白文鳥ピピme物語

検察と大手メディアの明らかな犯罪

全体表示

[ リスト ]


書庫『アルツハイマー・認知症』 目次

何故にアルツハイマー病(AD)などの認知症が圧倒的に女性に多いのか。その原因は銀歯であり、ミシン掛けであり、IH調理器であり、最近では携帯の長電話にノートパソコンだ。それに煙草を吸わないからだ。無論、放射能は男女共の脳を破壊するから、アルツハイマー病などの認知症の原因となる。

『再確認:放射能は脳を破壊する』 2014/7/17(木) 
食品を通して放射能が体内に入り込んでいる。脳細胞に放射性物質が蓄積し、脳が破壊されていた。一度破壊された脳細胞は元に戻ることはない。

『今危ない昔に治療した虫歯のリスク』 2014/9/29
歯の治療での銀歯アマルガムには50%の水銀が化合されている。この猛毒水銀が脳を破壊する。スウェーデンやドイツでは使用禁止であり、英国では使用しないように呼び掛けている。

『何故女性はボケるの?』 2014/10/1(水)

近い未来、60歳以上の55%はボケるという研究データがある。換言すれば、日本の60歳以上のご婦人の80%はボケるということ。

『東京在住のリスク再確認』 2014/10/5(日) 
東京の.東部の放射能汚染は1000-4000Bq/kg、及び西部は300-1000Bq/kg。
-奇妙なことが起きている
-薬が効かない
-劇的に増加する奇病

『牛肉でアルツハイマー病になり易い』 2014/11/30(日)
米国産BSE感染牛を食べるとアルツハイマー病(AD)とヤコブ病に罹(かか)る。双方とも、タンパク質が正しく働かないために脳神経細胞が冒される病気だ。アフリカ人がアメリカに移住すると飛躍的にアルツハイマー病が発生する。

『アルツハイマーや認知症のメカニズム』 2016/12/21(水)

塩コショウが入ったイチジク形の容器(シナプス前終末)で、左右に振って肉(受容体)などに塩コショウ(神経伝達物質)を振りかけるのだが、この容器に目詰まりが起き、塩コショウ(神経伝達物質)が出なくなった現象が、アルツハイマーや認知症である。この塩コショウ(神経伝達物質)の一部がタバコのニコチンで、ニコチンは認知症の治療に使われている。

『ボケ防止策再認識』 2017/3/28(火)
アルツハイマー病の諸原因

『たばこで白血病倍増の論理』 2017/4/18(火) 
広島・長崎の被爆者データでは、放射能の低線量で急性リンパ性白血病および慢性骨髄性白血病を早期に誘発する。佐賀県での原発のある玄海町では白血病死亡者率は全国の7倍。唐津で3倍。

イメージ 1

たばこで白血病が倍増すると言うことは、JTの福島産の煙草には放射能をたっぷり含んでいるということを証明することになる。

『実証『煙草は無類の薬剤』』 2018/2/6(火) 
アルツハイマーなどの認知症やパーキンソン病に最も有効なのはニコチン。医薬品&医療業界にとって煙草を吸われると患者が減るから裏金を使い必死にタバコ罪悪論を唱えている。

(ニコチンは治療薬)Cotinine: a potential new therapeutic agent against Alzheimer's disease. コチニン(ニコチンの生成物):アルツハイマー病に対する潜在的な新しい治療薬。

『アルツハイマー病の原因:水銀』 2018/12/14(金) 
アルツハイマー病(AD)やパーキンソン病(PD)の主原因は、歯の治療用の水銀(アマルガム)やワクチンの水銀(チメロサール)が脳機能を破壊するからだ。頭痛、めまい、悪心、極度の疲労、および記憶喪失は、歯の水銀(アマルガム)を除去したら、これらの症状が消えた。

『アルツハイマー病死者急増中』 2018/12/17(月)
放射線による脳障害が急増−3.11後に

『アルツハイマー防止食べ物』 2018/12/19(水) 
アルツハイマー病(AD)とは脳がやられる根本的治療法のない病気。脳の神経細胞が死滅し、脳が縮小する。然し、この病の特徴は、発症する30年前から始まっている。つまり、今、何らかの手を打っておかないと、将来、確実にアルツハイマー病になることを意味す。
Tasty Foods That Reduce Alzheimer's and Dementia Risk
アルツハイマー病および認知症のリスクを軽減するおいしい食品 ❶〜⓫

『銀歯の水銀合金が筋力を奪う』 2018/12/20(木) 
The scientific literature on mercury, amalgam and ALS
水銀、アマルガム、ALSに関する科学文献
Evidence linking amalgam mercury with multiple sclerosis and Parkinson's
アマルガム水銀と多発性硬化症(MS)とパーキンソン病とを結ぶ証拠

『銀歯から常時猛毒の水銀蒸気』 2018/12/22(土) 
歯の中の銀歯の水銀(アマルガム)は室温(20℃)以上で蒸発するから常時微量ながら口の中(37℃)で蒸発し、それを吸収していることになる。無論、温かいお茶やコーヒーを飲んだ時も、歯を磨いた時も。気化した水銀は親油性のため吸入されると、約80%が肺胞膜を通して吸収される。

『アルツハイマーから身を守る為に』 2018/12/23(日)
米国ではミシンを常時使う女性のアルツハイマー(AD)の原因の一つは電磁波によるものと述べている。つまり、ミシンをかけるときにミシンの電動部に頭をぎりぎりまで近づけるから、交流の電磁波で脳をやられた結果なのだ。IH調理器も危ない。電磁波は、ガンや白血病の原因となっている横浜のデータもある。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
(余談)米国産肉の恐怖

『米国産の食肉は覚悟して食べよ』 2016/3/7(月)
米国産牛と豚は脳に穴が開くモンサントの遺伝子組み換えトウモロコシで育っただけではない。食べたら歩行困難などの障害が発生する成長促進剤化学物質「ラクトパミン」で生育されており、この促進剤は肉の中にも含んでいる。

食の安全と家畜の健康を理由に、EUはこうした化学物質の多くを使用禁止にした。食品安全性に関して厳格でない中国やロシアでさえも同様だ。然し、米畜産業界ではいまだに使われている。

『ボクシングで実証した米国産牛肉のリスク』 2017/10/11(水) 
米国産牛肉・豚肉・鶏肉は、医薬品のデパート
Why Eating Meat in America Is Like Going on a Trip to the Drug Store
なぜアメリカの肉を食べるのが薬局訪問と同じなのか?

米国産には、450種以上の動物薬、医薬品の組み合わせと飼料添加物で化合された飼料で飼育されているが、普通の検査では検出されない。

牛肉より怖い牛乳ー有害物質を100倍濃縮した飲料
食物連鎖による生体濃縮の原理がある。例えば、牧草のダイオキシン濃度が1だとすると、牛の体内でそれは10倍に濃縮され、その乳では100倍に濃縮される。


乳牛には、通年搾乳(さくにゅう)のため、飼料にエストロゲン(女性発情ホルモン)を添加している。小学校低学年の少女の胸が膨らみ初潮の原因が、学校給食で出す牛乳にある。

他方、40歳代女性がホストクラブに狂ったり、熟女がボケるのは、牛乳に含むこの女性発情ホルモンと400種類以上の薬品が原因だ。


閉じる コメント(8)

顔アイコン

やふ〜さんもかなりボケボケですね。
顔アイコンと、ナイスぽちのチエックマークが表示されませんし、
そのた色々不具合がー

2019/1/17(木) 午後 0:13 -

身の回りはリスクだらけですね。
でもニコチンですか、罪悪論を唱える裏にはこんなことがあるのですね。

2019/1/17(木) 午後 1:19 散位 アナリスト杢兵衛

顔アイコン

何が正しくて、何が正しくないのか、
良く分からなくなって来ました。不安な事ばかりです。
子供たちのためにも、勉強したいと思います。

2019/1/20(日) 午後 2:32 あみうさ

アバター

> ☆ももしゃんさん、yahooのサーバーの容量が小さいか、ソフトに問題があるかも。

2019/1/23(水) 午前 9:16 水無瀬より

アバター

> 散位 アナリスト杢兵衛さん、医薬品会社は必死で煙草を吸わせないように金や脅しで先進国の政界やマスメディアを操っています。無論、煙草反対の奇声をあげる連中の背後には医薬品業界がいます。
但し、ニコチン以上の効果がある薬が開発されたら、反たばこの流れは変わるでしょうが、いまだに出来ていません。

2019/1/23(水) 午前 9:36 水無瀬より

アバター

> あみうささん、厚労省の度重なるデータ捏造のように、日本政府や日本の新聞・テレビは嘘が多く、まともに信じたらいけないのです。無論、東大教授をはじめとするテレビに登場するコメンテーターも然りです。その点、米国の報道の方がまだマシです。

2019/1/23(水) 午前 9:43 水無瀬より

いつもいろいろ情報をありがとうございます
私としてはあまり制限しないでストレスなく気持ちよく生活させてあげたいのですが、、介護って大変ですね。

2019/1/23(水) 午後 1:12 マロン

アバター

> マロンさん、私は情報を提供するだけです。
どう対応するかは、マロンさんの選択です。
アルツハイマー病、悪化しないでほしいですね。

2019/1/25(金) 午前 7:25 水無瀬より


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事