白文鳥ピピme物語

検察と大手メディアの明らかな犯罪

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]


再掲:インフルエンザを防ぐ重曹 2019/1/15

インフルエンザは今年もいよいよピークの時季に入りましたね。

イメージ 3

各地でインフルエンザ警報が発令されていますが、特に北海道、愛知県、岐阜県で猛威を振るい、愛知県での学級閉鎖数は昨年の同時期の倍以上(185クラス)となっています。

イメージ 4

今回の愛知県の小学校の場合は、冬休みが明けたとたん、各学校で一気に増えたとのことです。

イメージ 5

発症後、5日間はウイルスも多く、この期間、ウイルスを撒き散らすんですね。ですから休み明け登校した感染している子は、教室に撒き散らし、感染者が一気に増えた。ということは、子供たちは、冬休み期間中に感染したことになります。

不思議ですね。子供達は冬休み中、どこで感染したのかな。ウイルスが空から降ってきたとしか考えられないのではないですかね。

さて、これまでの繰り返しになりますが、再度、インフルエンザ対策に重曹がいかに有効であるかを述べます。

(以前の記事)
インフルエンザ対策:重曹 2018/12/4(火)


Baking Soda May Help Fight Colds and the Flu
ベーキングソーダ(重曹)は風邪とインフルエンザとの闘いに役立つ

Some people believe that when taken internally, baking soda can help maintain the pH balance in your bloodstream.This is likely the basic premise behind its recommended uses against both colds and influenza symptoms.In their booklet " Arm & Hammer Baking Soda Medical Uses ," published in 1924, Dr. Volney S. Cheney recounts his clinical successes with sodium bicarbonate in treating cold and flu: 2

一部の人々は、摂取した重曹(重炭酸ナトリウム)があなたの血流のpHバランスを維持するのを助けることができると確信しています。

このことは風邪とインフルエンザの両方の症状に対する推奨される使用法の背後にある基本的な前提である可能性があります。

Volney S. Cheney博士は1924年に出版された小冊子「Arm&Hammer Baking Soda Medical Uses」の中で、風邪やインフルエンザの治療における重曹(重炭酸ナトリウム)の臨床の成功について語っています。

** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- **

"In 1918 and 1919 while fighting the 'flu' with the U. S. Public Health Service it was brought to my attention that rarely anyone who had been thoroughly alkalinized with bicarbonate of soda contracted the disease, and those who did contract it, if alkalinized early, would invariably have mild attacks.

「1918年から1919年にかけて、米国公衆衛生局の「インフルエンザ」との闘いが私の注意を引きました。

それは、重曹(炭酸水素ナトリウム)で徹底的にアルカリ化された人は誰でもめったに病気にかかりませんし、そしてインフルエンザに罹患した人々は、重曹(炭酸水素ナトリウム)で早くアルカリ化すると常に軽度の症状で済むということを。

I have since that time treated all cases of 'cold,' influenza and LaGripe by first giving generous doses of bicarbonate of soda, and in many, many instances within 36 hours the symptoms would have entirely abated.

私はその時以来、最初に重曹(炭酸水素ナトリウム)をたっぷり投与することによって、「風邪」、インフルエンザ、およびLaGripe(スペイン風邪)の全てのケースを治療し、そして多くの多くの場合、36時間以内に症状は完全に緩和されました。

Further, within my own household, before Woman's Clubs and Parent-Teachers' Associations, I have advocated the use of bicarbonate of soda as a preventive for 'colds,' with the result that now many reports are coming in stating that those who took 'soda' were not affected, while nearly everyone around them had the 'flu.'

更に、私の家庭にて、女性クラブ(ボランティア活動組織)と保護者協会の前で私は「風邪」の予防として重曹(炭酸水素ナトリウム)の飲用を提唱しました。

その結果、「炭酸水素ナトリウム(重曹)」を服用した人は風邪に罹(かか)っていないという多くの報告があります。

しかし一方、「炭酸水素ナトリウム(重曹)」を服用していないほぼ全員が「インフルエンザ」に罹患(りかん)していました。
** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- **
Not too certain though about how valid the pH optimizing is as to baking soda's mechanism of action, as clinically I have frequently used diluted hydrochloric acid intravenously to also help people nearly instantly recover from acute infections. Obviously this is pushing the pH in the opposite direction, yet both appear to work, suggesting that the mode of action may be other than pH mediated.

The administration is easy enough, and is relatively harmless even if you should not experience relief from your cold symptoms. Simply dissolve the recommended amount of baking soda in a glass of cold water and drink it. Recommended dosages from the Arm & Hammer Company for colds and influenza back in 1925 were:

重曹(炭酸水素ナトリウム、ベーキングソーダ)の作用メカニズムに関して、pH最適化がどれほど有効であるかについて定かではないとは言え、臨床的に私は頻繁に希塩酸を静脈内に使用し、人々が急性感染からほぼ即座に回復するのを助けました。

明らかに、これはpHを反対方向(酸性)に押し上げていますが、それでも両方ともうまくいくように見えます。これは、作用形態がpH媒介以外のものである可能性を示唆しています。

もしもあなたの風邪の症状が軽減しないならば、重曹(炭酸水素ナトリウム)の投与は簡単で、比較的無害です。

お勧めの量の重曹をコップ1杯の冷たい水に溶かして飲むだけです。 1925年、風邪とインフルエンザに感染した人の場合のアームアンドハンマー社の推奨投与量は以下の通りです。

Day 1 -- Take six doses of ½ teaspoon of baking soda in glass of cool water, at about two-hour intervals
Day 2 -- Take four doses of ½ teaspoon of baking soda in glass of cool water, at the same intervals
Day 3 -- Take two doses of ½ teaspoon of baking soda in glass of cool water morning and evening, and thereafter ½ teaspoon in glass of cool water each morning until cold symptoms are gone

1日目 - 冷たい水の入ったグラスに、小さじ1/2杯の重曹を溶かし、約2時間の間隔で飲む。(6回/日)

2日目 - 冷たい水の入ったグラスに、小さじ1/2杯の重曹を溶かし、同じ間隔で4回/日飲む。

3日目 - 冷たい水が入ったコップ1杯の冷たい水に、小さじ1/2杯の重曹を溶かし、朝と夜に飲んでください。(2回/日)

According to Arm & Hammer's dosing instructions, do not exceed seven doses of ½ teaspoon per day, or three doses of ½ teaspoon daily if you're over the age of 60. In addition, do not use the maximum dosage for more than two weeks.

(小さじ1杯の量)
5cc
重曹 4g
拠って、1回の飲料の小さじ1/2杯は、2gです。

(注意事項1)
アームアンドハンマー社の投与指示によれば、重曹は下記の摂取量を超えないで下さい。

1日小さじ1/2を7杯。
60歳以上の方は、1日小さじ1/2杯を3杯。

また、上記の最大摂取量を2週間以上継続摂取しないで下さい。予防の場合は、小さじ1/2杯を1日に1杯、もしくは2杯です。

(注意事項2)
食事と食事の間に飲んで下さい。

(注意事項3)
ここで使用する重曹(炭酸水素ナトリウム)は、薬局で販売している純粋な重曹(炭酸水素ナトリウム、ベーキングソーダ)です。

スーパーなどで販売されている重曹には、アルミニウムなどの混合物が入っていますから使用不可です。

尚、その他の注意事項は、重曹の箱に記入されていますから、それも読んで下さい。無論、他の薬との同時飲用は禁止です。

(ソース)
* - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * 

(薬局で販売されている重曹(炭酸水素ナトリウム、ベーキングソーダ)の例)

一箱500g 入りの場合
薬局では数社の薬品会社のものを扱っています。
何れも添付されているサジは、すり切り1杯で、1.5g〜1.7gです。
故に、1回の摂取の小さじ1/2の量(2g)は、この添付サジにちょっとだけ山もり1杯です。
イメージ 1
※画像は、健栄製薬500g。

薬局での販売価格は、うちの近所の薬局の場合、昨年の8月には、1箱500g入りで275円でしたが、秋には800円程に値上げされています。売れるから3倍に値上げしたのでしょう。当に薬の九層倍(くそうばい)です。

お買い求めの際は、近所の薬局何軒かに電話をし、安い店から買いましょう。通販では、送料込みで一箱600円台で入手できます。

他方、大洋製薬では、小袋入りのものをも販売しています。
この一袋は、3gです。一箱は、15袋(3g×15袋=45g)入りです。
イメージ 2

販売価格は、薬局での店頭価格は分かりませんが、通販では、1箱100円前後です。通販では、送料込み2箱で475円のがありました。無論、この小袋のものを買うより、1箱500g入りの方が遥かに安くつきます。

* - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * 
(参考)
Natural Ways To Prevent and Treat Influenza
To keep your immune system strong eat a healthy diet, get regular exercise, proper rest with some relaxation time every day and adequate sleep (most people need about 8 hours).
Organic, local, fresh food is optimal and try to avoid processed food such as white flour, sugar, and artificial sweeteners/high fructose corn syrup.

インフルエンザを予防し治療する自然な方法

あなたの免疫システムを強く保つためには、健康的な食事をとり、定期的に運動し、毎日ある程度のリラックスタイムをとり、十分な睡眠をとってください (ほとんどの人は約8時間必要です)。

生の地元産の生鮮食品が最適であり、白粉、砂糖、人工甘味料/高フルクトースコーンシロップなどの加工食品は避けてください。
 
* - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - *

※『インフル・ワクチンの無効果論』 2018/11/5(月) 
※『米国インフル・ワクチン実態証言』 2018/11/6(火) 
* - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - *

(これまでの重曹に関する記事)
※『重曹でがんは消える』  2018/3/3(土) 
※『重曹による体内のウラン除去』  2018/10/6(土)
※『重曹:体内除染』  2018/11/29(木) 
※私の体験記
『歯周病や発疹に有効な純粋重曹』 2018/9/14(金) 
※『薬は「九層倍」(くそうばい)の例』 2018/11/13(火) 
※『少子化対策は先ず重曹促進から』 2018/11/22(木) 


(画像)
【インフルエンザ18-19】岐阜・北海道など警報レベル…全国で大流行の恐れ 019.1.11 
インフルエンザ流行レベルマップ 2019年第1週(2018年12月31日〜2019年1月6日)
インフルエンザ猛威 新治療薬「ゾフルーザ」処方は大人中心か 2019/1/11 
インフルエンザの予防投与

厚労省:インフルエンザの発生状況について 平成31 年1 月11 日

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事