白文鳥ピピme物語

検察と大手メディアの明らかな犯罪

全体表示

[ リスト ]


『指が31本ある赤ちゃんが中国で生まれた』
母親の遺伝子が子に伝わった典型的な例
母親は多指症で、手の指は12本、足にも12本の指がある。
イメージ 3
子には手に15本、足には16本の指がある。また手にはそれぞれ掌が2つあり、親指がない。
※農薬除草剤ラウンドアップは、逆に手や腕の無い子を遺伝する。スーパーの野菜は目に見えない傷害&殺人者だ。

さて、本題
農家は農薬を使用した野菜は出荷用であり、自家用の野菜には農薬を使用せず。他方、出荷用野菜にたんまりとふりかけた農薬で、同エリアの家庭の子供や家族に障害を与えている。無論、出荷された野菜を食べた市民には目に見えない障害がいずれ訪れる。

再度申し上げますが、私達は有機野菜農家を育成する必要がある。そうでなければ、病魔だけではなく、胎児から、青少年から子種が消え、日本人はこの世からいずれ消えていく。

尚、我が町島本町の場合、阪急水無瀬駅T字路交差点信号の突き当りに有機野菜販売所がある。ご利用を期待する。

(前回記事)

仏国:ランドアップによる奇形児 2019/8/1(木) 
仏国:農薬による水道水汚染 2019/8/1(木)

(今回記事)
Scientists are baffled by spatter of babies born without hands or arms in France
科学者たちはフランスで生まれた手や腕の無い赤ちゃんの散在に困惑している

lipstickalley 2019年7月12日
MOTHER OF SEVEN-YEAR-OLD WHO WAS BORN WITH HIS LEFT HAND MISSING WAS TOLD 'IT HAPPENS. WE WON'T HAVE EXPLANATIONS'
イメージ 1

左手が欠けていた7歳の子の母親は、偶々生じたことだと言われました。説明はありませんでした。

Scientists have no answers for why around a dozen babies have been born without arms or hands in parts of rural France - as an investigation fails to identify a cause.
An interim report published by the Health Ministry today said it did not know why children born in Ain, Morbihan and Loire-Atlantique since 2000 had the defects, known as upper limb reduction.
The births have raised alarm among the French public that they might be caused by some kind of toxin in food, water or air, or that pesticides might be responsible.
But the long-awaited interim report by Sante Publique France, an agency of the Health Ministry, offered no relief to families looking for answers.
The expert panel concluded there was no evidence of a 'cluster' of cases in the Ain region, where it said there were six cases.
It said there was a cluster in Morbihan, which involved three babies.
イメージ 2

フランス の農村の一部で何十人もの赤ちゃんが手や腕無しに生まれたが、調査では原因を特定できないため、科学者たちからの答えがありません。

保健省が今日発表した中間報告は、2000年以来、アイン、モルビアンおよびロワール - アトランティックで生まれた子供たちが上肢縮小として知られる欠陥を持っていた理由を知らないと言いました。

出生は、彼らが食物、水または空気の中のある種の毒素によって引き起こされるかもしれないということ、または農薬に原因があるかもしれないということをフランス国民に警告しました。

しかし、保健省の機関である公衆衛生フランスによる待望の中間報告は、答えを探している家族に何の不安の除去も与えませんでした。専門家委員会は、6つの症例があるアイン地域に「集団」の症例の証拠はないと結論付けました。それはモルビアン地域に3人の赤ん坊を巻き込んだ集団があった故と書いていました。(中略)

Epidemiologist Emmanuelle Amar, who first revealed the birth defects in Ain, said last year the only thing mothers of the affected babies had in common was that they lived in cereal-growing areas amid fields of corn and sunflower.(中略)

アイン地域の先天性欠損症を初めて明らかにした女性疫学者エマニュエル・アマルは、昨年、手や腕の無い子らに共通している唯一のことは、トウモロコシとヒマワリの畑の中の穀物栽培地域に住んでいたことだと述べました。(註1)

(註1)国家安全保障局(ANSM)の依頼で調査していた疫学者エマニュエル・アマルがこの見解を述べた後、突然解雇される。このことは、フランス政府と農薬企業との癒着を想定させる。

Hospital registries show limb defects occur in 1.7 of every 10,000 births, or about 150 cases per year in France.Birth defects can have multiple causes, including chromosome disorders, drug use or exposure to toxic substances.But authorities only have six registries covering around 20 per cent of France's population to produce the figures, making a nationwide investigation difficult.

病院の登録簿では、10,000人の出産ごとに1.7人、またはフランスでは年間約150人の手や腕の欠損が発生しています。先天性欠損症は、染色体異常、薬物の使用、または有毒物質への暴露など、複数の原因が考えられます。

しかし当局は、数字を作成するためにフランスの人口の約20パーセントをカバーするだけの6つの登録簿しか持っていないので、全国的な調査は困難です。

In the late 1950s and early 1960s, about 10,000 babies worldwide were born with malformed or missing limbs after their mothers received the drug thalidomide to treat morning sickness.
As part of the initial investigation into the problem, Ms Mostini was questioned by doctors as to her eating habits during pregnancy and what drugs she took.
However, no common thread was found between her and other affected families.
'The question arises as to whether it could be environmental', she told FranceInfo.
Referencing 'fertilisers, pesticides', Ms Mostini wonders whether something 'happened at this time on the commune'.

1950年代後半から1960年代初頭にかけて、つわりを治療するサリドマイドを服用した母親から生まれた約10,000人の赤ちゃんが奇形または欠けた四肢で生まれました。

(この記事の最初に掲載した家族写真の中の手首の無い男の子を持つ母親への質問)
問題の初期調査の一環として、母親モスティーニは妊娠中の彼女の食生活と彼女が服用した薬について医師から質問を受けました。

しかし、手や腕の欠損した子を持つ他の家族との間で共通の糸は見つかりませんでした。「それは環境的なものであり得るかどうかに関して問題が生じる」と彼女はフランス・アンフォ・ラジオネットワークに語りました。「肥料、農薬」を参照して、モスティーニ女史は「この時点で共通のことが起こっている」と考えています。

(原文)


Roundup: Birth Defects Caused By World’s Top-Selling Weedkiller, Scientists Say
総まとめ:世界で最も売れている雑草除去剤に起因する先天性欠損症、科学者らは言う

huffpost 06/24/2011 By Lucia Graves
(一部抜粋)
The Earth Open Source study also reports that by 1993 the herbicide industry, including Monsanto, knew that visceral anomalies such as dilation of the heart could occur in rabbits at low and medium-sized doses. The report further suggests that since 2002, regulators with the European Commission have known that glyphosate causes developmental malformations in lab animals.

地球オープンソースの調査によると、1993年までにMonsantoを含む除草剤産業は、心臓の拡張などの内臓異常が低および中程度の投与量でウサギに起こる可能性があることを知っていた。

報告書は更に、2002年以来、欧州委員会の規制当局が実験動物にグリホサート(ラウンドアップの主成分)が奇形を引き起こすことを知っていることを示唆している。

Even so, the commission’s health and consumer division published a final review report of glyphosate in 2002 that approved its use in Europe for the next 10 years.
As recently as last year, the German Federal Office for Consumer Protection and Food Safety (BLV), a government agency conducting a review of glyphosate, told the European Commission that there was no evidence the compound causes birth defects, according to the report.

そうであっても、委員会の健康と消費者部門は、今後10年間ヨーロッパでの使用を承認した2002年にグリホサートの最終レビュー報告を発表した。

昨年のように、グリホサートの見直しを行っている政府機関であるドイツ消費者保護食品安全局(BLV)は、この化合物が先天性欠損症を引き起こすという証拠はないと欧州委員会に語った。

同機関は、実験動物でグリホサートが胎児奇形を引き起こすことを発見した約半ダース(6つ)の業界研究、およびラウンドアップが特定の種類のラットの雄の子孫に有害な生殖影響(精子の減少)を誘発することを発見した独立研究があるにもかかわらず、その結論に達した。(中略)

Although the European Commission originally planned to review glyphosate in 2012, it decided late last year not to do so until 2015. And it won’t review the chemical under more stringent, up-to-date standards until 2030, according to the report.

欧州委員会はもともと2012年にグリホサートの見直しを計画していたが、昨年末、2015年まで見直しをしないことに決定した。そして報告によると、もっと厳格な2030年までの最新の規格で化学薬品を見直さないとも。

“Regulatory authorities and independent experts around the world agree that glyphosate does not cause adverse reproductive effects in adult animals or birth defects in offspring of these adults exposed to glyphosate,” she said, “even at doses far higher than relevant environmental or occupational exposures.”
While Roundup has been associated with deformities in a host of laboratory animals, its impact on humans remains unclear. One laboratory study done in France in 2005 found that Roundup and glyphosate caused the death of human placental cells. Another study, conducted in 2009, found that Roundup caused total cell death in human umbilical, embryonic and placental cells within 24 hours. Yet researchers have conducted few follow-up studies.

「規制当局および世界各地の独立専門家は、グリホサートにばく露されても、成体の動物に有害な生殖への影響や先天性欠損症を引き起こさないことに同意する」と述べた。「関連する環境または職業上のばく露よりはるかに高い線量でも」。

ラウンドアップは多数の実験動物の奇形と関連しているが、ヒトへの影響は不明のまま。

2005年にフランスで行われたある実験室研究は、ラウンドアップとグリホサートがヒト胎盤細胞の死を引き起こしたことを発見した。

2009年に実施された別の研究では、ラウンドアップが24時間以内にヒト臍帯(さいたい)細胞、胚細胞および胎盤細胞における全細胞死を引き起こしたことがわかった。それでも、研究者はいくつかの追跡調査を実施した。

“Obviously there’s a limit to what’s appropriate in terms of testing poison on humans,” said Jeffrey Smith, executive director of the Institute for Responsible Technology, which advocates against genetically modified food. “But if you look at the line of converging evidence, it points to a serious problem. And if you look at the animal feeding studies with genetically modified Roundup ready crops, there’s a consistent theme of reproductive disorders, which we don’t know the cause for because follow-up studies have not been done.”
“More independent research is needed to evaluate the toxicity of Roundup and glyphosate,” he added, “and the evidence that has already accumulated is sufficient to raise a red flag.”
Authorities have criticized Monsanto in the past for soft-pedaling Roundup. In 1996 New York State’s Attorney General sued Monsanto for describing Roundup as “environmentally friendly” and “safe as table salt.” Monsanto, while not admitting any wrongdoing, agreed to stop using the terms for promotional purposes and paid New York state $250,000 to settle the suit.

遺伝子組み換え食品を擁護するレスポンシブルテクノロジー研究所のエグゼクティブディレクター、ジェフリースミス氏は、次のように述べている。

「しかし、収束する一連の証拠を見ると、それは深刻な問題を指している。そして、遺伝子組み換えラウンドアップ対応作物を使った動物飼育試験を見ると、生殖障害の一貫したテーマがある。追跡調査が行われていないので、その原因は分からない。」

「ラウンドアップとグリホサートの毒性を評価するには、より独立した研究が必要であり、既に蓄積されている証拠は赤旗(危険信号)を掲げるのに十分である」と彼は付け加えた。

当局は過去にソフトペダリング ラウンドアップでモンサントを批判してきた。

1996年、ニューヨーク州検事総長は、ラウンドアップを「環境に優しい」および「食卓塩として安全」と説明したとして、モンサントを訴えた。

モンサントは、不正行為を認めていないが、この用語の使用を中止することに同意し、そして訴訟を解決するためにニューヨーク州に25万ドルを支払った。(中略)

Though skirmishes over the regulation of glyphosate are playing out at agencies across the U.S. and around the world, Argentina is at the forefront of the battle.

グリホサートの規制についての小競り合い、米国および世界中の機関で行われているが、アルゼンチンは戦いの最前線にいる。

THE ARGENTINE MODEL
アルゼンチンモデル
The Earth Open Source report, “Roundup and birth defects: Is the public being kept in the dark?“ comes years after Argentine scientists and residents targeted glyphosate, arguing that it caused health problems and environmental damage.
The Earth Open Source report, “Roundup and birth defects: Is the public being kept in the dark?“ comes years after Argentine scientists and residents targeted glyphosate, arguing that it caused health problems and environmental damage.
Farmers and others in Argentina use the weedkiller primarily on genetically modified Roundup Ready soy, which covers nearly 50 million acres, or half of the country’s cultivated land area. In 2009 farmers sprayed that acreage with an estimated 200 million liters of glyphosate.

Earth Open Sourceのレポート「総括と先天性欠損症:公衆は暗闇の中にとどまっているのか?」アルゼンチンの科学者や住民がグリホサートを標的とし、それが環境問題や問題を引き起こしたと主張した。

アルゼンチンの農民たちは、主に遺伝子組み換えの大豆に、除草剤ラウンドアップ レディを使用している。この大豆は、5000万エーカー近く、つまり国内の耕作面積の半分を占めている。 2009年に、農民は推定2億リットルのグリホサートを散布した。

The Argentine government helped pull the country out of a recession in the 1990s in part by promoting genetically modified soy. Though it was something of a miracle for poor farmers, several years after the first big harvests residents near where the soy cop grew began reporting health problems, including high rates of birth defects and cancers, as well as the losses of crops and livestock as the herbicide spray drifted across the countryside.
Such reports gained further traction after an Argentine government scientist, Andres Carrasco conducted a study, “Glyphosate-Based Herbicides Produce Teratogenic Effects on Vertebrates by Impairing Retinoic Acid Signaling“ in 2009.

アルゼンチン政府は、一部には遺伝子組み換え大豆の販売促進により、1990年代の景気後退からの脱却を支援した。それは貧農家にとって奇跡のようなものだったが、最初の大きな収穫から数年後、除草剤の噴霧が田舎の至る所で漂い、大豆が再度育った場所の近くの住民に先天性欠損症や癌だけでなく、作物や家畜などの損失をもたらした。

アルゼンチン政府の科学者、Andres Carrascoが調査を行い、2009年に「グリホサート系除草剤はレチノイン酸シグナル伝達を損なうことにより脊椎動物に催奇形性作用を生じる」との報告後、このような報告は更なる注目を集めた。

The study, published in the journal Chemical Research in Toxicology in 2010, found that glyphosate causes malformations in frog and chicken embryos at doses far lower than those used in agricultural spraying. It also found that malformations caused in frog and chicken embryos by Roundup and its active ingredient glyphosate were similar to human birth defects found in genetically modified soy-producing regions.
“The findings in the lab are compatible with malformations observed in humans exposed to glyphosate during pregnancy,” wrote Carrasco, director of the Laboratory of Molecular Embryology at the University of Buenos Aires. “I suspect the toxicity classification of glyphosate is too low.”
“In some cases this can be a powerful poison,” he concluded.

2010年に毒物学の化学雑誌に発表されたこの研究は、グリホサートが農業用スプレーで使用されるよりはるかに低い用量でカエルとニワトリの胚に奇形を引き起こすことを発見した。

また、ラウンドアップとその有効成分であるグリホサートによってカエルやニワトリの胚に発生した奇形は、遺伝子組み換えの大豆生産地域で見られる人間の先天性欠損症に似ていることも分かった。

ブエノスアイレス大学の分子発生学研究所の所長であるCarrascoは、次のように述べている。 「グリホサートの毒性分類が低すぎると思います」

「場合によっては、これは強力な毒になる可能性があります」と彼は結論付けた。
(中略)
Duelo said that the Ministry of Science is examining Carrasco’s report as part of a study of the possible harmful effects of the glyphosate. Officials, he added, are as yet unable to “reach a definitive conclusion on the effects of glyphosate on human health, though more studies are recommended, as more data is necessary.”

Dueloは、科学省はグリホサートの影響に関する可能性のある研究の一部としてカラスコの報告書を検討していると述べた。 当局者は、「グリホサートが人の健康に及ぼす影響についての明確な結論として、もっと多くの研究が推奨されている」と付け加えた。

REGIONAL BANS
After Carrasco announced his findings in 2009, the Defense Ministry banned planting of genetically modified glyphosate-resistant soy on lands it rents to farmers, and a group of environmental lawyers petitioned the Supreme Court of Argentina to implement a national ban on the use of glyphosate, including Monsanto’s Roundup product. But the ban was never adopted.

“A ban, if approved, would mean we couldn’t do agriculture in Argentina,” said Guillermo Cal, executive director of CASAFE, Argentina’s association of fertilizer companies, in a statement at the time.

カラスコが2009年に彼の調査結果を発表した後、国防省はそれが農民に賃貸する土地での遺伝子組み換えグリホサート耐性大豆の植栽を禁止し、そして環境弁護士のグループはグリホサートの使用に関する全国禁止を実施するようアルゼンチン最高裁に請願した。 それはモンサントのラウンドアップ製品を含む。しかし禁止は決して採択されなかった。

アルゼンチンの肥料協会協会CASAFEのエグゼクティブディレクターであるGuillermo Cal氏は、「承認されれば、禁止されれば、アルゼンチンで農業を行うことができなくなる」と語った。

In March 2010, a regional court in Argentina’s Santa Fe province banned the spraying of glyphosate and other herbicides near populated areas. A month later, the provincial government of Chaco province issued a report on health statistics from La Leonesa. The report, which was carried in the leftist Argentinian newspaper Página 12, showed that from 2000 to 2009, following the expansion of genetically-modified soy and rice crops in the region, the childhood cancer rate tripled in La Leonesa and the rate of birth defects increased nearly fourfold over the entire province.

2010年3月、アルゼンチンのサンタフェ州の地方裁判所は、人口密集地周辺でのグリホサートおよびその他の除草剤の散布を禁止した。一ヵ月後、チャコン州の州政府はラ・レオネサから健康統計に関する報告を出した。

アルゼンチンの左翼紙、Página12号に掲載されたこの報告では、2000年から2009年にかけて、この地域における遺伝子組み換え大豆とコメの作物の拡大に伴い、ラ・レオネサの小児がん発生率は3倍に、先天異常の発生率は州全体で4倍近く増加した。

MORE QUESTIONS
更なる質問
Back in the United States, Don Huber, an emeritus professor of plant pathology at Purdue University, found that genetically-modified crops used in conjunction with Roundup contain a bacteria that may cause animal miscarriages.
After studying the bacteria, Huber wrote Secretary of Agriculture Tom Vilsack in February warning that the “pathogen appears to significantly impact the health of plants, animals, and probably human beings.”
The bacteria is particularly prevalent in corn and soybean crops stricken by disease, according to Huber, who asked Vilsack to stop deregulating Roundup Ready crops. Critics such as Huber are particularly wary of those crops because scientists have genetically altered them to be immune to Roundup — and thus allow farmers to spray the herbicide liberally onto a field, killing weeds but allowing the crop itself to continue growing.

話を米国に戻ると、Purdue大学の植物病理学の名誉教授であるDon Huberは、ラウンドアップと組み合わせて使用される遺伝子組み換え作物(GMO)には、動物の流産を引き起こす可能性のあるバクテリアが含まれていることを発見した。

バクテリアを研究した後、フーバーは2月にトム・ビルサック農務長官に「病原体は植物、動物、そしておそらく人間の健康に大きな影響を与えるようだ」と警告した。

ラウンドアップ レディ作物の規制緩和を中止するようVilsackに依頼したHuber氏によると、このバクテリアは、病気に見舞われたトウモロコシやダイズの作物で特に流行しているという。

フーバーのような批評家たちは、ラウンドアップに免疫するように科学者たちがそれらを遺伝的に変更したので農場主に除草剤を自由に散布させ、雑草を殺しながらも作物自体を成長させ続けるので、特にそれらの作物に警戒している。

Monsanto is not the only company making glyphosate. China sells glyphosate to Argentina at a very low price, Carrasco said, and there are more than one hundred commercial formulations in the market. But Monsanto’s Roundup has the longest list of critics, in part because it dominates the market.
The growth in adoption of genetically modified crops has exploded since their introduction in 1996. According to Monsanto, an estimated 89 percent of domestic soybean crops were Roundup Ready in 2010, and as of 2010, there were 77.4 million acres of Roundup Ready soybeans planted, according to the Department of Agriculture.

モンサントは、グリホサートを製造している唯一の会社ではない。 Carrasco氏によると、中国はアルゼンチンにグリホサートを非常に安い価格で販売しており、市場には100以上の市販製剤があるという。しかしモンサントのラウンドアップは、市場を支配しているという理由で、最も多くの評論家がいる。

1996年に導入されて以来、遺伝子組み換え作物の採用の伸びは急増している。モンサントによれば、国内大豆作物の推定89%が2010年にラウンドアップレディであった、

そして2010年現在、農務省によると、7億740万エーカーのラウンドアップ レディ大豆が植えられている。(中略)

CORNERING THE INDUSTRY?
産業のコーナー?
“We have documented time and time again scientists who have been fired, stripped of responsibilities, denied funding, threatened, gagged and transferred as a result of the pressure put on them by the biotech industry,” he added.
Such suppression has sometimes grown violent, Smith noted. Last August, when Carrasco and his team of researchers went to give a talk in La Leonesa they were intercepted by a mob of about a hundred people. The attack landed two people in the hospital and left Carrasco and a colleague cowering inside a locked car. Witnesses said the angry crowd had ties to powerful economic interests behind the local agro-industry and that police made little effort to interfere with the beating, according to the human rights group Amnesty International.

「我々は、バイオテクノロジー業界からの圧力の結果として、解雇され、責任を剥奪され、資金調達を拒否され、脅迫され、言論の自由を奪われ、そして移転された科学者を何度も記録した」と付け加えた。

去年の8月、カラスコと彼の研究チームがラ・レオネサで講演を行ったとき、彼らは約100人の暴徒に妨害された。スミス氏によると、そのような抑制は時々激しくなった。(中略)

目撃者は、怒っている群衆は地元の農業産業の背後にある強力な経済的利益と関係があると述べた。そして人権団体アムネスティ・インターナショナルによれば、警察は殴打を防止するためにほとんど努力をしなかった。(以後省略)

(原文)

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事