白文鳥ピピme物語

検察と大手メディアの明らかな犯罪

全体表示

[ リスト ]


マグネシウムの腸の吸収過程 2012/12/07

今回は前回記事『予防と治療のマグネシウム』の続編です。
マグネシウムの腸からの吸収・排出機能・構造の説明です。

難しい用語などが出てきますが、それを無視してざっと読んでいただければ、概要は把握できると思います。

マグネシウムがいかに健康な身体維持に必然であるかを多少なりとも理解できると思います。

イメージ 1


イメージ 2

玄米、ごま、のり、そばなど、昔ながらの日本食があまり食べられなくなってから、マグネシウムの摂取不足と言われています。

他方、食事によるマグネシウムの吸収率は30〜40パーセント前後と言われており、更にはJTの精製塩やカルシウムを摂りすぎるとマグネシウムはそれに比例し尿中から自動排泄(はいせつ)されますから、どうしても不足がちになるのです。

女性に多い骨粗しょう症対策として、カルシウムサプリメント飲用は、逆に、骨粗鬆症を促進します。

(前々回記事)
『突然死対策:マグネシウム』 2018/11/28(水) 
(前回記事)
『予防と治療のマグネシウム』 2018/12/5(水) 
Magnesium in Prevention and Therapy


3. Magnesium and Nutrition
Dietary surveys of people in Europe and in the United States still reveal that intakes of magnesium are lower than the recommended amounts . Epidemiological studies in Europe and North America have shown that people consuming Western-type diets are low in magnesium content, i.e. <30%–50% of the RDA for magnesium. 

3.マグネシウムと栄養
ヨーロッパおよび米国の人々の食物調査でも、マグネシウムの摂取量は推奨量よりも少ないことが明らかになっています。

欧米の疫学研究によれば、西洋型食事を摂取する人々はマグネシウム含量が低く、すなわちマグネシウムの1日あたりの推奨摂取量RDA)の30〜50%未満であることが示されています。

It is suggested that the dietary intakes of magnesium in the United States have been declining over the last 100 years from about 500 mg/day to 175–225 mg/day. This is likely a result of the increasing use of fertilizers and processed foods . In 1997, the Food and Nutrition Board (FNB) of the Institute of Medicine had increased the dietary references intakes (RDA) for magnesium, based on the results of controlled balance studies. 

米国におけるマグネシウムの食物摂取量は、過去100年間で約500mg /日から175-225mg /日に減少していることが示唆されています。

これは、化学肥料や加工食品の使用が増加したことによる可能性が高いことです。 1997年、医学研究所の食物栄養委員会(FNB)は、管理されたバランス研究の結果に基づいて、マグネシウムの1日あたりの推奨摂取量(RDA)を増加させました。

The new RDA ranges from 80 mg/day for children 1–3 year of age to 130 mg/day for children 4–8 year of age. For older males, the RDA for magnesium ranges from as low as 240 mg/day (range, 9–13 year of age) and increases to 420 mg/day for males 31–70 year of age and older. For females, the RDA for magnesium ranges from 240 mg/day (9–13 year of age) to 360 mg/day for females 14–18 year of age. The RDA for females 31–70 year of age and older is 320 mg/day .

新しい1日あたりの推奨摂取量(RDA)は、1〜3歳の子供の80mg /日から4〜8歳の子供の130mg /日の範囲です。 高齢の男性の場合、マグネシウムのRDAは240mg /日(範囲は9-13歳)の範囲で、31-70歳の男性の場合は420mg /日に増加します。

女性の場合、マグネシウムの1日あたりの推奨摂取量(RDA)は、14〜18歳の女性の場合、240mg /日(9〜13歳)から360mg /日の範囲です。 31-70歳の女性の1日あたりの推奨摂取量(RDA)は320mg /日です。

Water accounts for ~10% of daily magnesium intake , chlorophyll (and thus green vegetables such as spinach) is the major source of magnesium. Nuts, seeds and unprocessed cereals are also rich in magnesium. Legumes, fruit, fish and meat have an intermediate magnesium concentration. Some types of food processing, such as refining grains in ways that remove the nutrient-rich germ and bran, lower magnesium content substantially. Low magnesium concentrations are found in dairy products, except milk .

水が毎日のマグネシウム摂取量の約10%を占め、クロロフィル(したがって、ホウレンソウなどの緑色の野菜)がマグネシウムの主要な供給源です。

 ナッツ、種子、未加工穀類はマグネシウムが豊富です。マメ科植物、果物、魚及び肉は中間的なマグネシウム濃度を有します。

栄養分が豊富な胚芽やふすまを除去するような方法で穀物を精製するなどの食品加工の種類によっては、実質的にマグネシウム含量が低下します。ミルクを除く乳製品には低いマグネシウム濃度が見られます。

The United States NHANES 2005–2006 survey reported that nearly one half of all American adults have an inadequate intake from food and water of magnesium and do not consume the estimated average requirements (EAR) (set at 255–350 mg depending on gender and age group) . A chronic magnesium deficiency (serum magnesium <0.75 mmol/L) is associated with an increased risk of numerous preclinical and clinical outcomes, including atherosclerosis, hypertension, cardiac arrhythmias, stroke, alterations in lipid metabolism, insulin resistance, metabolic syndrome, type 2 diabetes mellitus, osteoporosis as well as depression and other neuropsychiatric disorders. Furthermore, magnesium deficiency may be at least one of the pathophysiological links that may help to explain the interactions between inflammation and oxidative stress with the aging process and many age-related diseases .

米国の国民健康栄養調査(NHANES)2005-2006の調査によれば、全米の成人のほぼ半数が食物とマグネシウムの摂取量が不十分で、推定平均所要量(EAR)を消費していないと報告されています(性別および年齢によって255-350 mgに設定されている グループ)。

慢性マグネシウム欠乏(血清マグネシウム<0.75ミリモル/ L)は、アテローム性動脈硬化症高血圧心臓不整脈脳卒中脂質代謝の変化インスリン抵抗性メタボリックシンドローム2型糖尿病を含む多くの前臨床および臨床転帰 骨粗しょう症、ならびにうつ病および他の神経精神障害が挙げられます。

さらに、マグネシウム欠乏症は、老化過程および多くの加齢性疾患炎症酸化ストレスとの間の相互作用を説明するのに役立つ病態生理学的リンクの少なくとも1つであり得る。

4. Magnesium Absorption and Excretion
Magnesium homeostasis is maintained by the intestine, the bone and the kidneys. Magnesium is mainly absorbed in the small intestine, which was shown by 28Mg isotope measurements, although some is also taken up via the large intestine . Of the total dietary magnesium consumed, only about 24%–76% is absorbed in the gut the rest is eliminated in the faeces . 

4.マグネシウム吸収および排泄
マグネシウムの一定の状態に保ち続けようとする恒常性は、腸、骨および腎臓によって維持されます。

マグネシウムは主に小腸に吸収されますが、これは28Mg同位体測定値で示されますが、大腸を介して取り込まれるものもあります。

消費される食事中のマグネシウムの総量のうち、約24%〜76%のみが腸に吸収され残りは糞便中で排泄されます

The majority of magnesium is absorbed in the small intestine by a passive paracellular mechanism, which is driven by an electrochemical gradient and solvent drag (see Figure 1). Paracellular magnesium absorption is responsible for 80%–90% of intestinal magnesium uptake. 

大部分のマグネシウムは、受動的な傍細胞(註1)メカニズムによって小腸に吸収されます。これは、電気化学的な変化の度合いと溶媒のけん引によって引き起こされます。(中略)傍細胞のマグネシウム吸収は、腸のマグネシウム摂取の80%〜90%を占めます。(中略)

(註1)傍細胞(ぼうさいぼう)
壁細胞(へきさいぼう)ともいう。胃の内壁に存在する外分泌細胞で塩酸や内因子を分泌する。

 A minor, yet important, regulatory fraction of magnesium is transported via the transcellular transporter transient receptor potential channel melastatin member TRPM 6 and TRPM 7—members of the long transient receptor potential channel family—which also play an important role in intestinal calcium absorption .

軽度ではあるが、マグネシウムの調節のほんの一部は、腸内のカルシウム吸収に重要な役割を果たします。(説明ヶ所省略)

It is worth noting that intestinal absorption is not directly proportional to magnesium intake but is dependent mainly on magnesium status. The lower the magnesium level, the more of the mineral is absorbed in the gut, thus relative magnesium absorption is high when intake is low and vice versa. The kidneys are crucial in magnesium homeostasis as serum magnesium concentration is primarily controlled by its excretion in urine. 

腸の吸収はマグネシウムの摂取量に直接比例するのではなく、主にマグネシウムの状態に依存していることは注目に値します。 

マグネシウムレベルが低いほど、鉱物が腸に吸収されるため、相対的にマグネシウムの吸収は摂取量が少ないと高くなり、その逆もあります。

腎臓は血清中のマグネシウム濃度が尿中の排泄によって主に制御されるため、マグネシウムを一定の状態に保ち続けようとする恒常性(こうじょうせい)において極めて重要です。

Under physiological conditions, ~2400 mg of magnesium in plasma is filtered by the glomeruli. Of the filtered load, ~2300 mg is immediately reabsorbed and only 3%–5% is excreted in the urine, i.e., ~100 mg . Only little magnesium is reabsorbed in the proximal tubule.Most of the filtered magnesium is reabsorbed in the loop of Henle, mostly in the thick ascending limb (up to 70% of total magnesium reabsorption). The reabsorption and excretion of magnesium is influenced by several not yet classified mechanisms. 

イメージ 3

生理学的条件下では、血漿中の約2400mgのマグネシウムが糸球体によって濾過されます。 ろ過された負荷のうち、〜2300mgは直ちに再吸収され、3%〜5%のみが尿中に排出され、〜100mgとなります。 近位尿細管ではわずかなマグネシウムしか再吸収されません。

Most of the filtered magnesium is reabsorbed in the loop of Henle, mostly in the thick ascending limb (up to 70% of total magnesium reabsorption). The reabsorption and excretion of magnesium is influenced by several not yet classified mechanisms. 

ろ過されたマグネシウムの大部分は、大部分が太い上行脚(註2)(全体のマグネシウム再吸収の最大70%)で、ヘンレ(註2)のループ(輪状)で再吸収されます。

(註2)ヘンレ係蹄上行脚(ヘンレけいていじょうこうきゃく)
フィルターのバックアップとして機能し、髄質部の濃度を減少させる部分。水分は透過せず、イオンのみが透過する。

マグネシウムの再吸収および排泄は、まだ分類されていない幾つかのメカニズムの影響を受けます。

In this context, we could show that an overload of blood cells with magnesium in renal insufficiency can be avoided by a special cell membrane buffering system for magnesium. In severe forms of renal insufficiency, this buffering system for magnesium is destroyed and an overload with magnesium in human cells is observed . Furthermore, the exchange time for magnesium between intra- and extracellular pools is relatively long . Hypomagnesaemia is frequently linked with hypokalemia owing to disturbances in renal secretion of potassium in the connecting tubule and collecting duct .

この事情で、我々は、マグネシウムのための特別な細胞膜緩衝系によって腎不全のマグネシウムを伴う血液細胞の過負荷が回避され得ることを示すことができました。

重度の腎不全の形態では、このマグネシウムの緩衝系が破壊され、ヒト細胞におけるマグネシウムの過負荷が観察されます。

さらに、細胞内および細胞外プール間のマグネシウムの交換時間は比較的長いのです。

低マグネシウム血症は、頻繁に、接続細管および収集管におけるカリウムの腎臓分泌の障害のために、低カリウム血症と関連します。

Magnesium absorption and excretion is influenced by different hormones. It has been shown that 1,25-dihydroxyvitamin D [1,25(OH)2D] can stimulate intestinal magnesium absorption.On the other hand, magnesium is a cofactor that is required for the binding of vitamin D to its transport protein, vitamin D binding protein (VDBP). Moreover, conversion of vitamin D by hepatic 25-hydroxlation and renal 1α-hydroxylation into the active, hormonal form 1,25(OH)2D is magnesium-dependent. Magnesium deficiency, which leads to reduced 1,25(OH)2D and impaired parathyroid hormone response, has been implicated in “magnesium-dependent vitamin-D-resistant rickets”. Magnesium supplementation substantially reversed the resistance to vitamin D treatment . 

マグネシウムの吸収と排出は異なるホルモンの影響を受けます。 1,25-ジヒドロキシビタミンD [1,25(OH)2 D]は腸のマグネシウム吸収を刺激することが示されています。

他方、マグネシウムは、ビタミンDの輸送タンパク質であるビタミンD結合タンパク質(VDBP)への結合に必要な補因子です。

さらに、肝臓25-水酸化および腎臓1α-ヒドロキシル化によるビタミンDの活性ホルモン型1,25(OH)2 Dへの変換はマグネシウム依存性です。

1,25(OH)2 Dおよび副甲状腺ホルモン応答の低下をもたらすマグネシウム欠乏症は、「マグネシウム依存性ビタミンD耐性くる病」に関与しています。

マグネシウム補給は、ビタミンD治療に対する抵抗性を実質的に逆転させました。

Next to 1,25(OH)2D, several other factors, such as oestrogen or parathyroid hormone (PTH), are involved in the magnesium excretion. Oestrogen is known to stimulate TRPM6 expression . Thus, oestrogen substitution therapy can normalize hypermagnesuria, which occurs frequently in postmenopausal women. Interestingly, TRPM6 expression appears to be regulated by serum magnesium levels and oestrogens, but not by 1,25(OH)2D or PTH action .

1,25(OH)2Dの次に、エストロゲン(註3)や副甲状腺ホルモン(PTH)などのいくつかの他の因子がマグネシウム排泄に関与しています。

(註3)エストロゲン
女性発情ホルモン物質。肌を若返えさせる美容クリームなどに入っている。

エストロゲンは、TRPM6発現を刺激することが知られています。 従って、エストロゲン置換療法は、閉経後女性において頻繁に起こる高マグネシウム尿を正常化することができます。

興味深いことに、TRPM6発現は、血清マグネシウムレベルおよびエストロゲンによって調節されるようですが、1,25(OH)2DまたはPTH作用によっては調節されないようです。

Of special importance is PTH. Absorption of both magnesium and calcium appears to be inter-related, with concomitant deficiencies of both ions well described.For example, the stimulation of PTH secretion in response to hypocalcemia acts to restore the serum calcium concentration to normal. Hypomagnesemia impairs hypocalcemic-induced PTH release, which is corrected within in minutes after infusion of magnesium. The rapidity of correction of PTH concentrations suggests that the mechanism of action of magnesium is enhanced release of PTH. Magnesium is also required for the sensitivity of the target tissues to PTH.

特に重要なのはPTH(副甲状腺ホルモン)です。マグネシウムとカルシウムの両方の吸収は相互に関連しているようであり、両イオンの付随する欠点は十分に記載されています。

例えば、低カルシウム血症に応答するPTH(副甲状腺ホルモン)分泌の刺激は、血清カルシウム濃度を正常に回復させるように作用します。

低マグネシウム血症は、マグネシウムの注入後数分以内に矯正され、低カルシウム血症誘発PTH(副甲状腺ホルモン)放出を損ないます。

PTH(副甲状腺ホルモン)濃度の補正の迅速性は、マグネシウムの作用機序がPTH(副甲状腺ホルモン)の放出を増強することを示唆しています。

PTH(副甲状腺ホルモン)に対する標的組織の感受性のためにもマグネシウムが必要です。

 Calciotrophic hormones, such as PTH, have profound effects on magnesium homeostasis. PTH release enhances magnesium reabsorption in the kidney, absorption in the gut and release from the bone . PTH influences magnesium absorption, however, hypercalcemia antagonizes this effect. In this context, different findings have often been described in primary hyperparathyroidism. Also in Addison’s disease as well as in spironolactone treated patients, magnesium excretion is slightly decreased .

PTH(副甲状腺ホルモン)のようなカルシウム栄養ホルモンは、マグネシウム恒常性に大きな影響を及ぼします。

PTH(副甲状腺ホルモン)放出は、腎臓におけるマグネシウムの再吸収、腸における吸収および骨からの放出を促進します。

PTH(副甲状腺ホルモン)はマグネシウム吸収に影響を及ぼすが、高カルシウム血症はこの効果に拮抗します。 この文脈では、原発性副甲状腺機能亢進症において異なる所見が記載されていることが多いです。

アジソン病(註4)およびスピロノラクトン(註5)処置患者においても、マグネシウム排泄はわずかに減少します。

(註4)アジソン病
指定難病。副腎皮質で産生されるホルモンが不足することから引き起こされる病気。自覚症状として易疲労感、食欲不振、体重減少、低血糖、低血圧、関節痛などがある。女性では副腎アンドロゲンの低下は性毛(腋毛、恥毛)の脱落として自覚される。

(註5)スピロノラクトン (spironolactone) 
カリウム保持性利尿薬(抗アルドステロン薬)のひとつ。

In recent years, gene-linkage studies in families with hypomagnesemia have been performed. Some of these diseases are familial hypomagnesemia with hypercalciuria and nephrocalcinosis.

近年、低マグネシウム血症の家族における遺伝子連鎖研究が行われています。

これらの疾患のいくつかは、高カルシウム尿症および腎石灰化症を伴う家族性低マグネシウム血症です。(この項目での以降の記事は省略)

                     つづく
(注)以上は機械語訳による。
(ソース)


(画像)
糖尿病ネットワーク
マグネシウムを多く含む食品

栄養&カロリー計算(マグネシウム)

生化学 第85巻 第7号 P574〜
腎尿細管におけるマグネシウム輸送の分子制御

閉じる コメント(8)

アバター

昔ながらの日本の食事が良い!っていうことですよね

自然と身体の中にマグネシウムを取り入れることができていたんですもん

ぽっちん凸

2018/12/7(金) 午後 3:52 きらきら大好き

顔アイコン

極々 普通に食卓に並ぶ食材ですし
美味しいものばかりです しかし 国産はなかなか買い求めたり
外食では どうでしょう

2018/12/7(金) 午後 6:27 [ ステラ ]

顔アイコン

「そばのひまご・・・」語呂合わせに「ナイス」
覚え易く良い事教えて貰って有難うございます。

2018/12/7(金) 午後 7:17 [ 笑公子7 ]

アバター

> きらきら大好きさん、そうなんです。
昔の朝食はごはんにみそ汁に漬物、それに納豆と焼きのりでしたが、今ではこのような朝食は見かけなくなったでしょうね。

2018/12/8(土) 午前 6:36 水無瀬より

アバター

> ステラさん、外食の場合、甘味を感じさせるためにJTの精製塩を大量に使います。だから摂り過ぎた塩分を尿で排泄するのですが、それに比例しマグネシウムや他のミネラルも排泄しますから、ミネラル不足となります。他方、野菜の摂取量がどうしても不足がちですから、帰宅したら野菜や納豆などを食べる必要があります。

2018/12/8(土) 午前 6:43 水無瀬より

アバター

> 笑公子さん、食品の買い物に出かける前に、今日は何を買おうかと案じる一つに、「そばのひまご・・・」を参照ですね。

2018/12/8(土) 午前 6:47 水無瀬より

顔アイコン

初めまして大田なまさんから来ましたNICE

2018/12/9(日) 午後 11:49 eigekaii

アバター

> eigekaiiさん、訪問&コメ有難う。
処で、あなたのブログ、すごいですね。

2018/12/11(火) 午前 10:10 水無瀬より


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事