど罹患していなかったことに気づきました。常に軽度のインフルエンザの攻撃を受けるであろうに。

私はその時以来、「感冒」のすべての症例を治療してきました。インフルエンザとラグリプス(亜型)の患者は、多くの場合、最初の大量のベーキングソーダで36時間以内に症状が完全に軽減されました。

さらに、私自身の家庭で、女子クラブと保護者会を前にし、私はベーキングソーダの使用を「風邪」の予防手段として提唱しました。結果、「ソーダ」を飲んだ人は「インフルエンザ」の影響を受けていないとの報告が多く、他方、周囲のほぼ全ての人が「インフルエンザ」でした。

Recommended dosages from the Arm and Hammer Company for colds and influenza back in 1925 were:During the first day take six doses of half teaspoonful of Arm & Hammer Bicarbonate of Soda in glass of cool water, at about two hour intervals.
During the second day take four doses of half teaspoonful of Arm and Hammer Bicarbonate of Soda in glass of cool water, at the same intervals.
During the third day take two doses of half teaspoonful of Arm and Hammer Bicarbonate of Soda in glass of cool water morning and evening, and thereafter half teaspoonful in glass of cool water each morning until cold is cured.

1925年の風邪およびインフルエンザのためのアームアンドハンマー(アメリカの重曹メーカー)からの推奨用量は以下の通りでした:

(3日間コース)
最初の日には、小さじ半分のソーダ粉末を冷水に溶かし、これを6回分に分け、コップの水と共に約2時間間隔で6回服用します。

2日目には、小さじ半分のソーダ粉末を冷水に溶かし、これを4分割し、同じ間隔でコップの水と共に4回服用します。

3日目には、小さじ半分のソーダを冷水で溶かし、2分割し、朝と夕方の2回、コップ1杯の水と共に服用し、その後寒さが治まるまで毎朝1杯の冷たい水のみを飲みます。

Well the sodium bicarbonate cure for colds and sore throats. A friend called as I was reading about it, I told her to try it. She is rapt! Relief in a few hours, and she went to work the following day! And she was miserable and could hardly talk, had just woken with it full on, and was planning on missing work.”

ベーキングソーダ(重炭酸ナトリウム)は風邪や喉の痛みをよく治します。それについて読んで知っていたと大声で言う友人に、私はそれを試すように言いました。

彼女は大喜び!
数時間で回復し、彼女は翌日に仕事に行きました!
彼女はひどい状態で目を覚ましているだけで話すことがほとんどできず、欠勤を計画していたのに。

In order to secure the best results with Arm & Hammer Pure Bicarbonate of Soda (Baking Soda) when taken internally, certain simple rules must be observed. Materia Medica, pharmacology and Therapeutics (Bastedo, Page 88) clearly outlines these rules to follows:
“The effect of an alkali in the stomach will vary according to the nature of the stomach contents at the time of administration. In the resting period (after food is digested) sodium bicarbonate merely dissolves mucus and is absorbed as bicarbonate into the blood, to increase its alkalinity directly.
“In the digestive period it reduces the secretion of gastric juice, neutralizes a portion of the hydrochloric acid, liberates the carminative carbon dioxide gas, and is absorbed as sodium chloride.

ベーキングソーダの純粋な重炭酸塩を内部で取るときに最良の結果を得るためには、いくつかの簡単なルールを遵守しなければなりません。医薬品、薬理学、治療学では以下の規則を明確に示しています:

「胃の中のアルカリの影響は、投与時の胃内容物の性質によって変化するでしょう。 安静時には(食物が消化された後)ベーキング(重炭酸ナトリウム)は単に粘液を溶解し、重炭酸塩として血液に吸収され、アルカリ度を直接増加させます。」

「消化器系では、胃液の分泌が減り、塩酸の一部が中和され、炭酸ガスが遊離し、塩化ナトリウムとして吸収されます。」

(注)胃の状態は人それぞれ異なる故に、食前・食後のソーダ水の飲用項目は削除します。大半の人にとって安全なソーダ水の飲用時は、食前1時間以上前に、或いは、食後2時間以降の空腹時です。

Whenever taking a bicarbonate solution internally the soda should be dissolved on cold water.

ソーダ水(重炭酸塩溶液)を飲用するときはいつでもソーダは冷水に溶解すべきです。

This is all very valuable information coming from the horses own mouth, the Arm and Hammer Baking Soda Company, which sells aluminum free baking soda. Clearly they knew what they had in their hands one hundred years ago; and its long use in medicine sustains the companies published medical views:“Besides doing good in respiratory affections, bicarbonate of soda is of inestimable value in the treatment of Alimentary Intoxication, Pyelitis (inflammation of the pelvis of the kidney), Hyper-Acidity of Urine, Uric Acid disturbances, Rheumatism and Burns. An occasional three-day course of Bicarbonate of Soda increases the alkalinity of the blood, assists elimination and increases the resisting power of the body to all Infectious Diseases.”

Baking Soda uses extend much further than even Arm and Hammer were aware of and it’s now been used to help with everything from sunburn, ulcer pain, kidney disease, diabetes, and cancer.

これは、アルミニウムを含まないベーキングソーダを販売するアームアンドハンマー社という、信頼できる情報源からのもので全て非常に貴重な情報です。

明らかに彼らは100年前に彼らが貴重な情報手にしていたことを知っていました。医薬品でのその長い使用は、企業が医療見解を公表するのを支えます:

「消化中毒、腎炎(腎臓骨盤の炎症)、尿中過酸症、尿酸排除、リウマチおよびバーンズの治療では、呼吸器系疾患の治療に加え、ソーダの炭酸水素塩は驚くべき価値があります。 重曹の3日間のコースでは、時には、血液のアルカリ性を高め、排泄を助け、すべての感染症に対する身体の抵抗力を高めます」

ベーキングソーダの使用は、アームアンドハンマー社が認識していたよりもはるかに昔からであり、日焼け、潰瘍の痛み、腎臓の病気、糖尿病、及び癌のすべてを助けるために使用されています。

Magnesium chloride is the only form of magnesium that has been reported to increase immune system strength though all forms of magnesium need to be counted in this regard. When one adds magnesium chloride to ones baths, puts it on the skin like suntan screen, or takes it orally with sodium bicarbonate one supercharges their defensive perimeter or what is called the anti-pathogen factor in Chinese Medicine. Add Iodine, Selenium, Vitamin C and some healthy sun exposure or Vitamin D and we have the heart of army we need to array against viral invaders. Magnesium Bicarbonate – Ultimate Mitochondrial Cocktail is the name of one of my chapters that explains why both these essential mineral ions need to be present in sufficient concentrations.

この点に関して、マグネシウムの全ての形態を数える必要ですが、塩化マグネシウム(註5)は免疫系の強度を高めると報告されている唯一の形態のマグネシウムです。

(註5)塩化マグネシウム(ニガリ)
『突然死対策:マグネシウム』 2018/11/28(水) 
マグネシウム不足は、心臓病による死亡、不整脈、けん怠感、ふくらはぎ等の手足のけいれん、偏頭痛、めまい、喘息(ぜんそく)、高血圧、慢性疲労、便秘、それとメタボリックシンドローム(内臓脂肪型肥満)をもたらします。

入浴に塩化マグネシウムを加えると、日焼け止めの覆いのように皮膚に盛り、またはベーキング(重炭酸ナトリウム)で経口的に服用すると、中国医学では予防線やいわゆる抗病原体因子を過給します。

ヨウ素、セレン、ビタミンC、そして日光浴やビタミンDを加えると、私たちはウィルスの侵入者に対して配列するために必要な軍隊の心臓部を持っています。

重炭酸マグネシウム - 究極のミトコンドリアカクテルは、なぜこれら両方の必須ミネラルイオンが十分な濃度で存在する必要があるのか​​を説明する私の一つの章の名前です。(以下省略)

(ソース)
(画像)横浜市衛生研究所


『重曹でがんは消える』  2018/3/3(土) 

『歯周病や発疹に有効な純粋重曹』 2018/9/14(金) 

『重曹による体内のウラン除去』 2018/10/6(土) 

インフルエンザ様疾患発生報告書(学校欠席者数)2018/厚労省

閉じる コメント(2)

アバター

きらきらの周りでは…

今年も予防接種を受けた方がたくさんたくさんいらっしゃいます

ぽっちん凸

2018/12/4(火) 午後 8:37 きらきら大好き

アバター

> きらきら大好きさん、ワクチンを接種した方たちがウイルスを撒き散らす。無論、摂取した本人も罹患するというシナリオ。(^^)/
約3,000種類もあるインフルエンザウイルスからたった3種類のウイルス対応のワクチンで効果があるはずはありませんね。
然し、夕刊紙や週刊誌、ビジネス誌を読まない方が多いということでしょうか。

2018/12/5(水) 午前 9:36 水無瀬より


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事