白文鳥ピピme物語

検察と大手メディアの明らかな犯罪

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]


フランスの農薬による地下水・水道水汚染の実態です。
日本の場合、降雨量が多い故に、フランスの状況までには達していないが、じわじわと地下汚染されていきますから、我らの子孫の世代には恐らくまともな水道水を得ることは難しくなるかもしれません。

と言っても、その前に農家のラウンドアップの使用と放射能で、男子から子種が消え、子孫はいないかもしれません。故に今、有機農業をいかに育てるか、購入するかが我等の年代の義務ではないでしょうか。そして孫や子供に食べさせることです。

(前回記事)
『仏国:ランドアップによる奇形児』 2019/8/1(木) 



Enquête “Que Choisir” sur l'eau potable en France: des résultats bons en Limousin sauf pour la radioactivité
Publié le 26/02/2014 投稿日26/02/2014
74 communes en France, comptant au total 50 500 habitants, sont susceptibles, selon l'association de consommateurs, d'être alimentées par une eau trop radioactive

消費者団体によると、フランスの74の市町村の総人口5万500人の住民は、放射能が強すぎる水道水を飲用している可能性があります。

En 2014, l’activité agricole reste et de loin la principale source des pollutions de l’eau potable et représente 63 % des dépassements subis par les consommateurs, explique "Que Choisir" dans cette enquête. Par ordre d’importance, on relève d’abord des pollutions en pesticides (60 % des pollutions d’origine agricoles), puis les nitrates (21 % des pollutions agricoles) et le sélénium (18 %).

2014年、農業活動は依然として飲料水汚染の主な原因であり、消費者が被った超過の63%を占めています、とこの調査では「Que Choisir」と説明しています。 

重要性の順に、我々は最初に農薬汚染(農業発生源からの汚染の60%)、次に硝酸塩(窒素、農業汚染の21%)そしてセレン(18%)に注目します。(中略)

La radioactivité
Concernant la radioactivité, les départements concernés sont essentiellement localisés dans les régions de sous-sol granitique: le Massif Armoricain ( Ille-et-Vilaine, Morbihan) et le Massif Central ( Corrèze, Creuse, Haute-Vienne). Ces résultats ne constituent pas une surprise.

放射能
放射能に関しては、関係部署は主に花崗岩質の下層土地域に位置しています:Armorican Massif(Ille-et-Vilaine、Morbihan)とMassif Central(Corres、Creuse、Haute-Vienne)。これらの結果は驚くことではありません。
(原文)

Tap water 'polluted' for 1.5 million in France
フランスで150万の水道水が汚染

Polluted drinking water is pouring out of taps at the homes of nearly 1.5 million people in France, according to a new study released on Wednesday. Perhaps surprisingly, it’s not residents of French cities who are gulping down the most contaminated water. (SEE MAP)

水曜日に発表された新しい調査によれば、汚染飲料水がフランスの150万人の人々の蛇口から流れ出ています。 おそらく驚くべきことに、最も汚染された水を飲み込んでいるのは都市部の住民ではありません。 (地図参照)(中略)

A new report has revealed around 1.48 million people in France are guzzling down polluted drinking water from taps. Most of those affected live mainly in the French countryside. 

新しい報告によると、フランスの約148万人が水道の蛇口から汚染された飲料水を飲み込んでいます。 影響を受けた人々のほとんどはフランスの田舎に住んでいます。(中略)

The study by consumer watchdog UFC-Que Chosir, revealed that the by products of agriculture are the main cause of the contaminated ground water being consumed. 
According to the study most substandard water in France is loaded with pesticides and nitrates from fertilizer and livestock manure. That is the case in 63 percent of instances where homes receive polluted water - which represents around 900, 000 people. 

消費者監視機関UFC-Que Chosirによる研究は、農業の産物が地下水汚染の原因であることを明らかにしました。

この研究によると、フランスのほとんどの標準以下の水には、肥料や家畜の肥料からの農薬や硝酸塩が含まれています。

これは、家庭が汚染された水を受け取る事例の63パーセントにあてはまります。これは約900,000人に相当します。(中略)

イメージ 1

A string of ten Brittany towns, including Brandivy, Cruguel and Grand-Champ, wound up on the group's black list due to radioactivity contamination, French paper Le Télégramme reported.
イメージ 3

フランスの紙によると、Brandivy、Cruguel、Grand Champなど、ブルターニュ地方の10の町が放射能汚染のリストに上げられています。(以下省略)
(原文)

La qualité de l’eau se dégrade encore en France
フランスでは水質がさらに悪化している

(一部抜粋)
イメージ 4

L’association de consommateurs dénonce la contamination persistante des écosystèmes par les pesticides essentiellement d’origine agricole. Ces substances chimiques sont désormais massivement présentes dans la moitié des rivières françaises et dans un tiers des nappes phréatiques. Et pas seulement sous forme de traces. Sur 53 % des points de mesure de la qualité des eaux de surface, la norme de qualité nécessaire pour l’eau potable (0,1 microgramme/litre) est dépassée. C’est aussi le cas dans 31 % des nappes souterraines, qui demandent pourtant bien plus de temps avant d’être touchées.

消費者団体は主に農業起源の農薬による生態系の持続的汚染を非難しています。 これらの化学物質は現在、フランスの河川の半分と地下水の3分の1に大量に存在しています。 

そして痕跡の形だけではありません。 地表水質測定地点の53%で、飲料水に要求される品質基準(0.1マイクログラム/リットル)を超えました。 これは、地下帯水層の31%にも当てはまります。
イメージ 2
(原文)


農家の犯罪:除草剤ラウンドアップ 2018/6/13(水) 
除草剤と種子の自由化のリスク  2011/11/18(金) 


フランスでは腕や手のない奇形児が生まれている。

(前回記事)
『農家の犯罪:除草剤ラウンドアップ』 2018/6/13(水) 

ラウンドアップに汚染された畑では雑草どころか昆虫さえも生きられない。よしんば生き残ったとしても、汚染されたミミズなどをスズメが食べたらスズメは内臓や生殖機能、脳までやられる。スズメが消えるはずだ。

他方、除草剤ラウンドアップで生育された野菜は、その主成分のグリホサートを吸い上げている。いくら野菜を洗浄しても落ちることなない。この野菜に含むグリホサートが人体をむしばむ。

住友化学はモンサントのグリホサートが主成分の農薬ラウンドアップを大々的に販売した。処が、モンサントの農薬による人体諸機関の損傷で米国やフランスでの裁判に敗れ、モンサントは多額の賠償金を支払うことになる。

更にEUの大半の国とロシアでは、遺伝子組み換え植物(GMO)と、農薬ラウンドアップの輸入や使用を禁止した。

そこでモンサントは農薬ラウンドアップの製造と販売権を他社に譲り、今後の更なる訴訟から免れようとしている。日本で今、ラウンドアップを製造しているのは日産化学であり、ホームセンターで売られている。

フランスで同時期に同地域で、腕や手のない赤ちゃんが生まれた謎

NewsWeek 2019年07月31日(水)

<昨年秋に放送されたテレビ番組をきっかけに、フランスで動揺が広まっている。2000年以降、先天性横軸形成障害の子供が生まれた原因は解明されていないが、疑わしいのは......>

2000年以降、フランスの3つの地域に集中して、腕や手に先天異常がある赤ちゃんが生まれた。この事態が昨年末から仏メディアで報じられ、国民に動揺が広がっている。

これらの先天異常が確認された3地方は、いずれも農村地域だ。仏東部、スイス国境のエン県では2000年〜2014年にかけて、18件の先天性横軸形成障害が確認された。

一方で、フランス北部、ブルターニュ地方のモルビハン県でも2011年〜2013年にかけて4件、ロワール=アトランティック県のムゼイユ市でも2007年〜2008年にかけて3人の新生児が腕や手の先天異常を持って生まれたことが報告されている。

先天性横軸形成障害とは、上腕もしくは前腕から末梢が欠損している先天性疾患で、フランスでは新生児1万人に対し1.7人の割合で生まれると推定されている。(中略)

農薬の可能性も
REMERAの報告によると、エン県の先天性横軸形成障害を持つ子供の母親への調査を行った結果、遺伝的、染色体異常、薬害やコカイン使用などは確認ができなかった。そのため、農薬の使用、水道水の水質汚染など、環境要因の可能性が考慮されている。

また、これらの仮定を裏付けるかのように、問題となったエン県では尻尾や肋骨などに先天異常のある子牛が生まれる症例も発生しているという。

ユーロスタットの報告書によると、2016年度のフランスの農薬消費は欧州で2番目に多い。また、フランスで消費されるオーガニックではない71%の果物と、43%の野菜に残留農薬が含まれているという調査結果も、国民の不安を煽っている。

REMERAの代表で、疫学者のエマニュエル・アマール氏は、本誌の取材に、フランスの農薬使用の状況と人体への影響についてこう語る。

「これらの四肢に先天性異常がある子供が生まれた地域で、農薬が使用されていたかという統計は、まだ現段階ではとれていない。ただ、フランス国内での農薬の使用方法には問題がある。農家による大量の農薬の使用、コスト削減の為に不法の農薬の使用や、自家製の農薬を使用するケースもあるからだ。これらは、人々の健康に影響をもたらす」

また、農薬の中でも、除草剤「ラウンドアップ」に含まれるグリホサート(専門化らが発がん性などの健康被害を指摘している成分)が先天性横軸形成障害に影響したのでは、という国民の声も上がっている。

アメリカの国立生物工学情報センターの報告によるとグリホサートが、カエルの胚に催奇形性の影響を与えたという実験結果も出ている。

環境による子供の健康への影響に詳しいレオナルド・トラサンデ氏(ニューヨーク大学医学大学教授)は、本誌の取材にこう説明した。

「グリホサートが新生児の先天性四肢障害のリスクを上昇させるかという研究結果は現在の段階では、まだ存在していない。一方で動物の性ホルモン、発がん性などへの影響は発見されている」(以下省略)

※モンサントは日本の政治家や医療機関・研究機関を買収し、ラウンドアップ(グリホサート)は安全であるという論文を書かせている。他方、モンサントは殺人組織ブラックウォーター社を傘下に置き、ラウンドアップや遺伝子組み換え植物(GMO)に反対する者を恐喝や暗殺までしている。

日本では特に東大の教授や准教授、名誉教授のこれらに関する論文や臨床例は捏造であると言っても過言ではない。特に放射能の人体への影響については「プルトニウムは飲んでも平気」大橋弘忠東大工学系教授が悪名をはせました。


今回は、先日の記事で述べた不妊治療は詐欺であるとの英国BBC放送の記事です。
『懐妊・子育て一考』 2019/7/25(木)

尚、私は1997年頃に、不妊治療を行う東京のレディスクリニックに仕事柄訪問し、不妊治療の実態を知りました。当時でも不妊治療の費用は1夫婦当たり400万円強と記憶しています。それに、これらの夫婦は20歳過ぎから27歳までが大半で、然も、住居地は原発施設周辺であったことに驚いたものです。

この時を書いた記事『男子の弱体化は草食だからではない』2012/3/17(土) 

Older women exploited by IVF clinics, says fertility watchdog
高齢女性は体外受精の診療所で食い物にされていると不妊監視人は言う

Older women are being exploited by IVF clinics "trading on hope", the fertility watchdog has warned.
Sally Cheshire, chairwoman of the Human Fertilisation and Embryology Authority (HFEA), told the Daily Telegraph some private clinics were using "selective success rates" to target older women.

年配の女性たちは体外受精の診療所で「希望に応じて取引する」ことで搾取されている、と不妊監視は警告している。

ヒトの受精および胚研究認可局(HFEA)の議長であるSally Cheshireは、英紙デイリー・テレグラフに、一部の私立診療所では高齢女性を対象とした「選択的成功率」(註1)を使用していると語った。(註1)実態の一部、いいとこ採りの成功率。低い成功率の部分は隠している。

IVF is less likely to be successful as a woman gets older.
Since 2004 the number of women in their 40s undergoing fertility treatment has doubled to 10,835 in 2017.

女性が年をとるにつれて、体外受精は成功する可能性が低くなります。2004年以来、40歳代の女性が不妊治療を受けている数は、2017年には10,835人に倍増した。

The latest HFEA figures show that, among those using their own eggs, out of 2,265 embryo transfers in 2017, just 75 women aged 43 to 44 ended up with a baby.
For those over 44, the success rate was even lower - amounting to 1% between 2004 and 2017.
Mrs Cheshire told the BBC that some women were not being told their "realistic chance of success" when sold the treatment.
She said all UK clinics needed to be "transparent" about the costs involved, as well as the likely outcome.

最新のヒトの受精および胚研究認可局(HFEA)のデータによると、自分の卵子を使用している人々のうち、2017年の2,265個の胚移植のうち、43〜44歳の女性75人だけが赤ちゃんを産みました。

44歳以上の女性の成功率はさらに低く、2004年から2017年の間に1%にまで低下した。

チェシャー夫人はBBC放送に、治療を売ったとき(不妊治療契約をした時)に何人かの女性が「現実的な成功のチャンス(実際の成功率)」を伝えられていないと語った。

同氏は、英国のすべての診療所で、関連する費用とその結果について「透明」である必要があると述べた。

●Women 'need to know egg freezing risk'
●Women over 34 refused IVF treatment

Mrs Cheshire added that the clinics giving "selective statistics" tended to be "foreign"."If you have treatment in the UK, all those clinics are regulated by us - by and large it's a good sector," she said."What we're concerned about are more of the foreign clinics who are coming to the UK who are investing here... who absolutely are not being honest."

●女性は「卵子凍結リスクを知る必要がある」
●34歳以上の女性は体外受精の治療を(無効果故に)拒否した

チェシャー夫人は、「選択的統計(都合の良いヶ所の統計数字)」を出している診療所は「(経営者が)外国人」である傾向があると付け加えた。

「英国で治療を受けている場合、これらの診療所はすべて当社によって規制されています。概してこれは良い分野です」と彼女は言う。

「私たちが心配しているのは、英国にやって来る外国の診療所で、ここに投資しているのですが、絶対に誤魔化しがあります」。

NHS guidelines recommend that women under 40 should be offered three full cycles of IVF, while those between 40 and 42 should be offered one full cycle. However eligibility criteria vary in different areas of the country.
IVF is not usually recommended for women over the age of 42 because of low success rates.

国民健康保険(NHS)のガイドラインでは、40歳未満の女性には3回のフルサイクルの体外循環(註)を、40〜42歳の女性には1回のフルサイクルを提供するよう勧めている。 ただし、適格基準は国の地域によって異なる。

(註)
A full cycle of IVF/ICSI has been clearly defined as one in which 1 or 2 embryos are replaced into the womb as fresh embryos (where possible) with any remaining good-quality embryos frozen for use later.
完全周期のIVF / ICSIは、1〜2個の胚が新鮮な胚(可能な場合)として子宮内に置き換えられ、残りの良質の胚が後で使用するために凍結されるものとして明確に定義されている。

成功率が低いため、IVFは通常42歳以上の女性には推奨せず。

What is In Vitro Fertilisation (IVF)?

●An egg is removed from the woman's ovaries and fertilised with sperm in a laboratory
●The fertilised egg is then returned to the woman's womb to develop
●IVF worked for the first time on 10 November 1977. On 25 July 1978, the world's first IVF baby, Louise Brown, was born
●On average, IVF fails 70% of the time
●The highest success rates are for women under 35
●On average, it takes almost four-and-a-half years to conceive with IVF
Source: Human Fertilisation and Embryology Authority/Fertility Network UK

体外受精(IVF)とは何ですか?

●卵を女性の卵巣から取り出し、実験室で精子で受精させます
●その後、受精卵は女性の子宮に戻されて発育します。
●1978年7月25日に、世界初の体外受精の赤ちゃんルイーズブラウンが生まれました。
●平均して、体外受精は時間の70%失敗します
●最高の成功率は35歳未満の女性です。
●平均して、体外受精を受胎するのに約4年半かかります
出典:人間の受精と発生機関/出生ネットワーク英国

Mrs Cheshire said some parts of the sector were using "blatant" sales tactics to persuade "vulnerable" women to undergo treatment.

チェシャー夫人は、この分野のいくつかの部分が「脆弱な」女性に治療を受けるよう説得するために「露骨な」販売戦略を使っていたと述べた。

The 50-year-old said she had even been offered IVF treatments herself, by staff who were unaware of her role with the regulator, at a visit to a fertility show in Manchester.
"We now see things like 'guaranteed baby or your money back','' she told the Telegraph.

50歳の女性は、マンチェスターでの不妊治療の見学で、規制当局との役割に気付いていないスタッフによって、彼女自身で体外受精治療を提供されたことさえあると言った。

「私たちは今、「赤ん坊出生の保証や不出生の場合の返金」のようなものを考えています」と彼女はテレグラフに言った。

Add-on treatments
追加治療

Mrs Cheshire also called for the watchdog to be given powers to regulate prices, saying that some private centres were charging up to £20,000 for cycles - four times as much as she said treatments should cost.

チェシャー夫人はまた、いくつかの私営センターは1サイクルで最高2万ポンドを課金していた - 治療にかかる金額の4倍であると述べ、監視機関に価格規制の権限を与えることを求めた。

She said prices were often inflated by the growing use of "add-on treatments", such as embryo glue and endometrial scratches, offered by clinics to boost chances of success.

彼女は、成功の可能性を高めるために診療所で提供されている、胚接着剤や子宮内膜の引っかき傷などの「追加治療」の使用の増加によって価格が高騰することが多いと述べた。

Caroline's story: 'Am I throwing away my money?'
キャロラインの物語:「私は自分のお金を捨てているでしょうか?」

Caroline, 40, wishes someone had sat her down and given her a realistic cost for her IVF treatment but says that often medical staff do not know for sure.

She was originally led to believe the cost would be £5,000 but it is now at least £16,000.

彼女は当初コストが5000ポンドになるだろうと説明されていたが、それは今少なくとも16000ポンドです。※ぼったくり。

"The list of treatment costs is just jargon and there are so many options. I think I needed someone to sit me down and say to me 'this is you and this is what it will cost'," she said.

The cost is not the only downside of IVF treatment for Caroline - the hormones have added negatively to the experience.

"I am taking some time off from treatment as I find injecting all the hormones really messes with me emotionally. The injections have bowled me over and made me completely lose it."

Adding: "When you're crying your eyes out at work it's not a good look."

However, Caroline, whose full name we are not using at her request, thinks she will continue with the treatment as she has two vials of sperm left and will likely spend another £10,000.


However, earlier this year the watchdog, which regulates all fertility services in the UK, warned that these were being offered without conclusive evidence that they increase the chance of pregnancy.

Its website now has a "traffic light" rating for such treatments. None have been given the green light, which indicates there is more than one quality trial showing the procedure is effective and safe.

The NICE Guideline(NICEのガイドライン)
The importance of 3 full cycles of IVF

(今後の記事加筆先)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事